ヒトサラマガジン - グルメシーンの"いま"がわかる、食の情報マガジン https://magazine.hitosara.com/ 外食シーンのホットなニュースが毎日読める、グルメサイト「ヒトサラ」が発信する食の情報マガジン。食トレンド、健康美食、デート・会食、旅グルメ、グルメラボ、連載など、タイムリーなグルメ記事をお届け。 Thu, 14 Dec 2017 17:00:00 +0900 Fri, 15 Dec 2017 16:10:01 +0900 ja (c) USEN corp. 15 https://magazine.hitosara.com/img/hmlogo.png ヒトサラマガジン https://magazine.hitosara.com/ 食パン専門店に京都発の老舗など、名古屋のNEWベーカリー4選 https://magazine.hitosara.com/article/1013/ https://magazine.hitosara.com/article/1013/ Thu, 14 Dec 2017 17:00:00 +0900
  • 名古屋の中心・栄に登場、焼き立て食パンの専門店【ぱんみみ】
  • こだわり製法のベーカリーが新店をオープン【よいことパン】
  • 人気ベーグル店が移転リニューアル【ベーグル心酔】
  • 京都の老舗が愛知県へ初上陸【グランディール豊明店】
  • みみまでおいしい食パンの専門店【ぱんみみ】

    おいしくてリーズナブル。翌日の朝食が待ち遠しい

    “心と体においしい”をコンセプトに、オリジナルブレンドの素材にこだわった焼き立て食パンの専門店が名古屋の中心、栄に新登場。毎日食べても飽きのこない味と食感を追求し続けること2年、ようやく納得できる味に到達したという店主のこだわりで、店名通り耳までおいしい食パンを提供しています。高級志向とは一線を画した、購入しやすいお手頃な価格設定も魅力です。

    定番にレーズンやチーズなどのアレンジも。『レギュラー』306円、『レーズン』445円、『チーズ』510円、『プレミアム』417円(すべて税抜)

     人気NO.1は定番の『レギュラー』で、他にもレーズンやチーズ、プレミアムなど味のバリエーションも楽しめます。また店頭には食パン以外にも、老舗和菓子屋【松河屋老舗】と共同開発したという『名古屋小倉あん』556円(税抜)に、食パンと合わせて楽しめるジャムやマーマレードも販売しています。

    >>【ぱんみみ】の店舗詳細

    こだわり素材と製法で風味豊かなパン作り【よいことパン八事日赤店】

    山手通り沿い、八事日赤駅より徒歩1分ほどの好立地

     素材を生かしたパンを提供する【よいことパン】が吹上、名古屋駅に続く新しい常設店を名古屋市昭和区の山手通り沿いにオープン。毎日安心して食べられるパンを目指して、5年の歳月をかけて原材料と製法を追求。卵、乳、砂糖、ショートニングは不使用で、国産の小麦に玄米、みりんなどの素材が持つ本来のおいしさを大切に、ひとつずつ丁寧に焼き上げています。

    『よいことパン』500円、『ドリップコーヒー』297円(ともに税抜)

     玄米のプチプチとした食感がアクセントの『よいことパン』はリピート必至の味わい。またテイクアウトもできる『ドリップコーヒー』は世界各国の良質な豆だけを扱う【GOLPIE COFFEE】とのコラボ商品です。コーヒーやスコーン等を店内で味わえるイートインスペースも使い勝手が良く、カフェメニューも豊富に取り揃えています。また店内では、マグボトルやタンブラーなどオリジナルグッズの販売も行っています。

    【よいことパン八事日赤店】

    電話:052-861-2085
    住所:愛知県名古屋市昭和区山手通3丁目16-5ロムーア山手通1F
    アクセス:地下鉄名城線「八事日赤駅」2番出口より徒歩1分
    営業時間:8:30〜18:00
    ※よいことパンの販売は10:00~、季節のパン・よいまめパンの販売は12:00〜
    定休日:年中無休(お盆・年末年始除く)

    人気のベーグル専門店が移転リニューアル【ベーグル心酔】

    ベーグルは常時20種類ほど並びます

     素材にとことんこだわるスタイルで人気のベーグルの専門店が、名古屋市の千種区から守山区へ拡大・移転リニューアル。80種類ものレシピがあるベーグルは、12時間かけて低温発酵させて焼き上げることで、弾力のあるモチモチ食感に仕上がっています。外はカリッと、中はもっちりとした食べ応え十分のベーグルは、プレーンやチョコの定番商品のほか、季節の食材を使った限定のベーグルも好評です。

    ベーグルは167円(税抜)~。素材の種類が豊富で、飽きのこない品揃え

     店頭には常時20種類ほどが並び、毎日訪れても飽きのこないバラエティ豊かな品揃えです。プレーンベーグルの間に、甘辛く炒めたタマネギと豚肉を挟んだ『心粋サンド』400円(税抜)などのアレンジメニューも嬉しい。また、すぐに食べきれない場合も、ベーグルは1ヶ月ほどの冷凍保存も可能だから便利です。

    >>【ベーグル心酔】の店舗詳細

    京都で人気を集める創業30年の老舗が豊明に【グランディール豊明店】

    緑に囲まれた閑静な住宅地の一角にオープン

     京都で愛され続けている老舗のベーカリー【グランディール】が、県外初となる店舗を愛知県豊明市にオープン。昔から支持されている味を継承しながら、さらにおいしく改良を重ねたパンは、サンドイッチやベーグルを中心にデニッシュやハード系など多彩なバリエーションが魅力です。

    焼き立てパンがズラリとならび、毎日通っても飽きません。各種パン 84円(税抜)~

     各種パンは84円(税抜)~という気軽に購入できるお値打ちプライスで、定番の食パンや季節の惣菜パンなど100種類以上を取り揃えています。また店内奥にはゆったりとしたイートインスペースもあり、熱々のパニーニをはじめ、焼き立ての味わいをその場で楽しむことができます。おいしいパンを片手にゆったりとくつろぎの時間を。

    >>【グランディール豊明店】の店舗詳細
    ]]>
    文/角屋昌也(流行発信) active
    「ミシュランガイド東京2018」発表|三ツ星12軒、そのうち4軒が11年連続三ツ星を獲得 https://magazine.hitosara.com/article/1032/ https://magazine.hitosara.com/article/1032/ Thu, 14 Dec 2017 11:00:00 +0900
  • 11年連続三ツ星を獲得:4軒
  • 新規掲載された二ツ星レストラン:2軒
  • 新たに一ツ星を獲得したミシュランニューフェイス:21軒
  • 今回の三ツ星は12軒、11年連続三ツ星は4軒

     三ツ星を獲得したのは全12軒。新しく掲載されたお店はありませんでしたが、11年連続で三ツ星を獲得したのは、【かんだ】【カンテサンス】【ジョエル・ロブション】【すきやばし 次郎 本店】の4軒です。

    【かんだ】港区/日本料理
    【カンテサンス】品川区/フランス料理
    【ジョエル・ロブション】目黒区/フランス料理
    【すきやばし 次郎 本店】中央区/寿司
    【麻布 幸村】麻布十番/日本料理
    【鮨 さいとう】六本木/寿司
    【鮨 よしたけ】銀座/寿司
    【臼杵ふぐ 山田屋】広尾/ふぐ
    【まき村】大森海岸/日本料理
    【虎白】飯田橋/日本料理
    【神楽坂 石かわ】神楽坂/日本料理
    【龍吟】六本木/日本料理

    カンテサンス

     2016年ヒトサラアワードにも選出されているフランス料理店【カンテサンス】。2008年から10年間連続で三ツ星を獲得し脚光を浴びる、岸田周三シェフ率いるフレンチの名店です。

    >>【Quintessence】店舗詳細
    >>【Quintessence】岸田 周三氏|シェフズテーブル


    鮨 さいとう

     店主の温かい人柄で、背伸びせず気軽に満喫できる雰囲気。旬の食材を最大限に活かした「おまかせコース」1本で勝負する寿司の名店です。

    >>【鮨 さいとう】店舗詳細


    虎白

     店主の小泉瑚佑慈氏が掲げる「ここでしか楽しめない日本料理」は、最高の旬素材を選び抜き、食材の持ち味を引き出します。訪れる度に新たな発見があるような、新しい日本食を提案してくれます。

    >>【虎白】店舗詳細


    新規掲載された二ツ星レストラン

     二ツ星レストランが全56軒ある中で、新規掲載された二ツ星レストランは【茶禅華】と【傳】の2店舗。【傳】は移転後初の選出です。

    【茶禅華】中華/広尾
    【傳】和食/外苑前駅

    茶禅華

     二ツ星を獲得し注目を浴びている【茶禅華】は、日本の食材を熟知し中華に落とし込む、和の心を活かした中華料理店。化学調味料を一切使用しない中華料理店【麻布長江】や、日本料理店【龍吟】で研鑽を積んだ、川田智也シェフが腕を振るいます。

    >>【茶禅華】店舗詳細
    >>川田 智也 氏インタビュー | シェフのヨコガオ


    「アジアベストレストラン50」で2016年に37位に入賞し今年は11位へと順位を上げた、おもてなしの心が絶賛されている日本料理店【傳】が、ミシュランにもランクイン。

    >>ヒトサラ編集長の編集後記 第13回|神宮前【傳】x台北【mume】~シアワセの方程式


    新たに一ツ星を獲得したニューフェイス21軒

    一ツ星を獲得したミシュランのニューフェイスは、以下21軒。

    【アジル】銀座/フランス料理
    【レストラン ローブ 】麻布十番/フランス料理
    【ラ ペ】三越前/フランス料理
    【栞庵 やましろ】銀座/日本料理
    【東家】銀座/日本料理
    【御料理 辻】麻布十番/日本料理
    【銀座 しのはら 】銀座/寿司
    【すし家 一柳】銀座一丁目/寿司
    【鮨 由う】六本木/寿司
    【すし八左ェ門】銀座/寿司
    【鮨 こじま】銀座/寿司
    【ボッテガ】広尾/イタリア料理
    【プリズマ】表参道/イタリア料理
    【プリンチピオ】麻布十番/イタリア料理
    【ミモザ】表参道/中華料理
    【厲家菜 銀座】銀座一丁目/北京料理
    【銀座 いしざき】新橋/牛肉料理
    【七鳥目】広尾/焼鳥
    【クローニー】六本木/フランス料理
    【ハインツベック】大手町/イタリア料理
    【ラチュレ】表参道/フランス料理

    ラチュレ

    「自然の雫」を表す【ラチュレ】は表参道にあるフレンチレストラン。ライチョウ、クマ、イノシシといった自然の恵みを凝縮した、伝統のジビエ料理を提供しています。

    >>【LATURE】店舗詳細
    >>【ラチュレ(LATURE)】| ヒトサラスペシャル


    銀座しのはら

     関西割烹や京都の懐石料理で修業を重ねたシェフが織りなすのは、東京で再構築された田舎料理。滋賀県に開いた【日本料理しのはら】が、2016年に銀座へ。

    >>【銀座しのはら】店舗詳細
    >>篠原 武将 氏インタビュー|シェフのヨコガオ


    ハインツベック(HEINZ BECK)

     ローマで初めてミシュラン三ツ星をもたらした【ラ・ペルゴラ】の料理を堪能できるイノベーティブイタリアン。

    >>ハインツ・ベック氏のスペシャリテ『ファゴッテッリ』|シェフズレシピ


    Crony(クローニー)

     北欧を感じるフレンチ。【Tirpse】の元シェフ、【Quintessence】の元ディレクトゥール、【コンラッド東京 Collage】の元マネージャーの3人がオープンした西麻布の注目店。

    >>【Crony(クローニー)】店舗詳細


     以上、「ミシュランガイド東京2018」まとめいかがだったでしょうか? すでに予約困難なお店もありますが、初掲載のお店やビブグルマンは今が旬。 予約もまだとりやすいかもしれません。今後のレストラン選びの参考にしてみてくださいね。

    ]]>
    遠藤 麻矢(ヒトサラ編集部) active
    生牡蠣から牡蠣ごはんまで、韓国の産地で味わう天然牡蠣至福のコース! https://magazine.hitosara.com/article/1047/ https://magazine.hitosara.com/article/1047/ Wed, 13 Dec 2017 11:00:00 +0900 韓国の西海岸では取れたての天然牡蠣をフルコースで味わえる
    • 韓国でも冬になると旬を迎えた牡蠣が市場に出回る
    • 韓国の西海岸にある保寧は岩肌で育つ天然牡蠣の名産地
    • 生牡蠣、牡蠣チヂミ、牡蠣ごはんなどの料理が美味しい

    天然牡蠣をたらふく食べに

    天然の牡蠣を使った6品の料理を提供する牡蠣定食

     牡蠣の美味しい季節です。ぷっくりと肉厚な牡蠣を噛み締めて海のエキスを堪能するとき、今年もいい冬がやってきたなと思います。お隣の国、韓国でも旬の感覚は日本とほぼ同じ。気温のぐっと下がった11月から2月までが牡蠣の最盛期であり、この時期は市場に新鮮な牡蠣がどっさりと出回ります。主産地は南部の統営(トンヨン)という町が韓国ではよく知られていますが、通好みするエリアとして西海岸の保寧(ポリョン)も負けてはいません。小ぶりながらも岩肌に貼り付いて育つ、希少な天然の牡蠣が名産となっています。

    地元産の天然牡蠣料理を専門とする【トガーデン】

     そんな保寧にて、天然の牡蠣を味わうのであれば、こちらの【トガーデン】をおすすめします。大勢の常連客が目当てとするのは、6品の料理をコース仕立てにした『クルジョンシク(牡蠣定食、1人前W2万5000=約2500円、2016年11月取材当時)』。いずれの料理にも地元産(または隣接する洪城産)の天然牡蠣がふんだんに使われています。せっかくなので1品ずつ、コースの料理を紹介していきましょう。

    産地ならではの鮮度を楽しむ『センクル(生牡蠣)』

     まず1品目は『センクル(生牡蠣)』。韓国においても鮮度のよい牡蠣は生で味わうのが最上とされます。天然だけに養殖の牡蠣に比べるとやや小ぶりで、大きさも不揃いですが、味のほうは思わず唸るほどに濃厚です。ほどよい塩気に加え、豊かな甘味と、美味なる苦味が重なり合って、舌ではとろりと艶めかしく、香りも華やかさにあふれ、サイズに対する味と香りの凝縮具合に衝撃を受けます。

    ゆがいて甘味を強調した『クルスッケ(茹で牡蠣)』

     2品目は『クルスッケ(茹で牡蠣)』。シンプルにさっと茹でただけのものですが、熱が加わることによって生牡蠣とは印象がガラッと変わります。素材の塩気がマイルドになり、うま味が活性化するとともに、甘味もぐんと増します。意外に効いていたのがたっぷりと振られたゴマの香ばしさ。下に敷いてある細みの生ニラを一緒に食べてもいいアクセントになりますし、「チョジャン」と呼ばれる唐辛子酢味噌にちょんとつけても美味しいです。

    看板メニューの『クルムルフェ(牡蠣の冷や汁風)』

     3品目のクルムルフェ『(牡蠣の冷や汁風)』は店の看板メニューその1。先ほどから料理名についている「クル」が牡蠣を指し、「ムルフェ」は直訳で「水刺身」という意味です。この料理は『トンチミ』と呼ばれる水キムチの汁をスープとして、生牡蠣、千切りのナシ、生野菜などを加えて作ります。キンと冷たいスープは清涼感に富み、発酵による酸味をベースとしつつもナシの甘味がうまく溶け込んで、それを唐辛子の辛味がキリッと引き締めています。牡蠣の旬はもちろん冬なのですが、この店では独自の冷凍技術により夏場でも水準の高い牡蠣料理を提供。社長曰く「この料理だけは夏のほうが美味しい」とのことなので、機会があれば夏にも試して欲しい一品です。好きな人は通年でこれだけを食べに来るとか。

    定番料理の『クルパジョン(牡蠣と葉ネギのチヂミ)』

     4品目は『クルパジョン(牡蠣の葉ネギのチヂミ)』。韓国で牡蠣のチヂミというと、ピカタのように牡蠣にひとつずつ衣をつけて焼く方法と、こうしてお好み焼き状に焼く方法の2種類があります。お好み焼き状に作る場合は、牡蠣がちらほらということも多いのですが、こちらでは専門店だけあって気前よくゴロゴロ。どれだけの牡蠣を食べているのか、このあたりでもうわからなくなります。

    カリッと揚がった『クルティギム(牡蠣の天ぷら)』

     5品目は『クルティギム(牡蠣の天ぷら)』。韓国式の天ぷらは衣を厚めにつけるので、天ぷらというよりもフリッターのような感じ。ほんのり甘味をつけた衣はカリッと揚がってサクサクです。

    食べ方をいろいろ楽しめる『クルバプ(牡蠣ごはん)』

     6品目は『クルバプ(牡蠣ごはん)』。先ほどの『クルムルフェ』とともに店の看板メニューその2。フルコースを頼むほどでないときは、看板2品を頼むのがおすすめだそうです。釜で炊かれたごはんには、これまで以上に牡蠣がゴロゴロ。隠し味としてエゴマ油を加えているため、その風味がほんのり鼻をくすぐるのも粋な仕掛けです。そのまま食べても美味しいですが、ナムルを盛った器が別途用意されるので、『ビビンバ』のように混ぜて食べてもまたよし。

    ノビルや生ニラを和えたもの。牡蠣ごはんに添えて

     あるいは一緒にノビル(または細みの生ニラ)の和え物が用意されるので、これを『クルバプ』に載せて食べたり……。

    牡蠣ごはんは海苔に包んで食べても香り高く美味

     同じく地域の名産である海苔に包んで食べるのもたまらない味わいです。スープがわりに添えられる自家製の温かな『スンドゥブ(固める前の豆腐)』を箸休めにしつつ、ぜひいろいろな食べ方を楽しんでみてください。もっと言うなら、釜の底についたオコゲまで、バリバリ食べるのも格別です。

    【トガーデン(터가든)】
    電話:+82-41-641-4232
    住所:忠清南道保寧市川北面洪保路666
    住所:충청남도 보령시 천북면 홍보로 666

    ■八田さん韓国グルメ

    >> 発見!柿を食べて育つ牛の絶品焼肉!
    >> うっとりするほど甘く濃厚なカボチャチヂミ!
    >> 旬のマツタケを韓国ではブランド牛と一緒に!
    >> 韓牛の名産地で極上の焼肉を味わう!
    >> 2018年冬季五輪が開催される韓国・平昌は、韓国有数のそば処である!
    >> 韓国・釜山郊外の極上グルメ。2色ウニ丼の意外な調味料と食べ方とは!?
    >> 地元のブランド牛とも融合させた『高麗人参定食』
    ]]>
    八田靖史(フリーライター) active
    <福岡>雰囲気たっぷりのレストランで素敵なクリスマスディナーを堪能 https://magazine.hitosara.com/article/974/ https://magazine.hitosara.com/article/974/ Tue, 12 Dec 2017 16:00:00 +0900  おいしい料理とともに、素敵な雰囲気を演出してくれるのが次の5店舗。福岡の夜景はもちろん、お店の雰囲気、料理の質・味など様々な基準で厳選しました。

    • ラグジュアリーな空間で味わう鉄板焼き【鉄板焼なか乃】
    • 本物の味を追求した王道フレンチ【Maison de Yoshida HARUYOSHI】
    • 福岡随一の夜景が眺められるフレンチレストラン【レストランバーブロッソ】
    • 夜景が見える完全個室と創作イタリアンによる極上のおもてなし【PRIVATEROOM GOSSIP】
    • 天神の夜景が一望できる高級鉄板焼きレストラン【鉄板浅黄】

    洗練されたラグジュアリー空間で味わう極上の鉄板焼き【鉄板焼なか乃】

     那珂川を挟んだキャナルシティ博多の向かいに位置する鉄板焼きのお店。目の前に広がる水面や夜景を楽しみながら、ゆったりと贅沢な時間の中で素材の味を活かした料理を堪能できます。落ち着いた雰囲気の店内は、大人のクリスマスデートに最適です。

     鉄板焼きはもちろん、旬の魚介を使った料理も魅力で、旨みがつまった身と濃厚なソースの活オマール海老や、季節のソースで味わえる鮮魚など逸品ばかり。ミシュランガイドで星を獲得したのも納得です。鉄板焼きは素材の身を直接鉄板で焼かず、表面のみを焼くのが特徴。じっくり焼き上げていくことで、身が固くなりすぎずジューシーな仕上がりになります。

    >>【鉄板焼なか乃】店舗詳細

    本物の味を追求した王道フレンチ 【Maison de Yoshida HARUYOSHI】

     福岡フレンチの父として、多くの名店を育てた吉田安政氏のお店【メゾンドヨシダ】。内観は静謐ながらもカジュアルで、肩ひじ張らずに楽しめる空間です。地元でも有数の景観を誇る那珂川を目の前に臨むロケーションもこの店の魅力。窓に映る九州の夜景が、大切な1日をよりドラマチックに彩ってくれるはず。

     ワインはフランス産を軸に値ごろ感のあるものを厳選。ブランドよりも、シェフの経験と舌を頼りに料理との相性を重視しています。料理は全国各地から厳選した食材を使用した、小細工をしない直球のフレンチ。鴨のローストを中心に、シェフの技に加え食材の地力が栄えます。

    >>【Maison de Yoshida HARUYOSHI】店舗詳細

    福岡随一の夜景が広がるフレンチレストラン 【レストランバーブロッソ】

     西鉄イン福岡の最上階にあるフレンチレストラン。高層の建物が少ない福岡において随一を誇る素晴らしい眺望も最高のごちそうのひとつ。ホテル最上階から天神、中洲の夜景を楽しみながら、こだわりフレンチを堪能できます。

     ワインは常時、赤白、それぞれ15種類揃っています。またホテルのバーテンダーがつくる本格派のカクテルもおすすめです。料理に使用されている肉、魚、野菜などの食材は、おもに県内産を使用。食材の新鮮さには特に注意を払い、料理の質を落とさないようにしています。

    >>【レストランバーブロッソ】店舗詳細

    夜景を望む完全個室と創作イタリアンによる極上のおもてなし 【PRIVATEROOM GOSSIP】

     福岡・春吉にある、完全個室の創作料理店。各個室は北欧風家具で揃えられたくつろぎの空間で、ゆったりとしたソファではリラックスしながら過ごせます。個室からは福岡の夜景と那珂川を一望。クリスマスディナーは静かなプライベート空間で、誰にも邪魔されずに二人だけの時間を過ごせます。

