ヒトサラマガジン - グルメシーンの"いま"がわかる、食の情報マガジン https://magazine.hitosara.com/ 外食シーンのホットなニュースが毎日読める、グルメメディア「ヒトサラ」が発信する食の情報マガジン。食トレンド、健康美食、デート・会食、旅グルメ、グルメラボ、連載など、タイムリーなグルメ記事をお届け。 Wed, 24 Apr 2024 16:00:00 +0900 Wed, 24 Apr 2024 16:10:01 +0900 ja (c) USEN Media CORPORATION 15 https://magazine.hitosara.com/img/hmlogo.png ヒトサラマガジン https://magazine.hitosara.com/ 世界遺産・日光の社寺を訪れる際に立ち寄りたい、地元でオススメのお店5選|栃木・日光 https://magazine.hitosara.com/article/3876/ https://magazine.hitosara.com/article/3876/ Wed, 24 Apr 2024 16:00:00 +0900
  • 日本料理【日光星の宿 宵むらさき】
  • フレンチ【欧州浪漫館 シェ・ホシノ】
  • 和食【地産地消推進店 とちぎ家】
  • 日本料理【日本料理みつわ】
  • イタリアン【Pizzaリンネ】
  • 日本料理【日光星の宿 宵むらさき】

    日本庭園をゆったりと眺めながら季節感あふれる御膳を味わう

    ひきあげ湯波や湯波刺身など、湯波づくしの『あざみ膳』

    日光駅から車で5分。日光東照宮まで徒歩15分の高台にある宿の料亭が【日光星の宿 宵むらさき】です。ランチと温泉は日帰り利用が可能。メニューにより当日予約も叶います。自分で湯波とおぼろ豆腐がつくれる人気の『ひきあげ湯波』や、旬の食材を盛り込んだ美しい料理を優雅に味わって。※ディナーは宿泊限定者のみ

    日本庭園を眺めながら心落ち着くひとときを

    四季折々の眺めが美しい日本庭園をのぞみながら過ごす時間が贅沢な気分にさせてくれます。個室も完備しているので、家族だけの時間を過ごすなどシーンに合わせて利用できるのもうれしいところ。ランチと合わせて温泉につかれば、日頃の疲れもゆっくりほどけそう。

    日光星の宿 宵むらさき

    【エリア】日光/鬼怒川
    【ジャンル】和食
    【ランチ平均予算】4000円
    【ディナー平均予算】-

    フレンチ【欧州浪漫館 シェ・ホシノ】

    湖を望む洋館でコース料理やカジュアルなアラカルトが満喫できる

    『子羊のスパイシーカリー』やハンバーグもあり、ファミリーにもぴったり

    中禅寺湖が目の前というロケーションも最高の【欧州浪漫館 シェ・ホシノ】。栃木産の肉や魚を駆使した創作フランス料理が楽しめます。デザートまで満喫できるコース料理には、子ども限定のものも。ハンバーグステーキやスパゲッティ、カリーなどアラカルトメニューも多彩で、家族で訪れるのにもオススメ。デートなら、地元のワインを共に味わってみては。

    ゆったりした洋館のメインダイニングは開放的な雰囲気

    四季折々の美しい中禅寺湖を眺められる窓もあり、穏やかな気分で過ごせます。店内を貸切ってのパーティーもOK。人数や料金に応じて料理を組み立ててくれるので、ぜひ相談を。テラス席なら、愛犬や愛猫と一緒に食事を楽しむこともできます。

    欧州浪漫館 シェ・ホシノ

    【エリア】日光/鬼怒川
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】2000円
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】日光駅

    和食【地産地消推進店 とちぎ家】

    とちぎ和牛をはじめとした地元食材と栃木の地酒が充実

    美しいサシが入り、口の中でとろける『とちぎ和牛 牛寿司』

    【地産地消推進店 とちぎ家】は、店名の通り地元の食材とお酒が集まる「とちぎの地産地消推進店」。宇都宮出身の店主が食材を丁寧に吟味し、思いを込めて料理に仕立てます。目当てに訪れたいのは、A5とちぎ和牛、和豚もちぶた、那須鶏などを使った肉料理。『牛寿司』『とろ手羽の唐揚げ』『日光湯葉』といった一品料理も充実しています。

    2名から最大40名までの個室利用ができる

    周囲に気兼ねなく楽しめる、個室と半個室を6部屋用意。酒処の土地柄ゆえ、甘口~辛口、純米~大吟醸まで、幅広い味わい・タイプの日本酒がラインナップ。地元の名蔵元・宇都宮酒造の「四季桜」、芳賀郡の清流が生む「惣誉(そうほまれ)」など、日本酒通にはたまらない銘酒が、料理の味をより一層引き立ててくれます。

    地産地消推進店 とちぎ家

    【エリア】宇都宮
    【ジャンル】和食
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】3500円
    【アクセス】東武宇都宮駅 徒歩10分

    日本料理【日本料理みつわ】

    心落ち着く空間で、厳選食材に感激の『おまかせコース』を味わう

    肉料理は、とちぎ和牛の中でも最高ランクを用意

    宇都宮・もみじ通りに店を構える【日本料理みつわ】。豊洲市場から毎日届く天然魚介やブランド黒毛和牛「とちぎ和牛」、季節ごとの山海の幸を素材に、愛情を込めて調理。旬の味覚を堪能できる3種の『おまかせコース』は、昼も夜も楽しめます。高級店ながらリラックスできる雰囲気なので、充実の日本酒やワインとともにゆったりと過ごしてみては。

    カウンター席のほか、グループや家族での利用にオススメの個室も完備

    広々とした敷地内には、プライベート感が高い個室も3部屋用意されています。そのすべてに専用入口と御手洗が設けられているので、まるで料理旅館の離れで憩うような贅沢な時間が過ごせるのも魅力。個室使用料が無料というのもうれしいポイント。観光プランが決まったら、ぜひ、早めにご予約を。

    日本料理みつわ

    【エリア】宇都宮
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】11000円
    【ディナー平均予算】25000円
    【アクセス】東武宇都宮駅 徒歩10分

    イタリアン【Pizzaリンネ】

    イタリア直輸入の窯で焼く、栃木の食材を使ったナポリピザ

    栃木ブランド満載の『自家製燻製ベーコンと日光マイタケのPizza』

    【Pizzaリンネ】があるのは、田母沢御用邸前の日本ロマンチック街道沿い。栃木県産の強力粉「ゆめかおり」を使ったピサ生地は、モチモチとした食感。本場から取り寄せた窯で焼き上げるピザは、香ばしさも絶品です。「日光HIMITSU豚」でつくった『自家製燻製ベーコン』や、栃木ブランドきのこ「日光まいたけ」など、地元食材にもこだわっています。

    設計からピザ窯の組み上げまで、元大工の店長が手掛けた愛情いっぱいの空間

    まるで海外のカジュアルダイナーのような内装がオシャレ。雄大な自然に囲まれた店内の窓からは、季節ごとの景色が眺められます。「熱々のピザを食べて笑顔になってもらいたい」という店長が、一つ一つ愛情を注いで焼き上げるピザに、地ビール「日光路麦酒」を合わせてくつろいで。

    Pizzaリンネ

    【エリア】日光/鬼怒川
    【ジャンル】イタリアン
    【ランチ平均予算】1200円
    【ディナー平均予算】-

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 日光・鬼怒川のお店はこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    仕事帰りに軽く一杯! サクッと飲めてお酒も料理もおいしい店5選|名古屋 https://magazine.hitosara.com/article/3858/ https://magazine.hitosara.com/article/3858/ Tue, 23 Apr 2024 16:00:00 +0900
  • 居酒屋【小料理バル ドメ】
  • 創作和食【くつろぎ処 しゅんち】
  • ビストロ【ビストロ プーフェ】
  • 居酒屋【和食 聖】
  • イタリアン【ローマ三丁目 大名古屋ビルヂング店】
  • 居酒屋【小料理バル ドメ】

    お酒にぴったりの、ローカル厳選食材を使ったおつまみをラインナップ

    フレッシュ野菜と3つの味噌の組み合わせを楽しむ『なめ味噌三種のスティックサラダ』

    名古屋駅から徒歩5分の場所にある【小料理バル ドメ】は、可能な限り愛知近郊地産の厳選食材を使ったおつまみが楽しめるお店。『なめ味噌三種のスティックサラダ』は金山寺味噌、もろ味噌、西京梅味噌の3種で新鮮な野菜を味わえます。お酒も東海地方や全国各地の日本酒や焼酎をそろえているほか、ワインもすべて国産とこだわっています。

    店内はカジュアルで落ち着ける雰囲気

    お店は通りからも中が見えるつくりで、初めてでも入りやすい雰囲気。店内は北欧をイメージした温かみのある空間にカウンター席とテーブル席を用意。入り口にテラス席もあるので、開放感を楽しみながら一杯、という使い方も可能です。一人でも、仲間とでも、気分に合わせて気軽に楽しめる一軒です。

    小料理バル ドメ

    【エリア】名駅
    【ジャンル】居酒屋
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】名古屋駅 徒歩5分

    創作和食【くつろぎ処 しゅんち】

    サク飲みにぴったりのおいしくて手軽なおつまみがそろう

    隠し味に練乳などを使っている『しゅんちのポテサラ』はこだわりの一品

    大須観音駅から徒歩3分という立ち寄りやすい駅近にあるのが【くつろぎ処 しゅんち】。市場から直送される鮮度抜群の刺身は分厚さが自慢。ほかにも店主こだわりの一品『しゅんちのポテサラ』や『牛スジ山イモ焼き』など、お酒にぴったりのメニューがそろっています。飲み放題や鍋もあるので、腰を据えてじっくり楽しむのもオススメですよ。

    やわらかな照明が落ち着いた雰囲気を演出

    入り口横にコルクボードが置かれているほか、窓ガラスにはお店からのメッセージが書かれているなど、エントランスからカジュアルな雰囲気にあふれています。店内もアットホームな木のぬくもりが感じられるリラックスできる空間。サクッと一杯もよし、ゆったりするのもよしの居心地のいいお店です。

    くつろぎ処 しゅんち

    【エリア】矢場町/大須/上前津/鶴舞
    【ジャンル】創作和食
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】大須観音駅 徒歩3分

    ビストロ【ビストロ プーフェ】

    ずらりとそろったワインとフレンチメニューを気軽に楽しむビストロ

    オーダーが入ってから焼き上げる『ホタテが入ったマカロニグラタン』は必食

    池下駅から徒歩3分の場所に店を構える【ビストロ プーフェ】。店名の「プーフェ」とは、フランス語で「驚き、吹き出して笑う」という意味。その名前通りに、リラックスした雰囲気の中、種類豊富にそろったワインとボリュームのある家庭的なフレンチを楽しめます。

    店内は普段使いにぴったりの、リラックスしてくつろげる空間

    店内は気兼ねなく入れる居心地のいい雰囲気。お店に入ってすぐ右のワインセラーから、説明文や値段をチェックして、自分でワインをチョイスするのがここのスタイルです。飲みきれなければ持ち帰れるのもうれしいポイント。カウンター周辺にある黒板には、その日のオススメなどが書かれているので注目です。

