ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.07.11グルメラボ

伝統の味を守り続ける夏の逸品「冷やし麺」に、新メニューが加わった|ANAインターコンチネンタルホテル東京【花梨】

東京の中心地、赤坂・六本木エリアで、大人の都市ライフを過ごせる「ANAインターコンチネンタルホテル東京」。本格的な中国料理が楽しめる【花梨】で、2018年9月17日(月・祝)までの夏期間限定で3種の冷やし麺の提供がスタートしました。

アプリで見る

中国料理【花梨】の夏の人気メニュー『花梨涼拌麺』、『担々涼拌麺』、『鶏絲涼拌麺』

「ANAインターコンチネンタルホテル東京」の中国料理【花梨】で、ホテル創業以来32年間変わらぬ味を守り続けている夏季の人気メニュー『花梨涼拌麺』(冷やしそば)と『担々涼拌麺』(冷やし担々麺)に、今年はもう一品新たに『鶏絲涼拌麺』(香鶏と夏野菜の冷やしそば 翡翠ソース)が加わり、2018年9月17日(月・祝)までの期間限定で提供されます。

    『花梨涼拌麺』(冷やしそば)2,500円(税・サ別)

『花梨涼拌麺』(冷やしそば)は、豊富な具の種類と伝統の「特製胡麻ダレ」と「醤油ダレ」の味わいが魅力の逸品。タラバ蟹、才巻海老、鶏肉、チャーシュー、錦糸玉子、クラゲ、ミニトマト、オクラ、つるむらさき、きゅうり、芽ネギ、らっきょう、胡麻など、それぞれ丁寧に下ごしらえした13種類もの具材が、麺が見えないほどに盛られています。

 タレはお好みで「特製胡麻ダレ」と「醤油ダレ」の2種類から選べ、2種のタレによって異なる美味しさを味わえることも人気の秘密です。

    『担々涼拌麺』(冷やし担々麺)2,700円(税・サ別)

『担々涼拌麺』(冷やし担々麺)は、豆乳のまろやかなコクにピリっとした辛味がアクセントに。四川豆板醤の辛味に胡麻のコク、酢の酸味が豆乳によってバランス良くまとめられています。

 具はザーサイ、干海老とともに味噌で炒めた豚挽き肉を中心に、素揚げしたナスとパプリカ、シャキっとゆで上げて下味を付けたつるむらさき、そして、トマト、カボチャ種、クコの実、ナッツ類、芽ネギを載せて仕上げた、具沢山でスタミナ満点の逸品です。

    『鶏絲涼拌麺』(香鶏と夏野菜の冷やしそば 翡翠ソース)2,700円(税・サ別)

 そして、今年新たに加わった『鶏絲涼拌麺』(香鶏と夏野菜の冷やしそば 翡翠ソース)は、胡麻と抹茶を使用し、青唐辛子を少々加えた翡翠色の特製ダレが特徴。暑い季節にお勧めの蒸し香鶏を中心に、絶妙な下味を付けたフォアグラと春巻きの皮、湯葉と椎茸、甘酢に漬け込んだ蓮芋とミョウガなどの薬味をのせ、錦糸玉子、クラゲ、細切りしたきゅうり、レタス、ビーツ、白ネギなどの具材のシャキシャキ感とともに味わえます。

    全体が曲線になっている店内は、4つのゾーンに分かれており、目的や気分に合わせて選べる楽しさも

 なお、平日のランチタイム限定で、上記の単品メニューに加え、温かい一品としての蒸し点心3種と、季節のデザートをセットしたメニューも用意(追加900円)。暑さ厳しいこの夏は、【花梨】の絶品冷やし麺をぜひ堪能してみてください。

中国料理【花梨】

  • 提供期間:2018年6月1日(金)~9月17日(月・祝)
    電話:03-3505-1185(レストラン予約センター)
    住所:東京都港区赤坂1-12-33 ANAインターコンチネンタルホテル東京
    アクセス:東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅下車徒歩約5分
    営業時間:11:30〜14:30(L.O.)、17:00〜21:30(L.O.) ※土曜は16:30〜21:30、日曜・祝日は16:30〜20:30
    定休日:無休

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/16~9/22)

エリアから探す