     料理はヒルトンホテル福岡にて和・洋・中の料理修業を10年間積んだシェフによる、創作イタリアン。シェフが厳選した牛のグリルは、産地、部位をその時々によって変えています。運がよければ、希少部位の目玉が供されるかもしれません。

    >>【PRIVATEROOM GOSSIP】店舗詳細

    天神の夜景が一望できる高級鉄板焼きレストラン 【鉄板浅黄】

     ソラリア西鉄ホテルの最上階にある鉄板焼きレストラン。木目調で温かみのある店内は、無数の星空と天神の夜景の大パノラマをカウンター越しに見渡せます。ライブ感溢れる雰囲気は、二人の距離をぐっと縮めてくれるはず。 

     店内にある大きなワインクーラーには、フランス、チリ、イタリアなど名産地のワイン約80種類を常備。スタッフが好みの一杯をセレクトしてくれます。鉄板焼きのお肉には、選び抜かれた最高級ランクの佐賀牛を贅沢に使用。佐賀県産でも4.5等級以上の黒毛和牛だけが認定される銘柄牛を、経験豊富なシェフによって絶妙なタイミングで提供されます。

    >>【鉄板浅黄】店舗詳細

     以上、福岡でクリスマスデートにおすすめしたいお店を紹介しました。どのお店も素敵なクリスマスデートの思い出を演出してくれるので、ぜひ利用してみてくださいね。

    ]]>
    ブロック active
    余計な手を加えずに素材の持ち味を生かし切る【小料理 五半】 明石の海の幸に惚れた店主による魚尽くし https://magazine.hitosara.com/article/1004/ https://magazine.hitosara.com/article/1004/ Tue, 12 Dec 2017 11:30:00 +0900
  • 明石の魚に惚れこんだ店主が一念発起
  • その日仕入れた魚はその日に出すのがモットー
  • 余計な手を加えず素材の滋味を生かした魚尽くし
  • 関西屈指の漁師町へ

    カウンター席とテーブル席がある店内。テーブル席は予約必至

     27歳で会社員から転身して、京都、東京など魚料理の名店で10年余の修業を積んだ、ユニークな経歴を持つ店主・伊藤道直さん。修業時代に明石のタコや鯛の評判をよく耳にしていたことから、「地元大阪での独立も考えましたが、それなら良い素材が獲れる産地に近い所で店を出したいと思って」と一念発起、5年前に明石で店を構えました。以来、飛び込みで漁協を訪ね、市場に通い、地道に仕入れ先を開拓。現在は、夜は店に立ち、昼は漁協のセリをしながら目利きを鍛え、すっかり漁師町の空気が身に馴染んでいます。

    その日の仕入れで料理が決まるおまかせコース

    料理はすべておまかせコースから。『鰆の焼物 自家製のカラスミと白子を添えて』

    淡い味付けで白身の風味を活かした『目板カレイの煮物』



    「旬の魚を、ギリギリまで新鮮な状態でご提供したい」と、その日に仕入れた魚はその日のうちに出すのが伊藤さんのモットー。獲れる魚は毎日違うため決まった品書きはなく、その日の仕入れで構成するおまかせ1本のみ。明石浦漁港の昼網のセリに自らが赴き、厳選した旬の魚介を仕入れてからその日の献立を決めるのが日課です。

    「明石浦の漁師は魚の扱いを心得ているのでいい状態の魚が手に入ります。今は、いかに明石の魚だけで勝負できるかを考えています」と、界隈では“前もん”と呼ばれる時の魚のみを使用。市場では数が揃わないバラの魚を1尾単位で仕入れ、瀬戸内ならではのバラエティ豊かな磯魚や、日によって希少なネタが登場することも珍しくありません。

    素材本来のおいしさを活かした“前もん”尽くし

    大豆の甘みが濃厚な『自家製豆腐と金山寺味噌』

    生で漬けるからこその歯ごたえと磯の風味が魅力の『ヒイカの沖漬け』



     コースの献立は前菜・刺身・焼き魚・煮魚・揚げ物・酢の物・土鍋ごはんの7品。例えば造りには、ユニークな名と裏腹に旨み濃密なタモリ、歯ごたえのいい西貝といった個性派が存在感を発揮。春先に産卵期を迎える鰆は、焼物と共に白子、さらに卵でカラスミを作って提供。きめ細かな身の質感、しっとりとした脂の旨味と白子のまろやかなコク、カラスミの軽やかな酸味の三位一体に、お酒が進みます。白身のメイタカレイなら煮物碗のような淡い味付けで、繊細な味わいが際立ちます。1週間醤油に漬け込んだ自家製のヒイカの沖漬けなど、小さな皿にも手間を惜しまない仕事ぶり。信楽焼のおくどさんと土鍋で炊き上げる〆のご飯も、名物の一つです。

    「その日揚がった魚を使い切るので、冷凍庫もいらないくらい。何より素材に嘘がないのがいいんです」と伊藤さん。「今日は何が食べられるのかな?」と訪ねるたびに楽しみになります。滋味あふれる料理の数々は、港に近い場所だからこその、魚の活きの良さが感じられる一軒です。

    【小料理 五半(こりょうりごはん)】

    電話:078-918-6002
    住所:兵庫県明石市大明石町1-8-8
    アクセス:各線明石駅から徒歩5分
    営業時間:17:30~22:00(魚がなくなり次第終了)※要予約
    定休日:木曜

    ]]>
    文/田中慶一(フリーライター) active
    甲斐まり恵が教える! 火を使わずにつくれる簡単夜食レシピ『鮭とレタスのチャーハン』 https://magazine.hitosara.com/article/1035/ https://magazine.hitosara.com/article/1035/ Mon, 11 Dec 2017 10:00:00 +0900 レンジで2分! ヘルシーでおいしい
    『鮭とレタスのチャーハン』

     電子レンジはコンビニのお弁当や冷ごはんを温めるだけ…という人に、ぜひつくってみていただきたいのが今回の料理です。冷ごはんを温めるとき、もうひと手間加えるだけで、おいしいチャーハンがつくれちゃうんですよ。油を使わず混ぜるだけで、小腹が空いたときの夜食にぴったり。

     今回のアドバイスは2つ。

    ごはんに卵をからめるときは、しっかりと混ぜること。そうすることで、ごはんがベタつかずパラパラになります。

     もう1つは、途中でレンジから取り出して、よくかき回すこと。レンジはどうしても加熱される部分に差が出るので、こうすることで全体に熱が通ります。

    用意するもの(1人前)

    鮭フレーク     …大さじ2
    味付きザーサイ   …大さじ1
    レタス       …1枚(30g)
    卵         …1個
    ごはん       …1杯(200g)
    ごま油       …小さじ1
    醤油        …小さじ1/2
    塩、黒こしょう   …適宜

    合計 約520kcal

    『鮭とレタスのチャーハン』の
    つくり方

    1.具材を準備する

     レタスは包丁を使わなくても一口大に手でちぎれますね。ザーサイはスーパーで売っているパックや瓶に入ったものを買ってきましょう。包丁を使って、粗みじん切りに。何枚か重ねて、適当にザクザク切るだけでOKです。

    2.ごはんを入れてレンジで温める

     耐熱ボウル(なければ丼でも可)に卵を溶きほぐし、ごはん、ごま油、醤油を加えてよく混ぜます。次に鮭フレーク、ザーサイを加えて、また混ぜます。ふんわりラップをしたら、レンジで1分加熱します。

    ※600Wのレンジを使う場合、×0.8の時間が目安

    3.混ぜてからもう一度レンジで温める

     一度レンジから取り出して全体をよく混ぜ、ラップをかけずに50秒加熱。まだ全体がしっとりしていたら、さらに30~40秒ほど加熱します。レタスを加えてさっくりと混ぜ、味を見て塩、黒こしょうを振ります。

    できあがり

     鮭フレーク、ザーサイ、レタスと、今回ちょっと食材が多いですが、パーティーのメニューにもなりますから、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

    ポイントをまとめると…

    • レタスをちぎり、ザーサイを粗みじんにする
    • ボウルで卵、ごはん、ごま油、醤油を混ぜる
    • 鮭、ザーサイを加えて混ぜ、ラップして1分
    • 一度取り出して混ぜ、ラップをせずに50秒
    • レタスを加えて混ぜ、塩、黒コショウを振る

     次回は、プリプリ食感がおいしい『鶏の照り焼き』です。お楽しみに♪

    甲斐まり恵の最新情報は
    Instagramでチェック↓

    marie_kai_0613

    この記事を作った人

    甲斐まり恵

    女優。熊本県生まれ。双子座。株式会社バイタルネットのCMに出演中、ナレーションも担当。また、『仮面ライダーオーズ/OOO』もニコニコ動画にて配信中。2017年11月30日には、ジャズピアニスト・竹中真氏とともに、熊本で阿蘇神社復旧支援チャリティーデュオコンサートを開催。2017年の大晦日に、銀座【シャンソンバーボンボン】にて初のカウントダウンライブに出演予定。



    Instagramアカウント⇒ marie_kai_0613
    twitterアカウント⇒  甲斐まり恵 STAFF
    オフィシャルブログ「愛を抱えて笑いたい♪」 by Ameba
    ]]>
    active
    <京都>大人のクリスマスディナーにぴったり! 京都の“懐石フレンチ”5選 https://magazine.hitosara.com/article/970/ https://magazine.hitosara.com/article/970/ Sun, 10 Dec 2017 00:00:00 +0900
  • 季節の移ろいを取り入れた懐石フレンチ【祇園MAVO】
  • 気鋭のシェフによる洗練された和の世界【花鏡】
  • おもてなしの心が感じられる美しいフレンチ【匠 奥村】
  • 祇園で味わう繊細な懐石フレンチ【祇園 おくむら】
  • 有形文化財の中で味わう優しいフレンチ【貴匠桜】
  • 季節の移ろいを取り入れた懐石フレンチ【祇園MAVO】

     京都祇園の一角に佇むお店。モダンで開放感のある店内は、特別なディナーに相応しいエレガントな雰囲気です。素敵なムードの中でいただくディナーは格別。思い出に残るクリスマスデートを演出してくれます。

     旬ごとに食材を変えていくフレンチは、季節感を殊に重んじており、時季によって違う味わいを楽しめるのが魅力です。
    『ボーヤファーム仔羊 ロース肉のロティ』は、香ばしさと羊肉の旨みが身体中に染み渡る逸品。食後の『バラとしょうがのフィナンシェ』は、直前に食用の香水が吹きかけられた、バラの香りを満喫できる極上のデザートです。

    祇園MAVO

    電話:075-708-6988
    住所:京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル上弁天町440 舞風館1F
    アクセス:京阪本線「祇園四条」駅から徒歩10分
    営業時間:12:00~14:00、18:30~21:00
    定休日:火曜、水曜

    ≫店舗詳細

    気鋭のシェフによる洗練された和の世界【花鏡】

     有数の観光地と日本料理店がひしめく東山エリアにあるお店。店内はシックな配色がお洒落で、季節の設えに“京都”を感じさせてくれます。オープンキッチンを目の前に臨むカウンター席は、デートにぴったりの特等席。シェフを間近に楽しむ臨場感がクリスマスデートの雰囲気を盛り上げてくれます。

     料理は、いわゆる正統派の日本料理と一味違う、独創性に富む目新しいものが中心。シニアソムリエや利酒師など、様々な肩書を持つシェフが独自の目線でつくっており、様々なドリンクやお酒に合うように計算し尽くされています。

    【花鏡(かきょう)】

    電話:075-771-3322
    住所:京都府京都市東山区三条白川橋東入4丁目中之町203 Schilf神宮道1F
    アクセス:東西線「東山」駅・「蹴上」駅から徒歩6分
    営業時間:12:00~15:30、18:00~22:30
    定休日:不定休

    ≫店舗詳細

    おもてなしの心が感じられる美しいフレンチ【匠 奥村】

     四条通から花見小路を南へ行ったところにある、京懐石フレンチの名店。風情ある佇まいで、大人のデートに最適です。カウンター席からは、季節ごとの屏風を愛でることができるなど、店内の装飾も風情があります。

     おもてなしの心を大切にしており、料理人が自ら接客を行うスタイル。まるで「お抱えの料理人」を持ったかのような贅沢なひとときを堪能できます。

     色彩豊かなオードブルは、器や盛り付けにもこだわった美しい料理で、季節のおいしさを堪能できます。心を掴まれるようなデザートプレートは好きな種類を好きなだけ選べます。全種類一口ずつといった、贅沢なオーダーもOK。

    【匠 奥村】

    電話:075-541-2205
    住所:京都府京都市東山区祇園町南側570-6
    アクセス:京阪本線「四条」駅から徒歩10分
    営業時間:12:00~13:30、17:30~21:00
    定休日:無休

    ≫店舗詳細

    祇園で味わう繊細な懐石フレンチ【祇園 おくむら】

     祇園にある、繊細な懐石仕立てのフランス料理を味わえるお店。お洒落な雰囲気の店内でよりよいひとときを過ごせるようにと、料理をゲストの目の前で調理。食への高揚感を煽る演出が胸をときめかせてくれます。

     お箸で食すフレンチにはワインを合せて。ブルゴーニュ、ボルドーなど豊富な種類が用意されているので、その日のメニューに合った一本を選べます。
     和と洋が織りなす京懐石フレンチは、四季折々の自然の恵みを折り込んだ食材や京野菜を使用することで、五感すべてを刺激してくれます。四季を彩る料理を大切な人と分かち合ってみてはいかがでしょうか。

    【祇園 おくむら】

    電話:075-533-2205
    住所:京都府京都市東山区祇園町北側255
    アクセス:京阪線「祇園四条」駅から徒歩5分、阪急線「河原町」駅から徒歩7分
    営業時間:12:00~15:00 (L.O.13:30)、17:30~22:30 (L.O.20:30)
    定休日:不定休

    ≫店舗詳細

    有形文化財の中で味わう優しいフレンチ【貴匠桜】

     醤油問屋だった町屋をリノベーションした、心地よい和の雰囲気のお店。エントランスをくぐると、吹き抜け天井や、竈(かまど)、生け花などがお出迎えしてくれます。登録有形文化財に指定された京町屋で、ワンランク上の雰囲気をお過ごすことができる一軒です。

     隠れ家的な雰囲気の店内は、クリスマスデートの大切なひとときにぴったり。サプライズにメッセージを添えたデザートプレートを頼めば、楽しい会話がさらに広がります。
     料理には国内外を問わず、季節のおいしさと美しさの感じられる食材を使用。数種の醤油を使い分け、優しい和のテイストを表現したフレンチを楽しめます。

    【貴匠桜】

    電話:075-561-3939
    住所:京都府京都市東山区松原通大和大路東入ル轆轤町100
    アクセス:京阪本線「清水五条」駅・「祇園四条」駅から徒歩10分
    営業時間:11:30~14:30 (L.O.13:30)、17:30~21:30 (L.O.20:00)
    定休日:水曜・第三火曜

    ≫店舗詳細

     以上、クリスマスディナーに最適な、京都の“懐石フレンチ”のお店をご紹介しました。料理はもちろん、素敵なムードを演出してくれるお店ばかりですので、大切な方とのデートなどに利用してみてくださいね。

    ]]>
    ブロック active
    加賀温泉郷の雪見露天と、冬の味覚ズワイ蟹に加賀の伝統料理 https://magazine.hitosara.com/article/1016/ https://magazine.hitosara.com/article/1016/ Sat, 09 Dec 2017 11:00:00 +0900
  • 景勝地として名高い石川県の鶴仙渓沿いに佇む加賀コンシャスな湯宿
  • 今冬の注目は五感も満たす臨場感あふれるレストラン【べにばな】
  • ズワイ蟹をはじめ、加賀ならではの冬の味覚を満喫できます
  • 加賀コンシャスな湯宿で温泉と旬の会席料理を堪能

    料理も絶景も「吉祥やまなか」で冬の贅沢なひとときを

     景勝地として名高い鶴仙渓、大聖寺川沿いに佇む加賀コンシャスな湯宿「吉祥やまなか」。まずは開湯1,300年、俳聖芭蕉が愛した天然温泉は露天風呂や3つの貸切風呂、足湯へ。その後、山海の幸を個性的なレストランで堪能して、金箔・銀箔エステが好評な北陸最大級のスパでくつろぎのひとときを過ごすのが、今シーズンオススメのプランのひとつです。

    加賀の味覚を満喫できる【加賀料理べにばな】

     旅のスタイルに合わせて加賀の美味を楽しめるレストランが揃う「吉祥やまなか」で、今冬の注目店は【加賀料理べにばな】です。武家屋敷造りの門構えをくぐると広がる“加賀の台所”というオープンキッチンに新鮮な海の幸と加賀野菜が並びます。“割烹”をコンセプトに、料理人が素材を捌き、天婦羅を揚げる姿などを目の前に、活気に満ちたスタイルで提供。目と舌だけでなく、音や香りに至る五感まで満たすライブ感も楽しめます。

    造り、寿司、蒸し、焼き、しゃぶしゃぶ、天ぷら、冬の味覚の蟹尽くし!

    蟹刺しは寒ブリや甘エビとともに

    ズワイ蟹の握り寿し



    「吉祥やまなか」の【加賀料理べにばな】では、2018年3月20日まで冬の味覚の王様ズワイ蟹を堪能できる会席料理『ズワイ蟹会席』『蟹尽くし会席』を用意。姿ズワイ蟹をはじめ、蟹刺し、ズワイ蟹炭火焼、蟹しゃぶなどの蟹料理を思う存分、楽しむことができます。1月上旬までは濃厚な甘みがたまらない香箱蟹も登場します。香箱蟹は北陸地区で獲れるメスのズワイ蟹で、茶色の外子とオレンジ色の内子の卵を持つ濃厚な旨みが特長。他にも、寒ブリや甘エビ、鯛の白子など旬の味覚とともに加賀の醍醐味を味わえます。また、さつまいもや加賀れんこん、たけのこなど、昭和20年以前から現在に至るまで、主に金沢で栽培されている認定15品目の『加賀野菜』も、現地に訪れたらぜひ味わってほしい加賀能登ならではの美味です。

     今年の冬はしっとりと絶景露天に癒されて、蟹や寒ブリ、甘エビなどの見目麗しい美食に舌鼓を打つ、極上のフォトジェニック旅を満喫してみては?

    >>「吉祥やまなか」の店舗詳細
    ]]>
    文/角屋昌也(流行発信) active
    森脇慶子の、今月の気になる「ヒトサラ」/『上海蟹の茶碗蒸し』新宿御苑【シェフス】 https://magazine.hitosara.com/article/1043/ https://magazine.hitosara.com/article/1043/ Fri, 08 Dec 2017 17:00:00 +0900 今月のヒトサラは・・・・・・新宿御苑前【シェフス】

    フルフル、やわやわ、優しいのに濃厚な『上海蟹の茶碗蒸し』

     初めて上海蟹を食べたのは、いったい幾つの頃だったろうか。20代後半、香港の庶民的な上海料理屋で、勧められるがままに食べた蒸し上海蟹が、もしかしたら初体験だったかもしれない。今ではもうはっきり思い出せないほど、上海蟹は、私の年間食ルーティンの中にしっかりと組み込まれている。
     私だけではない。今や、日本人にとっても馴染み深い秋の味覚として、すっかり認知された感がある。

    上海蟹の料理は、他にも『上海蟹みそシューマイ』850円や『上海蟹みそ炒飯』5400円などいろいろ。『上海蟹みそ豆腐』5400円も必食の一皿。これもごはんを呼ぶ佳品だ。

     その食ルーティンの一軒として、毎年11月の声を聞くと上海蟹を目当てに欠かさず足を向けているのが、新宿御苑前【シェフス】。なぜなら、上海蟹が傑出しているからだ。東京中の中華料理店で上海蟹を試した訳ではないが、この店ほど大きく立派な上海蟹はそうそうお目にかかれまい。重さにして一杯約230〜250g。手に持つとズシリと重い。聞けば、同店の上海蟹は、有名な陽隥湖でも太湖でもなく、江蘇省宿遷市近くの駱馬湖で採れたものだとか。

    「駱馬湖は、水質がよく天然の水草が多いため、上海蟹の餌となる小魚や小エビ、タニシが豊富。だから蟹もよく育ち、味も良くなるんです」とは、マダムの王のり子さん。定番の蒸し蟹の旨さは言うまでもないが、それ以上に心待ちにしている逸品! それがご覧の『上海蟹の茶碗蒸し』。(私が勝手に思い込んでいる)同店のスペシャリテだ。

    『上海蟹茶碗蒸し』。写真はWサイズで8000円。これで3~4人分あるが、独り占めしたい美味しさ。Sサイズ4000円もある。口に入れると舌の上でとろける。

     稀代の美食家だった初代主人の故・王恵仁さん。彼は、大の卵好きでもあったそうで、この一皿も王さんオリジナル。だからなのだろう。まず、この茶碗蒸し自体が素晴らしい。フルフルとしたその柔らかさは、まるで極上の絹ごし豆腐の如く滑らか。「茶碗蒸しは吸物感覚で作られければダメ」とは、とあるベテラン和食料理人の名言だが、その言葉を地でいくトロりとした口当たりには、思わず目尻が下がる。美味の秘密は、卵の約4倍とスープが多めの配合とその蒸し加減。そして、圧巻は、何と言っても茶碗蒸しを覆い隠すかのようにたっぷりとかけられた上海蟹味噌だろう。オレンジ色を帯びたソースには、雌雄両方の身と味噌が、贅沢にも約3杯分も使われているそうだから、その濃厚さたるや想像以上。しかし、くどさは微塵もない。一種妖艶な味噌の旨味がふんわりソフトな卵とクリーミーに混ざり合い、やがてコクとまろやかさが混然一体となって舌に広がる。後に残る優しい余韻が愛おしい。そのままでも十分美味いが、もし、お腹に余裕があるならば、お代わりは御飯にトッピングして“蟹味噌卵かけごはん”を試してみてほしい。一粒で二度美味しい体験をできるはずだ。