    ビストロ プーフェ

    【エリア】千種/今池/池下
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】2420円
    【ディナー平均予算】5000円
    【アクセス】池下駅 徒歩3分

    居酒屋【和食 聖】

    旬の食材をふんだんに使った料理を楽しめる和食居酒屋

    毎朝生きたまま仕入れる新鮮な魚介を使った『お刺身』

    鶴舞駅から徒歩6分の場所にある【和食 聖】は、毎朝仕入れる鮮度抜群の魚介類をメインに、旬の食材を使った和食を気軽に楽しめる居酒屋です。季節ごとの魚が盛られる『お刺身』や『天ぷら』、脂ののった三河産の『うなぎ』など、どの料理もお酒にぴったりです。

    清潔感のある店内でゆったりと食事を楽しめる

    入り口上には常連客からプレゼントされた木製の看板が。店内に入ると、まず目を引くのが魚が元気に泳ぐ水槽。カウンター席なら、店主が目の前で活魚をさばく様子を見ることができます。仲間と訪れたときはテーブル席もオススメ。宴会用のコース料理も数種あるので、サクッと、じっくり、のどちらもOKです。

    和食 聖

    【エリア】矢場町/大須/上前津/鶴舞
    【ジャンル】和食
    【ランチ平均予算】800円
    【ディナー平均予算】3500円
    【アクセス】鶴舞駅 徒歩6分

    イタリアン【ローマ三丁目 大名古屋ビルヂング店】

    本場イタリアの陽気な雰囲気を楽しめるイタリアンバール

    カットしたてのおいしさを味わえる『違いのわかる生ハム・サラミ盛り合わせ』(2人前)

    名古屋駅から徒歩3分。【ローマ三丁目 大名古屋ビルヂング店】は、本場さながらの雰囲気とメニューを楽しめるお店。試食を重ね、厳選した食材を使った料理や、本物の味を知ってほしいという思いからそろえたワインなど、カジュアルに本格的なイタリアンを味わえます。

    イタリアを感じさせるオシャレな店内

    赤と白の2つの表情をみせる店内。シャンデリアが飾られるなど華やかで大人っぽい空間になっている赤はデートにぴったり。明るくカジュアルな雰囲気が楽しい白は、一人でも仲間とでも、気軽にサクッと楽しめる空間と、さまざまなシチュエーションで活躍してくれるオススメの一軒です。

    ローマ三丁目 大名古屋ビルヂング店

    【エリア】名駅
    【ジャンル】イタリアン
    【ランチ平均予算】1300円
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】名古屋駅 徒歩3分

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 名古屋の居酒屋はこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    富山の海の幸を味わうイベント「富山・新湊漁港で漁師会!」が開催|漁業ブ主催・北陸応援Sea to Plate PJ https://magazine.hitosara.com/article/3926/ https://magazine.hitosara.com/article/3926/ Tue, 23 Apr 2024 00:00:00 +0900 今イベントを主催した「漁業ブ」とは、水産資源の高付加価値化や漁業経営を支援する一般社団法人で、漁業の体験や魚食イベントなどを開催し、漁師と消費者を結び付け、「漁業の価値向上を目指す」活動を全国で行っています。

    今年の元旦に起きた能登半島地震の後、漁業ブの代表理事である小西圭介さんは、「北陸の漁業のために何かできないか」と、今回の開催場所である【みなとキッチン】を運営している明石博之さんに提案し、令和6年奥能登地震の復興支援も込めて「富山・新湊漁港で漁師会!」を開催しました。

    新湊漁港のすぐそばにあるシェアキッチン【みなとキッチン】。東京からはWebメディアの編集長や女性誌の編集長、ワインインポーター、大学教授が、富山からは、漁師、酒蔵の女将、射水市役所職員や高岡の鋳物製作所の経営者など、多彩なジャンルの方が参加。また注目度が髙く、地元のテレビ局や新聞社など多くのメディアが取材に駆け付けました

    主催者である小西さんは、「能登の奥のあたりは本当に手つかずの状態で、まだまだ復旧されない状態の場所が多いという風に聞いております。ここ新湊も大打撃を受けてはないのですが、漁港が使えなかった期間もあり、観光も含めて、ちょっと暗いムードがまだ漂っているそうです。全国でニュースにはなっていないけれども、新湊のように、液状化、地盤沈下、隆起、家屋倒壊など、被災している箇所も多い。さらに、震災後に観光客が来なくなってしまった、という話も伺って、何か一緒に取り組みができないかということで、今回の開催に至りました」とのこと。

    漁業ブの代表理事である小西圭介さん

    お料理を頂く前に、富山の食材についての解説コーナーが設けられ、プロジェクターを使って新湊漁協の漁師で構成された「富山湾しろえび倶楽部」の野口和宏さんが、富山のシロエビ漁に関するお話をしてくださいました。

    「富山湾しろえび倶楽部」の野口和宏さん

    富山湾は「天然のいけす」と呼ばれるほど魚種に恵まれており、広く知られているのが、ホタルイカやブリ、シロエビや紅ガニ(紅ズワイガニ)です。中でも、4月1日に漁が解禁されたばかりのシロエビは、その透き通る美しさから「富山湾の宝石」と呼ばれるほど。そんな富山湾の“宝物”を守るために、新湊のシロエビ漁船は「プール制」を導入しているそうです。

    「プール制とは、シロエビ漁の期間中、2班に分かれて1日おきに操業し、全体の水揚げ量を調整しながら水揚げ金額をプール。各船に均等に分配する仕組みとなります」と野口さん。それにより、過度な漁獲競争を抑え、資源枯渇を未然に回避し、持続的な資源を守り抜いているそうです。

    4年ほど前までとやま市漁業協同組合の組合長を務め白えび漁師だった網谷繁彦さん、漁業ブの理事で富山の食文化を熟知する富山出身の松井香保里さん、同じく漁業ブの理事で料理家の松田美穂さんなどがキッチンに立って調理をしていました

    この日頂いた食材は、滑川産のホタルイカ/氷見産のブリ/新湊産のシロエビ/新湊産の春告昆布/未利用魚の白カレイなど。頂いたお料理をご紹介します。

    『新湊産のシロエビの唐揚げ』

    『朝どれホタルイカと新湊産の春告昆布のしゃぶしゃぶ』

    『氷見産ブリのハム』

    『おさしみ盛り合わせ』

    『白カレイの天ぷら』『白カレイの大葉巻き』

    『白カレイの卵の煮付け』

    その他にも〆には、すり身の味噌汁、富山のお米に併せて黒づくりと黒とろろなどが振舞われました。

    食材の鮮度の良さはもちろんのこと、富山の海の幸の解説を聞き、その価値を知った上で頂くお料理はよりおいしく感じられました。また、初めていただいた白カレイは数年前まではあまり食べられていなかった食材(未利用魚)だったそうですが、漁師の方がうまく調理することで、新たな食材のおいしさを知ることができました。

    シロエビの唐揚げに添えられているのは、【セイズファーム】の『SAYSFARM CIDRE』(辛口)

    そして、お料理に合わせておいしいお酒も頂きました。【羽根屋】の女将、羽根千鶴子さんも訪れ、貴重なお酒を振舞ってくださいました。

    【羽根屋】の女将、羽根千鶴子さん

    千鶴子さんが振舞ってくださった『純米吟醸 煌火』、『純米吟醸 かすみざけ』、『純米吟醸 出羽燦々』

    「能登の方では、地盤隆起で漁港自体がなくなってしまうほどの水産業被害が出ていますが、北陸の漁業生産者・関連パートナーとの協業を行いながら、ブランド化や販路開拓、食イベントやツーリズムの開発など、少しずつ復興の取り組みを支援していければと思います」と小西さんは語られていました。


    また、翌朝の4月1日はちょうどシロエビ漁の解禁日! シロエビ専門の漁が行われているのは全国でも富山湾のみです。

    シロエビ解禁日の新湊漁港の様子

    今年最初のシロエビ。最初の船が漁港に戻ると、すぐ競りにかけられました

    4月1日に解禁されたシロエビ漁は、7~8月の夏頃にピークを迎えます

    この日、新湊漁港では、夜明け前に沖合約2キロの漁場に向けて4隻の漁船が出港。朝7時過ぎに最初の船が戻ってきました。

    今年の漁獲量について、新湊漁業協同組合 代表理事組合長の塩谷俊之さんは、「初日としては上々。サイズも5~6cm、大きいと8cmくらい」とおっしゃっていました。

    この透明度は漁港でしか見られない貴重な姿

    県外で頂く富山県産の食材を使ったお料理もおいしいですが、実際に現地を訪れていただく、朝どれの食材を使ったお料理は格別でした。


    北陸復興のため、新湊エリアをはじめ、観光客を受け入れている地域に足を運び、食べることで、泊まることで、交通機関を使うことで、応援ができます。みなさんもぜひ、食材の宝庫「富山」を訪れ、“おいしい旅”を堪能してみてください。

    「漁業ブ」公式HPはこちら
    ]]>
    取材・文/嶋亜希子(ヒトサラ編集部) active
    全フロアが開業した虎ノ門ヒルズ ステーションタワーで、ランチに訪れるべきお店5選 https://magazine.hitosara.com/article/3903/ https://magazine.hitosara.com/article/3903/ Tue, 23 Apr 2024 00:00:00 +0900
  • 焼鳥【鍈(スズノネ)】/B2F T-MARKET
  • 和食【日常茶飯時】/2F
  • イスラエル料理【Ta-im 虎ノ門】/B2F T-MARKET
  • ピザ【CRAZY PIZZA TORANOMON】/B2F T-MARKET
  • ベーカリー【flour+water 虎ノ門店】/4F
  • 焼鳥【鍈(スズノネ)】/B2F T-MARKET

    鶏肉がメインの創作料理の数々に舌鼓

    6席あるカジュアルなカウンター席

    恵比寿の人気焼鳥店【鍈輝(エイキ)】の新業態が【鍈(スズノネ)】として虎ノ門ヒルズにオープン。予約困難店の親子丼やそぼろ丼を、カジュアルにランチで楽しめるなんて夢のよう! T-MARKETは各店舗の店内スペースで飲食できるほか、自由に座れるオープンスペースでは各店舗を横断して、いろんなメニューをQRコードでオーダー可能。

    ランチの『親子丼』1,500円(サラダ・スープ付き)

    【鍈輝(エイキ)】の姉妹店なので、もちろん鶏料理がメイン。ランチは焼鳥店ならではの〆の丼もの中心に、『タコライス』や『鶏チリ定食』など、バリエーション豊富なラインアップ。ちなみにディナーメニューには日本酒のあてにぴったりな『鶏出汁おでん』や、『伊達鶏からあげ』、『伊達鶏焼売』などのつまみから、〆にはランチ同様『親子丼』などのご飯メニューも充実しています。

    【エリア】虎ノ門
    【ジャンル】焼鳥・串焼き
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】-
    【アクセス】虎ノ門ヒルズ駅

    和食【日常茶飯時】/2F

    どこよりもおいしい家庭料理を目指す、お米が主役のお店

    のれんはお米のデザイン

    2階のテラスダイニングゾーンにある大型飲食店の一つが、お米が主役の和食店【日常茶飯時】。“家庭ではたどり着かない家庭料理”を目指し、お米は厳選した3種類から日替わりでセレクト。「世界一、おいしいご飯が炊ける炊飯器」と称されるバーミキュラの炊飯器で炊き上げています。店内80席とテラス20席、さらに2室の個室があり、子ども連れやお年寄りものびのび過ごすことができる空間になっています。

