ヒトサラマガジンとは RSS

和食料理と日本酒のペアリングに酔いしれる幸せ【和食 いし津(ワショクイシヅ)】北堀江

旬の食材を使った本格和食を、ゆっくりと味わえる北堀江の和食料理店【和食 いし津(ワショクイシヅ)】。おいしい料理はもちろんですが、木がふんだんに使われた店内は居心地も良く何度も通いたくなる雰囲気。料理に合わせながら、利き酒師の店主が仕入れた日本酒を注文するのもオススメです。

和食 いし津のテーブル席

また行きたいと思わせてくれる魅力に溢れるお店

    和食 いし津のカウンター席

    広さやゆとりを計算しながら、店主が設計した和モダンな店内。白木の一枚板カウンター席の他に、個室も設えています

西大橋駅と四ツ橋駅、2つの駅から徒歩3分という利便性の高い一軒家。ゆったりとした店内は、店主設計によるものだとか。木の温もりと間接照明の柔らかな灯りの中で、会話と食事を楽しみたいと思う大人たちが集います。一枚板のカウンター席、テーブル席さらには個室も設え接待やデートに最適。

食欲をそそるビジュアルとおいしさから生まれる口福

    和食 いし津のスッポンフカヒレ鍋

    『スッポンフカヒレ鍋』3280円(税別)。スッポンとフカヒレという贅沢な2つの食材の魅力を余すところなく楽しめます

活きたスッポンから抽出した濃厚なスープと、一本一本の繊維が太い宮城県産のフカヒレを一つの鍋で楽しめる鍋料理。スッポンとフカヒレという高級な食材を2つ組み合わせて、さらなるおいしさを引き出しています。コクのある味わいで、初めてスッポンを食べる人にも大好評の一皿。

    和食 いし津の炊きたて土鍋ご飯

    『炊きたて土鍋ご飯』季節のコース8000円~(税別)。の中の一品。コース予約時のみ注文できます

予約コースの利用時のみオーダーできる『土鍋ご飯』。蓋を開けた瞬間に蒸気がふわりと立ち上り、ふっくら炊き上がったご飯は一粒一粒際立ちます。おこげは芳ばしく食欲を湧きたたせ、箸を持つ手が止まらなくなりそう。土鍋の具材は、鰆・イクラ、筍や鱧、ずわい蟹のように季節によって変わります。

    和食 いし津のお造り盛り合わせ 五種

    『お造り盛り合わせ 五種』2880円(税別)。毎朝、店主が市場に出向き吟味して買い付けた鮮魚が使われています

季節感のある魚介選びにこだわる店主は、自ら市場に出かけ鮮魚の状態を入念にチェック。一つひとつ吟味された魚は艶やかで、彩りよく器に並びます。新鮮な海の幸を味わいながら飲む日本酒は格別。相性の良い日本酒を店主に選んでもらいましょう。

料理人プロフィール:石津 亮太さん

    和食 いし津のシェフ,石津 亮太

1986年、大阪府生まれ。手に職を持ちたいという思いで、料理の道を選択。高校卒業後、京都二つ星和食レストラン【菊乃井 露庵】で修業を開始。6年半勤め上げた後、帰阪し、数店舗の料理店でさらに腕を磨く。2013年、利き酒師を取得。2017年、【和食 いし津】を開店させる。料理人としておいしい食材、料理を常に研究し、利き酒師として料理とのペアリングも提案するなど、マルチに活躍する店主兼料理長。

季節のコース料理と日本酒とのマリアージュ

    和食 いし津の料理

    料理に合わせて一期一会の楽しみを見つけられるお酒。大阪の地酒を始め、日本各地の酒蔵から取り寄せる日本酒は常時10種以上

あたたかな温もりがあふれる空間で、旬食材で仕立てた本格和食を楽しめます。食事に欠かせないお酒は、利き酒師でもある店主に相談を。こだわりの酒器で供される日本酒が、さらなる美味を醸し出すことでしょう。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ制作チーム

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/30~6/5)

エリアから探す