    上海蟹炒飯も捨てがたいが、上海蟹のみそごと茶碗蒸しを御飯に乗せて頂く美味しさは、また格別。汁かけ飯的うまさだ。卵の優しさと蟹味噌の上品なコクがよく合う。

     ちなみにマダムによれば、メニュー化したのは「10年ほど前から」。茶碗蒸しを作るのに蒸篭を要するため、蒸し蟹の注文が殺到している時は、作れなかったり待たされたりすることも多々あるそうだが、待つ甲斐はあり。予約時に、あらかじめ頼んでおくと良いだろう。

    石綿太輔シェフよりひと言

    「最初は、強火で約3分卵全体に均一に火を入れ、その後、ごく弱火にして今度は15分ゆっくりと蒸し上げるのがコツですね。火が強すぎると卵にスが入ってしまうんです」

    【シェフス】

    住所:東京都新宿区新宿1-24-1 藤和ハイタウン 1F
    電話:03-3352-9350
    営業時間:18:00~22:00
    定休日:日曜日・祝日
    カード:可
    ※できれば予約を。

    撮影/岡本祐介


    この記事を作った人

    森脇慶子
    「dancyu」や女性誌などで活躍するフードライター。綿密な取材と豊富な経験に基づく記事は、読者のみならずシェフたちからも絶大な信頼を得ている。日々おいしいものを探求すべく新旧問わず様々な店を訪問。12月には選者を務める「東京最高のレストラン」(ぴあ)が発売。



    ]]>
    active
    <神戸>クリスマスデートにオススメ! 夜景が素敵な鉄板焼きのお店5選 https://magazine.hitosara.com/article/972/ https://magazine.hitosara.com/article/972/ Fri, 08 Dec 2017 00:00:00 +0900
  • ブランド牛と200種を越えるワインを楽しむ【鉄板焼 心】
  • ホテル最上階で「但馬牛」を堪能する【鉄板焼 潮路】
  • オーシャンビューと「神戸牛」が魅力【ステーキハウス オリエンタル】
  • 圧巻のパフォーマンスと極上の鉄板焼き【ステーキハウス ZEN 三宮店】
  • 最上階の夜景とともに、五感で味わう鉄板焼き【ザ マーカススクエア神戸 鉄板焼 然荘】
  • ブランド牛と200種を越えるワインを楽しむ【鉄板焼 心】

     ホテル「ラ・スイート神戸ハーバーランド」内にあるお店。カウンター越しの窓に広がるのは、神戸港のオーシャンビュー。ライトアップされたクルーズ船やハーバーランドの夜景を一望することができます。刻々と変化する雄大な景色が忘れられない思い出へと誘います。

     シェフのダイナミックで鮮やかな手さばきや、ジュージュー焼ける音など、料理を五感で存分に味わうことができます。
     鉄板焼きは、牛肉の芸術品とも言われる神戸牛をはじめ、但馬牛、淡路牛、篠山牛、三田牛、黒田庄和牛など、厳選された兵庫のブランド牛が楽しめます。

    【鉄板焼 心】

    電話:078-371-6644
    住所:兵庫県神戸市中央区波止場町7-2 ホテルラ・スイート神戸ハーバーランド2F
    アクセス:夢かもめ線「みなと元町」駅から徒歩4分、JR各線「神戸」駅から徒歩10分
    営業時間:11:30~15:00 (L.O.14:00)、17:30~22:30 (L.O.21:00)
    定休日:無休

    ≫店舗詳細

    ホテル最上階で「但馬牛」を堪能する【鉄板焼 潮路】

     ホテルプラザ神戸の最上階にある、落ち着いた雰囲気のお店。昼は水平線まで見渡せる海の風景、夜はきらめく神戸の夜景が目の前に広がります。ゆったり上質な時間を過ごしながら、大切な人と食事が楽しめます。

     素敵な景色を背景に、目の前で調理される鉄板焼きはまさに格別。焼かれる肉を眺めつつ、おいしい食べ方を聞いたりするのも楽しみのひとつです。
     料理は新鮮な魚介類や、但馬牛・厳選された黒毛和牛を最大限に活かした逸品ばかり。シンプルながら極上の味わいです。良い素材を最高の状態で楽しめる、その絶妙の焼き加減に心打たれます。

    【鉄板焼 潮路】

    電話:050-5263-5624
    住所:兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1
    アクセス:六甲ライナー線「アイランドセンター」駅から徒歩3分
    営業時間:11:30~14:30 (L.O.14:30)、17:30~21:00 (L.O.21:00)
    定休日:無休

    ≫店舗詳細

    オーシャンビューと「神戸牛」が魅力【ステーキハウス オリエンタル】

     神戸ビーフなどの高級食材を鉄板焼きで楽しめるお店。大きな鉄板の向こう側に広がるのは神戸港のオーシャンビュー。ディナータイムには、きらめくベイエリアの夜景がロマンチックなムードを演出します。

     用意されるワインは、食材との相性はもちろん、季節や気候にあわせたラインナップ。ソムリエに相談すれば、気分やシチュエーションにぴったりのセレクトも可能です。
     食材の質にこだわっており、高品質の神戸ビーフがいつでもそろっています。静岡産の本わさび、千葉のヒゲタ醤油、ひろたのポン酢、淡路の藻塩などの薬味が、肉そのものの味を際立たせます。

    【ステーキハウス オリエンタル】

    電話:078-325-8110
    住所:兵庫県神戸市中央区波止場町5-6 神戸メリケンパークオリエンタルホテル
    アクセス:夢かもめ線「みなと元町」駅から徒歩8分、JR各線「元町」駅から徒歩15分
    営業時間:17:30~22:00 (L.O.21:00)、17:00~22:00 (L.O.21:00)
    定休日:無休

    ≫店舗詳細

    圧巻のパフォーマンスと極上の鉄板焼き【ステーキハウス ZEN 三宮店】

     神戸交通センタービル9階にあるステーキハウス。上品で落ち着いた雰囲気の店内では、窓側のカウンター席から神戸の美しい夜景を望めます。シェフのパフォーマンスを楽しみながらおいしい料理を味わえば、思い出に残る素敵な時間が過ごせるでしょう。

     ドリンクはワイン、日本酒、カクテル、ノンアルコールなど豊富なバリエーション。その中からソムリエが、リクエストや料理に合わせて選んでくれます。
     コース料理は神戸牛、ロブスター、アワビ、そのほか新鮮な魚介類など、オーナーこだわりの食材を堪能できます。神戸牛を味わいたいなら『極上』のコース、魚料理も堪能したいな『鮮麗』のコースがおすすめ。

    【ステーキハウス ZEN 三宮店】

    電話:078-392-2989
    住所:兵庫県神戸市中央区三宮町1-10-1 神戸交通センタービル9F
    アクセス:JR神戸線「三ノ宮」駅から徒歩2分、阪急神戸線「神戸三宮」駅から徒歩3分
    営業時間:11:00~15:30 (L.O.14:00)、17:00~23:00 (L.O.21:30)
    定休日:無休

    ≫店舗詳細

    最上階の夜景とともに、五感で味わう鉄板焼き【ザ マーカススクエア神戸 鉄板焼 然荘】

     ホテルクラウンパレスの最上階に位置する、隠れ家的な雰囲気のお店。窓からは海と山に囲まれた神戸の街並みを一望することができ、ディナー時には夜景が広がります。

     夜景を見下ろしながら楽しむ食事は、二人の大切な時間を盛り上げること間違いなし。きらびやかなシャンパンで乾杯をし、料理に合わせたワインとともに、ゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか。
     鉄板焼きには神戸牛を初めとする高級和牛や、季節を感じる旬の野菜を使用。A4ランク以上の国産牛を使ったステーキは、お肉の旨味を存分に味わえるおすすめの一品です。

    【ザ マーカススクエア神戸 鉄板焼 然荘】

    電話:078-367-1622
    住所:兵庫県神戸市中央区東川崎町1-3-5 神戸ハーバーランド ホテルクラウンパレス神戸17F
    アクセス:夢かもめ線「ハーバーランド駅」直結、JR山陽本線「神戸」駅から徒歩2分
    営業時間:[月~金]11:30~14:30 (L.O.13:30)、17:00~21:00 (L.O.20:00)、[土・日・祝]17:00~21:00 (L.O.20:00)
    定休日:無休

    ≫店舗詳細

     以上、神戸のクリスマスデートにおすすめの、鉄板焼きのお店を紹介しました。素敵な夜景はもちろん、どのお店の鉄板焼きも絶品なので、ぜひクリスマスデートにご活用ください。

    ]]>
    ブロック active
    2017最新|人気ブランド・パティスリーのクリスマスケーキ[ヒトサラMAGAZINE] https://magazine.hitosara.com/article/1038/ https://magazine.hitosara.com/article/1038/ Thu, 07 Dec 2017 16:00:00 +0900
  • ピエール マルコリーニ
  • フォションブティック
  • パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
  • ジャン=ポール・エヴァン
  • ラデュレ
  • ※予約・購入方法は一番下にまとめて記載

    【ピエール マルコリーニ】

    鮮やかな赤に心奪われる『ノエル ドゥ ピエール 2017』

    『ノエル ドゥ ピエール 2017』5,834円(税抜) サイズ:直径約12 cm × 高さ約4 cm(飾り部分除く)

     ピエール マルコリーニからは、ぱっと目を引く大人のケーキが登場。カメルーン産カカオの力強さを感じられるビターチョコレートガナッシュ、芳醇なバニラの香りが広がるクリームにグリオットチェリーの酸味が見事に調和し、年に一度の特別な日に相応しい幸せなひと口に仕上がっています。

    【フォションブティック】

    純白の美しいフォルムが目を引く『ホワイトモンブラン』

    『ホワイトモンブラン』3,564円(税込) サイズ:縦12cm×横12cm×高さ9cm、モンブラン直径約8cm

     パリ発のブランド「フォション」からは、純白のモンブランが登場。マロンムースの中に、カシスやブルーベリーなどの甘酸っぱいゼリーをとじ込め、バニラクリームやホワイトチョコレートで仕上げています。雪の降る聖夜にぴったりの一品です。

    【パティスリー・サダハル・アオキ・パリ】

    リースをイメージした新作クリスマスケーキ『パリブレスト ノエル ピスターシュ』

    『パリブレスト ノエル ピスターシュ』5,400円(税込) サイズ:直径約15cm×高さ5cm

     パリで活躍中のパティシエ、サダハルアオキ氏がお届けするのは、色鮮やかなクリスマスケーキたち。この『パリブレスト ノエル ピスターシュ』は、フランス産発酵バターや小麦粉を使い香ばしく仕上げたシューパリジャンに濃厚なピスタチオクリームとたっぷりのイチゴをサンド。ピスタチオのまろやかさとイチゴの酸味が絶妙にマッチしており、さらに洋酒不使用のため、家族みんなで楽しめます。

    【ジャン=ポール・エヴァン】

    時計がモチーフの“ビュッシュ オクロック”

    “ビュッシュ オクロック” 6,210円(税込) サイズ:約縦6cm×横16.5cm×高さ6cm

     クリエイション30周年目を迎えたジャン=ポール・エヴァンのコレクションテーマは《アネトラント(30年代)》。時計をあしらった“ビュッシュ オクロック”は、ベルガモット風味のビスキュイ、アーモンドのビスキュイとフランボワーズのジュレ、ヘーゼルナッツのダコワーズやゆずのシブーストなどで構成され、マダガスカル産カカオのムースで全体を包んださわやかな逸品です。

    【ラデュレ】

    星が煌くキュートな『セレスト』

    『セレスト』〈6名用〉10,044円(税込) サイズ:直径約21.5cm×高さ約4.5cm、〈1名用〉1,469円(税込)サイズ:直径約10.5cm×高さ2.7cm ※ともに数量限定

     パリ発の老舗パティスリー・メゾン「ラデュレ」。子供だけでなく大人にも素敵な魔法が起こるようにと、シェフ・パティシエール、クレール・アイッツレールが送るのは、たくさんの星が輝く白いアントルメ『セレスト』。ヘーゼルナッツとアーモンドの生地、ヘーゼルナッツのプラリネの輪をヘーゼルナッツのムースが包み込む。ホワイトチョコレートでつくった星とパールチョコレートが煌く、おいしくてキュートなクリスマスケーキです。

    ▽予約・購入方法一覧

    ピエール マルコリーニ
    『ノエル ドゥ ピエール 2017』


    5,834円(税抜)
    サイズ:直径約12 cm × 高さ約4 cm(飾り部分除く)



    予約方法:【ピエール マルコリーニ】渋谷店を除く直営店にて
    予約期間:2017年10月1日(日)~予定数量販売終了まで
    引き渡し期間:2017年12月15日(金)~12月25日(月)

    【ピエール マルコリーニ 銀座本店】

    電話:03-5537-0015
    住所:東京都中央区銀座5-5-8
    営業時間:[月~土]11:00~20:00、[日・祝]11:00~19:00
    定休日:年末年始
    アクセス:東京メトロ銀座線ほか「銀座駅」B3より徒歩1分

    ※その他の販売場所
    【ピエール マルコリーニ 新宿店】(NEWoMan新宿)
    【ピエール マルコリーニ 横浜店】(ルミネ横浜)など

    フォションブティック
    『ホワイトモンブラン』

    3,564円(税込)
    サイズ:縦12cm×横12cm×高さ9cm、モンブラン直径約8cm



    予約方法:【フォションブティック】店頭、高島屋オンラインストア
    予約期間:店頭 2017年12月17日(日)まで、高島屋オンラインストア 2017年12月16日(土)10:00まで
    引き渡し期間:2017年12月23日(土祝)・24日(日)
    ※日本橋高島屋、横浜高島屋のみで販売、数に限りあり

    「高島屋」オンラインストア
    (http://www.takashimaya.co.jp/shopping/gift/christmas/)

    【フォションブティック 日本橋高島屋店】

    電話:03-3211-4111
    住所:東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋B1F営業時間:
    営業時間:10:30~19:30
    定休日:日本橋高島屋に準ずる
    アクセス: 東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅B2出口より直結、都営地下鉄浅草線「日本橋」駅より徒歩4分、JR「東京」駅八重洲北口より徒歩5分

    ※その他の販売場所
    【フォションブティック 横浜高島屋】(横浜高島屋)

    パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
    『パリブレスト ノエル ピスターシュ』

    5400円(税込)
    サイズ:直径約15cm×高さ5cm



    予約方法:【パティスリー・サダハル・アオキ・パリ】店頭、電話、公式オンラインショップ
    予約期間:店頭 2017年12月17日(日)まで
    電話・オンラインショップ 2017年12月15日(金)まで ※オンラインショップのみ12:00まで
    引き渡し期間:2017年12月22日(金)~12月25日(月)※新宿伊勢丹店は12月23日(土)・24日(日)のみ

    「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」
    電話受付:0120-380-333
    オンラインショップ(http://www.sadaharuaoki.jp/noel2017/)

    【パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 丸の内店】

    電話:03-5293-2800
    住所:東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F
    営業時間:11:00~20:00
    定休日:不定休
    アクセス:東京メトロ有楽町線「有楽町」駅D3出口より直結

    ※その他の販売場所
    【パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 東京ミッドタウン店】
    【パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 渋谷ヒカリエSinQs店】
    【パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 新宿伊勢丹店】

    ジャン=ポール・エヴァン
    “ビュッシュ オクロック”

    6,210円(税込)
    サイズ:約縦6cm×横16.5cm×高さ6cm



    予約方法:【ジャン=ポール・エヴァン】全ブティック
    予約期間:予約受付中(無くなり次第終了)
    引き渡し期間:2017年12月22日(金)~12月25日(月)

    【ジャン=ポール・エヴァン 表参道ヒルズ店】

    電話:03-5410-2255
    住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館1F
    営業時間:[月~土]11:00~21:00、[日]11:00~20:00
    定休日:不定休
    アクセス:東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道」駅より徒歩2分

    ※その他の販売場所
    【ジャン=ポール・エヴァン 六本木店】(東京ミッドタウン)
    【ジャン=ポール・エヴァン 表参道店】(表参道ヒルズ)
    【ジャン=ポール・エヴァン 新宿店】(伊勢丹新宿店)

    ラデュレ
    『セレスト』

    6名用 10,044円(税込)
    サイズ:直径約21.5cm×高さ4.5cm

    1名用 1,469円(税込)
    直径約10.5cm×高さ2.7cm

    ※ともに数量限定



    予約方法:【ラデュレ】店頭
    予約期間:2017年12月13日(水)まで
    引き渡し期間:6名用は2017年12月22日(金)~12月25日(月)、1名用は2017年12月16日(土)~12月25日(月)
    ※数量限定、予約優先

    商品に関するお問い合わせ先:
    ラデュレ カスタマーサービス 
    電話:03-4578-0846

    【ラデュレ 銀座店】

    電話:03-3563-2120(直通)
    住所:東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越2F
    営業時間:ブティック10:30~20:00、サロン10:30~22:00(L.O. 21:00)
    定休日:銀座三越に準ずる
    アクセス:東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」 から出てすぐ

    ※その他の販売場所
    【ラデュレ 日本橋店】(三越日本橋本店)
    【ラデュレ 新宿店】(ルミネ新宿店)
    【ラデュレ 横浜店】(そごう横浜)

    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    台湾発、話題のティースタンド【THE ALLEY LUJIAOXIANG】のクリスマス限定メニュー https://magazine.hitosara.com/article/1029/ https://magazine.hitosara.com/article/1029/ Thu, 07 Dec 2017 00:00:00 +0900 【THE ALLEY LUJIAOXIANG】のクリスマス限定メニュー
    • 茶師がブレンドした人気商品「ロイヤル No.9 ミルクティー」がベース
    • 沖縄産黒糖蜜で丁寧に煮込んだオリジナルの「黒糖タピオカ」入り
    • 果肉の触感が楽しめる「ストロベリーソース」がとっても贅沢

    台湾発の本格派ティースタンド【THE ALLEY LUJIAOXIANG】

     台湾発、話題の本格派ティースタンド【THE ALLEY LUJIAOXIANG(ジ アレイ ルージャオシャン)】。2017年12月1日(金)より、クリスマス限定メニュー「いちごと恋するティーラテ」を全国の店舗で発売中です!

    アジアを中心にグローバルに出店する、台湾発の本格派ティースタンド。2017年8月、表参道での旗艦店オープンを皮切りに、渋谷店、ルミネ新宿店、恵比寿店と次々にオープン



    クリスマス限定メニュー『いちごと恋するティーラテ』

     クリスマス限定メニューの『いちごと恋するティーラテ』は、人気商品の「ロイヤル No.9 ミルクティー」をなんとも贅沢にアレンジした一杯! 茶師が特別にブレンドしたという、アッサム茶ベースのお茶を使用しています。

    『いちごと恋するティーラテ[冷(Cold)/温(Mild Hot)/熱(Hot)]』Mサイズ 680円(税抜)

     ドリンクには、苺のジューシーな果肉の触感が楽しめる「ストロベリーソース」が混ざり合っています。そして、ホイップクリームの上にはドライフランボワーズの“赤”と、ピスタチオの“緑”のトッピングでクリスマスが表現されていて、見た目も可愛らしい!

     また、沖縄産黒糖蜜で丁寧に煮込んで仕上げた「黒糖タピオカ」も入っています。このオリジナルのタピオカは、全て手作りにこだわったもちもち感と、噛んだときの香りが、もうたまりません!