    自慢のお米と、ご飯のお供。心なしか輝いて見えます

    ランチでは豊富な定食の数々を提供。人気メニューの『しょうが焼き定食』(1,408円)のほか、鶏肉を牛乳に漬け込んでジューシーに仕上げた『大山どりの2種の唐揚げ定食』(1,188円)や、日本酒やお茶を使用した、和風の『アクアパッ茶』(1,738円)、またお子様連れにうれしい『贅沢お子様ランチ』(980円)や種類が選べる『こだわりの離乳食』はなんと0円! キッズフレンドリーなところもポイントです。

    日常茶飯時

    【エリア】神谷町
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】1,000円 ~ 1,999円
    【ディナー平均予算】5,000円 ~ 5,999円

    イスラエル料理【Ta-im 虎ノ門】/B2F T-MARKET

    海外で話題のヘルシーフードを味わえるイスラエル料理店

    開放的な雰囲気で、カウンター席とテーブル席が利用可能

    恵比寿に本店を構える人気なイスラエル家庭料理店『Ta-im』では、スパイスやハーブなどを使用した本格的な料理が味わえます。店内は、イスラエルの晴れた空の色に似たブルーと、国章を連想させるオリーブウッドを基調にした温かみのある雰囲気に。植物の緑も目に鮮やかで、開放的なムードに一役買っています。

    ランチの『ファラフェルプレート』1,580円

    店名の【Ta-im】はヘブライ語で「おいしい」の意味。その名に恥じない料理の中でもマストで食べてほしいのが、スパイスやハーブを大胆に使ったこだわりの『フムス』や『ファラフェル』。ヴィーガン対応で、欧米やセレブの間でも大人気のヘルシーフードとしても注目されています。イスラエル産ワインとともにぜひ。

    Ta-im 虎ノ門

    【エリア】神谷町
    【ジャンル】その他各国料理
    【ランチ平均予算】1,000円 ~ 1,999円
    【ディナー平均予算】4,000円 ~ 4,999円

    ピザ【CRAZY PIZZA TORANOMON】/B2F T-MARKET

    ミシュランガイドのビブグルマンに選ばれた話題のピザ

    オープンキッチンのカウンター席

    食通たちの間で「国領の奇跡」と讃えられる【Don Bravo(ドン ブラボー)】の姉妹店であり、ミシュランガイドでは2年連続ビブグルマンに選ばれた【CRAZY PIZZA】の新店舗。ランチに気軽に立ち寄り、星付きの味を堪能できるのはかなり魅力的です。

    名物メニュー『マヨコーン』3,080円

    こだわりのピザ生地は風味と旨みを強調するために、挽きたての全粒粉と玉ねぎ、水とホエーを使用。塩味を抑えることで、ガッツリ系のマヨコーンにも、シンプルなマリナーラにも合う仕上がりに。ランチセットは選べるピザにミニサラダがついて、ピザのハーフアンドハーフも可能。

    CRAZY PIZZA TORANOMON

    【エリア】神谷町
    【ジャンル】パスタ・ピザ
    【ランチ平均予算】2,000円 ~ 2,999円
    【ディナー平均予算】5,000円 ~ 5,999円

    ベーカリー【flour+water 虎ノ門店/4F】

    中目黒で行列の人気ベーカリーが虎ノ門ヒルズに進出

    センスを感じられるオシャレな店内は、足を運びたくなる理由の一つ

    中目黒で連日行列をなすベーカリー【flour+water】の姉妹店がオープン。まず目を引くのがお店の雰囲気。中目黒の店舗と同様に天井にはたくさんのドライフラワーが下げられていて、内装は落ち着いたトーンで統一されています。

    もちろんパンのみのテイクアウトも可能

    店内には小麦粉と水を1:1で使用したもっちりと甘い純生食パン『OneHundred』や、名物『天使のクロワッサン』など、種類豊富なパンがずらり。ブランチタイムはたくさんの種類の中からパンを4つ選べ、スープorサラダorパスタから1つをチョイス、さまざまな紅茶を楽しめるティーフリー付きです。ディナータイムはイタリアンレストランに。いろんなシーンで利用できそうです。

    flour+water 虎ノ門店

    【エリア】神谷町
    【ジャンル】ベーカリー
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】-

    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    北陸、その先へ。6名のシェフの想いと声。|「Dining around Noto」レポートと、食を通した未来への架け橋 https://magazine.hitosara.com/article/3923/ https://magazine.hitosara.com/article/3923/ Mon, 22 Apr 2024 16:00:00 +0900 「Dining around Noto」

    「料理人としてできることはないか」と立ち上がった、能登地域のシェフ4名をゲストに迎えた6名のシェフたちによるコラボレーションディナー「Dining around Noto」。会場となった【Social Kitchen TORANOMON】には、その想いに賛同する多くの人々が集まっていました。

    この日の会場は虎ノ門ヒルズ ガーデンハウス1F、【Social Kitchen TORANOMON】

    実はこちらのイベントは、能登半島地震があった日の翌日に【Auberge"eaufeu"】の糸井章太シェフから【unis】の薬師神陸シェフへ「何かできることはないだろうか」と連絡があったことがきっかけとなったのだそう。元々お2人は料理学校での先生と生徒という間柄で、その信頼関係や密なコミュニケーションが、今回の発信力のあるイベントに繋がったご様子です。

    また、集まったシェフたちはみな“同世代”とのこと。日本最大級の料理人コンペティション「RED U-35」を機に繋がった人たちが多いそうで、まさに、これからの食シーンを牽引していく存在の方々。熱い想いを持って集まった同志としての団結力や、北陸の未来へ向かっていくパワーが、場内に溢れていました。

    ゲストとシェフが一体となる、臨場感たっぷりの空間

    食を通し、未来へ繋げる、シェフたちの想い

    最初のアミューズは、6名のシェフによるフレンチ、イタリアン、洋食、和食の多様なコラボレーションプレート

    6名のシェフそれぞれの、今回のイベントにおいて考えていらっしゃった“想い”や、これからの未来へ向けての“メッセージ”を頂きました。当日イベント会場で、参加者の目の前で作られた北陸の食材を活かしたお料理とともにご紹介いたします。

    【Auberge"eaufeu"】糸井 章太シェフ

    1992年京都府生まれ。調理師専門学校を卒業後、フランスに留学。アルザスの3つ星レストラン【オーベルジュ・ド・リル】で研修を受け、帰国。【メゾン・ド・ジル 芦屋】、ブルゴーニュの1つ星【レストラン・グルーズ】を経て、2017年に帰国。
    2018年若手料理人コンテスト「RED U-35」にてグランプリ(RED EGG)を大会初の20代で受賞。
    2019年、経済誌Forbes Asia主催「30under30 Asia 2019」受賞。2022年、アメリカ・カリフォルニア州の3つ星レストラン【マンレサ】、【フレンチランドリー】で研修。2022年7月【Auberge"eaufeu"】シェフに就任。



    『能登猪のタコス』

    -今回の企画に携わることへの想いをお聞かせ下さい。

    今回の企画は僕が陸さんに何か能登の応援ができる事をしたい! とお声掛けした事から始まりました。
    今回のイベントをきっかけに能登、石川の料理人や人々の事を知ってもらい、未来につながるキッカケになればと思っています。

    -その他、想いやメッセージをお聞かせ下さい。

    今回のイベントでゲストに僕から何かを伝えたいというより、ゲストの人達に能登、石川の料理人達の事をもっと知って欲しい。料理を通して、人々、風土、ポテンシャルを感じで欲しい。それが、復興そしてその先の架け橋になると信じています。

    【Villa della pace】平田 明珠シェフ

    1986年東京都生まれ。大学卒業後に料理の道へ進む。都内のイタリア料理店勤務の後、食材を探しに訪れた能登半島に惹かれ、2016年に七尾市に移住、レストラン【Villa della Pace】をオープン。2022年、七尾市中島町の塩津海水浴場跡地へと移転、宿泊施設を併設したオーベルジュへとしてリニューアル。ミシュランガイド北陸2021特別版において、一つ星、ミシュラングリーンスターを獲得。
    「RED U-35」2017 SILVER EGG , 2018 BRONZE EGG



    『菜の花のパスタ』

    -今回の企画に携わることへの想いをお聞かせ下さい。

    地震から3ヶ月(イベント開催時)が経ち、まだまだ大変な状況が続いてはいますが復旧が進んでいる地域や事業を再開させたり新しい取り組みを行っている人達もいます。料理を通して再び能登へ来てもらったり、これまで能登に来たことのない方たちにも足を運んでもらうきっかけを作りたいと思っています。

    -その他、想いやメッセージをお聞かせ下さい。

    まず感じてほしいのは能登という土地が持つポテンシャルの高さ。豊富な食材や人と自然が共生する土地の美しさを知ってほしいです。しかし年々人口は減り、その中で今回の震災が起きました。地震の前に戻すというよりも、以前よりもより良い地域にならないと美しい景観は守れません。土地に根差した料理人としてこれからも活動していきますので、長い目で見て応援して頂ければ幸いです。

    【Restaurant Blossom】黒川 恭平シェフ

    1988年石川県生まれ。専門学校卒業後、京都のフレンチ懐石や、フランスの星付きレストラン、大阪【ラ・シーム】で腕を磨く。北陸新幹線開通を機に、七尾市にある両親が営む【レストランブロッサム】を受け継ぐべく帰郷しシェフを務める。
    「RED U-35」 2023 GOLD EGG , 2019 BRONZE EGG , 2018 SILVER EGG



    『能登の恵みハンバーグ』

    -今回の企画に携わることへの想いをお聞かせ下さい。

    まずは薬師神シェフと井口シェフが石川・能登の支援のため、このイベントを企画してくださった事に感謝しています。私の住む地域では、まだ飲める水が使えません。そんな中で、今回は、自由に料理ができる環境で、素晴らしい料理人の皆さんと共に料理が出来る事は本当に嬉しく思います。精一杯楽しみたいと思います!

