ヒトサラマガジンとは RSS

能登の食材とオープンキッチンのライブ感を楽しむ大人のフレンチ|【釜津田(カマツダ)】麻布十番

カウンター席での食事が楽しいと評判の【釜津田(カマツダ)】。能登を中心に、全国の旬食材を使ったフレンチをいただけます。オープンキッチンでは、オーナーシェフ釜津田氏と若手の料理人が見事な連携プレーを披露。ゲストは日々麻布十番のレストランへ足を運び、料理を満喫しています。

釜津田のテーブル席

高尚な絵画とモダンアートをセンス良く融合

    釜津田のカウンター席

    カウンターを取り囲むのは、釜津田氏の世界観。趣味で集めた絵画も多く飾られているとか

麻布十番駅より徒歩2分のフレンチレストラン。能登から仕入れる食材と釜津田氏の閃きによって、素材の味を活かしたコース料理をいただけます。黒を基調とした店内には多くの絵画が飾られ、華やかさをプラス。店の中心に設置されたカウンター席では、キッチンをステージにした料理人の技を楽しめます。

能登の野菜や肉、全国の鮮魚から生まれる個性的な一品

    釜津田の能登牛の炭火焼~カブのカプチーノ仕立て

    コースの一例『能登牛の炭火焼~カブのカプチーノ仕立て』。しっかり泡立てたカブのソースが、能登牛を軽やかに包み込んでいます

炭火で表面を芳ばしく中身はレア仕上げた能登牛は、存在感を示すようにお皿の中心にセット。周囲にはカブのソースを敷き詰め、能登牛のおいしさを受け止めるように包み込んでいます。カブに和がらしを加えて泡立てることで、心地よい刺激をプラス。ジューシーな能登牛とカブのソースが絶妙に絡み合う一品。

    釜津田のケータリング

    『釜津田フレンチのケータリング』。フィンガープラン、ビュッフェプランなど、ゲストのニーズに合わせてもらえます

会社の懇親会やホームパーティー、結婚式の二次会などにぴったりのケータリングサービス。「【釜津田】の味を、プライベートな空間で気軽に楽しめて嬉しい!」と、利用された方々の喜ぶ声が聞こえてきます。世界三大珍味を使った一品やコース仕立ての料理など、さまざまなメニューが用意されています。

    釜津田の釜津田飯

    コースの一例『釜津田飯』。魚介、山菜、きのこなど旬の食材を自家製コンソメでふっくらと炊き上げた土鍋ご飯です

『釜津田飯』とは、釜津田氏のスペシャリテの一つともいえる特製の土鍋ご飯のこと。自家製のコンソメスープを使い、アルデンテに炊き上げます。食べる時間から逆算してつくり始めるため、蓋を開けた瞬間に香りが立ち鼻孔を刺激。湧き上がる食欲を抑えきれず、一気に箸が進んでいきそうです。

料理人プロフィール:釜津田健さん

    釜津田のシェフ,釜津田 健

1981年、東京都生まれ。料理人を志した理由は、おいしいものを食べることと人の笑顔が大好きだから。【グランドハイアット東京】ではオープニングから携わり、【RISTORANTE MASSA】などの名店で修業を重ねた。2015年、麻布十番に【釜津田】を開く。上質な食材は、食材そのものを完成品ととらえ「食材を活かす味」を大切にしている。手づくりを心がけ、パンやデザートまで全て自家製にこだわる。

開放的なオープンキッチンは料理人たちのステージ

    釜津田の料理人

    後進の育成にも力を注ぐ釜津田氏は、若者たちに深い愛情と時には厳しさをもって接しています

オープンキッチンは活気に満ちており、複数の料理人で調理が行われています。もちろん一人は、オーナーの釜津田氏。若き料理人たちは自らの腕を磨きつつ、釜津田氏の一挙手一投足に熱い視線を向けています。カウンター席に座れば、ゲストもこの若き料理人たちの成長を肌で感じることが出来るでしょう。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ制作チーム

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/22~10/28)

エリアから探す