     見た目も味も贅沢な、クリスマス限定のドリンク。皆さんもぜひ試してみてはいかがでしょうか。

    【THE ALLEY LUJIAOXIANG(ジ アレイ ルージャオシャン)】の店舗情報

    表参道店

    TEL:03-6712-5185
    住所:東京都渋谷区神宮前6丁目6-6
    アクセス:明治神宮前原宿駅から徒歩3分
    営業時間:10:00 ~ 22:00
    定休日:不定休

    渋谷店

    TEL:03-6455-3735
    住所:東京都渋谷区円山町1-19
    アクセス:渋谷駅から徒歩5分
    営業時間:11:00 ~ 22:00
    定休日:不定休

    ルミネ新宿店

    TEL:03-6258-0507
    住所:東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿 LUMINE1 B2F
    アクセス:新宿駅から徒歩1分
    営業時間:8:00 ~ 22:00
    定休日:不定休

    恵比寿店

    TEL:03-6459-3524
    住所:東京都渋谷区恵比寿1-5-2
    アクセス:恵比寿駅から徒歩2分
    営業時間:8:00~22:00
    定休日:不定休

    サナギ 新宿 テイクアウトブース

    住所:東京都新宿区新宿三丁目35番6号 国道20号 高架下“サナキ新宿”内
    アクセス:新宿駅から徒歩4分
    営業時間:11:00 ~ 22:00
    定休日:不定休

    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    <大阪>デートで連れて行ってほしい 大阪のおしゃれなレストラン5選 https://magazine.hitosara.com/article/971/ https://magazine.hitosara.com/article/971/ Wed, 06 Dec 2017 17:00:00 +0900  クリスマスという大切なイベントだからこそ、雰囲気も大事。料理はもちろん、ロマンチックな雰囲気を味わえるお店を厳選しました。

    • 気品あふれる店で味わう極上フレンチ【レストラン シャンボール】
    • 淀川の絶景を見ながら鉄板焼きを【鉄板焼 逢坂】
    • 素晴らしい眺望を眺めつつ本格フレンチを【フランス料理 SAKURA】
    • チャペルにもなる天井高6メートルの空間【モード ディ ポンテベッキオ】
    • 最上階で贅沢に味うオーダーメイドフレンチ【THE FRENCH ~ザ・フレンチ~】

    気品溢れる店内で味わう、極上フレンチ 【レストラン シャンボール】

     素材の魅力を存分に引き出すフレンチ料理のお店。店内にはエレガントな個室が用意されており、クリスマスデートに相応しいラグジュアリーな佇まい。また予約の際、事前に伝えておくとサプライズ演出などにも協力してもらえます。

     コース料理では、バランス良く組み立てられた旬の極上食材を提供しています。海老はオマール海老の中でも最高級のオマールブルーを使用。厨房の中にある水槽で調理される直前まで泳いでいるので、鮮度は抜群。極上黒毛和牛もその時に良いものを厳選するなど、素材のおいしさを存分に活かした料理になっています。

    >> 【レストラン シャンボール】の店舗詳細

    淀川の絶景を眺めつつ鉄板焼きを味わう、贅沢なひと時【鉄板焼 逢坂】

     新大阪にほど近いプラザオーサカ最上階にある、素材にこだわった鉄板焼きのお店。店内は高級感漂うスタイリッシュな空間が広がり、窓からの眺望と目の前で調理してくれるシェフがともに楽しめます。この素敵な眺めは夜のクリスマスデートに最適です。

     供されるのは、素材の味を活かした鉄板焼き。牛肉は和牛を、魚介類は黒門市場や福島市場などで選ばれた新鮮なものを使用し、最もおいしい状態で提供しています。鉄板焼きだけでなく、料理長が考案したオリジナルメニューも秀逸。なんと鉄板焼きでフレンチもいただけるのです。

    >>【鉄板焼 逢坂】店舗詳細

    素晴らしい眺望とともに楽しむ本格フレンチ【フランス料理 SAKURA】

     ホテルニューオータニ大阪18階にある本格フランス料理店。ライトアップされた幻想的な大阪城天守閣をメインに、アベノハルカスなど、大阪市内の夜景が一望できます。最高級のシャンパンをお供に、ふたりだけの特別なひとときを満喫できます。

     ワインはフランス産を中心に常時約300種類を用意。日本屈指のソムリエ2名が揃っているのもこちらの強みで、その時に飲みたいワインと出会うことができます。料理は重厚感のある素材をベースに、ハーブやスパイスをさりげなく効かせて軽やかさを加えているのが特徴。優美な盛り付けとともに、最後までおいしくいただけます。

    >>【フランス料理 SAKURA】店舗詳細

    チャペルにもなる天井高6メートルの空間が、素敵なクリスマスデートを演出 【モード ディ ポンテベッキオ】

     明治安田生命大阪梅田ビル30階にある有名イタリアンの2号店。220坪を超えるフロアは圧巻で、眺望も抜群。席数を制限し空間をぜいたくに使っているので、ゆったりとくつろぐことができます。窓際席も充実しており、勝負デートで利用すれば、最高の眺めと料理が大切な人との距離を近づけてくれることでしょう。

     料理はイタリア政府も認めた本場を超える至極のイタリアン。シェフは、2004年にイタリア政府からイタリア文化の橋渡しに貢献したとしてカヴァリエーレ章を贈られました。当然、料理は本場イタリア仕込みのもの。本格イタリアンと贅沢な空間を楽しむならオススメの1軒です。

    >>【モード ディ ポンテベッキオ】の詳細はこちら

    最上階で贅沢に味わえるオーダーメイドフレンチ【THE FRENCH ~ザ・フレンチ~】

     プラザオーサカホテル内にある本格フレンチ。ホテル最上階19階にあり、窓から見える夜景は格別。
     カップルでぜひ利用していただきたいのは、ホテルのスイートルームでの食事。ふたりのためにオーダーメイドで用意された特別な食事と、ソムリエの選ぶ至高のワイン。クリスマスデートの思い出づくりにおすすめです。

    >>【THE FRENCH ~ザ・フレンチ~】店舗詳細

     以上、クリスマスデートに最適な5店舗を紹介しました。どのお店も素晴らしいサービスを提供しているので大切な思い出づくりに最適です。

    ]]>
    ブロック active
    2017最新|憧れホテルのクリスマスケーキ[ヒトサラMAGAZINE] https://magazine.hitosara.com/article/1033/ https://magazine.hitosara.com/article/1033/ Wed, 06 Dec 2017 09:00:00 +0900
  • 六本木「グランド ハイアット 東京」
  • 六本木「ザ・リッツ・カールトン東京」
  • 新宿「パーク ハイアット 東京」
  • 新宿「ハイアット リージェンシー 東京」
  • 日比谷「帝国ホテル 東京」
  • ※予約・購入方法は一番下にまとめて記載

    六本木「グランド ハイアット 東京」

    11種類のカラフルなムースケーキでつくる『ステンドグラスケーキ』

    『ステンドグラスケーキ』5,500円(税抜) サイズ:縦約8cm×横約20cm ※限定150台

    「グランド ハイアット 東京」では、新作8種類を含む全10種類のクリスマスケーキを販売。「Colors of Hope」をテーマに、ロビーのクリスマスエリアにはさまざまな色を使ったステンドグラスを設置。それに合わせて11種類のカラフルなムースケーキでつくった、『ステンドグラスケーキ』が登場します。

     ローズ&ラズベリー、キャラメル、マンゴー&ココナツ、ピスタチオ、フロマージュブラン、ブルーベリー、マスカルポーネ、ラズベリー&ショコラ、オレンジ&ショコラ、マロン&ショコラ、ジャンドゥーヤの11種類のカラフルなムースケーキを組み合わせているので、ひとつのケーキでいくつもの味が楽しめますよ。

    六本木「ザ・リッツ・カールトン東京」

    トナカイが夜空を駆け巡っているよう!『グリーンアップル ヘーゼルナッツ』

    『グリーンアップル ヘーゼルナッツ』7,000円(税込)サイズ:直径18cm

     東京ミッドタウンのショッピングエリア、キャノピー・スクエアに面した【ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ】では、まるでトナカイが夜空を駆け巡っているようなオリジナルケーキをはじめとする、「ザ・リッツ・カールトン東京」の特別なクリスマスケーキ4種が予約受付中です。

     ヘーゼルナッツが香るダコワーズと甘酸っぱい林檎のコンポートを、二層になったクリームで包み込んだ、爽やかな口溶けのオリジナルケーキ。クリスマスの夜空を駆け巡るかのように飾り付けられたトナカイのチョコレートと、ヘーゼルナッツのシュトロイゼル、ふわふわしたアップルスポンジが、楽しいクリスマスを演出します。

    新宿「パーク ハイアット 東京」

    波状形リボンの曲線美に心奪われる『ブッシュ ヴェネト』

    『ブッシュ ヴェネト』4,500円(税込)サイズ:横約16cm×縦約8cm

     心躍るクリスマスにふさわしい上質な美味をプレゼント。苺のあまおうを使った『ブッシュ フレーズ』、ティラミス風味の『ブッシュ ヴェネト』、そしてヘーゼルナッツが味わい深い『ブッシュ ノワゼット』など、聖夜を彩るデザイン性の高い3 種のブッシュ ド ノエルを提供しています。

     マスカルポーネムースとコーヒースポンジを合わせた、ティラミス風ブッシュ ド ノエル。プレゼントをイメージした『ブッシュ ヴェネト』には波状形のリボンがあしらわれており、その曲線美にホレボレしてしまうほど。聖なる夜にふさわしい一品です。

    新宿「ハイアット リージェンシー 東京」

    ジル・マルシャルが考案した『クリスマスケーキ by ジル・マルシャル』

    『クリスマスケーキ by ジル・マルシャル』4860円(税込) サイズ:高さ約4.5cm×直径15cm

    「ハイアット リージェンシー 東京」にあるペストリーショップからは、世界が注目するフランスのパティシエ、ジル・マルシャルのオリジナルクリスマスケーキをはじめ、新作3種が加わった全7種をラインナップ。見た目にもこだわった、フォトジェニックなデザイン性の高いケーキが揃っています。

     なめらかなホワイトチョコレートムースの中に3種のベリーのムースとビスキュイが入っており、口当たりもなめらか。エッフェル塔とサクレ・クール寺院をかたどったチョコレートがとっても印象的ですね。

    日比谷「帝国ホテル 東京」

    恋人同士で食べたい、ロマンティックな『ハートフル“ノエル”』

    『ハートフル“ノエル”』〈2名様用〉2160円(税込)

    「帝国ホテル 東京」本館1階にあるホテルショップ「ガルガンチュワ」からは、ハート型のコンポートがきらめくロマンティックなケーキ『ハートフル"ノエル"』ほか、新作の『リボンボックス』、『クリスマスモンブラン』、『キャンドル』など全7種類のクリスマスケーキが登場します。

     その中でも注目なのがリングピローをモチーフにした『ハートフル“ノエル”』。紅茶のダコワーズ (焼き菓子)をホワイトチョコレートのムースで覆い、中央にはハート型のりんごとル レクチェ(洋梨)のコンポートを。りんごの甘酸っぱさがほどよくきいた軽やかな口当たりと、幾層にも重なる味わいが楽しめます。

    ▽予約・購入方法一覧

    グランド ハイアット 東京
    『ステンドグラスケーキ』

    5,500円(税抜) 
    サイズ:縦約8cm×横約20cm 
    ※限定150台



    予約方法:【フィオレンティーナ ペストリーブティック】店頭、「グランド ハイアット 東京」オンラインストア
    予約期間:2017年12月20日(水)まで
    ※数量限定のアイテムは限定数に達し次第、予約の受付けをいたします
    引き渡し期間:2017年12月20日(水)~12月25日(月)10:00~22:00

    「グランド ハイアット 東京」オンラインストア(https://www.tokyo.grand.hyatt.co.jp/shop/products/list.php?category_id=37)

    【フィオレンティーナ ペストリーブティック】

    電話:03-4333-8713
    住所:東京都港区六本木6-10-3
    営業時間:9:00~22:00 ※ケーキ・タルトなどの販売は10:00~22:00
    定休日:無休
    アクセス:東京メトロ日比谷線「六本木」駅1C番出口より徒歩3分、都営地下鉄大江戸線「六本木」駅3番出口より徒歩6分

    ザ・リッツ・カールトン東京
    『グリーンアップル ヘーゼルナッツ』

    7,000円(税込)
    サイズ:直径18cm



    予約方法:【ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ】店頭、電話、メール
    予約期間:受け取り日の3日前まで
    引き渡し期間:2017年12月19日(火)~12月25日(月)

    ※メールの場合は下記を記載
    送信先:rc.tyorz.restaurant.sales@ritzcarlton.com
    1) お名前:フルネーム/漢字・かな
    2) ご連絡先お電話番号
    3) ご連絡先メールアドレス
    4) ケーキの種類
    5) 個数
    6) お引渡し日・時間
    7) お支払方法:「事前の来店支払」又は「事前振り込み」のいずれかを記載ください

    【ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ】

    電話:03-6434-8711(電話受付は10:00~21:00)
    住所:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン1階
    営業時間:9:00~21:00
    定休日:無休
    アクセス:都営地下鉄大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木」駅8番出口より地下通路直結、東京メトロ千代田線乃木坂駅3番出口より徒歩5分「六本木」駅3番出口より徒歩6分

    パーク ハイアット 東京
    『ブッシュ ヴェネト』

    4,500円(税込)
    サイズ:横約16cm×縦約8cm



    予約方法:【ペストリー ブティック】店頭、オンライン
    予約期間:2017年12月21日(木)まで
    引き渡し期間:2017年12月25日(月)まで

    「パーク ハイアット 東京」オンライン
    (https://www4.webcas.net/form03/fm/pht_christmas/christmas)

    【ペストリー ブティック】

    電話:03-5323-3462(電話受付は11:00~19:00)
    住所:東京都新宿区西新宿3-7-1-2 パーク ハイアット 東京 2 階
    営業時間:11:00~19:00
    定休日:無休
    アクセス:JR「新宿」駅より徒歩12分、都営大江戸線「都庁前」駅より徒歩8分。新宿西口エルタワー横よりホテルまで無料送迎シャトルバスもご利用可能。

    ハイアット リージェンシー 東京
    『クリスマスケーキ by ジル・マルシャル』

    4860円(税込)
    サイズ:高さ約4.5cm×直径15cm



    予約方法:ペストリーショップ店頭、電話
    予約期間:2017年12月17日(日)まで
    引き渡し期間:2017年12月22日(金)~12月25日(月)
    ※変更は引き渡し日の2日前まで

    ハイアット リージェンシー 東京
    ペストリーショップ

    電話:03-3348-1234
    住所:東京都新宿区西新宿2-7-2 ロビーフロア・2F
    営業時間:10:00~21:00 ※引き渡し時間は11:00~20:00
    定休日:無休
    アクセス:都営大江戸線「都庁前」駅A7出口C4連絡通路(6:00~23:00)経由で徒歩1分、東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅より徒歩4分、JR「新宿」駅西口より徒歩9分

    帝国ホテル 東京
    『ハートフル“ノエル”』

    2160円(税込)
    〈2名様用〉



    予約方法:【ガルガンチュワ】店頭、電話、インターネット
    予約期間:店頭・電話 2017年12月15日(金)15:00まで
    ホームページからの予約は12月14日(木)15:00まで
    引き渡し期間:2017年12月21日(木)~12月25日(月)

    【ガルガンチュワ】
    (https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/hotelshop/special/christmas2017.html)

    帝国ホテル 東京
    ホテルショップ【ガルガンチュワ】

    電話:03-3539-8086
    住所:東京都千代田区内幸町1-1-1
    営業時間:8:00~20:00
    定休日:無休
    アクセス:東京メトロ日比谷線、千代田線「日比谷」駅A13出口よりすぐ、都営地下鉄三田線「内幸町」駅A5出口より徒歩3分、東京メトロ日比谷線、銀座線、丸ノ内線「銀座」駅C1出口より徒歩5分

    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    外国人旅行客が選んだ! 2017年 日本のレストラン予約ランキングトップ20 https://magazine.hitosara.com/article/1034/ https://magazine.hitosara.com/article/1034/ Tue, 05 Dec 2017 17:00:00 +0900 関連記事≫外国人旅行客が選んだ! 2016年 日本のレストラン予約ランキングトップ20

    1位_大阪【宮崎牛鉄板焼ステーキみやざき館】

     昨年の1位に引き続き訪日客の心を掴み離さなかったのは、厳選された宮崎牛を鉄板焼きで提供する【宮崎牛鉄板焼ステーキみやざき館】。リーズナブルにブランド和牛を堪能できるランチメニューなどの評判が広がり、特に香港・台湾などのアジア圏のユーザーからの予約が伸びたようです。



    【宮崎牛鉄板焼ステーキみやざき館】

    電話:050-5263-0627
    住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-1-32 ISビル1F
    アクセス:御堂筋線「心斎橋駅」6番出口より徒歩3分
    営業時間:11:00~23:00 (L.O.22:00)
    定休日:無休

    ≫店舗詳細

    2位_京都【縁】

     京都御苑の近くに、2008年にオープンした【縁】が今年もランクインしました。店主・鈴木健夫氏が織り成す料理がゲストを魅了します。欧米圏からの人気は根強く、国籍別に集計した結果ではアメリカのユーザーからの予約問い合わせが最も多かったことが特徴的でした。



    【縁】

    電話:050-5263-1253
    住所:京都府京都市上京区烏丸一条下ル龍前町589
    アクセス:烏丸線「今出川駅」6番出口より徒歩5分
    営業時間:12:00~14:00(最終入店13:00)、18:00~21:00(最終入店21:00)
    定休日:木曜(毎月最終週は水曜・木曜の連休)

    ≫店舗詳細

    3位_京都【寺町 よしくら】

     ランチタイムのおばんざい食べ放題など、リーズナブルに肩肘張らず京料理を楽しめることで評判の【寺町 よしくら】。しゃぶしゃぶや鍋など、和食ならではのメニューで和牛を味わうことができます。わずかな席数のこぢんまりとした雰囲気も、ユーザーにとっては新鮮なようです。



    【寺町 よしくら】

    電話:050-5870-6549
    住所:京都府京都市上京区真如堂前町102 コーポ下山1F
    アクセス:烏丸線「今出川駅」3番出口より徒歩10分
    営業時間:11:00~14:00 (L.O.14:00)、ディナー 17:00~21:00 (L.O.21:00)
    定休日:火曜

    ≫店舗詳細

    4位_大阪【炭火焼肉 蔓牛】

     但馬牛の焼肉と、厳選したワインを楽しめるお店。お店のつくりは、「和」と「韓」が調和した木目基調の赤い装飾が美しく、ユーザーの目を引きます。



    【炭火焼肉 蔓牛】

    電話:050-5263-9922
    住所:大阪府大阪市中央区瓦屋町3-5-14
    アクセス:烏丸線「今出川駅」3番出口より徒歩10分
    営業時間:17:00~24:00 (L.O.23:15)
    定休日:月曜

    ≫店舗詳細

    5位_東京【まき村】

     名物の『鯛茶漬』をはじめとする懐石料理が楽しめるお店。落ち着いた雰囲気の和空間で、旬の素材の持ち味を生かした日本料理を堪能できる、外国人客にも人気のお店です。



    【まき村】

    電話:050-5263-9922
    住所:東京都品川区南大井3-11-5 MAKIMURA BLD 1F
    アクセス:京浜東北線「大森駅」北口より徒歩12分
    営業時間:18:00~22:00 (L.O.21:00)
    定休日:日曜、祝日の月曜

    ≫店舗詳細

    5位_東京【焼肉もとやま 新宿店】

     外国人客に人気の神戸牛を中心に、黒毛和牛をリーズナブルに楽しめる焼肉店。JR新宿駅から徒歩5分といったアクセスのよいところも、実際の予約に繋がったのでしょう。



    【焼肉もとやま 新宿店】

    電話:050-5263-9922
    住所:東京都新宿区西新宿7-10-12 ダイハンビルデンス2F
    アクセス:JR「新宿駅」西口より徒歩5分
    営業時間:17:00~23:30 (L.O.23:00)
    定休日:無休

    ≫店舗詳細

    7位_東京【うぶか】

     牡丹海老、伊勢海老、ズワイ蟹など、甲殻類を中心とした日本料理を提供するお店。刺身や揚げ物、蒸し物など様々な形で調理される海老や蟹を、日本酒やワインと一緒に楽しめます。



    【うぶか】

    電話:050-5263-0870
    住所:東京都新宿区荒木町2-14 アイエス2ビル1F
    アクセス:丸ノ内線「 四谷三丁目駅」から徒歩3分
    営業時間:18:00~00:00 (L.O.23:30)
    定休日:日曜、祝日

    ≫店舗詳細

    8位_東京【松永牧場 銀座本店】

     買い物で銀座に訪れた際に、気軽に立ち寄れる焼肉店。店名でもある松永牧場より1頭買いされた和牛をリーズナブルに楽しめる点が外国人客からも人気です。



    【松永牧場 銀座本店】

    電話:050-5871-7629
    住所:東京都中央区銀座2-4-18 アルボーレ銀座8F
    アクセス:有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩1分
    営業時間:[土・日・祝]11:30~15:00 (L.O.14:30)、17:00~22:00 (L.O.21:30)、[火~金]11:30~14:30 (L.O.14:00)、17:30~23:00 (L.O.22:30)
    定休日:月曜(月曜が祝日の際は翌火曜、12月31日~1月3日)

    ≫店舗詳細

    8位_京都【室町 和久傳】

     京丹後から取り寄せる野趣あふれる魚介や野菜を、繊細な京料理で楽しめるお店。ライブ感あふれるカウンター席や中庭を望むテーブル席など、様々なタイプの座席で食事ができるのも外国人客にとっての魅力のひとつです。



    【室町 和久傳】

    電話:050-5263-1255
    住所:京都府京都市中京区堺町姉小路上ル丸木材木町679
    アクセス:京都市営地下鉄各線「烏丸御池駅」から徒歩5分
    営業時間:11:30~15:00(最終入店13:30)、17:30~22:00 (L.O.20:00)
    定休日:火曜

    ≫店舗詳細

    8位_兵庫【炭火焼肉 ごえ門】

     三ノ宮駅からほど近い焼肉店。濃厚な旨味と、融点が低いことによる柔らかい口どけが特徴の、神戸牛の「雌牛」を専門に提供しているお店です。



    【炭火焼肉 ごえ門】

    電話:050-5870-8997
    住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-5-15
    アクセス:東海道本線「三ノ宮駅」・阪急神戸本線「三宮駅」から共に徒歩5分
    営業時間:17:00~24:00
    定休日:月曜(月曜が祝日の際は翌火曜)

    ≫店舗詳細

    11位_東京【花炎 新宿東口店】

    和を基調としたくつろぎの空間で、A5ランクの黒毛和牛とサザエやホタテなどの海鮮の炙り焼きが楽しめるお店。時間制限がないので、自分で焼くスタイルの「日本の焼肉」が不慣れでもゆっくりと食事ができます。



    【花炎 新宿東口店】

    電話:050-5871-2562
    住所:東京都新宿区新宿3-28-7 キーストンビル4F
    アクセス:JR各線「新宿駅」・東京メトロ線「新宿三丁目駅」から共に徒歩1分
    営業時間:[平日]16:00~00:00 (L.O.23:00)、[土・日・祝]15:00~23:00 (L.O.22:00)
    定休日:無休、12月31日

    ≫店舗詳細

    12位_東京【鮨 ふじ田】

     王道と型にはまらないスタイルを両立する、常識に囚われない寿司店。お子様向けや、ベジタリアンの方向けメニューなど、多様なおもてなし対応もユーザーにうけているようです。



    【鮨 ふじ田】

    電話:050-5263-0499
    住所:東京都中央区銀座3-13-5 新山ビル1F
    アクセス:日比谷線「東銀座駅」から徒歩3分、有楽町線「新富町駅」から徒歩6分
    営業時間:[平日]11:30~14:30 (L.O.13:30)、17:30~23:00 (L.O.22:00)、[土・日・祝]17:30~23:00 (L.O.22:00)
    定休日:火曜

    ≫店舗詳細

    13位_岐阜【本格江戸前寿司 松喜すし】

     名物飛騨牛と、日本海と太平洋の2つの海から届く海の幸を同時にいただけるコースメニューが評判です。飛騨高山でアクティビティを楽しんだ後に、贅沢なディナーを満喫できるのも人気の理由です。



    【本格江戸前寿司 松喜すし】

    電話:050-5870-7762
    住所:岐阜県高山市総和町1-40
    アクセス:高山本線「高山駅」から徒歩7分
    営業時間:11:00~14:00、17:30~23:00
    定休日:不定休

    ≫店舗詳細

    13位_北海道【鮨 花吉】

     選りすぐりの海の幸を満喫できるお店。毎日2時間かけて札幌の市場まで出向き、店主自らが目利きをしているそう。また、英語対応スタッフが常駐するなど、手を抜かないおもてなしが予約に結びついているともいえます。



    【鮨 花吉】

    電話:050-5263-9832
    住所:北海道虻田郡ニセコ町富士見65
    アクセス:函館本線「ニセコ駅」から徒歩10分
    営業時間:
    [通常]17:00~21:00 (L.O.20:30)
    [夏季(6/1~10/31)]11:30~14:00 (L.O.13:30)、17:00~21:00 (L.O.20:30)
    [冬期]17:00~22:00 (L.O.21:30)
    定休日:月曜