    -その他、想いやメッセージをお聞かせ下さい。

    コンセプトは「能登というダイニングテーブルをみんなで囲む事」。各参加者が持つ体験や感情は1人1人違う中で、お互いに支え合いながら前を向いて進んでいます。そんな私たちの想いをこのイベントでお伝えできればと思っています。

    【一本杉 川嶋】川嶋 亨さん

    1984年石川県七尾市生まれ。短大で経営学を修了後、調理師専門学校を経て、大阪で修業を開始し、全国屈指の名割烹と知られた京都【桜田】など関西の名店を渡り歩き腕を磨く。料理コンテスト「食の都・大阪グランプリ」で総合優勝、2018年に若手料理人コンテスト「RED U-35」でファイナリストに選ばれ、ゴールドエッグを獲得。和倉温泉の旅館で料理長を歴任し、2020年、能登食材の魅力を伝えるべく【一本杉川嶋】を開業。
    「RED U-35」 2018 GOLD EGG



    『甘鯛真丈 新若布 木の芽』

    -今回の企画に携わることへの想いをお聞かせ下さい。

    震災後、困っている人を料理で助けたい元気づけたい一心、無我夢中でずっと炊き出し配食を行っておりました。今回素晴らしい環境のもと、久々に日本料理を作ることが出来ること、仲間と共に料理を作れること、たくさんのお客様にお越し頂けることが凄く楽しみです。たくさんの笑顔が溢れる素晴らしいイベントになれば嬉しいなと思ってます。

    -その他、想いやメッセージをお聞かせ下さい。

    発災から3ヶ月が経ち、ニュースで取り上げられる回数はかなり減りました。ニュースで水が出ました、電車が復旧しました、お店が再開しましたと報道され、能登や七尾はもう再建していっていると間違った認識をされているのではないかといつも不安になります。
    もちろん復旧し再スタートしているところもあります。しかし現実はまだまだ何も変わっていないのです。瓦礫がどかされブルーシートしてあるだけです。私の自宅もお店も水は断水しております。お店の再開の目処はたっておりません。私が拠点としている七尾市と奥能登では全く状況は違いますし、同じ七尾市内でも状況は違います。お店を再開され今回一緒にイベントを行う平田シェフ、黒川シェフのお店には是非お越し頂き応援して頂きたいですし、どんどん経済を回して頂きたいです。と同時にまだまだ被災している人がいること、再建復興には10年20年それ以上まだまだ時間がかかることを知って頂きたいです。能登が震災にあったことを忘れてほしくはないです。
    もちろん被災されている方々はこのままでいいとは思っていないし、笑顔の奥には心が傷付いており本当は苦しい想いをされている方々がほとんどだと思います。みなさん必死に耐えているのです。だからこそ僕たち料理人の役割は大きいと思ってます。食は人を笑顔にし明日への生きる活力となるものだと思ってます。
    これからも茨の道が待ち受けていると思いますが、諦めず前だけ向いて一歩ずつ歩んでいきたいと思います。諦めなければ必ず能登は復興出来ると信じています。そのためには皆様のご支援やご声援がこれからもとても大切です。これからも能登の応援を何卒宜しくお願い致します。

    【TOUMIN】井口 和哉シェフ

    1988年兵庫県生まれ。大阪の調理師専門学校卒業。【タテルヨシノ銀座】、【ル・コントワール・ド・ブノワ】、【ミッシェル・ブラストーヤジャポン】で修行を積む。その後、【ビストラン エレネスク】のシェフとなる。2019年にコスメブランドTHREEが運営する野菜がご褒美となる料理を展開する【REVIVE KITCHEN AOYAMA】のシェフに就任。野菜を中心としたクリエイションを届けている。2023年10月に東京・西麻布【TOUMIN】をオープン。
    「RED U-35」で2016 SILVER EGG , 2017 SILVER EGG



    『白海老のフリットと川端蓮根』

    -今回の企画に携わることへの想いをお聞かせ下さい。

    薬師神シェフから石川県のシェフたちと未来に繋がるイベントをしよう! と声をかけてもらい参加させていただきました。
    今回使わせていただいた石川県の食材はどれも本当に美味しく、また生産者さんも出来ることがあるならなんでもやりたいです! と皆さんエネルギッシュな方ばかりでした。そんな想いのこもった食材やお酒を楽しんでいただき今回のイベントをきっかけに石川県に足を運んでいただけるよう、また今回限りでなく継続して魅力を伝えていけるようにこれからも連携しあっていきたいです。

    -その他、想いやメッセージをお聞かせ下さい。

    石川県のシェフや生産者さんと連携を取り合うなかでまだまだ万全な状態で料理するには程遠いと改めて実感し、ふとコロナ禍を思い出しました。当時働いていたお店は半年近く通常営業ができず料理人としては早く全力で料理がしたいと強く思っていて、なので今回はシェフの皆さまと思い切り料理する瞬間をゲストの方々と一緒にテーブルを囲み、料理を通して石川県の魅力・エネルギーを楽しんでいただきたいです。

    【unis】/Social Kitchen ディレクター 薬師神 陸シェフ

    1988年愛媛県生まれ。2008年辻調理師専門学校を卒業。同校フランス料理講師としてスタートし、教育指導・テレビ料理監修・雑誌制作などにも携わる。その後、2014年予約困難なレストラン【SUGALABO】の立ち上げからシェフとして国内外を飛び回り、日本の素晴らしい食にまつわるコンテンツをシェアするため料理を振る舞う。
    2020年12月より虎ノ門ヒルズ【unis】シェフ、2021年1月より「Social Kitchen TORANOMON」ディレクターとして活動。日本で唯一のカリナリープロデューサーという肩書きで“食のリテラシーを磨く”をコンセプトに、新しい料理人の在り方や企業・社会とのレシピ・商品開発にも意欲的に取り組み、新たな食体験の提案を続ける。
    「RED U-35」 2015 SILVER EGG , 2017 GOLD EGG



    『ころ柿と焙じ茶のグラス 福みりんのメレンゲ』

    -今回の企画に携わることへの想いをお聞かせ下さい。

    「復興」「チャリティー」というニュアンスではなく、「新しく生まれ変わる」ための築きになればと思い、今回東京・虎ノ門という場所で多くの方が集まりやすく、今後につながる出会いになればと思い企画しました。
    当初の見込みの倍の人数のご予約を頂戴し、お客様皆さんの「何かしたい」というメッセージを受け止め、お料理を通じて還元していきたいです。

    -その他、想いやメッセージをお聞かせ下さい。

    まだ能登の一部の地域では、全く手付かずで自衛隊やボランティアも撤退するような状況もあります。
    そんな中、いつも炊き出しを率先している七尾のシェフ達が、「いつも通りに料理ができる環境」をやはり作りたく、料理を通じて感じていただける事を大切にしたい。シェフ1人1人のストーリーを感じてもらいたいと思っております。

    未来への想いを込めて

    本イベントが行われたのは、一夜限り。ですが、今回限りで終わらせることなくこれからも継続的な繋がりを考えていらっしゃること、そしていつかは能登でも「Dining around Noto」が開催できれば、との話が出ていました。
    シェフそれぞれのお話を伺っても、この日だけではなく“北陸の未来”を見据えていらっしゃるご様子がとても印象的。今後も益々目の離せない6名のシェフとお店、そして“北陸の未来”に、日々思いを巡らせずにはいられないでしょう。

    「Dining around Noto」に集まった、料理人の皆さま

    Villa della Pace 

    【エリア】七尾周辺
    【ジャンル】オーベルジュ
    【ランチ平均予算】15000円
    【ディナー平均予算】30000円


    Auberge “eaufeu”

    【エリア】小松市
    【ジャンル】オーベルジュ
    【ランチ平均予算】20,000円 ~ 29,999円
    【ディナー平均予算】30,000円 ~


    unis

    【エリア】虎ノ門
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】40000円
    【アクセス】虎ノ門ヒルズ駅 徒歩2分


    TOUMIN

    【エリア】西麻布
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】35000円
    【アクセス】乃木坂駅 徒歩10分

    北陸に関するコンテンツを見る≫
    ]]>
    鈴アヤ(ヒトサラ編集部) active
    色鮮やかな琉球宮廷料理と和懐石の融合を、極上の隠れ家空間で【沖縄懐石 赤坂潭亭】|東京・赤坂 https://magazine.hitosara.com/article/3853/ https://magazine.hitosara.com/article/3853/ Mon, 22 Apr 2024 16:00:00 +0900 ≫【沖縄懐石 赤坂潭亭】のネット予約はこちら
    • 沖縄と和の佇まいを感じながら過ごせる極上の隠れ家
    • 多彩な沖縄食材を使用した琉球宮廷料理が和懐石と融合
    • 選び抜かれた古酒を中心に、20種類以上の泡盛を提供

    沖縄と和の佇まいを感じながら過ごせる極上の隠れ家

    土壁と木でできた隠れ家風のエントランスに足を踏み入れると、落ち着いた雰囲気の良い空間が広がる【沖縄懐石 赤坂潭亭】。

    東京ミッドタウンの裏手にひっそり佇む隠れ家空間

    店内には、伝統的な土壁と琉球畳を使用した茶室風の掘りごたつ個室を完備。お料理の器や花器には沖縄のやちむん(焼物)を使用し、料理だけでなく、空間全体で沖縄と和の佇まいを感じながら過ごすことができます。

    茶室風の掘りごたつ個室

    琉球宮廷料理のおもてなし料理を再現した『東道盆(トゥンダーブン)』、沖縄食材をふんだんに盛り込んだ繊細な味付けの前菜やお椀、最大限に旨みを引き出した名物の『ラフテー』など、沖縄料理の伝統を守りつつも、シェフ独自のアプローチによる新しい創作沖縄懐石を楽しめます。

    多彩な沖縄食材を使用した琉球宮廷料理が和懐石と融合

    料理は豪華な食材を盛り込んだ沖縄懐石コースや、八重山郷里牛ステーキを含むコースなど、多彩なコースがスタンバイ。好きな食材や料理などを盛り込むことも可能です。

    『東道盆(トゥンダーブン)』

    王朝時代の華やかさを物語る、琉球料理の粋を集めたもてなし膳です。現代の味覚と合わせるように工夫され、古き良き琉球の味を現代に伝える役割を果たしています。

    琉球王国の宮廷料理を再現

    『ラフテー』

    豚肉に泡盛を振り、一度蒸し上げ余分な脂を落とすことで旨みが凝縮。毎月変わるオオタニワタリ、アダン、ウリズンなどの島野菜が色鮮やかな彩りを添えます。

    口に入れるとホロホロと溶けて旨みが広がる

    八重山郷里牛

    石垣島や与那国島など八重山諸島の恵まれた自然環境にて、子牛農家が繁殖から出荷まで手掛ける八重山郷里牛。すっきりとした香りとまろやかな味わいが特長で『ステーキコース』『季節の沖縄懐石コース』にて楽しめます。

    八重山諸島の子牛農家が育んだ銘柄牛

    選び抜かれた古酒を中心に、20種類以上の泡盛を提供

    蔵元から直接仕入れた希少な泡盛や30年以上熟成させた貴重な古酒は、その日の気分や好みに合わせて堪能。飲み比べやペアリングを通じて、泡盛の奥深い世界を堪能できます。

    料理との相性はどれも抜群

    接待や記念日、ハレの日といった日はもちろん、家族や友人など大切な人とゆったりと過ごしたいときに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

    料理人プロフィール:飯倉健二さん

    1973年、東京都生まれ。料理人になることは、学生時代からの夢だった。大阪の日本料理店【作一】で約10年間研鑽を積んだ後、帰郷。都内の割烹や和食料理店を経て、2010年【赤坂潭亭】へ。入店と同時に副料理長に就任し、2020年には料理長に昇格。「和食の基礎を土台として、沖縄の味を生かしたい」という思いを持ち、沖縄料理や文化の発展に寄与する料理を目指している。

    沖縄懐石 赤坂潭亭

    【エリア】赤坂
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】5000円
    【ディナー平均予算】20000円
    【アクセス】赤坂駅 徒歩7分

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない!東京・赤坂の和食店はこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    待望の東京初出店! 大阪の人気イタリア料理店が、炭焼きを生かしたお店を六本木にオープン【Braceria Buffa(ブラチェリア ブッファ)】 https://magazine.hitosara.com/article/3924/ https://magazine.hitosara.com/article/3924/ Mon, 22 Apr 2024 00:00:00 +0900 ≫【Braceria Buffa】の店舗情報はこちら

