ヒトサラマガジンとは RSS

2016.08.29食トレンド

  • ビール
  • テラス

連日満席の人気! 話題のシンガポール料理店の穴場は、最高に気持ちいい予約不要のテラス席

暦上では秋となるも、まだまだ暑い! ビール片手に、心地よいテラスで乾杯を…そんな妄想に耽りがちな方におすすめしたいのが、5月に大手町にオープンした【新東記クラーク・キー】。早くも連日予約で満席の人気店ですが、通常予約NGのテラス席が狙い目&穴場なのです。

予約必須の本格シンガポール料理店に、飛び込み入店可能!?

    しっとり、ぷるぷるの食感に感動! 名物『ジンジャーチキン』4,500円は、4、5人で取り分けながらワイワイ食べるのがオススメ

 今年5月、「大手町フィナンシャルシティ グランキューブ」内にオープンした【新東記クラーク・キー】は、本格的シンガポール料理が食べられる話題店。赤道直下の国の料理だけに、残暑の暑さとも相性抜群とあって、その人気たるや連日予約で満席の状態が続くほど。ですが、裏ワザ的に飛び込み入店可能な方法を発見しました!
 ビル風が心地よいテラス席は、雨天時に使用できない等の理由から通常予約不可とのこと。それゆえ、席の確保は当日の早い者勝ちなのだとか。狙い目は18時くらいまでの早めの時間帯。ただし、ランチタイムや雨天は受け付けないので、ご注意ください。
 オフィス街とは思えない解放感に、冷えたタイガービールが進むこと請け合いです。

絶妙なスパイス使いに陥落。一度食べればクセになる美味しさ

    現地でおなじみの料理『シンガポール チリ・クラブ』1,500円(100g)。チリとトマトのスパイシーなソースに、ビールが進みます

 他民族国家ゆえ、マレー料理や中国料理など、さまざまな要素が混ざり合うシンガポール料理。使われる調味料もスパイスも多種多様です。辛さの中にも甘みがあるなど、奥行きある複雑な味わいはクセになること間違いなし!
 こちらのヘッドシェフは、あの「グランドハイアット東京」の中国料理店で長年料理長を務めた方。さらに現地から輸入したペーストなどを使う店も多いなか、ここではすべてベースから手づくりし、スパイスの香りを引き出すというから、その美味しさにも納得です。
 まるでシンガポールのテラスレストランにいるような旅行気分を、大手町で味わえるなんて! そのギャップもまた楽しい1軒なのです。

  • ゴージャスな『マーライオンパフェ』(1100円)

  • 20席ほどのテラス席。4名用のソファ席もあります

新東記クラーク・キー

アクセス:東京メトロ・都営地下鉄大手町駅より徒歩3分
営業時間:月~金曜11:00~15:00/17:30~23:00
     土曜11:00~15:00/17:30~22:00
電話番号:03-6262-5595
定休日 :日曜、祝日

 

この記事を作った人

唐澤 理恵