    ≫店舗詳細

    15位_京都【ゆば料理 東山ゆう豆】

    「美山ゆば」を一流ホテルや料亭におろす【京・美山ゆばゆう豆】の直営店。京都産の厳選大豆と美山の水を使った『美山ゆば』をはじめ、美山や丹波などの旬の食材を使った懐石料理が味わえます。



    【ゆば料理 東山ゆう豆】

    電話:050-5263-4392
    住所:京都府京都市東山区祇園町南側570-218
    アクセス:京阪本線「祇園四条駅」から徒歩7分、阪急京都本線「河原町駅」から徒歩11分
    営業時間:11:00~15:00 (L.O.14:00)、17:30~21:30 (L.O.20:30)
    定休日:木曜、日曜午後、毎月2回程度不定休

    ≫店舗詳細

    15位_兵庫【鉄板焼き 心】

     ホテル「ラ・スイート神戸ハーバーランド」内にある鉄板焼きのお店。カウンター席からはダイナミックなシェフの手さばきと、窓越しに刻々と変化するハーバーランドの景観を同時に楽しむことができます。



    【鉄板焼き 心】

    電話:078-371-6644
    住所:兵庫県神戸市中央区波止場町7-2 ホテルラ・スイート神戸ハーバーランド2F
    アクセス:海岸線「みなと元町駅」から徒歩4分、JR各線「神戸駅」から徒歩10分
    営業時間:11:30~15:00 (L.O.14:00)、17:30~22:30 (L.O.21:00)
    定休日:無休

    ≫店舗詳細

    15位_京都【Premium Wagyu Steak花郷】

     観光客で賑わう祇園に店を構え、町家を改築した風情たっぷりな外観が特徴のお店です。厳選された米沢牛を使用した鉄板焼きのコースメニューも、京都観光の夜にぴったり。



    【Premium Wagyu Steak花郷】

    電話:050-5263-4736
    住所:京都府京都市東山区新橋通花見小路東入ル橋本町404
    アクセス:京阪本線「祇園四条」駅から徒歩7分
    営業時間:11:30~15:00 (L.O.14:30)、17:30~21:00 (L.O.20:30)
    定休日:不定休、2018年1月10日~12日

    ≫店舗詳細

    18位_京都【京都祇園「天ぷら八坂圓堂」】

     熟練した板前の技が際立つ京風天ぷらで、国内外問わず愛されている【京都祇園「天ぷら八坂圓堂」】。純和風の数寄屋造りの店構えは美しく、日々の喧噪から離れて、京都でのひとときをゆっくりと過ごすことができます。



    【京都祇園「天ぷら八坂圓堂」】

    電話:050-5870-0183
    住所:京都府京都市東山区小松町566
    アクセス:京阪本線「祇園四条駅」から徒歩10分、急京都線「河原町駅」から徒歩15分
    営業時間:11:30~15:00 (L.O.14:45)、17:00~22:00 (L.O.21:15)
    定休日:年中無休

    ≫店舗詳細

    19位_北海道【おたる政寿司 ぜん庵】

     観光名所・小樽運河に面した【おたる政寿司 ぜん庵】。本店は寿司屋通りに店を構えています。テーブル席だけでなく大きなカウンターがあり、熟練の寿司職人の技を見ながら本格的な寿司が味わえます。



    【おたる政寿司 ぜん庵】

    電話:050-5263-0560
    住所:北海道小樽市色内1-2-1
    アクセス:函館本線「小樽駅」から徒歩20分
    営業時間:11:00~22:00(月曜のみ15:00~17:00)
    定休日:木曜(祝祭日・行事などにより変動あり)

    ≫店舗詳細

    19位_東京【鉄ぱん屋 弁兵衛三田店】

     ランチはお好み焼屋として、ディナーは鉄板焼き居酒屋として賑わうお店です。お好み焼を裏返す、シェフの豪快な大技を楽しむならカウンター席を選びましょう。



    【鉄ぱん屋 弁兵衛三田店】

    電話:050-5871-0768
    住所:東京都港区芝5-1-11
    アクセス:都営各線「三田駅」から徒歩6分、JR各線「田町駅」から徒歩8分
    営業時間:11:00~15:00 (L.O.14:00)、17:00~23:00 (L.O.22:30)
    定休日:日曜

    ≫店舗詳細

    まとめ

    「せっかくの旅行だから、思い出に残るお店で食事をしたい」という旅行客の願いを叶えるお店が多くラインナップしました。
     鉄板焼きや寿司屋など食べておいしい、見て楽しいカウンター席のあるお店だけでなく、多言語スタッフやメニュー対応など外国人客の受け入れに積極的なお店が人気傾向にあるようです。
     海外からのゲストや友人を案内する際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    SAVOR JAPANとは

    「SAVOR JAPAN」は、4ヶ国語(英語・中国語・台湾語・韓国語)に対応し、日本の食に関するマナーや文化を、外国人へ効果的に訴求するグルメ情報ウェブサイトです。訪日客向けの予約サービスも展開しています。

    「SAVOR JAPAN」
    ]]>
    文/木村 明音(SAVOR JAPAN) active
    職人技の掛け算で実現した、唯一無二のチタン製テーブルウェア 『TITANESS Tumbler』 https://magazine.hitosara.com/article/1007/ https://magazine.hitosara.com/article/1007/ Tue, 05 Dec 2017 00:00:00 +0900  金属洋食器の産地として、江戸時代から歴史を重ねる工業都市、新潟県燕市の企業の直営店【SUSgallary(サスギャラリー)】。そこで発見したチタンの真空二重構造の製品が今月の逸品だ。

    唯一無二のチタン製テーブルウェア

     チタンの特徴は軽量でありながら頑丈で錆びにくいこと。その特性を生かし、ワインクーラーやビールグラス、タンブラーなど多種多様に揃えている。また、真空二重構造により保温と保冷に優れ、氷は長時間溶けず、味が薄まらない。飲みもの本来のおいしさをゆっくりと味わうことができる。そして何より、その美しい表情も特徴的だ。素材に熱が加えられることで、ひとつひとつ異なるでこぼことした表面が出来上がる。よく見るとそれは、雪の結晶を思わせ、金属でありながら、どこか和の焼き物を想像させる。

    左から順に、タイタネスタンブラー/マルティプルS ライムグリーン¥27,000、ワイン アンティークゴールド¥26,000。タイタネスバー/ボトルキーパー カプリブルー¥50,000、ボトルキーパー アンティークゴールド¥50,000。タイタネスタンブラー/ビア アンティークゴールド¥33,000。マルティプルL サクラ¥30,000。マルティプルM アンティークゴールド¥28,000。ゴブレット アンティークゴールド¥30,000。ショット サクラ¥22,000。ショット アンティークゴールド¥22,000。すべて税抜価格

     グリーン、セピア、ブルーといったカラーは、着色している訳ではない。シャボン玉や虹の原理と同じように、金属の膜の厚さを調整することで色が異なって見えるように作られている。この美しさは、経年劣化がほとんど見られないという。
     0.1㎜単位まで細やかに調整されたデザインとその機能性は、スムーズな口当たりを実現し、国内外から人気を博している。

    【SUSgallery】

    電話:03-6262-3116 
    住所:東京都中央区日本橋室町1-5-5 コレド室町3 2階 
    アクセス:東京メトロ半蔵門線・銀座線「三越前駅」直結
    営業時間:10:00 ~21:00
    定休日:コレド室町3の営業日に準ずる

    関連記事

    >>食を彩るこだわりの品~創業150年の技と知恵、世界に誇る抜群の切れ味 『正本 庖刀』
    ]]>
    遠藤 麻矢(ヒトサラ編集部) active
    有名シェフが教える簡単レシピ⑱器ごと食べられる『丸ズッキーニのグラタン』 https://magazine.hitosara.com/article/1012/ https://magazine.hitosara.com/article/1012/ Mon, 04 Dec 2017 00:00:00 +0900 【AU GAMIN DE TOKIO】の木下シェフが提案してくれたのは、岩手県矢巾町の丸ズッキーニを使ったレシピ。寒い日に心も体も温まるグラタンです。

    材料(作りやすい分量)

    丸ズッキーニ 2個
    玉ネギ 1/2個
    ニンジン 1/3本
    セロリ 小1
    ホールトマト 400cc
    チキンスープ 200cc
    合挽き肉 500g
    シュレットチーズ 適量
    甜麺醤 適量
    赤ワイン 200cc
    ニンニク 1片
    コショウ 少々
    塩 少々
    ローリエ 2枚
    オリーブオイル 適量

    つくり方

    <ズッキーニの器を作る>

    ①丸ズッキーニを3:7の割合でカットし、セルクルとペティーナイフで中をくり抜く

    2~2.5cmのセルクルを押し込みます。側面にペティーナイフを刺して左右にスライドさせながら、底を切り離します。ペティーナイフの刃の部分を利用して、てこの原理で中身を押上げてくり抜きます。

    ②中身をくり抜いたズッキーニと、くり抜いてスライスした中身は180℃の油で2~3分素揚げする

    レンジで2分半でもOK!

    ③熱したフライパンに、オリーブオイルを入れ、みじん切りにしたニンニク、ニンジン、玉ネギ、セロリを加え、強火で炒めていく

    鍋を揺らしながら、玉ネギが透明に透き通るまで炒めていきます。

    ④全体に火が通ったら合挽き肉を加えて、そぼろ状になるまで炒め、塩コショウ少々を加えて味を整える

    肉をほぐしながら、白っぽくなるまで炒めます。

    ⑤④の鍋に赤ワインを加えて、強火で煮詰める

    鍋底のうまみ成分を持ち上げるようにしっかりと煮詰めるのがポイント

    ⑥⑤の鍋にホールトマト、チキンスープを加える。あくをとったらローリエを入れ、水分量が半分になるまでしっかりと煮詰めたら、甜麺醤を加え、全体になじむように軽く煮込む

    トマトホールをヘラで潰しながら煮詰めます。コクを出すため仕上げに、甜麺醤を加えるのがポイントです。

    ⑦⑥をズッキーニの器にたっぷり詰め、シュレットチーズをのせて200℃のオーブンで7~8分焼く

    ⑧⑦のグラタンに、素揚げにしたズッキーニの中身とソース(分量外)をお好みで添えて皿に盛り付ければ完成

    焼き色がつき、チーズがぐつぐつと溶けるまで焼いていきます

    <ソースのつくり方>
    適量のケチャップと、同じくらいの濃度に泡立てた生クリームを混ぜ合わせる

    教えてくれたシェフ

    木下 威征シェフ

    1972年生まれ。辻調理師専門学校を首席で卒業しフランスへ留学。三ツ星レストランで働き、帰国後は池袋のホテルを経て【AUX BACCHANALES】に入店。5年の修業を経て、パートナーと【モレスク】を開店。その後独立し、2008年【オー・ギャマン・ド・トキオ】を開店。現在は7店舗のオーナーとして店を切り盛りしている。



    ≫木下 威征氏の料理人情報

    AU GAMIN DE TOKIO

    【エリア】恵比寿/代官山
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】13000円
    【アクセス】恵比寿駅 徒歩8分

    関連記事

    有名シェフが教える簡単レシピ⑰『ウニとなすの冷製カペッリーニ』
    ]]>
    撮影/株式会社JESTO 取材・文/ヒトサラ編集部 active
    <名古屋>クリスマスディナーで行くべき、名古屋の絶景レストラン5選 https://magazine.hitosara.com/article/965/ https://magazine.hitosara.com/article/965/ Mon, 04 Dec 2017 00:00:00 +0900
  • 名古屋城のライトアップを楽しめる【コンテンポラリー・ダイニング クラウン】
  • 天空を感じられる上質フレンチ【レストランKEI】
  • 絶景を望む51階の優雅なダイニング【ワインラウンジ&レストラン セパージュ】
  • 極上フレンチと絶景を堪能できる上質空間【フランス料理ミクニナゴヤ】
  • ラグジュアリーな店内で洗練されたイタリアンを【LA ETERNITA】
  • 名古屋城のライトアップを楽しめる【コンテンポラリー・ダイニング クラウン】

     名古屋城を眼前に臨む、ホテル最上階レストラン。夜はライトアップした名古屋城をその幻想的な雰囲気と共に楽しめます。店内にはダイニング、鉄板焼き、バーの3つの食空間があり、プライベートルームも用意。豪華さと過ごしやすさを大切にした美しい空間です。

     料理はフレンチの枠を超え、地元の食材から世界各国の食材や調味料までを鈴木シェフの独自の感性で組み合わせたフュージョンフレンチ。食材の持ち味を最大限に生かしながら、見た目の繊細さにもこだわった料理は、五感で楽しむ極上のメニューが揃います。

    【コンテンポラリー・ダイニング クラウン】

    電話:052-521-2121
    住所:愛知県名古屋市西区樋の口町3-19 ウェスティンナゴヤキャッスル11F
    アクセス:鶴舞線「浅間町」駅から徒歩10分
    営業時間:11:30~14:30 (L.O.14:00)、17:30~22:00 (L.O.21:00)
    定休日:無休

    >>店舗詳細

    天空を感じられる上質フレンチ【レストランKEI】

     ホテルアークリッシュ豊橋の最上階にあるレストラン。地元の食材をふんだんに取り入れたフランス料理を堪能できます。おしゃれでモダンテイストな店内では、ガラス張りの大窓から三河湾を一望でき、夜には夜景が加わりさらにロマンティックな雰囲気に包まれます。

     景色や季節感溢れる食材など、東三河を丸ごと感じられるレストラン。食材にもこだわり、旬ごとに替わる旨みをたっぷりと含んだ東三河の海の幸や、土壌管理や減農薬など生産者の熱意が注がれ育てられた野菜を使用しています。

    【レストランKEI】

    電話:0532-51-1116
    住所:愛知県豊橋市駅前大通1-55 ホテルアークリッシュ豊橋16F
    アクセス:各線「豊橋駅」東口から徒歩1分
    営業時間:6:30~10:30 (L.O.10:00)、11:30~15:00 (L.O.14:00)、17:30~22:00 (L.O.20:00)
    定休日:月曜 (月曜祝日の場合、火曜振替定休日)

    >>店舗詳細

    絶景を望む51階の優雅なダイニング【ワインラウンジ&レストラン セパージュ】

     名古屋駅直結のセントラルタワーズ最上階のレストラン。51階からの眺望と優雅な内装は非日常感に彩られ、クリスマスディナーにぴったりの雰囲気です。特に夕暮れから夜景にいたる早めのディナーはドラマチック。

     本場フランスでも腕を磨いたシェフが、フレンチの技をベースに季節の食材を使ってヨーロッパ料理を提供。イタリアンの皿にも、手間ひまかけてとるフォンやジュを用い、深みのある味に仕上げています。ソムリエ厳選のワインとのマリアージュは、まさに至福の時間です。

    【ワインラウンジ&レストラン セパージュ】

    電話:052-587-7820
    住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ51F
    アクセス:「名古屋」駅直結、セントラルタワーズ51階
    営業時間:11:00~16:00 (L.O.14:30)、14:30~16:00 (L.O.15:30)、17:30~23:00 (L.O.21:00)、17:30~23:00 (L.O.22:30)
    定休日:無休 (高島屋の店休日に準ずる)

    >>店舗詳細

    極上フレンチと絶景を堪能できる上質空間【フランス料理ミクニナゴヤ】

     フランス料理の第一人者である三國清三がプロデュースするレストランは、名古屋マリオットアソシアホテル52階。名古屋の街を一望できる絶好のロケーションで、アールヌーボーの優雅なインテリアと最上級のおもてなしを堪能できます。

     料理は、三國シェフの出身地である北海道をはじめ、世界各国から取り寄せた旬の食材を使った本格フランス料理。あわせて楽しみたいのは、ソムリエがセレクトしたワイン。ボトルワインは約300種、グラスワインも約15種と種類が豊富です。

    【フランス料理ミクニナゴヤ】

    電話:052-584-1105
    住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
    アクセス:JR「名古屋」駅直結、JRセントラルタワーズ最上階52階
    営業時間:[ランチ]11:30~14:30 (L.O.13:30)、[ディナー(平日)]17:30~22:00 (L.O.20:30)、[ディナー(土・日・祝)]17:00~22:00 (L.O.20:30)
    定休日:無休

    >>店舗詳細

    ラグジュアリーな店内で洗練されたイタリアンを【LA ETERNITA】

     名古屋駅に近い全面ガラス張りの高級感溢れるリストランテ。天井が高く開放感がある店内は、昼間は結婚式などにも使われ、夜は幻想的な雰囲気に。ゆったりとした広めのテーブル席でリラックスして食事ができます。

    料理は『飛騨牛フィレ肉のアロスト』や『軽くスモークした寒ブリのカルパッチォ 紫蘇の実ドレッシング』など、岐阜のブランド牛である飛騨牛や、三河の魚介、新鮮な野菜など、地元食材を使用したメニューが並びます。イタリアンでありながら、フレンチのニュアンスもプラスした美しい料理が楽しめる一軒です。



    【LA ETERNITA】

    電話:052-551-2002
    住所:愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー レストラン棟
    アクセス:各線「名古屋」駅から徒歩5分
    営業時間:11:30~15:00 (L.O.14:00)、18:00~23:00 (L.O.22:00)
    定休日:不定休

    >>店舗詳細
    ]]>
    ブロック active
    <東京・丸の内>クリスマスデートで訪れたい、東京駅周辺のラグジュアリーレストラン5選 https://magazine.hitosara.com/article/937/ https://magazine.hitosara.com/article/937/ Sun, 03 Dec 2017 00:00:00 +0900 歴史と伝統のある丸の内エリア。高級ホテルのレストランや東京駅の夜景を望むレストランなど、ラグジュアリーな空間でディナーが楽しめるフレンチ&イタリアンをピックアップ。

    • ロマンチックな眺望が目の前に広がる【CROWN】
    • 高級ホテルならではの特別な時間を約束【フレンチファインダイニング シグネチャー】
    • 丸ビル最上階36Fから東京の夜景を一望【アンティカ・オステリア・デル・ポンテ】
    • 非日常を演出する店内と極上フレンチ【ブラン ルージュ/東京ステーションホテル】
    • イタリアの高級サロンを思わせる、解放的で贅沢な空間【Piacere】

    ロマンチックな眺望が目の前に広がる【CROWN】

     旧パレスホテル時代から50年以上も続く、伝統と革新をテーマにしたフランス料理店。店内の大きなガラス窓からは、豊かな緑や内堀通りなどのパノラマが広がり贅沢感たっぷり。内装はインテリアデザイナーの山際純平氏が手掛け、曲線を多用したエレガントな空間です。

     50年もの伝統を大切にしつつも、多彩な調理法や思いも寄らぬ食材の組み合わせなどで、よりモダンに再構築。ワインは約700種、1万本をストック。フランスをはじめ、ニューワールド系もオンリスト。

    【CROWN】

    ☎050-5263-9994
    住所:東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスホテル東京6F
    アクセス:東京メトロ各線「大手町駅」C13b出口より地下通路直結。JR「東京駅」丸の内北口より徒歩8分
    営業時間:ランチ 11:30~14:30、ディナー 17:30~21:30 (L.O.21:30)
    定休日:無休

    >>店舗詳細

    高級ホテルならではの特別な時間を約束【フレンチファインダイニング シグネチャー】

     日本橋のラグジュアリーホテル「マンダリン オリエンタル 東京」で、多くの美食家を唸らせるファインダイニング。地上37階から望む絶景、美しく印象的な店内は特別感満点です。ホテルのメインダイニングとしては珍しいオープンキッチンで、シェフの調理や厨房の様子を間近に見ることができ臨場感も味わえます。

     目でも楽しみたい『スズキのカルパッチョ 貝と胡瓜 ミモザ風 キャビア コキアージュのスープを添えて』など、現代的な要素を取り入れたフランス料理が味わえます。

    【フレンチファインダイニング  シグネチャー】

    ☎0120-806-823
    住所:東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリン オリエンタル東京37F
    アクセス:東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前駅」A7・A8出口直結。JR線総武本線「新日本橋駅」直結
    営業時間:ランチ 11:30~14:30、ディナー 18:00~22:00
    定休日:無休

    >>店舗詳細

    丸ビル最上階36Fから東京の夜景を一望【アンティカ・オステリア・デル・ポンテ】

     イタリアで2番目にミシュラン三ツ星を獲ったミラノの最上級リストランテの唯一の海外支店。丸ビルの最上階、36階から東京の夜景を一望できる素晴らしいロケーションで、贅沢なひとときを過ごせます。

     シェフのモーロ氏のポリシーは、芸術的なプレゼンテーションを提供しながら、イタリア料理の本質を外さないこと。小坂農園の有機栽培のチーマ・ディ・ラーパを使ったパスタ、A5ランクの和牛、九州の「アカジン」など、日本の優良な食材を使いながら、あくまで最高級のイタリアンに落とし込む手腕は見事です。

    【アンティカ オステリア デル ポンテ】

    ☎050-5871-2363
    住所:東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング36F
    アクセス:東京駅丸の内南口より徒歩1分。丸の内線東京駅より直結。千代田線二重橋前駅5番出口より直結
    営業時間:ランチ[平日]11:30~14:00 (L.O.14:00)、[土・日・祝]11:30~14:30 (L.O.14:30) ディナー[平日・土]17:30~21:00 (L.O.21:00)、[日・祝]ディナー 17:30~20:30 (L.O.20:30)
    定休日:無休(年末年始のみ休み)

    >>店舗詳細

    非日常を演出する白を基調とした店内と極上フレンチ【ブランルージュ/東京ステーションホテル】

     大正時代から愛され続ける東京ステーションホテルの歴史や精神を受け継ぎ、上質で芸術的な料理を提供。白を基調としたエレガントな店内は、歴史と典雅さが感じられる非日常空間。特別な日のデートに、大切な人と至福のひとときを過ごすのにぴったりです。

     フランス料理の技法を用いつつ現代風にアレンジを加え、和の要素や野菜などもふんだんに取り入れた料理がテーブルに並びます。アート作品のように見た目に美しく、食べて美味しい逸品揃い。記念日のお祝いにデザートにメッセージプレートを無料で用意可能です。