    「イタリア料理×肉」をテーマに
    “炭焼き”を堪能

    モダンな店内は広々と使えるテーブル席が中心。木を基調とした温かみのある印象

    素材本来の味を生かせる食材を厳選、その食材で感動するおいしさを追求する料理人、記憶に残る時間を演出する上質なサービスの3本柱を大切に、大阪に6店舗を展開する同社の7店舗目となるのが【Braceria Buffa】、東京初出店となります。

    部屋続きの4名がけの個室は4部屋完備。仕切りを外して大人数で使用することもできます

    同店ではイタリアンをベースに、炭焼き料理“ブラーチェ”をさまざまな料理に生かしています。メインのお肉には以前から「能登牛」を採用しており、もちろん震災後も変わらず提供。少しでも生産者の力になりたいとの強い思いがあります。

    石川県外に出回ることが少ない希少な「能登牛」。大阪府内では同社だけが取り扱っているとのこと

    料理は、オーナーの西出シェフを中心に、本場イタリアのトスカーナやエミリア・ロマーニャで修行した坂本シェフを含めた若手チームが、日々メニュー開発に精を出します。大阪の店舗でも提供しているスペシャリテの『アリオーネ』を含むパスタは、全て手打ちにこだわっています。

    オススメのコースは
    「Cena Special」

    基本的にはコースメニューを中心に構成し、ランチは4,500円〜、ディナーは8,000円〜。またランチでは平日限定で『ステーキプレート』(2,000円)も用意しています。中でもオススメのコースは「Cena Special」(10,000円)で、ランチ・ディナーともに提供。今回は、同コースの代表的なメニューを含む特別メニューを試食してきました。

    Inizio
    『生ハム トルタフリッタ』

    コースの始まりは、削りたての生ハム。スタッフの方がワゴンで生ハムの塊を運び、その場でサーブ。その日のチーズとフルーツを添えていただきます。坂本シェフが修行したイタリアの地方、エミリア・ロマーニャ州の郷土料理でもあります。

    Antipasto Freddo
    『炭で炙った烏賊と旬野菜のインサラータ』

    さっそく炭焼き料理がお目見え。炭焼きのイカにそら豆、上にはイカ墨チップが添えられています。炭のふくよかな香りが鼻を抜け、イカの濃厚な味わいや食感とそら豆の甘みも感じられる一皿

    Carne
    『石川県 黒毛和牛 能登牛』

    メインのお肉は能登牛のイチボのグリルです。能登牛は他の黒毛和牛と比較してオレイン酸の割合が多いため脂の口溶けがよく、濃厚な味わいと脂と赤味のバランスがいいことが特徴。付け合わせのお野菜も炭で火入れされ、野菜本来の旨みや甘みが引き出されています。手前には生のコショウ、バジルのソース、赤ワイン塩。10,000円のコースでは、能登牛の3種の部位を食べ比べできます

    Pasta
    『シェフのスペシャリテ ~アリオーネ~』

    にんにくの食欲をそそるいい香りと共に、スペシャリテの登場です。麺は自家製の手打ち麺で、もう1種類と合わせて使い分けているそう。太めでありながらソースとしっかり絡み、ぷりっと歯切れのいい食感も病みつきです。奥には味変でイタリア・カラブリア産唐辛子のソース、オイル、パルミジャーノが用意され、酸味や辛味で自分好みに味わうことができます

    Dolce
    『本日のデザート』

    今回のデザートはアマゾンカカオを使用したドルチェで、スープ、ジェラート、最後にはアマゾンカカオをそのまま削りかけるパフォーマンスで仕上げ。華やかな香りが最後まで印象に残ります

    どのお料理も記憶に残る体験でしたが、それを東京の中心・六本木で、この価格で実現させるのはすごいことだと感じました。大阪のグルマンたちの人気を集めているのも納得です。今後、東京で注目を集め続けていくであろうレストランの誕生に胸が躍る、そんなひとときでした。

    Braceria Buffa

    【エリア】六本木
    【ジャンル】イタリアン
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】-
    【アクセス】六本木駅

    ]]>
    取材・文/宿坊 アカリ active
    春風を感じながら食事を楽しめる! 心地いいオープンテラスのあるお店5選|神奈川 https://magazine.hitosara.com/article/3892/ https://magazine.hitosara.com/article/3892/ Sun, 21 Apr 2024 16:00:00 +0900
  • 横浜【CHUTNEY Asian Ethnic Kitchen】
  • 根岸【桜山ホテルカフェ】
  • 三崎口【VENTO LEONE】
  • 片瀬江ノ島【アロハテーブル 湘南】
  • つきみ野【BEVALLEY COFFEE】
  • 横浜【CHUTNEY Asian Ethnic Kitchen】

    ベイエリアに面した絶好のロケーションで楽しむアジアン&エスニック

    昼、夜どちらも心地いい、広々したテラス席

    横浜駅から徒歩3分の場所にある【CHUTNEY Asian Ethnic Kitchen】。開放感のある店内は、アジアンリゾートをイメージしたスタイリッシュな空間。そしてベイエリアを臨む抜群のロケーションを誇るテラス席は約50席と広々としていてペットの同伴もOK。その日の気分で店内、テラスを選んで楽しめます。

    サモサなどアジア5カ国のタパスを楽しめる『アジアン・サンプラー』

    店名の由来である「チャツネ」とともにアジアン&エスニックメニューを楽しめるこちら。サモサやソムタム、台湾角煮など、バラエティに富んだ味がそろう『アジアン・サンプラー』や、タイ風厚切りポークステーキの『ムーヤーン』など、見た目にもカラフルな料理をラインナップしています。

    CHUTNEY Asian Ethnic Kitchen

    【エリア】横浜駅
    【ジャンル】タイ・ベトナム料理
    【ランチ平均予算】1000円
    【ディナー平均予算】3000円
    【アクセス】横浜駅 徒歩3分

    根岸【桜山ホテルカフェ】

    古民家をリノベーションしたアートなギャラリーカフェ

    ハーブも楽しめるテラス席は愛犬とともに利用OK

    最寄り駅は根岸駅。横浜三渓園近くに佇むギャラリー&カフェ【桜山ホテルカフェ】は、昭和古民家をリノベーションしたアートな雰囲気に包まれたお店。琉球畳を使った個室もあるなど、ここだけの空間を楽しむことができます。テラスガーデン席では沢山のハーブも楽しみながら、開放的な気分で食事ができます。

    『籠ランチ』は、管理栄養士がレシピを開発したセット

    アートな空間でいただけるのは、オーガニック食材を活かした料理の数々。国産サーモンをトッピングした有機蕎麦粉100%のガレットや焼き立てキッシュ、スープなど、旬の有機・無農薬野菜を使い、管理栄養士の監修でつくられたメニュー。また和カフェならではの『アフタヌーンティーセット』『桜山ケーキセット』などのスイーツも見逃せません。

    桜山ホテルカフェ

    【エリア】本牧/山手
    【ジャンル】カフェ
    【ランチ平均予算】2000円
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】根岸駅 徒歩35分

    三崎口【VENTO LEONE】

    愛犬OKのリゾート感たっぷりのテラス席で自家製ピザに舌鼓

    リゾート感にあふれた開放感抜群のテラス席

    エンターテイメントパーク【長井海の手公園ソレイユの丘】のリニューアルとともにオープンした【VENTO LEONE】は、三崎口駅からはバスでのアクセスが便利。愛犬との利用も可能なテラス席は、リード掛けや小型犬用カートの貸出もあり。美しい緑を眺めながら手軽にリゾート気分を満喫できます。

    地元産のシラスをふんだんに使った『湘南シラスのマリナーラ』

    薪窯で焼き上げるピザは、イタリアから取り寄せた小麦粉でつくった生地を使用。磯の香りがたまらない『湘南シラスのマリナーラ』やトマトソースとモッツァレラチーズの定番『マルゲリータ』などが人気です。ほかにもメイン料理が選べる、前菜とドリンクがついた『ランチセット』なども用意されています。

    VENTO LEONE

    【エリア】秋谷/大楠/佐島
    【ジャンル】イタリアン
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】3000円
    【アクセス】三崎口駅 徒歩45分

    片瀬江ノ島【アロハテーブル 湘南】

    ワイキキの味を江ノ島を臨むグッドロケーションで楽しむ

    窓を全開すると店内もまるでテラス席のような雰囲気

    片瀬江ノ島駅から徒歩1分というアクセス抜群な場所に店を構える【アロハテーブル 湘南】。店内はハワイアンムードたっぷりの開放的な空間。テラス席からは江ノ島が望めるという抜群のロケーションもポイント。明るい日差しが降り注ぐ昼、ロマンチックな夜と、時間を問わず、くつろぎの時間を過ごせます。

    本場のグレービーソースを使った『ワイキキスタイル プレミアム・ロコモコ<2パティ/2エッグ>』

    地元食材も取り入れたワイキキのメニューを豊富にラインナップ。厳選したビーフパティを使ったロコモコはフライドオニオンなどのトッピングを追加してカスタマイズも可能。2時間飲み放題のついた誕生日や記念日などのコースが用意されているほか、子ども向けのメニューもあるなど、年齢を問わず本場の味を楽しめます。

    アロハテーブル 湘南

    【エリア】江ノ島/鵠沼
    【ジャンル】カフェ
    【ランチ平均予算】1000円
    【ディナー平均予算】3000円
    【アクセス】片瀬江ノ島駅 徒歩1分

    つきみ野【BEVALLEY COFFEE】

    バリスタの手によるスペシャリティコーヒーを大人の空間でいただく

    爽やかなブルーのオーニングが印象的なテラス席

    つきみ野駅から徒歩3分の場所にある【BEVALLEY COFFEE】。ウッド調で統一してデザインされた店内は、開放感がありつつ、落ち着いた雰囲気。全7卓のテラス席は風を感じられるホワイトを基調にした爽やかなスペース。2名用、4名用の席が用意されていますが、人数によってフレキシブルに利用することが可能です。

    そのシーズンに合わせたテイストなどが楽しめる『季節のコーヒー』

    8名のバリスタが在籍するこちらでは、高品質な豆を使ったスペシャリティーコーヒーが楽しめます。注目は『季節のコーヒー』。夏には『ピニャコラーダラテ』や『エスプレッソトニック』など、その時期に合わせたテイストが提供されます。また上質な12種のスパイスと昆布や鰹などのだしを使用した和風な味わいの『オリジナルスパイスカレー』もぜひ味わってみて。

    BEVALLEY COFFEE

    【エリア】中央林間/鶴間
    【ジャンル】カフェ
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】1500円
    【アクセス】つきみ野駅 徒歩3分

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 神奈川の洋食のお店はこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    特別なデートを叶えてくれる、オススメの個室があるフレンチのお店5選|東京 https://magazine.hitosara.com/article/3896/ https://magazine.hitosara.com/article/3896/ Sat, 20 Apr 2024 16:00:00 +0900
  • 赤坂【赤坂うさぎや】
  • 銀座【現代茶寮 銀座風月堂】
  • 銀座【銀座エスコフィエ】
  • 銀座【l'art et la maniere】
  • 市ヶ谷【ab restaurant】
  • 赤坂【赤坂うさぎや】

    和の情緒漂う古民家の個室でフレンチを楽しむとっておきの時間

    豊洲から仕入れる新鮮な魚介の美味しさを際立たせた『本日のお魚料理』

    1999年にオープンし、心からのもてなしが温かみあふれる【赤坂うさぎや】。和の空間で味わう料理は、月ごとに変わるコースメニューや季節を感じるアラカルトなど。フレンチならではのクラシックな肉料理、季節ごとの魚料理も人気です。世界各国から取り寄せる厳選ワインや国内の上質な銘柄ワイン、ウイスキーや、本格カクテルもぜひ。

    プライベートも確保されゆったりとした気持ちで過ごせる

    築100年以上の古民家を改装した一軒家レストランは、お寺の境内にあるという珍しいロケーションも特別感たっぷり。レトロモダンな雰囲気の中、食事に華を添えてくれるのが、プロのマジシャンによるテーブルマジック。2人の気分もさらに盛り上がることでしょう。

    赤坂うさぎや

    【エリア】赤坂
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】15000円
    【アクセス】赤坂駅 徒歩3分

    銀座【現代茶寮 銀座風月堂】

    五感を使ってじっくりと味わうクラシカルなフレンチ

    一週間かけて仕上げる『季節のパテアンクルート 自家製ピクルスと共に』

    クラシックで端正なフレンチが楽しめる【現代茶寮 銀座風月堂】。古典的でありながら、斬新さも垣間見えるのが魅力です。特徴は、一年を52の「旬」に区切ったこまやかな季節感の演出。定番のパテにも毎回異なる肉類が使用され、さまざまな味わいを楽しめます。バーテンダーとソムリエが厳選したドリンクが、繊細な料理をさらに引き立ててくれます。

    街の喧騒を忘れるような落ち着いたムード漂う個室

    シックでセンスのいい空間は、落ち着いたデートにぴったり。盛付けも美しい料理やこだわりのドリンクに、思わず2人の顔がほころぶはず。料理を引き立てる器や、細部までこだわったインテリアも堪能できます。クオリティの高いハイティーが楽しめるデートで、思い出に残る時間を過ごしませんか。

    現代茶寮 銀座風月堂

    【エリア】銀座
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】16500円
    【ディナー平均予算】30250円
    【アクセス】銀座駅 徒歩3分

    銀座【銀座エスコフィエ】

    銀座で歴史を紡ぐフランス料理はお祝いデートにぴったり

    優雅なコース料理を囲む記念日はずっと心に残りそう

    創業は1950年。【銀座エスコフィエ】は、戦後の銀座に初めてつくられたと言われているフランス料理店です。「現代フランス料理の父」とも呼ばれているフランスの料理人の名を冠しているとあり、その調理法を忠実に守った質の高いコース料理が魅力。入手困難な鹿児島黒牛を扱うなど、食材へのこだわりもひとしおです。

    2名で過ごせる個室は格式のある雰囲気

    ロマンチックな時間が過ごせそうな個室は、デートやプロポーズの場所にぴったり。また、フランス料理にぜひ合わせたいソムリエ厳選のワインの状態は、フランスの各ワインの騎士団幹部のお墨付き。その味わいを損なわないようにと、グラスまで特注する徹底ぶりなので、ワイン好きなカップルにはたまらない一軒です。

    銀座エスコフィエ

    【エリア】銀座
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】6000円
    【ディナー平均予算】16000円
    【アクセス】銀座駅 徒歩1分

    銀座【l'art et la maniere】

    エレガントな空間で進化する銀座フレンチに心躍らせて

    日本の四季を感じ取りながらフランス料理の一皿に反映

    2009年に創業したフランス料理店【l'art et la maniere】。「正しい導き方」という意味の屋号通り、厳選した食材の最上の味わいを一皿に導きます。ランチ、ディナーとも緩急のついた3種類のコースで、こまやかにちりばめられた驚きも一緒に楽しんで。さらにパティシエによるアシェットデセールで、最後まで満ち足りた気分を味わえます。

    アネモネをモチーフにしたオリジナルの照明が非日常感あふれる個室

    2人で過ごしたい個室は、ブルゴーニュワインを彷彿とさせるバーガンディ色の設えが上品。コース料理と合わせて、熟練のソムリエにワインをペアリングしてもらうのはいかが? 幸せな魔法にかかったような食体験が、共通の思い出として刻まれるはずです。

    l'art et la maniere

    【エリア】銀座
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】10000円
    【ディナー平均予算】25000円
    【アクセス】銀座駅 徒歩2分

    市ヶ谷【ab restaurant】

    2つの異なる表情を持つ隠れ家レストランで特別な思い出を

    魚介が中心のシェフスペシャリテコース『急』では豪華食材が登場する

    さまざまなニーズに向けて、2つの異なる楽しみ方を提案してくれる【ab restaurant】。一つは1日3組限定・予約制のオートクチュールスタイル。もう一つは、予約不要でアラカルトも楽しめます。特別な日のデートなら、前者でスペシャルなコースを味わうのがオススメ。誕生日や記念日向けの演出も相談可能です。

    サプライズで個室を予約しておくのも素敵

    彩りあるコース料理と一緒に、ソムリエに相談しながら気分に合わせたワインを楽しんでみては。フランスワインを中心にさまざまな銘柄をそろえています。誕生日のお祝いなら、デザートプレートにメッセージを添える無料サービスも。ゆったりと時間の流れる個室で2人だけの思い出づくりを。

    ab restaurant

    【エリア】市ヶ谷
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】10000円
    【アクセス】市ヶ谷駅 徒歩6分

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 東京のフレンチのお店はこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    「ハラカド」グルメ、新店情報も! |感度の高いヒト・モノ・コトと「出会う」「つながる」「体験する」「楽しむ」新施設が誕生 https://magazine.hitosara.com/article/3921/ https://magazine.hitosara.com/article/3921/ Fri, 19 Apr 2024 16:00:00 +0900 2024年4月17日(水)、東京・神宮前交差点に、新たな商業施設「東急プラザ原宿「ハラカド」」(以下「ハラカド」)がオープンしました。
    これまで様々なカルチャーを生み出してきた原宿・神宮前エリアが持つヒストリーや、SNSを通じて誰もが発信や自分なりの表現を行う現在の時代背景を踏まえて、「多様な人々の感性を刺激する、新たな原宿カルチャーの創造・体験の場」として開業した「ハラカド」。新たな原宿カルチャーの創造・体験の場を実現するため、感度の高いヒト・モノ・コトと「出会う」「つながる」「体験する」「楽しむ」を掛け合わせた仕掛けと、チャレンジマインドあふれる個性的な75店舗が地下1階から屋上テラスまでの全フロアに揃います。

    新しい「原宿のまちの食堂」

    5~7階一体に広がる「HARAJUKU KITCHEN&TERRACE」

    多様な食文化やアートを体感し、感性と出会い・集う、新しい「原宿のまちの食堂」。5~7階まとめて一体を「HARAJUKU KITCHEN&TERRACE」と呼び、全23店舗の様々な料理を楽しむことができます。

    5階はクリエイティブマインドを刺激するような内装の店舗が横丁のように軒を連ね、アートも点在するフロア。原宿・神宮前エリアに少なかった、日常的に通いたくなる飲食店や路地裏のような雰囲気のある居酒屋など、個性的で多様性のある食の要素が集積されています。【東京肉しゃぶ家】がプロデュースする、150種以上の豚肉から選びぬかれた銘柄豚をしゃぶしゃぶやサムギョプサル、とんかつで味わえる【PRETTY PORK FACTORY & KATSU プリポー】、鮮度感抜群のスタイルで、店内仕込みの織人(ショクニン)がいる【まぐろ問屋 恵み】など、個性的な11店舗が軒を連ねます。また昭和41年創業の原宿の老舗町中華【紫金飯店】や、吉祥寺ハモニカ横丁を手掛ける株式会社ビデオインフォメーションセンターが隈研吾氏デザインのスタンディング業態【トーキングゴリラ】で出店するなど、愛される名店も揃います。

    5階のHARAJUKU KITCHEN & TERRACE、内観

    6階は緑豊かな芝生ゾーンと開放的な屋上テラスとがシームレスにつながったフロア。「神宮前の交差点でゆったりしよう」をテーマに、最先端のものが集まる神宮前だからこそ、のんびり過ごせる神宮前交差点の‟たまり場”が作られています。開放的な屋上テラスとシームレスにつながり、全11店舗の個性的な飲食店から、多人数でシェアできる料理やお酒などのドリンクをテイクアウトして、思い思いの時間をひとりでも、仲間とでも自由にゆったりと過ごすことができます。店主自ら狩猟した食材を使ったカレーやジビエのコースが話題の【beet eat】や、TikTokを中心としたSNSでのファンづくりやファンコミュニティ形成に強みを持つ株式会社Leading Communicationが初めて手掛けるカジュアル中華ダイニング【ハオハオチー (好好吃)】の他、本場ナポリピッツァ、アボカドを使ったメキシカングリル、ファラフェル、バインミー、イタリアンジェラートなど個性的で多様な食が揃います。

    6階のHARAJUKU KITCHEN & TERRACE、内観

    6階の屋上テラス



    7階の屋上テラスは、神宮前交差点を見下ろせ、都市の喧騒を感じながらも、美しい景色と緑豊かなリラックスした雰囲気を楽しめるフロア。街の緑と調和する生命感あふれる植栽に囲まれ、心地よい滞在をすることができます。

    7階の屋上テラス

    「HARAJUKU KITCHEN & TERRACE」から、注目のお店をピックアップ

    FAMiRES、5F

    コンセプトは新時代のファミリーレストラン。さまざまなカルチャーをクリエーターとコラボレーションしながら「新しいコトが起こる場所」を創ります。料理は『ミシュランガイド東京2020』から5年連続掲載のレストラン【sio】が考えるファミレスの定番メニューを自分たちの考える「おいしい」で表現。新しい「感動体験」をお届けします。

    居酒屋スタンド ジャンプ、5F

    焼き鳥、ハムカツ、もつ煮、レバニラといった居酒屋の定番商品に加え、天ぷら、ドンペリ、ジョッキクリームソーダ、自家焙煎の珈琲を使ったメニュー等も扱う「楽しくて美味しければ何でもアリ!」な、カオスな酒場。

    紫金飯店、5F

    昭和41年創業。⻑年、原宿の街に支えられてきた紫金飯店が、70席以上のスペースで気軽に行ける新たな町中華食堂をオープン。サクッと、ゆったり、わいわい、食べるもよし、飲むもよし、話すもよし!