    【ブラン ルージュ/東京ステーションホテル】

    ☎050-5263-9189
    住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
    アクセス:JR各線「東京」駅丸の内南口直結。改札口を出て徒歩30歩
    営業時間:ランチ 11:30~15:00 (L.O.14:00)、ディナー 17:30~22:00 (L.O.21:00)
    定休日:無休

    >>店舗詳細

    イタリアの高級サロンを思わせる、解放的で贅沢な空間【Piacere】

    「シャングリ・ラ ホテル 東京」の28階のレストランで、大きな窓からは東京駅の景観を見下ろせます。イタリア映画「甘い生活」をモチーフにイタリアの高級サロンをイメージした店内は、シャンデリアきらめく贅沢な空間です。

     シェフ自ら生産者を訪ねて見つけた食材を使い、感性とアイデアを落とし込んだコンテンポラリーイタリアン。皿の下にドライアイスを仕掛けた『鰻のエスカベッシュ ポルチーニ茸 オニオンのピクルス 木の芽 ロースト南瓜のクリーム』など、見た目も華やかな料理が並びます。

    【Piacere】

    ☎03-6739-7898
    住所:東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館 シャングリ・ラ ホテル28F
    アクセス:JR「東京駅」日本橋口より徒歩1分/東京メトロ「大手町駅」B7出口より徒歩2分
    営業時間:ランチ[平日]11:30~14:30[土・日・祝]12:00~14:30、ディナー[平日・土]18:00~21:30[日・祝]18:00~21:00、朝食[平日]6:30~10:00[土・日・祝]6:30~10:30、アフタヌーンティ[土・日・祝]14:30~16:30
    定休日:無休

    デートに連れて行ってほしいレストラン 関連記事

    >>絶対に外さない! クリスマスに行きたい「口説き・口説かれレストラン」
    >>クリスマスデートにおすすめ♡ 表参道・青山のレストラン
    >>クリスマスデートは横浜の夜景レストランに決まり!
    >><六本木・麻布>デートにぴったり♡夜景が見えるレストラン
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    日本の中華料理を追及・進化し続ける 都内にある絶品中華料理の名店 https://magazine.hitosara.com/article/947/ https://magazine.hitosara.com/article/947/ Sat, 02 Dec 2017 19:30:00 +0900
  • 白金高輪台【御田町 桃の木】
  • 新橋【四川料理 趙楊】
  • 六本木【虎峰】
  • 新富町【Furuta】
  • 広尾【茶禅華】
  • 旬の食材を巧みに使用した本格中華【御田町 桃の木】

    ミシュラン一ツ星を連続で獲得している【御田町 桃の木】。【知味 竹爐山房】等で研鑽を積んだ、小林武志オーナーによる中華料理店です。店内は、白、茶、緑を基調とした、洗練されて落ち着いた空間が広がります。料理は中国本土から空輸した旬の食材を使用し、基本に忠実な味を探求。深いコクと優しい味わいの料理に満足できること間違いなし。

    『鎮江黒酢の酢豚』は黒酢と中国のたまり醤油のコクと深みのある色と香りが堪能できる一品。『台湾A菜と自家製干し肉の炒め物』は、空輸した台湾A菜と自家製の干し肉を塩味で仕上げた、シンプルで優しい味を出しています。

    >>【御田町 桃の木】店舗詳細

    四川料理の名人による奥深い味わい【四川料理 趙楊】

     言わずと知れた四川料理の名店。麻婆豆腐や担々麺などでお馴染みの四川料理、その魅力を日本に広めた立役者のひとりがオーナーシェフである趙楊氏です。店内はゆったりとしたテーブルと開放感を演出する広い窓が印象的。随所に飾られる絵画やオブジェも、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

    『麻婆豆腐』などの四川料理に欠かせないのが香辛料。2年間発酵させた自家製豆板醤、四川から取り寄せる最高級の山椒など、徹底してこだわることで、本物の美味しさを追及しています。また『回鍋肉』は豚肉と豆板醤で仕立てる本場四川の味。豆鼓の風味も絶妙です。

    >>【四川料理 趙楊】店舗詳細

    シックな店内でいただく大人の中華【虎峰】

     ミシュラン掲載店での修業経験もある若手料理人が腕をふるうお店。シックでスタイリッシュな店内は、中華の枠にとらわれない斬新で大人な料理を味わえるので、大人のデートにおすすめです。食材は石川県能登半島から仕入れられた珍しい魚介やその時期特有の野菜が中心。フカヒレや鮑など、シェフが厳選した素材が楽しめます。

    『四川よだれ鶏』は鶏の胸肉を50℃で1時間ゆっくりと火入れすることで絶妙なやわらかさとジューシーさを実現しています。またこちらでは濃厚な白湯フカヒレを土鍋で提供してくれます。心ゆくまでコラーゲンを吸収できる逸品です。

    >>【虎峰】店舗詳細

    岐阜の名店が贈る至高の味を東京で味わえる【Furuta】

     数多くの食通がその味を求め、岐阜へと足を運ぶ中華の名店【開化亭】。その東京進出店がこちらです。隠れ家的なお店は白壁の建物に、シンプルに【Furuta】と自らの姓を冠し、その店名から情熱を注ぐシェフの意気が感じられます。

     鳥取産松葉ガニの春巻きはカリッと香ばしい皮を破ると、蟹身の旨みとカニ味噌のコクと風味が渾然一体になり、癖になる味わい。またフカヒレと天然トラフグの白子の上湯スープ煮込みは金華ハムと鶏肉だけで仕立てたスープと、白子の旨みの組み合わせが絶妙です。

    >>【Furuta】店舗詳細

    和と漢の融合が織りなす魅惑の料理【茶禅華】

     南麻布の一角にある、感度の高い食通に知られたお店。店内は“禅”の雰囲気が漂う落ち着いた空間。食に関する禅の戒律、そしてそこに流れる潔さが内装で表現されていて、とても芸術的で料理にも反映されています。

    『小鳩:胸肉 台湾香辛料≪馬告≫焼き/腿肉 五香脆皮仕立て』は、腿肉は五香粉を塗り、麦芽糖をかけて繰り返し揚げた一品。マーガオの香りを効かせた胸肉は、藁でスモークし炭火焼にする和の手法で仕上げています。また『雉の極上スープ 雲呑添え』は、あっさりとしていながらも、雲呑に包まれた雉の肉々しさが感じれるのが魅力です。

    >>【茶禅華】店舗詳細

    中華料理関連記事

    >>暑さを吹き飛ばす旨辛担担麺! 凄腕の料理人も通う名店3
    >>横浜中華街で行くべき、中華料理人もオススメする4店
    >>実力派がひしめく表参道・原宿・青山エリアの中華料理店3選
    ]]>
    ブロック active
    <札幌>素敵な夜景を満喫! クリスマスディナーやデートにオススメしたい札幌のレストラン https://magazine.hitosara.com/article/973/ https://magazine.hitosara.com/article/973/ Sat, 02 Dec 2017 00:00:00 +0900  日本新三大夜景に選ばれた札幌で、恋人とクリスマスに訪れたい素敵なレストランをご紹介。景色はもちろん、お店の雰囲気、料理の質・味など様々な基準で厳選しました。

    • 繊細な気遣いと特別な雰囲気のフレンチ【ブラッスリー アダージォ】
    • 目の前で焼き上げる極上食材に心ときめく【和洋鉄板焼「21CLUB」】
    • ラグジュアリーな雰囲気で味わうフレンチ【DINING Wine RESTAURANT Ren】
    • 高級リゾートを彷彿させる雰囲気と職人技が魅力【夜景×すすきの 極 RESORT】
    • 石狩平野の夜景を望みながら味わう【鉄板焼 石狩 (札幌全日空ホテル)】

    繊細な気遣いと特別な雰囲気のフレンチ 【ブラッスリー アダージォ】

     円山公園にほど近い、夜景が見えるフレンチイタリアン。夜景が存分に楽しめるよう、壁一面が大きな窓になっています。天井高のある吹き抜けとやすらぎある木のインテリア、ほの明るい照明が札幌の夜景によく合います。

     こちらでは予約の際の印象で年齢や雰囲気を察し、シーンに合う食材をシェフが準備。ゲストの雰囲気でボリューム感や質感を調整したオリジナル料理が提供されます。こうした繊細な気配りもこの店の魅力。北海道の食材が中心ですが、北海道在住の方には九州の魚など珍しい食材を選定するなど、ゲストによってかえる気配りもうれしいですね。

    >>【ブラッスリー アダージォ】店舗詳細

    目の前で焼き上げる極上食材に心ときめく【和洋鉄板焼「21CLUB」】

     全席で地上約100mからの眺望を楽しみながら、鉄板焼きが楽しめるお店。特別な空間で至福のクリスマスデートのひと時が過ごせます。“肉焼キスト”と称するシェフの巧みな技を、目の前で楽しめるのが鉄板焼きの魅力。ゲストの好みに合わせ、絶妙な焼きのグラデーションを工夫しています。

     食材にはA5ランクの霜降り和牛や、旬を彩る魚介など素晴らしい食材を使用。人気の霜降り和牛のステーキは、サシ(脂)の芳醇な香りと味わいが魅力で、ゲストの好みの焼き加減に合わせて、じっくりと火を通して提供します。

    >>【和洋鉄板焼「21CLUB」】店舗詳細

    ラグジュアリーな雰囲気で味わうフレンチ 【DINING Wine RESTAURANT Ren】

     抑えめに照らされた照明とアンティークな家具に囲まれた落ち着いた高級感のある雰囲気が魅力のお店。9階の部屋はガラス張りで、すすきの素敵な夜景を望めることができます。

     店内にはワインセラーを完備。リーズナブルなものから珍しい高級ワインまで、300種類を取り揃え、料理とお客様の好みに合わせた1本をセレクトしてくれます。料理にはカナダ産の活オマール海老や、北海道産の黒毛和牛など、こだわり抜かれた素材を使ったものばかり。黒毛和牛のサーロインやリブロースには、最高級A5ランクの上質なお肉が使用されています。

    >>【DINING Wine RESTAURANT Ren】店舗詳細

    高級リゾートを彷彿させる雰囲気と職人技が魅力 【夜景×すすきの 極 RESORT】

     リゾートをコンセプトにしているだけあって、賑やかな繁華街の近くにありながら、そこはまるで別世界。目の前で繰り広げられる華麗な調理の様子も必見で、クリスマスデートには夜景をふたり占めできる窓際がおすすめの一軒です。

     ワインセラーに納められているワインは約100本。食材と相性のよいワインを熟練のワインアドバイザーが最適な1本をセレクトしてくれます。料理には全国から取り寄せた四季折々の旬な食材を使用。様々な品種から厳選した平取牛や地元で買い付けた海鮮といった道内の新鮮食材、季節毎に九州や新潟など全国各地から取り寄せた旬の食材を使った料理が楽しめます。

    >>【夜景×すすきの 極 RESORT】店舗詳細

    石狩平野の夜景と極上の鉄板焼きが味わえる【鉄板焼 石狩(札幌全日空ホテル)】

     札幌全日空ホテルの26階にある、鉄板焼きのお店。カウンターの向こうに広がるのは、きらめく星空と石狩平野の夜景を大パノラマ。豪華な鉄板焼きとおいしいワインを楽しみながら語り合う時間は、大人のクリスマスデートに最適。ふたりの距離もぐっと近くなるはず。

     ワイン、日本酒、焼酎、カクテル、ウイスキーなど、アルコールの種類も豊富で、好みに合わせてセレクトできます。北海道産黒毛和牛の北勝牛や活車海老・たらば蟹などの上質な食材や旬の味覚を幅広く揃えており、味付けは基本、塩と胡椒のみ。シンプルな味付けで、素材本来の味を楽しみむことができます。

    >>【鉄板焼 石狩(札幌全日空ホテル)】店舗詳細

     以上、札幌でクリスマスデートにおすすめしたいお店をご紹介しました。どのお店も上質料理と雰囲気で素敵なムードを演出してくれるので、大切なクリスマスデートに利用してみてくださいね。

    ]]>
    ブロック active
    大泉洋インタビュー『探偵はBARにいる3』-人気シリーズ第三弾も全編北海道ロケ。お気に入りの北海道グルメをご紹介! https://magazine.hitosara.com/article/1025/ https://magazine.hitosara.com/article/1025/ Fri, 01 Dec 2017 20:00:00 +0900  2011年、ススキノを縦横無尽に駆け回る探偵の活躍を紡いだ気鋭ミステリー作家・東直己の「ススキノ探偵」シリーズを原作とする映画『探偵はBARにいる』。三作目となる今作も探偵・大泉洋と相棒・松田龍平が事件に立ち向かいます。今回は、探偵シリーズ史上最も切ない過去を背負う依頼人・北川景子により、事件は切ない結末をむかえます。

    Interview

    「共演者と北海道グルメを食べに行く機会が多く、楽しかったです。」

    ───今回も全編北海道ロケ、大泉さんにとって探偵シリーズは、かなり思い入れがありますか?

    大泉 メジャー作品で初めて主演をつとめた作品ですし、北海道で撮ることもあり、勝手に背負っているものがありますね。プロデューサーも北海道出身で彼の情熱もすごいので、一緒にいい台本をつくりたかったんです。今回も4年ぶりとは思えないほど現場もいい雰囲気でしたし、前作に比べてアクションシーンの分量が少なかったので撮影が深夜まで延びなかったんですね。そのおかげで、共演者のみなさんと北海道グルメを食べに行く機会が多く、楽しかったです。

    ───撮影中はどのような北海道グルメを楽しまれたんですか?

    大泉 龍平くんとは2人でよく食事に行って、北川さんやリリーさんとお寿司屋に行ったり、松重さんや安藤さんと米風亭の油そばを食べたり。松重さんは「2日連続油そばでもいい」と言うほど気に入ってくれて、お土産に10食も買って帰っていましたよ(笑)。僕の場合は食べるとすぐに太ってしまうので、帰りは必ず歩いてホテルまで帰っていました。龍平くんも歩くのが好きで、2人で雪道を歩いて帰りましたね。

    ───北海道に帰省されたら、必ず食べたいソウルフードはなんですか?

    大泉 食べておきたいのは、やっぱり「スープカレー」ですね。ラーメンやジンギスカンなど北海道には美味しいものがたくさんありますが、東京でお店が少なくて食べられないな、と感じるのはスープカレーです。北海道ならたくさん店舗も種類もあるし、テイクアウトができるのが嬉しいんですよね。ロケ中にもテイクアウトをして、ロケ弁と一緒に食べていました。

    ───今回は監督が変わられ、キャストにも新しい方が多く、現場で主演として意識されていたことはありますか?

    大泉 僕は「ついてこい!」というタイプではなく、みんなで楽しくやりましょう、という気持ちなのでそんなに意識していたことはないです。主演なんですけど、半分はツアコン的な役割も大きいので(笑)「大泉くん、寿司が食べたいんだ」「はい! 今すぐ調べて予約します」と。そんなこともしていました(笑)。

    ───ツアコンですか(笑)。それでは、新しい北海道のグルメ情報も事前に調べてから行かれたんですか?

    大泉 そうですね。ごはんを食べる場所は詳しいんですが、その後の二次会をできる場所を全然知らなくて。実は僕、普段はあまりBARに居ないんですよ(笑)。今回はリリーさんの方が詳しかったので、いろんなBARに連れて行ってもらいました。

    ロケ地グルメ巡り

    『探偵はBARにいる3』のロケ地として使われた札幌のお店をご紹介します。

    【元祖 京城屋】

    豊水すすきの駅近く、昭和25年創業の老舗の人気焼肉店です。探偵と高田が焼肉を食べながら調査結果について話すシーンを撮影しています。

    住所:北海道札幌市中央区南四条西1



    【エムズ仲町】

    映画内ではネオンの看板を並べパブやバーが立ち並ぶ通りへ作り変えていますが、普段は若者に人気の飲食店が集まる路地です。

    住所:北海道札幌市中央区南4条西1



    テッパン! 差し入れ品

     ハードな撮影現場で喜ばれる差し入れ。大泉さんが北海道でお気に入りの“差し入れ”を教えていただきました!

    【ふくらや】の肉まん

    大泉 一口で食べられる「ふくらや」の肉まんがおすすめです。通常の肉まんだけでなく、大根まんや高菜まんなど種類も多くて、どれも美味しいです。普通の肉まんサイズだと大きくて食べた後に罪悪感があるんですけど、これならパクっと食べられるのもいいですね。

    住所:北海道札幌市南区澄川二条3-1-7
    営業時間:10:00~18:30 ※18:00以降は在庫なくなり次第
    定休日:月曜
    ※通信販売は行っておりません

    『探偵はBARにいる3』

    (C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

     変わらぬ街。変わらぬ2人。だがシリーズ3作目にして描かれるのは、ついに訪れる探偵と高田の“別れ”……!? 探偵史上最も切ない過去を背負う依頼人は、予想だにしない方向へ2人を誘(いざな)っていく。
     探偵を執拗に狙う、人の心を持たないサディスティックな悪魔。無敵を誇った高田を倒す、ありえない強者の出現。少しずつ狂い出した、探偵と高田の歯車。そして“最後の事件”は、衝撃のクライマックスに向けて走り出す! すべての真相は、あまりにも切なすぎた——。
     注目のニューヒロインには、映画、ドラマと幅広く活躍する北川景子。ひれ伏したくなるような絶対的な美しさと、時折見せる子供のような無邪気さで、探偵の心を激しく惑わせる。更に、前田敦子、鈴木砂羽、リリー・フランキーら豪華新キャストが続々集結。人気シリーズに容赦なく新風を吹き込んでいく。

    (C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

    『探偵はBARにいる3』
    2017年12月1日全国劇場にて公開
    大泉 洋 松田龍平 北川景子
    原作:東 直己「ススキノ探偵」シリーズ(ハヤカワ文庫)
    脚本:古沢良太 音楽:池 頼広 監督:吉田照幸



    『探偵はBARにいる3』予告

    ]]>
    撮影/今井裕治 取材・文/羽佐田瑶子 active
    故郷滋賀の田舎料理を美しく昇華させる、型破りの料理人【銀座しのはら】篠原武将さん/シェフのヨコガオ https://magazine.hitosara.com/article/1031/ https://magazine.hitosara.com/article/1031/ Fri, 01 Dec 2017 11:00:00 +0900
  • 口から出まかせで言った言葉から、料理人の道へ
  • 憧れの店に入店するも、2年で退社。そこから出会った料理の師
  • 滋賀に戻り27歳で開業。10年ごとに訪れる人生の転機
  • 場所が変わっても、滋賀で生まれ育った自分が作る“田舎料理”の本質は変わらない
  • 滋賀、東京、そして次は世界へ! 篠原さんが描く未来
  • 口から出まかせで言った言葉から、料理人の道へ

    1月の献立から。正月にちなみ、ウニ、アワビ、ボタンエビなど7種の素材を7つの宝とかけて仕立てる『七宝盛り』

    ――篠原さんは小さい頃から料理人になりたいと思っていたのですか?

    小さい頃は親に「料理人になりたい」と言っていたようですが、進路を決める高校3年のときには、まったく思っていなかったです。僕は、学生時代ずっと空手ばかりやってました。結構成績が良くて、特待生として大学進学の話が来たんです。けれど、空手って痛いじゃないですか!? というか、痛いんですよ(笑)。大学に行ってまで辛い思いをしたくないな、と思って咄嗟に先生に“自分は職人になります”って口から出まかせで言っちゃった。職人といって頭に浮かんだのが父の姿でした。父親が居酒屋を経営していて、料理をつくっていましたから。で、先生から“なんの職人になるんだ?”と言われて“料理人です”って答えた。言ったからには職人にならないと、と思い、料理の道に入りました。

    ――料理人になると決意して、まずどちらで修業されたのですか?

    最初は父親のつてで、大阪の【熊魚菴たん熊北店】に入り、働きながら料理の基本を学びました。学校にも通わせていただいて感謝しています。でも、1年で辞めたのは、あるお店との出会いがきっかけでした。当時は働きながら、勉強のためいろんなお店へ食べ歩いていましてね。あるとき京都の【桜田】さんに伺って、その料理に衝撃を受けました。仕事が細かくて、なにより一品一品が綺麗で……。自分もこんな美しい料理を作りたい。すぐに働かせてくれとお願いしたのですが、あいにく働き手は足りていて雇っていただくことはできませんでした。そこで、【桜田】のご主人、桜田五十鈴さんが修業されていたお店ならやりたいことが学べるのではと思い、その店に連絡をしたのです。

    憧れの店に入店するも、2年で退社。そこから出会った料理の師

    ――すごい行動力ですね。そしてそこへ入られたのですか?

    はい。念願かなって入ることができました。2年で向板の脇板までさせてもらった。でも、若気の至りで2年で辞めてしまったんですね。先輩方にも本当にご迷惑をおかけしました。その頃は、生意気にも10年経ったら海外でやるんだ、なんて話したりしていました。

    今年37歳の篠原さん。料理人人生20年目を迎える

    ――辞めて無職になった後、次のお店で働くきっかけはなんだったのでしょう?

    辞めてから、どうしよう、と思っていたときに、父親が現在京都にある【山玄茶】の大将に市場で偶然会って「息子が辞めてぶらぶらしている」と何気なく話をしたんです。そしたら「半年でも一年でも働きにこんか?」と言ってくれて。そこから26歳の終わりまで働かせていただきました。
     この店での経験が、一番自分に影響していると思います。大将がとにかく“お客様を喜ばせる”ということを大事にしていました。たとえば、席が空いていればフリのお客さんも取る。さらに入ってきたお客さんがその月二回目の方だったりすると、その場で仕込みが一から変わる。厨房はバタバタでそりゃもう戦場ですよ。でも、それ以上にお客さんに喜んでもらうものを作ろうという気持ちにはとても影響されました。器使いという点でも、勉強になりました。大将には「なんでも偏ったらあかん。好きなものだけ揃えんと、バランスをとって買いなさい」と教えていただきました。器好きになって、いろいろと揃えていますが、今でも教えてもらったことを自然と実践しています。

    オールドバカラの酒器をはじめ、料理をひきたてる数々の美しい器も【銀座 しのはら】の魅力

    滋賀に戻り27歳で開業。10年ごとに訪れる人生の転機

    ――そして、料理人の修業をして10年目。27歳で故郷の地で一軒家の料理屋を構えた。若くしてすごいことですね。最初からどんな店にしようか、というイメージはあったのですか?