    PRETTY PORK FACTORY & KATSU プリポー、5F

    東京肉しゃぶ家プロデュース店。【新宿PRETTY PORK FACTORY、KATSU プリポー】の2号店。素材選びからレストランは始まる。店主自ら150種以上の豚肉を厳正に審査。選び抜かれた銘柄豚の味は別格。自分好みの銘柄豚がきっと見つかるはずです。

    TOKYO MEAT 酒場、5F

    【TOKYO MEAT 酒場】はイタリアの「21番目の州」をイメージし、イタリア料理とTOKYO の文化や技術を兼ね備えた、独自のTOKYOイタリアンという新しいジャンルの創造をめざしています。名物は「お箸で崩れる旨トロ角煮」「牛ハツのカルパッチョ」など。TOKYOならではのイタリアンをお楽しみください。

    da pai dang 105、5F

    人気観光地でもある台湾の夜市に出かけたような店内の雰囲気と本場の味を楽お楽しみいただけます。自慢の自家製焼小籠包は、モチモチした厚めの生地を底面はカリっと焼き上げ、上部は蒸し焼きにし2種類の食感が楽しめるのが特徴です。お箸で上部に穴をあけ、まずは肉汁たっぷりの絶品スープからお召し上がりいただきます。その後、残った皮と餡を1つ目は是非何もつけずにそのままお召し上がりください。2つ目からはお好みで中国醤油や香酢、豆鼓辣油を付けて自分だけの焼小籠包をお楽しみください。ランチやディナー、軽食、テイクアウト、仕事帰りのチョイ飲みなど様々なシーンでご利用いただけます。

    トーキングゴリラ、5F

    カルク立ち寄れる。アートイッパイのお店。ローストチキンとヤキトリのスタンディングバル。知ってる人にアツマッテモライタイ。隈研吾デザイン。

    ピッツェリア チーロ、6F

    東京・東中野、桜新町に店舗を持つ【ピッツェリアチーロ】は、本場ナポリで修行を積んだ職人の知識と技術を全て注ぎこみ「真のナポリピッツァ協会」認定店として「正真正銘のナポリピッツァ」を提供する本格的なピッツェリア。「ハラカド」では新たな試みとして「ターヴォラ・カルダ」と呼ばれるナポリの下町の様なテイクアウト専門店を展開。

    FALAFEL BROTHERS HARAJUKU、6F

    ヘルシーだけどジャンクにボリューム満点!揚げたてのファラフェルをさまざまなスタイルでお楽しみいただけます。「ハラカド」でも他店舗同様に全てがVEGAN。インターナショナルな雰囲気も見所です。加えて、当店ではクラフトビール、種類豊富なソフトドリンクをご用意。お食事とのペアリングをお楽しみください。

    THE MOR WORLD BURGER、6F

    特徴的な渦巻き状のバンズが魅力的な「クリスピーバーガー」。なんでもはさめて、どんな食材とも相性がよく、何通りもの組み合わせが自由自在に楽しめる、無数の可能性を秘めたバーガー。世界中の美味しいものを手軽に多くの人に届けたい!という思いを込め、“ワールドバーガー”を実現。普段食べる機会が少ない高級食材も使用した上品なファストフード店。

    Giolitti、6F

    100年以上ローマでしか食べることができなかった伝統の味が2021年に日本に上陸しました。世界中でローマと東京でしか食べれないジェラートを是非お召し上がりください。ローマ本店はローマのスペイン階段の近くにあり、映画「ローマの休日」でオードリー・ヘプバーン演じる「アン王女」が頬張っていたジェラートはジョリッティのものでした。「ハラカド」の階段で、頬張ってみてください。

    ハオハオチー、6F

    集客ツールとしてTikTokをフルに導入した、気軽に香港チキンと火鍋串を食べられるカジュアル中華ダイニングです。今話題のTikTok×飲食店がどのような化学反応を起こすのか、【ハオハオチー】にしか出来ない店舗体験をお届けします。

    ABC canteen、6F

    新宿と池袋に2店舗展開してる【ABCcanteen(エービーシーキャンティーン)】の3店舗目。 衣に米粉を使用した「自家製チキンタツタ」をメインに、 毎日店内で仕込む「手作り」にこだわり、スイーツだけでなくお食事もしていただけるスイーツカフェ。 季節によって変わるフェアメニューや、 フォトジェニックなドリンクやスイーツなど、“かわいい”要素がつまっています。「ハラカド」ではフードコートスタイルで提供。 色んなお店の料理を楽しめるようミニサイズも用意されています。

    銭湯からハイブランドまで揃う、「楽しむ」が詰まった店舗

    ハラカドB1Fにオープンした「小杉湯原宿」。

    飲食店だけではなく、他にも「ハラカド」で新しいチャレンジをする店舗が多数揃い、「ハラカド」らしい「楽しむ」が詰まった個性的なラインナップで訪れる人々の感性を刺激します。例えばクリエイティブマインドを持つ多様な人々や企業が出会い、共創することで新しい文化を生み出し、世界に向けて発信できる機能を実装した3階の「クリエイターズプラットフォーム」や、地下1階では高円寺の老舗銭湯の「小杉湯」が神宮前交差点前で銭湯を中心としたくらしを提案する「小杉湯原宿」をオープン。
    「ハラカド」は新たな原宿カルチャーの創造・体験の場となっています。

    施設情報 東急プラザ原宿「ハラカド」

    開業日:2024年4月17日
    所在地:東京都渋谷区神宮前6-31-21

    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    街場のシェフが麻布台ヒルズで目指す、ライブ感満点のレストラン【Orby Restaurant(オルビー レストラン)】 https://magazine.hitosara.com/article/3879/ https://magazine.hitosara.com/article/3879/ Fri, 19 Apr 2024 00:00:00 +0900 ≫【Orby Restaurant】店舗情報
    • “街場のレストランで当たり前の食体験”を再現
    • 今の感覚を大切にしながらフランスの古典料理を伝える
    • ナチュールワインを幅広くセレクト

    “街場のレストランで当たり前の食体験”を再現

    麻布台ヒルズ タワープラザ3階のザ・コンランショップ 東京店に併設される形で誕生した【Orby Restaurant】。店名は創業者のテレンス・コンラン氏のミドルネームに由来。かつてのロンドン本店にレストランを設けるなど、食に対しても情熱を捧げていたサー・テレンス・コンランの想いを東京店に繋いだということだ。

    「モダンクラフトダイニング」を提唱する【Orby Restaurant】。自然光が降り注ぐ店内には、都会的で洗練された雰囲気が漂っている

    ヘッドシェフとして白羽の矢が立ったのは、東京・三軒茶屋【uguisu】と西荻窪【organ】を営む紺野真さん。カジュアルなフレンチをベースに、ザ・コンランショップの本店がある英国のエレメントを加えた料理を提供するというのだが、仕込みはけして“カジュアル”ではない。例えば、フォン・ド・ヴォーやフォン・ブランなど、フランス料理の基本となる出汁は、一から作る。食材の仕入れについても、同様。ほぼ毎日、シェフが自ら豊洲に足を運ぶ。思わぬ食材との出会いがあれば、メニューに積極的に反映するそうだ。

    紺野真さん。1969年生まれ。ナチュールワインへの造詣も深い

    「僕が今までやってきた、街場のレストランのやり方を持ち込みたい」と、紺野さん。街場のレストランのやり方とは、つまり、マニュアル化されていないサービスのことである。46席の【Orby Restaurant】でそれを実践するのは並大抵ではないはずだが、「“人対人で料理とサービスを行う”街場の店のあり方に魅力を感じているからこそ、此処でも同じようにやってみたい。実現に向けて挑戦したい」と語る。いつかは、コースの利用が2回目以降のゲストには前回のお料理とかぶらないものを出すといったことにも対応したいそうだ。

    店内には左官仕上げのカウンターなど手仕事が光る

    今の感覚を大切にしながらフランスの古典料理を伝える

    この日のディナーコースのメニューには、「Chaud-Froid(ショーフロア)」という料理名がプリントされていた。ショーフロアとは、加熱した肉や魚をいったん冷ましてソースで表面を固めた冷たい料理のことだ。主に鶏の胸肉が使われるが、紺野さんは旬のホワイトアスパラガスを用い、それをイカ墨のソースでコーティングする。古典料理を愛し、今に伝えたいという紺野さんの熱い思いとクリエイティビティが発揮された一品だ。

    13,200円のディナーコースの料理の一例、『ホワイトアスパラガス ヤリイカ 卵 カラスミ』。器は陶芸家・伊藤環さんが紺野さんのリクエストに基づいて益子焼のプロダクトとして特別に作ったもの

    【Orby Restaurant】のシグネチャーメニュー『ヴェニソン・ウェリントン』にも、“古典料理を再構築して伝える”という姿勢が端的に表れている。

    『ヴェニソン・ウェリントン』、4,620円(税込)。メニューに載っていない場合もあるので、予約の際に確認するのが賢明

    英国の伝統料理“ビーフ・ウェリントン”をフレンチの技で洗練させた一品で、エゾ鹿のモモ肉をキノコのデュクセル、生ハム、パセリ風味のクレープで巻き、彩り豊かなパイ包みに仕立てている。

    また、フランスの古典菓子のひとつ『クレープ・シュゼット』も、バターの使用量を控えめにすることで軽やかな仕上がりを実現。くちどけのいいトンカ豆のアイスがすっきりとした後味を助長する。

    13,200円のコースのデザートの一例。『オレンジ クレープ トンカ豆』

    ナチュールワインを幅広くセレクト

    さて、紺野さんといえば、ナチュールワインの火付け役的存在としても有名だが、【Orby Restaurant】では【uguisu】や【organ】とはひと味違ったセレクトが楽しめる。フランス産に加え、オーストラリア産や日本産などニューワールドのワインも充実させているのだ。

    【Orby Restaurant】で味わえるナチュールワインの一例

    料理と同様に、ワインも顔ぶれがどんどん入れ替わる。バーカウンターもあり、スタンディングで気軽にドリンクと軽食を楽しむことも可能。開店して数ヶ月だが、リピーターが多いのも納得だ。紺野ワールドのファンの方はもちろん、はじめて体験する方も好奇心を刺激されて、再訪を望むに違いない。

    Orby Restaurant

    【エリア】麻布十番
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】5500円
    【ディナー平均予算】15000円
    【アクセス】神谷町駅

    ]]>
    撮影/今井 裕治 取材・文/甘利 美緒(フリーライター) active
    北海道旅行で旭川・富良野を訪れたら立ち寄りたいお店5選|北海道・旭川、富良野 https://magazine.hitosara.com/article/3909/ https://magazine.hitosara.com/article/3909/ Thu, 18 Apr 2024 16:00:00 +0900
  • 旭川【Restaurant SU】
  • 旭川【ビストロ ポ・プーレ】
  • 旭川【焼肉わじま】
  • 富良野【ふらのワインハウス】
  • 富良野【唯我独尊】
  • 旭川【Restaurant SU】

    道産の食材を駆使したイタリアンをナチュラルワインと一緒に楽しむ

    彩りも美しい『真鯛と菜の花ともち麦』

    【Restaurant SU】で味わえるのは、道産食材が中心のイタリア料理。ランチ、ディナー共に完全予約制のコースを楽しめます。旬の素材を贅沢に使った料理から、旭川という土地の魅力を感じ取ることができるはず。旅先でスペシャルな食体験をしたいなら、生ウニ・毛蟹・トリュフなど、季節のスペシャル食材を使った特別なコースがオススメです。

    全8席の心落ち着くプライベートな空間

    店内は落ちついたトーンでまとめられた、カウンター席中心の全8席で構成。料理人の調理風景を間近で楽しめます。ワインはナチュラルワインにこだわり、赤・白・オレンジ・スパークリングといった50種類ものラインナップから今日のパートナーを選択可能。旭川での思い出を一層特別なものにする一杯となるはずです。