    すごくないです。父親が勝手に土地と家を買って「戻ってこい」と言ってきたんですよ。【山玄茶】では調理主任をやらせてもらっていたし、“これからやな”なんて自分で思っていた矢先だったんでいい迷惑です(笑)。正直、「え!?」と思いました。でも、こうして思いがけないタイミングで自分の店を持ったのですが、やるなら「コース一本の懐石料理をやるんだ」ということは最初から決めていました

    ――地元には、懐石料理を出すようなお店はほかにもありましたか?

    まったくありませんでした。だから初め、地元のお客さんがきてくれたときにいろんな戸惑いがありました。たとえば、懐石料理なので1品ずつ料理を出したら、ぜんぜん箸をつけてくれない。「食べてください」って言ったら、「全部揃うまで待つよ」って言われて。「ああ、そういったことを伝えることから始めなければいけないのか」と少し途方に暮れましたね。でも地元でも法事や婦人会などがありますし、当初はそういう方々がお客さんになってくれるんだろうな、と考えていました。地元の人に喜んで食べてもらうためには、地元にはない珍しい食材、いいものを全国から取り寄せて楽しんでほしいと思いましたし、コースも、前菜、肉、魚というわかりやすい構成で料理を作りました。

    銀座の店は、客前で盛り込みなどするカウンタースタイルに

    ――そういう状況から、日本全国から予約が殺到する店になり、さらには東京進出! どうして東京へ移転されたのですか?

    湖南市というのは、大企業の子会社が多くある場所で、会社の接待の場所として使っていただく機会が多く、3年目くらいから県外のお客さんが少しずつ増えていきました。インターネットの口コミも大きく、たくさんの方からご予約をいただくようになりました。全国からいらっしゃるお客さんに料理を出しているうちに、滋賀で9年店をやってきたけれど、もう一歩ステップアップしたいと思うようになった。それにはこの場所じゃ難しいかもしれない……と考えていたときに、東京からいらっしゃったお客さんから現在の物件の話があって。知らない土地でやりたい、とは思っていましたが、東京にこだわってはいませんでした。でも、見に行って、ここでやってみようとすぐに決めました。思い起こせば、料理の道に入って10年近くで店を持ち、滋賀で10年近くやって東京へ。本当にタイミングがいいというか、ご縁があったという感じです。

    場所が変わっても、滋賀で生まれ育った自分が作る“田舎料理”の本質は変わらない

    ――滋賀と東京で料理のスタイルは変えていますか?

    店のスタイルは座敷からカウンターに変わりました。ですから、料理以外のことでどう楽しませるか、ということにも心を砕くようになりましたし、場の雰囲気が硬いようだったら和ませることを考えたりします。料理についてはコースの構成は少し変えました。滋賀でやっていたときには、わざわざ来てもらうためにジビエや地のものを多く使っていました。けれどやはりここは日本で一番の町・銀座。食べにいらっしゃる方たちも食通の方たちが多いので、そういう人たちに自分の食べてもらいたいものを破綻なく食べてもらう構成を考えています。でも、僕の料理は“田舎料理”ですから。料理の根底には「町衆の料理」「精進料理」「茶懐石」の三つの種類がありますが、僕の料理は「町衆の料理」が根本にあります。

    【銀座 しのはら】の冬のご馳走は、地元滋賀の猟師が撃ついのしし

    ――美しい篠原さんの料理に“田舎料理”という言葉は結びつかないのですが。

    田舎料理ですよ。なぜなら、料理というのは自分の経験から自然とでてくるものだと思うんです。僕は小さいころから祖母や母が作った茄子の炊いたものや川魚の焼いたものを食べて育ちました。子供のころから地元のイチジクやいのししも食卓に昇りました。そういう経験は無意識ににじみ出てくる。料理に使う食材は、昔から制限をつけずになんでも使いたい性質(たち)なので、フォアグラでもキャビアでもトリュフでも使います。和食に向かない食材といわれていても、その食材をいかに和食にするか、それが料理人の腕だと思いますから。お客さんが喜んでくれるのであれば、何でもいいんです。“こういう料理じゃなきゃつくりたくない”という気持ちは一切ありません。でも、僕は誰の真似もできない。自分の中から出てくるものを形にすることしかできないんです。そういった意味では“型破り”かもしれません。たとえば八寸なんかも、滋賀の田舎の情景を自由に盛り付けています。自分を通して料理を考えたら、結局“滋賀の田舎料理”です。そう思ってみると、滋賀にいるときと、銀座で一年やってきた今でも、考えていることは変わりません。

    【銀座 しのはら】のクライマックス八寸はコース中盤に登場。八寸には滋賀の里山の情景を盛り込む。1月の八寸は、小肌とラフランスの和え物、胡麻白和え、玉子真丈、大徳寺麩の辛子黄身寿司、海老芋と才巻海老の唐揚げなど

    ――環境が変わっても自分のやってきた信念が変わらないって、できるようでできないことですよね。

    ある意味、最初に滋賀にいたことがよかったのではないでしょうか。ほかにいろんな情報が入ってこなくて、自由にのびのびとやっていました。隣の日本料理店に行こうと思っても車で40分くらい走らないと行けない場所ですから。また、おかげさまで滋賀の時代から、「おいしいものが好き」という方が集まる店だったのですが、東京に来ても同じように「おいしいものが好き」な方たちが集まってくださる。そういうことで考え方を変えずにいられるのだと思います。
     結局は、自分が積み重ねた時間や、人を好きなったりする気持ちや、なにかを楽しいと思うような経験が自分の引き出しとなる。そして、そこから沸きあがってくるものが料理になる。それは変えられないです。自分でも次にどんな料理が出てくるのか、どんな引き出しが開くかわからない部分もあるんですよ。

    冬の『焼き物』は、旬を迎える『真魚鰹の幽庵焼き 青味大根の味噌漬け』。梅の花の器に盛り付けて

    滋賀、東京、そして次は世界へ! 篠原さんが描く未来

    ――銀座でお店を出されて一年。これから、どんなことを目標にされますか?

    次は世界進出! ニューヨークで店をやってみたいです。とはいえ、まだまだそんな余裕はありませんけれどね。東京に来た当初はほとんど寝る間もなくて、1年経った今でも振り返る余裕もないくらいです。実感としては自分も、働いている子たちも「身体が持ってよかった」とホッとするくらいですから。

    銀座出店の際の恩人に「しのはら」と書いてもらったという書が店内に飾られている。大胆で、勢いがあるこの作品のイメージと、型破りな篠原さんのイメージが重なる

    ――かつて宣言したとおり、やっぱり世界には打って出るんですね。

    言われてみればそうですね(笑)。気がつきませんでした。自分のなかでは当たり前に“海外”というキーワードはあるので。でも世界一の町ニューヨークでいつかチャレンジしてみたいです。どうしても行きたい、というよりは真面目にやっていたらそういう話が自然と来るんじゃないかな、って思います。銀座の移転と同じように、機が熟したら自然にそういう流れがやってくるんだろうなってね。そして最後は田舎でのんびりやりたいですね。そのときには今のように新しい食材を開拓するというより、“地元の食材をどれだけ工夫して、どんな独創的な料理を作るか”ということに挑戦したいです。
    (2017.10.12取材)

    銀座しのはら

    【エリア】銀座
    【ジャンル】日本料理・懐石
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】30000円
    【アクセス】銀座駅 徒歩3分

    ]]>
    撮影/岡本裕介・鈴木拓也 取材・文/山路美佐(ヒトサラ副編集長) active
    ピーラー新時代!インスタ映えするデコサラダが“削るだけ”で簡単に https://magazine.hitosara.com/article/1020/ https://magazine.hitosara.com/article/1020/ Thu, 30 Nov 2017 17:00:00 +0900
  • 【ののじ】のピーラーで野菜が色々な形に削れる
  • 野菜だけでもゴージャスなデコサラダでヘルシーに!
  • トンカツ屋さんのふわふわキャベツも一瞬でできる
  • これ全部野菜なんです

    ダイコンやニンジンなど野菜だけでもゴージャスな一皿に。

    クリスマスなどパーティーの食卓を盛り上げそうだ。



     これがサラダ!? と驚くような彩り豊かな一皿。これは、【ののじ】から発売中のピーラーだけでつくったもの。【ののじ】は耳かきといった衛生用品から始まったメーカーで、今はキッチンツールなど幅広く展開しています。

     ピーラーは主なもので9種あります。見た目もカラフルでキッチンに置いてもおしゃれ。どう使うのか見ていきましょう。

    トンカツ屋さんのキャベツがつくれる「キャベツピーラーライト」

    真ん中のリングに指を入れてスッと引くだけ!

     皆さん、トンカツ屋さんの「お替わり自由のキャベツ」、いくらでも食べられますよね。シャキシャキでみずみずしい、あのキャベツが家でもできるなんて夢のよう(?)。「キャベツピーラーライト」は、切れ味に徹底的にこだわった鋭い高精密ギザ刃でキャベツの繊維を薄く削り、空気をはらんだ柔らかいふわふわ食感を生み出します。

    こんなに違う、包丁と【ののじ】ピーラー

    包丁で切った雑な千切りキャベツ。

    ピーラーを使うとこんなに違う!



     包丁でつくるキャベツの千切りは、どんなに細く切ってもこんな残念な見た目に。そこで「キャベツピーラーライト」を使ってみたら、力を入れずにスイスイ千切りできるので、あっという間に山盛りの千切りキャベツが出来上がってしまいました。みずみずしさも違います。ラクすぎて、気付いたらキャベツの半分ほどが千切りに……。

    野菜には見えないキュートなフォルムに。「ワッフルピーラー」

    網目状で味もしみやすくなるのがポイント。(上)
    コツさえつかめばこんなにキレイなメッシュ状に!(右)



    ピザやグラタンなどのトッピングにも大活躍。

     飾り用野菜をつくるのに欠かせないのが「ワッフルピーラー」。刃を斜めに、交互に当てていくことで網目状にスライスできます。見た目が可愛いだけでなく、網目部分にドレッシングやソースなどが絡みやすくなるため、味わいもグンとUPするのがポイント。生食用だけではなく、網目状のポテトチップを作ったり、ピザのトッピング用に飾りつけたりと調理用野菜にも大活躍です。

    包丁要らずでみじん切り。「スージー&みじん」

    細かなすじ切り用に便利。料理上手になれそう!?

    根気のいるみじん切りも楽チンだ。



     ユニークなのが「スージー&みじん」。ギザギザの刃を斜めに交差させて当てることで、みじん切りやスジ切りが楽にできます。コンニャクにスジを入れて煮汁をしみやすくしたり、焼きナスにする時に表面に切り込みを入れたりなど、おいしさアップの一工夫にも使えます。

    刺身のツマも「糸そ~めん」でプロっぽく

    特殊構造の鋭い刃で削ぐためみずみずしい食感。(上)
    家では絶対できないあの刺身のツマもつくれる!(左)



    「ヌードルピーラー」と同様にヌードル状に削れる「糸そ~めん」も便利。お刺身を盛り付ける時に欠かせない「ダイコンのツマ」も、自力では到底できないようなそうめん状に削ることができます。包丁でつくった時との違い、一目瞭然ですね。

    今ブームのベジ麺が簡単に! 「ヌードルピーラー」

    「糸そ~めん」と同じように引くだけで麺状に。

    いろいろな野菜を使ってカラフル麺も。



     今流行りのベジヌードル、糖質制限やカロリーダウンのメニューとして注目されています。11月10日に発売されたばかりの「ヌードルピーラー」は、簡単にダイコンやニンジンを麺状に削ることができるアイテム。削った野菜は丸い断面になるので口当たりもよく、麺状の野菜に火を通すことでしなやかな食感になり、「麺料理を食べた!」という満足感も得ることができます。

    うどん風のダイコン。ネギもピーラーで極薄切りに。

    見た目は「フォー」みたい!? 茹でるとしなやかな食感に。



    家でデコサラダに挑戦してみた

    いつもの家のサラダ。包丁だけだとこんな貧相だが……。

    【ののじ】のピーラーをフル活用すると見違えるほど豪華!

     野菜サラダもいつもはこんな貧相ですが、「キャベツピーラーライト」や極薄のフリル状に削れる「削リ~ナ」などをフル稼働させたところこんな豪華に! これだけでも食卓が華やかになり、パーティーでも通用するゴージャスな一皿になりました。なんだか自分が料理上手になった気分になります。

    1本で数種の削り方ができるのでさまざまな形状に

     クリスマスの食卓やお正月のパーティーなど、人が集まる時にデコサラダがあると食卓が盛り上がりますよね。女子同士の集まりにも、最近太り気味のパートナーへの手料理にも、ぜひピーラーを活用させてベジメニューを作ってみては。

    (問い合わせ)
    ののじ株式会社
    電話:050-5509-8340
    URL :http://www.nonoji.jp/

    この記事を作った人

    文/猫田しげる

    このライターの他の記事をみる

    >>ビュッフェなのに罪悪感ゼロ!?【ホテルコンチネンタル府中】の食べて健康になれる野草料理とは
    >>ヘルシー、無添加、低カロリーetc。「ギルトフリー」が日本でもブーム!
    >>「ヌーベルハッコー」って!? 発酵食品がスタイリッシュなデリに
    ]]>
    active
    世界に通じるピノ・ノワールを追い求めて~ 高山村のブドウ栽培家佐藤明夫の情熱fromおいしいニッポン物語(第6回) https://magazine.hitosara.com/article/1011/ https://magazine.hitosara.com/article/1011/ Thu, 30 Nov 2017 11:00:00 +0900
  • 数々のワインコンクールを総嘗めにした、高山村が誇るブドウ農家のカリスマ
  • 賞賛されるワインの秘密は、『健康なブドウをつくる』努力にあり
  • 難しい「ピノ・ノワール」栽培にかける、ワインへの深い情熱
  • 数々のワインコンクールを総嘗めにした、高山村が誇るブドウ農家のカリスマ

     ここまで、高山村のワインへの取り組みを象徴するような、個性的なワイナリーを二つ紹介してきた。
     最後にご紹介するのはワイン用ブドウ栽培のスペシャリスト、佐藤明夫氏だ。日本のワイン業界において彼の名前を知らない人はいないだろう。大手ワインメーカーであるシャトー・メルシャンの契約農家として、また入手が困難なことで知られる小布施ワイナリーや栃木県のココ・ファーム・ワイナリーに対し、高品質なブドウを供給している。

    左から、「シャトー・メルシャン 長野シャルドネ キュベ・アキオ2016」「シャトー・メルシャン 長野ピノ・ノワール キュベ・アキオ2015」

     佐藤さんは、日本ワインコンクールで多くの受賞歴を重ねる「北信シャルドネ」や「長野シャルドネ」のブドウ栽培者。また、シャルドネとともにピノ・ノワールで「キュヴェ・アキオ」という自らの名をつけたワインを世に送り出している。特筆すべきは「北信シャルドネ」がG7伊勢志摩サミット2016にてワーキングランチ/総理夫人主催夕食会で提供されたことだろう。醸造所を持たずしても彼の名前は高山村のブドウと共にもはや全国区の実力を誇る。
     佐藤氏のブドウ畑のいくつかは標高約830メートルの地と600メートルの地の二か所にある。これは同じ種類のブドウでも標高によって味わいが変わることを意識しているものだ。
     高山村の中心地から山田温泉を目指してゆるやかな上り坂を上がっていった先はまさに山の中だ。更に進むと福井原という小さな集落があり、そのなかにピノ・ノワールとソーヴィニオン・ブランの圃場が一気に視界のなかに登場する。その姿はどうやって表現したらいいか悩むほどだ。フランスはブルゴーニュ地方のコートドールの丘を切り抜いたように、なだらかにカーブする丘陵地帯に立ち並ぶブドウの樹。きちっと揃えられた葉が緩やかに曲線を描き、それを見たものは思わず感嘆の声が出る。

    「ワイン畑は美しくないといけないんです。そのために僕たち栽培者は毎日こつこつと葉や雑草を刈っていくんです。だってこんなにいい形をした丘はここにしかないんですから。」

    賞賛されるワインの秘密は、『健康なブドウをつくる』努力にあり

     高山村の隣にある中野市でブドウ農家に生まれ、高山村に移住してきたのはその畑の持つポテンシャルに気づいたからに他ならない。特に住居を構える福井原はブドウづくりの限界点ともいわれる標高800mをわずかに超えるところに位置する。北向きの斜面ではあるが、風通しがよく、乾燥しており、そして何といっても寒暖の差が非常に大きく、良質なブドウづくりの要素がすべてそろっている理想の地だ。

    ピノ・ノワールの畑にて

     ブドウ農家として、さまざまな栄誉に輝く佐藤さん。ほかの農家と違う秘密はなにかとたずねてみたら、「とにかく、いいブドウをつくること。それにはいい環境をブドウに与えることに心を砕く。こまめに世話をし、健康なブドウを醸造家にお届けする、それだけです」と笑う。
     その日々の積み重ねにも、よそにはない工夫や努力や秘密があるはずでしょう? とさらに聞くと、
     「僕たちの仕事はほとんどが草刈りです。地面に生える雑草も微生物を途絶えさせないために農薬で除草したりせずに伸びてきた分を刈り取っていくんですよ。夏の間はたいへんですね。ブドウの葉を切り、下の雑草を刈りとり、その連続です」と答えてくれた。

    ピノ・ノワールのブドウ。気候や雨などで果実が割れてしまう非常に難しい品種だそう

    難しい「ピノ・ノワール」栽培にかける、ワインへの深い情熱

     そんな佐藤さんがことさらに情熱をかけるブドウの品種がある。それがピノ・ノワールだ。
     前出の【信州たかやまワイナリー】の鷹野さんも、「佐藤さんのピノ・ノワールはちょっとすごいですよ」と興奮気味に話していた。
     佐藤さんとともにブドウ畑を歩いていると、一番奥にぽっかりと約1haほどの休耕地があった。センサーが立てられ気象データを取得し蓄積している。その畑に、また新たにピノ・ノワールを植えるという。実は、昨今の温暖化も考え、高山村の一番標高の高いところにわざわざ土地を購入したのも、このピノ・ノワールをつくりたいということが大きな理由だった。
     「ここで世界に通じるピノ・ノワールをつくりたいんですよ」
     彼はこれまでにない強い言葉でそう語る。ピノ・ノワールはフランスだとブルゴーニュ地方、アメリカではオレゴン州など乾燥した気候を好む品種だ。病気に弱く、育てづらい品種でもある。日本でもトライしている生産者は少なくはないが、毎年安定して良質なワインに仕上げるところはほとんどないと言っていい。
     「たまに、これは旨いというピノ・ノワールに出会うこともあります。実はかなりの確率でそれはたまたま、なんですよね。日本ではすっごい難しい。ブルゴーニュですら年によって大きな差が出るくらいだし。僕はこの畑で持続可能な最高のピノ・ノワールをつくるって決めたんですよ、それをつくるにはできる限りのどんな努力もどんだけ金もかけたっていいと思っているんです。」

    栽培しているブドウの世話は基本的に二人で行っているという佐藤さん。情熱をかけているブドウづくりについて語るときはいつも最高の笑顔だ

     日本最高のピノ・ノワールをつくる―。
     カリスマブドウ農家である佐藤明夫の夢をかなえるための情熱は、とどまることを知らない。佐藤氏の話にぐんぐんと引き込まれていきながら、仮にそのワインがどんな価格だったとしても飲んでみたいと思うのは、そこに大きなロマンを感じるからではないだろうか。

    【コラム】佐藤さんがつくる、生ハムがひそかな人気に

     ワインを熱く語る佐藤氏ではあるが、栽培者とは別にもうひとつの顔がある。農閑期には生ハム工房豚家「TONYA」というブランドで原木生ハムを生産する工場を持っているのだ。実はそのハムが人気を呼んでいる。「最初に生ハム食べて、こんなうまいものがあるなら、自分でつくってみるか」と思ったのが生ハムをつくるきっかけ。秋田の生ハム工房でつくり方を学び、以来趣味が高じて、生ハム工房までつくってしまった。「青かびと白カビの割合もいい具合でしょ?」とつるされた枝肉を眺めてにっこり。スライスされた生ハムはそれはもうとろける味わい。毎年10月末には首都圏から原木生ハムオーナーと家族が200名以上も村に集まり大宴会が執り行われるという。 実は、このハム作りには佐藤さんのもうひとつの思いがある。こうした “村の名産” をつくることで、高山村に人々を呼べたらと話す。高山村には個性あふれる温泉、これから少しずつ増えていくワイナリー(醸造所)、も徐々にではあるが増えてきている。そういった「点」を「線」に変えて、観光客がラウンドホッピングする仕組みを作りたいと考えているのだ。

    「小さな村に多くの人を呼び込むきっかけになりたいっすね」と話す佐藤氏の視線は
    日本一のピノ・ノワールと賑わう高山村の未来という夢の両輪を見つめている。

    写真左/天井からつるされた熟成中の生ハム 右/シルキーで香り高い生ハムはワインのおともにぴったり

    佐藤農園・生ハム工房 豚家「TONYA」

    住所:長野県上高井郡高山村大字牧字上福井2502-7
    (ワイナリーはありません)
    FAX:026-285-9920

    >>おいしいニッポン物語
    ]]>
    撮影/小西康夫 取材・文/嶋啓祐 active
    ジビエ界の話題をさらう紹介制レストラン【ELEZO HOUSE】。実はある方法で予約が取れる!? https://magazine.hitosara.com/article/1008/ https://magazine.hitosara.com/article/1008/ Thu, 30 Nov 2017 00:00:00 +0900 ジビエのスペシャリストが、日本の食文化の在り方を変える

    「自分たちの強みは、狩猟の現場で食材の命と向き合えることにあります」。そう話すのは、2016年6月、渋谷区松濤に紹介制のジビエレストラン【ELEZO HOUSE】をオープンしたオーナーシェフの佐々木章太氏。

    カウンターに立つオーナーシェフの佐々木章太氏。料理の仕上げはカウンターで行う

     ラボのある十勝では、自分たちが獲物を仕留めるだけでなく、下処理を施すまでの時間を考え、1時間以内で獲物を持ち帰ることのできる範囲で狩猟すると決めているといいます。そうして、大自然と対峙し、尊き命を身近に感じながら狩りをするからこそ、その調理法、食べさせ方にも熱が入ります。
    「フランスやスペインのように保存食としての料理を食べてもらいたいのではありません」
    これだけ流通が発達している現在、自分たちが適切に処理をしたジビエをどのようにしたら一番美味しく味わってもらえるかを追求。さらに、「料理を食べて『わ~、美味しい』だけでもいいのですが、そろそろもう少し深いところへ進む段階にあると思うんです」と、佐々木氏は日本におけるジビエ文化にも一石を投じます。

    1階にカウンター、2階には鹿のハンティングトロフィーが飾られた個室もある

    月齢違いの蝦夷鹿の食べ比べなど、未知なる食体験が待つ

    『鹿のブーダンノワール』。リンゴのピューレを敷き、濃厚な味わいに爽やかさを加えた

     例えば、フレンチの王道『鹿肉のブーダンノワール』ですが、やみくもにフレンチをなぞらえた料理ではありません。ハンターとして、命と向き合い獲物を仕留めた結果、血の一滴も無駄にしないためには、この鹿の血を使った料理が理想の形だったのです。単なる伝統料理としてだけではなく、食材を活かし切った料理として味わうと、「ブーダンノワール」の違った魅力を垣間見ることができます。それだけではありません。時に月齢違いの鹿肉を一皿で供し、その違いを食べ比べさせるあたりにも、佐々木氏のジビエに対する向き合い方、そして、ほかにはないこの店のあるべき姿が隠れています。「ただ美味しい」から「考えて美味しい」。「ジビエの奥深き世界を、日本の食文化のレベルにまでしっかりと落とし込みたい」という佐々木氏の想いが見て取れます。

    『蝦夷鹿のフィレとハツ、青首鴨のロースト盛り合わせ』。雌の鹿肉はしっとりした食感

     そんなレストランだからこそ、ジビエを愛する人々だけが集う紹介制というスタイルにも納得できることでしょう。となると、「ジビエが好きだけど、紹介がないから予約できない」という人はどうすればいい。そんなジビエラバーは、火曜・水曜に行う店頭販売の利用を。シャルキュトリーを購入すれば、紹介がなくても予約が可能になるんです!

    佐々木 章太 氏

    狩猟、管理、加工、流通、調理までを担うジビエ界の申し子

     1981年、北海道生まれ。料理専門学校を卒業後、軽井沢のリゾートホテルに入社、休日には別のレストランを手伝うなどして武者修行を重ねる。さらに、西麻布【ビストロ・ド・ラ・シテ】で研鑽を積んだ後、2007年に【ELEZO】を設立。ジビエの狩猟、管理、加工、流通、さらにそれらを提供する飲食業などの部門を構成し、ジビエ界に新風を巻き起こした。2016年6月、松濤に紹介制レストラン【ELEZO HOUSE】をオープン。

    【ELEZO HOUSE】

    ☎ :非公開
    住所:非公開
    営業:12:00~最終入店13:00(木曜~土曜のみ)/18:00~最終入店19:30、店頭販売は火曜・水曜11:30~15:30
    休日:不定休



    ヒトサラスペシャル Vol.60
    ジビエ・ふぐ・上海蟹・・・<冬の三大味覚特集>

    ]]>
    撮影/鈴木拓也 取材・文/吉田慎治 active
    絶景を求めて~琵琶湖の天空カフェと北アルプスの雲海テラス https://magazine.hitosara.com/article/868/ https://magazine.hitosara.com/article/868/ Wed, 29 Nov 2017 11:30:00 +0900
  • 空と琵琶湖、開放感あふれる天空カフェ【びわ湖テラス】
  • 北アルプスと雲海の幻想的なテラス席【SORA terrace】
  • 空に手が届きそうな【びわ湖テラス】で日本最大の湖を一望

    座る場所によって異なる表情を見せるテラス席

    【びわ湖バレイ】ロープウェイ山頂駅の隣に昨夏オープンした【びわ湖テラス】。ウッドデッキ調の3段構造のテラスが魅力で、日本一の湖・琵琶湖を北から南まで一望することができます。テラスの周囲には水盤があり、反射した空と湖面が一体化した、琵琶湖に浮かんでいるような錯覚も。

     また第1テラス(カフェ屋外席)に面した、開放的な空間も居心地バツグンで、そこには、窓枠で切り取られた絵画のような絶景が広がっています。店内には特注の家具が並び、石張りの柱や腰壁の板張りで、ナチュラルな雰囲気を演出しています。

     山麓からロープウェイまで約5分の空中散歩では琵琶湖、京都、大阪などの雄大な眺望を360度ガラス張りの大パノラマで楽しむことができます。

    絶景を楽しみながら、滋賀県ならではのご当地グルメを

    『近江和紅茶のジェラート』シングル417円(税抜)、ダブル556円(税抜)

     日本茶発祥の地・近江が誇る「近江茶」のジェラートや、幻の魚とも言われている「びわマス」の『幻のびわサーモンフィッシュフライ フレンチフライ&ディップ』など。滋賀ならではの食材を使ったご当地グルメが味わえるのも【びわ湖テラス】の魅力のひとつ。

    『幻のびわサーモンフィッシュフライ フレンチフライ&ディップ』1,111円(税抜)

     水盤に映る手の届きそうな空、眼下に広がる雄大な琵琶湖に身をゆだねて、開放感あふれるラグジュアリーな天空カフェで、くつろぎの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

    【びわ湖テラス】

    電話:077-592-1155
    住所:滋賀県大津市木戸1547-1
    営業時間:9:30~17:00(土曜・日曜・祝日9:00~)
    定休日:無休 ※臨時休業あり

    ※雲海葉気象状況により、必ず遭遇できるとは限りません。
    ※ナビの目的地が「びわ湖バレイ口」経由で「ロープウェイ山麓駅」となっていることをご確認ください。
    ※屋外の第1~3テラスは冬季閉場で、テラスカフェのみ営業となります。

    標高1,770mの絶景 、雲上のテラス席【SORA terrace】

    気象状況により、表情が変化する雲海

     世界最大級と言われる166人乗りのロープウェイで竜王山頂の【SORA terrace】へ。そこには、幻の「ヒマラヤの青いケシ」をはじめ、希少な高山植物が季節にあわせて咲き誇ります。

     標高1,770mの急斜面に建てられた雲の上の2段式テラスからは、北アルプスや妙高山などを同じ目線で楽しむことができます。さらに天気がよければ日本海側に佐渡島が見えたり、さらに条件が合えば雲海も現れます。それは訪れた人しか体験することができない、幻想的な世界!

    雲の上で味わう地元食材のオリジナルメニュー

    『雲海パイ包みスープ』850円(税抜)

    【SORA terrace】のすぐ後ろにある【SORA terrace cafe】が8月に改装オープン。ゆったりとくつろぎながら雲の動きを見渡せるラグジュアリーなスペースで暖を取りながら、サンセットや雲海を気持ち良く待つことができます。その空気や景色を邪魔しないように調整した、マイルドな味わいのコーヒーとともに様々なメニューも用意。

     雲の上をイメージした、地元名産のネマガリダケが入ったスープをサクサクのパイで包んだ『雲海パイ包みスープ』や、雲海型のマシュマロをコーヒーに浮かべて自分だけの雲海を楽しめる「雲海マシュマロコーヒー」(マシュマロは別売り)など、地元の食材と【SORA terrace】ならではの個性を組み合わせたラインナップです。

    色鮮やかな空をイメージ『スカイソーダ』450円(税抜)

     各種メニューはオーダー後にひとつひとつ丁寧に手づくりしています。提供までの時間は【SORA terrace cafe】で絶景を眺めながらオリジナルブレンドのコーヒーをはじめ各種ドリンクをどうぞ。

    北アルプスに沈む夕日と雲海のコラボは正に絶景

     気象状況により様々な姿を見せる雲海と、目の前に沈む夕日とのコラボレーションは言葉にできないほどの絶景です。真夏でも平均気温は18℃(施設調べ)、夕方になれば気温はさらに下がるので防寒対策はしっかりと。ロープウェイは毎年11月5日(日)まで9時~19時、20分間隔で運行中です。ちなみに、雲海はオープン直後の9時頃や夕方あたりに発生することが多いそうなので、その時間帯を狙ってみてください。

    【SORA terrace】

    電話:0269-33-7131
    住所:長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬11700
    9:00~19:00
    無休※冬季休業あり

    ]]>
    角屋昌也(流行発信) active
    ワシントンDCのブラジリアンステーキハウスで『シェラスコ』を堪能! https://magazine.hitosara.com/article/1026/ https://magazine.hitosara.com/article/1026/ Wed, 29 Nov 2017 00:00:00 +0900 アメリカといえば、肉!ということで、ブラジリアンステーキハウスで、『シェラスコ』を堪能してきました。

    ワシントンDCで一番人気の肉料理店【FAGO DE CHAO】へ

    • 大きな丸棒に串刺しにされた肉の塊が、次から次へと運ばれてくる
    • サーロイン、テンダーロイン、リブアイ、ラム、ポーク、チキンなど、さまざまな肉の種類が食べ放題!
    • 「ギブアップ」の時は、コースターを赤から緑に裏返してサインを出す

    アメリカといえば、肉!肉といえば、この店!!

    メニューを広げてみたら、どどんと肉祭!

     ワシントンDCで1番人気の肉料理店といわれている【FAGO DE CHAO】。DCといえば肉っていうぐらいの街なんだけど、その中でもオススメのブラジリアンステーキハウスです。DCには、もう10回以上は来ていると思いますが、初めて来ることができました。

    ワインセラーも立派。グラスワイン用のワインが右側に見えるが、どれもこれもいいお味でした

    次から次へと肉の塊が…!

    肉を切ってくれて、自分でとってお皿の上に。おもわずそのまま口に入れそうになります

     まあ、いわゆる食べ放題のお店なんだけど、次から次へと丸太ん棒のような肉の塊を運んできては、小気味良いナイフさばきで切ってくれます。それを自ら小さなドングのようなものでつかんでお皿に乗せ、ワシワシいただきます。肉の種類は、サーロイン、テンダーロイン、リブアイ、ラム、ポーク、チキンなど、さまざま!肉好きにはたまらない。

    牛肉、鶏肉、豚肉、羊肉など、多種の肉料理が楽しめます

     全種類食べたところでギブアップ!でも、まだまだ次から次へと肉が運ばれてくる!実は、裏表に印刷されたコースターがあって、「まだ欲しい」なら緑色、「もうダメ」になったら赤色のサインを出すシステム。おもしろいね。

    サラダバーにある生ハムは、切り放題!食べ放題!

     サラダビュッフェのコーナーも超充実してます。生ハムまで食べ放題の豪華なラインナップ。まるでAUN J クラシック・オーケストラの「祭」アルバムに収録した “絢爛バサラ”のような、歯切れがいいダイナミックなお店ですよ。ワシントンDCに行ったらぜひ行ってみてください。肉好きにとって、ここは外せないお店です。

    【Fogo de Chao】

    TEL:+1 202-347-4668
    住所:1101 Pennsylvania Ave NW, Washington, DC 20004 アメリカ合衆国
    営業時間:11:30~21:00

    ワシントンDCでのコンサート。Otakon Fesにて。

    >>OTACONの詳細はこちら

    和楽器スーパートリオ、AUN&HIDEです。著者は右側

    AUN J クラシック・オーケストラ LIVE Info

    《TV出演》

    2017年12月2日(土)AM10:00〜
    テレビ朝日「題名のない音楽会」

    《ライブ情報》

    10th Anniversary
    AUN J CLASSIC ORCHESTRA “TOSHINOSE SHOW TIME!! “
    2017年12月28日(木)日本橋三井ホール
    open18:15 start19:00
    問合せ:キョードー東京 TEL:0570-550-799(11:00〜18:00)

    Ticket Now on Sale!!

    >>チケットはこちら
    AUN J クラシック・オーケストラ オフィシャルHP
    ]]>
    文・写真/井上良平  active
    新世代の女性シェフ~【蕎麦 やっ古】西田恭子さん~ https://magazine.hitosara.com/article/1005/ https://magazine.hitosara.com/article/1005/ Tue, 28 Nov 2017 11:30:00 +0900 CHEF’S STORY
    • 偶然が重なって見つけた 飲食店経営における自分の武器
    • 蕎麦打ち名人の石井仁氏に師事
    • 2016年2月 学芸大学に【蕎麦 やっ古】オープン

    偶然が重なって見つけた 飲食店経営における自分の武器

    「女性が、30歳を過ぎて料理屋を始めるなら、何かアピールできるものがないとダメだなと思ったんです」そこで、白羽の矢が立ったのが蕎麦。だが、その蕎麦と西田恭子さんの出会いは偶然だった。

     小さい頃から台所仕事が好きで、会社勤めの傍ら夜間の料理学校に通っていた西田さん。蕎麦通にはつとに知られた名店【古拙】の求人募集をたまたま見かけたのが蕎麦の世界へ足を踏み込む第一歩だった。

    【古拙】で3年半、その後、間を置き日本橋【仁行】で2年半、蕎麦打ち名人の石井仁氏に師事。和食の経験も豊かな石井氏からは、蕎麦打ちの手ほどきは言わずもがな「見せかけではない、料理の本質的な美味しさを教えて頂きました」

    『もり蕎麦』860円。取材時は、栃木県は益子の常陸秋蕎麦を使用。もちろんつなぎなしの生粉打ち。しなやかでいて、シャキッとした心地良い歯応えがある。噛み締めるうち、優しい甘みが口中に広がる。甘みをぐっと控えたもり汁は、7種類の醤油を駆使した秀作。

     去年の12月、学芸大学の駅近くにオープンしたここ【やっ古】では、単品の蕎麦と一品料理の他、前菜や煮物なども出す蕎麦コースも用意。

     手打ち蕎麦と共におからや南瓜の含め煮など派手ではないが、心にしんみりと染み渡るような味わいの手料理も楽しせてくれる。料理は石井氏の流れを汲む一方で、蕎麦は少し自分流にアレンジ。師匠のように蕎麦粉をブレンドせず「品種による蕎麦の個性を知りたい」と蕎麦は単一品種で打ち、香りや甘みがより感じられるようにと麺自体も少しだけ太くした。とはいえ、もともとが素麺のような細さ故、それでも十分細打ち。女性らしいたおやかさを感じさせる。

    写真奥から『桜海老のかき揚げ』と前菜の盛り合わせ(5,400円コースから)。手前左から、『ミツバと油揚げの煮浸し』、『おから』、『炒りコンニャク』、『ワカサギの南蛮づけ』に、中央は『南瓜の含め煮』など

     今後の抱負は目下、「女性が一人でも入りやすい店」だそうだ。

    【蕎麦 やっ古】

    ☎03-4291-1012
    住所:東京都目黒区鷹番3-4-13
    アクセス:東急線学芸大学駅徒歩5分
    営業時間:[火~土]17:00~22:00(L.O.21:30)、[日]12:00~16:00(L.O.15:30)※2017年2月までは[月~金]17:00~22:00(L.O.21:30)、[土・日]12:00~16:00
    定休日:月曜
    料金:蕎麦コース5,400円(火~土曜の夜のみ)

    新世代の女性シェフ関連記事

    >>【モルソー】秋元さくらさん
    >>【ete(エテ)】の庄司夏子さん
    >>【aeg(エッグ)】辻村直子さん
    >>【JULIA】naoさん
    ]]>
    写真/佐藤顕子 取材・文/森脇慶子 active
    世界一のワイン造りを目指す、高山村ワインのフラッグシップ【信州たかやまワイナリー】fromおいしいニッポン物語(第5回) https://magazine.hitosara.com/article/1010/ https://magazine.hitosara.com/article/1010/ Mon, 27 Nov 2017 11:00:00 +0900
  • 自治体と民間がタッグを組んでつくった、高山村が誇るワイナリー
  • 大企業で培った豊かな経験を生かした、ワイナリーづくり
  • 気軽に飲めて、皆から愛されて欲しいー高山村のワインに込める思い
  • 自治体と民間がタッグを組んでつくった、高山村が誇るワイナリー

     高品質の国産ワインを、新たな村の名産に―。
     そう目標かかげた高山村は、なんと年2015年に村としてワイン振興のための専門職員を採用。ワインの名産地となるべく、本腰を入れた。そして2016年ついに、村の支援を受けて、村内の13人のブドウ栽培者が出資して設立した【信州たかやまワイナリー】が竣工する。
     まさに「おらが村のワイナリー」の誕生だ。

    2016年誕生したばかりの【信州たかやまワイナリー】

     このワイナリーの醸造責任者に指名されたのは、メジャーなワインメーカーから転職して高山村にやってきた鷹野永一氏。前出の自治体の専門職員として就任した人物だ。こうして醸造用ブドウを供給する13人の栽培家とそれをサポートする村役場のトライアングルが出来上がったのである。
     早速まだできたばかりの、ピカピカのワイナリーを鷹野氏に案内してもらう。
     ワイナリーで一番こだわったところを聞くと、こんな答えが返ってきた。
    「一番気を使ったのは衛生管理です。特に排水には神経を使う。雑菌予防のため高圧洗浄しやすいように角度を丸くした水路の設計など独自に考えました。虫を取る機械では、取った虫が外部から入ってきた虫なのか中から発生した虫なのかを細かくモニタリングしています」。

    左:独特の排水溝の形は、鷹野さんがこだわったところのひとつ
    右:ワインにストレスをかけないよう、収穫したブドウの果汁を圧縮機から重力を利用して下のタンクへ落とす

    大企業で培った豊かな経験を生かした、ワイナリーづくり

     醸造の仕方も鷹野氏ならではの経験が光る。ワイナリーを建てる土地の高低差を利用し、収穫したワインに負荷をかけないように醸造するグラヴィティ・フローシステムを採用。
     また、高山村とワイナリーの置かれている土地の特徴を理解したうえでその気候環境を活かしているのも面白い。「冬には醸造所内は零下5度くらいになるんですが、その温度になると酒石が自然と沈殿して、除去しやすくなるんですよね」気候条件もうまく利用することにより作業の軽減につながるという。他のワイナリーの設備を見に行くと、それぞれの特徴を活かしてどんなワインを作りたいのか即座にわかるという。 “ワインメーカーで経験していないのは工場長だけ” という鷹野氏が大手メーカーで培った経験と知識が、様々なところで活かされているのだ。

    【信州たかやまワイナリー】の醸造責任者 鷹野永一さんが現在のワインの状況をチェックするため、定期的に確認

     こちらで作られる一番数量の多い『ヴァラエタル・シリーズ』は高山村産のブドウ100%で作られる。もともとその品質の高さから、大手メーカーの引き合いも多い高山村産のブドウ。醸造開始初年度の2016年、栽培地の中で醸造されるワインへの期待を込めて出資者でもある栽培者から丹精込めて育てられたブドウが寄せられた。それぞれが思い入れのあるブドウ品種だ。
     取材時は、2016年産のブドウを2017年の5月に木樽に入れて熟成させている状況だった。鷹野氏は定期的にテースティングしてワインの状態を確かめる。この時は仕込んでから4か月目。思っていたより熟成が早く進んでおり、12月上旬にはビン詰めできるかどうかを判断するという。その後約2か月のあいだ静かに休ませて2018年の早い時期の出荷を見込む。

    木樽の中で眠る、メルロー種。初リリースは2018年初旬を予定

    気軽に飲めて、皆から愛されて欲しいー高山村のワインに込める思い

     【信州たかやまワイナリー】の初リリースワインは、2017年春に誕生。2016年に村内で採れたブドウを使って作った「Naćho」というワインだ。「なっちょ」という呼び名は村の言葉で「ちょっとどうだい?」というもの。気軽にぐびぐびと楽しめる地元産のワイン、という思いを込めて名づけられた。さらに夏にはソーヴィニヨン・ブランとシャルドネをリリース。果実味をシャープに活かした前者に対し、樽熟成とステンレスタンク熟成を絶妙なバランスで仕上げた後者ははリリースしたばかりでも深みを感じさせるワインに仕上がっている。「まだまだ安定していないですが、凄いポテンシャルがあります」 と鷹野氏も自信を見せる。
     「この夏にはシャルドネやソーヴィニヨン・ブランを出荷することができました。今後も生産者が気持ちを込めて作ってくれたブドウを私は自分なりのやりかたでワインに仕上げていきます」。

    左から、ファミリー・リザーブの『Naćho』白・ロゼ ともに(1,620円税込・完売 ※村内限定発売)。高山村のブドウのみで作る『Varietal Series』シャルドネ2016(2,970円税込)、ソーヴィニヨン・ブラン 2016(2,970円税込)

     ワイナリーはその土地のもつ特性や気候条件などの要素が非常に重要と言えるだろう。しかし鷹野氏はそれにやや異論を唱える。「確かに土地の傾斜や日照時間といった特性は大切な要素の一つではありますね。しかし、その条件を利用してさらに魅力を引き出し想定されうるブドウやワインを作っていくのは、そこで働く人間の思いなんです」
     このワイナリーの周りでは、代表取締役の涌井一秋さんが自治体と協力し、かつて小区画の遊休農地だった土地を借りて、ワイン用のブドウを植えている。そういったことが可能なのも、自治体と協力して運営するワイナリーだからこそだ。
     そのブドウが成長し、収穫するまでまだ時間はかかる。けれど、数年後にはワイナリーの周りに美しいブドウ畑がひろがり、遠く北アルプスを見渡す美しい光景が現れるだろう。自分が今まで得たものをすべて地域の小さなワイナリーで表現することで村のワイン作りに大きく貢献している鷹野氏をはじめ、ここには自分の人生をかけた男たちのロマンがある。

    ワイナリーの周りに去年植えられたばかりのブドウの苗木

     鷹野氏は、まだ小さなブドウの苗木を眺めながら顔をほころばせてこう話す。
    「これからはワイン造りを行いながら周辺の開発、例えばこの眺めのいい風景を楽しめるカフェやワインを楽しめるコミュニティスペースを作って行きたいですね。ウチが村のマグネットみたいになって、ここからブドウ畑や温泉に人々が周遊していく、そんな風になればいいな、と思っています」。

    株式会社信州たかやまワイナリー

    住所:長野県上高井郡高山村大字高井字裏原7926
    電話:026-214-8726



    >>おいしいニッポン物語
    ]]>
    撮影/小西康夫 取材・文/嶋啓祐 active