    Restaurant SU

    【エリア】旭川
    【ジャンル】イタリアン
    【ランチ平均予算】5500円
    【ディナー平均予算】8500円
    【アクセス】旭川駅 徒歩11分

    旭川【ビストロ ポ・プーレ】

    コースでもアラカルトでも満足度の高い一軒家ビストロへ

    シェアして味わいたい『北海道産厚切り豚肉のこんがりステーキ ゆり根とトリュフ風味のソースで』

    【ビストロ ポ・プーレ】で堪能できるのは、甘い脂身が魅力の豚肉や鴨肉、地元で採れた野菜、風味豊かなチーズなど。北海道の食材が彩るフランス料理を、有機ワインと共に楽しめます。人気の『本日のシェフ気まぐれコース料理』をじっくり味わうもよし、ボリュームたっぷりのアラカルトメニューを、仲間とシェアするのもオススメです。

    落ち着いた花柄の壁紙が目を引く、ムードある内装

    赤が基調の印象的な店内。1階には広々としたカウンターとテーブル席が配され、活気のある雰囲気が魅力。一人で訪れて、カウンター越しにスタッフとの会話を楽しむのにも居心地のいい空間です。2階には、パーティールームがあるので、グループ旅行などでみんなでにぎやかに楽しむのも手です。

    ビストロ ポ・プーレ

    【エリア】旭川
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】980円
    【ディナー平均予算】5000円
    【アクセス】旭川駅 徒歩10分

    旭川【焼肉わじま】

    北海道産の「ふらの和牛」のさまざまな部位を焼肉でダイレクトに味わう

    希少部位も含め、8種類前後の「ふらの和牛」を満喫できる『豪華わじま盛』

    道産ブランド和牛をメインに、北海道ならではの贅沢な焼肉を楽しみたいなら【焼肉わじま】へ。店舗でカットする新鮮なふらの和牛は、カルビなどの定番部位はもちろん、シャトーブリアンといった希少部位も楽しめます。ふらの和牛をとことん味わい尽くせるコース料理も要チェック! 旭川の地酒や国産ウイスキーなどドリンクも豊富な品ぞろえです。

    赤が基調の店内はカジュアルな雰囲気が心地いい

    リラックスできる気取らない店内で、目一杯地元の肉を楽しめます。テーブル席にはロールカーテンがあり、周囲の視線を気にせず食事を楽しめるのもうれしいところ。テーブル席のほか、座敷も完備されているので、2時間飲み放題付きのコース料理で旅先での宴会を満喫するのもよさそうです。

    焼肉わじま

    【エリア】旭川
    【ジャンル】焼肉
    【ランチ平均予算】3000円
    【ディナー平均予算】7000円
    【アクセス】旭川駅 徒歩3分

    富良野【ふらのワインハウス】

    パノラマビューを眺めながら富良野の厳選メニューとワインに酔いしれる

    和風のソースでさっぱりと味わえる『サーロインステーキ 150g 道産』

    地産地消のメニューが楽しめる【ふらのワインハウス】。『ふらの風チーズフォンデュ』や十勝牛やエゾ鹿肉のステーキ、富良野産の地場野菜など、こだわりの食材が自慢。隣接する工場から直送される、種類豊富な『ふらのワイン』と合わせてこの土地ならではの料理の数々を満喫できます。

    大きな窓からは富良野の市街や田園風景、十勝連峰を眺望できる

    大きくて開放的な窓の向こうに広がる美しい景色もごちそうのうち。夏季限定で、隣接のバーベキューガーデンもオープンするので、富良野のおいしい空気と自然を満喫できるのも醍醐味です。団体向けの個室も用意されており、旅先での宴会やパーティーをする場所としてもぴったりです。

    ふらのワインハウス

    【エリア】富良野
    【ジャンル】洋食
    【ランチ平均予算】1500円
    【ディナー平均予算】3000円
    【アクセス】富良野駅

    富良野【唯我独尊】

    富良野カレー先駆けの店でスパイシーなカレーと地ビールに笑顔!

    100%道産ポークを使った自家製ソーセージがたまらない『オム・ソーセージカレー』

    富良野駅から徒歩5分の、ユニークな外観の喫茶店【唯我独尊】。富良野で流行っている「オムカレー」に、自家製ソーセージを添えた『オム・ソーセージカレー』が一番人気。オムレツの中に、オリジナルのブレンドチーズが入っているのもたまりません。富良野カレーの先駆けとも言われる、30種類以上のスパイスを駆使した旨みとコクは、思わず夢中になる味です!

    木のぬくもりが手づくり感にあふれ、穏やかな気持ちにさせてくれる

    身内の皆で一からつくり上げたというお店は、外観も内装も味わいたっぷり。また、こちらでは富良野で唯一地ビールを製造している系列店【富良野地麦酒館】の地ビールも楽しめます。添加物などを一切使わないビールと地元の食材にこだわった愛情たっぷりのカレーは、旅の思い出の一つになることでしょう。

    唯我独尊

    【エリア】富良野
    【ジャンル】インド料理
    【ランチ平均予算】1000円
    【ディナー平均予算】1000円
    【アクセス】富良野駅 徒歩5分

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 北海道の旭川・富良野・留萌・稚内のお店
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    「CRAFT SAKE WEEK 2024 at ROPPONGI HILLS」開催|全国120の酒蔵が集結、一流シェフによる限定メニューも楽しめる https://magazine.hitosara.com/article/3919/ https://magazine.hitosara.com/article/3919/ Thu, 18 Apr 2024 00:00:00 +0900
  • 「CRAFT SAKE WEEK」とは?
  • 全国の酒蔵から厳選された“最高峰の日本酒”が集結
  • 予約困難な人気店による限定メニューを提供
  • 日本食文化の祭典「CRAFT SAKE WEEK」とは

    「CRAFT SAKE WEEK at 六本木ヒルズ 屋台村」の様子

    オーガナイザーである中田英寿氏が日本全国を巡り、日本酒、農業、工芸を中心に数多くの生産者と出合い、日本が誇る文化や技術に触れる中で、とくに日本酒の奥深さと可能性を強く感じたことから、「日本文化の素晴らしさを多くの人に伝えたい」と「CRAFT SAKE WEEK」を2016年にスタート。東京・六本木を皮切りに、九州では博多、東北では仙台でも開催し、これまで延べ80万人以上の人々が来場しました。

    「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019」の様子

    中田英寿氏をはじめ、専門チームにより選び抜かれた、その時の最高峰の酒蔵が全国から集まり日替わりで出店するため、毎日新しい発見があり、自分の好みにあった日本酒をみつける楽しさがあります。また、会場では酒蔵メンバー自らが日本酒を振る舞うことで、来場者は日本酒の楽しみ方や食事との組み合わせ方、それぞれの酒蔵のこだわりや特徴などを知ることができ、日本酒の魅力をより一層感じる機会を創出します。

    今年の会場デザインは、「SAKA-MORI」をテーマにクマタイチ氏が担当。会場中央には直径3.2メートルの巨大な杉玉も登場します

    すでに「スターターセット」の事前予約販売を開始。
    詳しくは「CRAFT SAKE WEEK」公式HPや公式アプリをチェックしてみてください。

    ウェブサイト:http://craftsakeweek.com/
    公式アプリ:「Sakenomy」https://www.sakenomy.jp/


    以下、イベント概要及び、参加酒造とレストランの一覧となります。

    「CRAFT SAKE WEEK 2024 at ROPPONGI HILLS」

    開催日:2024年4月18日(木)~4月29日(月・祝)
    開催時間:各日12:00~21:00 (L.O. 20:30)
    場所:六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6丁目9-1)
    参加蔵数:各日10蔵/計120蔵(予定)
    レストラン数:計15店(予定)
    料金:スターターセット3,900円(オリジナル酒器グラス+飲食用コイン11枚)
    ※2回目以降の来場の際は、スターターキットのグラスを持参すると、追加コイン購入のみで楽しめます
    事前販売:「CRAFT SAKE WEEK」公式HPにて販売中
    ウェブサイト:http://craftsakeweek.com/
    公式アプリ:「Sakenomy」https://www.sakenomy.jp/

    4月18日~4月22日の出店酒造

    ●4月18日(木)
    テーマ:「頑張れ、北陸!!の日」
    令和6年1月に発生した能登半島地震。本イベントを通して今できることは、北陸の日本酒を飲んで酒蔵を応援すること。北陸の魅力と活力を再び輝かせ、震災からの復興への道を歩む酒蔵をみんなで応援します。
    [出店酒蔵]
    天狗舞(車多酒造/石川県)、吉田蔵u(吉田酒造店/石川県)、満寿泉(桝田酒造店/富山県)、有磯曙(髙澤酒造場/富山県)、勝駒(清都酒造場/富山県)、羽根屋(富美菊酒造/富山県)、あべ(阿部酒造/新潟県)、天領盃(天領盃酒造/新潟県)、〆張鶴(宮尾酒造/新潟県)、翔空(ラグーンブリュワリー/新潟県)


    ●4月19日(金)
    テーマ:「SPARKLING SAKEの日」
    爽やかな泡立ちとスッキリした味わいが特徴のスパークリング日本酒。乾杯酒としてピッタリなラインナップが勢揃い。実力派の酒蔵が作り出す新しい日本酒の未来をお楽しみいただけます。
    [出店酒蔵]
    陸奥八仙(八戸酒造/ 青森県)、冩樂(宮泉銘醸/ 福島県)、水芭蕉(永井酒造/群馬県)、出羽鶴(秋田清酒/ 秋田県)、真澄(宮坂醸造/ 長野県)、ESHIKOTO(黒龍酒造/ 福井県)、七賢(山梨銘醸/ 山梨県)、渡舟(府中誉/ 茨城県)、初亀(初亀醸造/ 静岡県)、七田(天山酒造/ 佐賀県)


    ●4月20日(土)
    テーマ:「東の星の日」
    数多くの酒蔵が存在する東日本。清らかな水源や厳しい冬の寒さが日本酒の醸造に最適な環境をつくりあげ、その結果として生まれる日本酒は洗練された味わいと深い風味が特徴です。東日本の未来を背負って立つ酒蔵がCSW最初の週末に集結します。
    [出店酒蔵]
    新政(新政酒造/ 秋田県)、飛良泉(飛良泉本舗/ 秋田県)、黄金澤(川敬商店/ 宮城県)、山の井(会津酒造/ 福島県)、会津娘(高橋庄作酒造店/ 福島県)、赤武(赤武酒造/ 岩手県)、仙禽(せんきん/ 栃木県)、山形正宗(水戸部酒造/山形県)、田光(早川酒造/ 三重県)、日日(日々醸造/ 京都府)


    ●4月21日(日)
    テーマ:「西の星の日」
    ここ数年めきめきと実力をつけてきている西日本の酒蔵。そんな西日本でも今をときめく酒蔵が集結。地域ごとに異なる伝統を織りなす酒蔵が造る、個性豊かな日本酒の飲み比べをお楽しみいただけます。
    [出店酒蔵]
    笑四季(笑四季酒造/ 滋賀県)、七本鎗(冨田酒造/ 滋賀県)、風の森(油長酒造/ 奈良県)、播州一献(山陽盃酒造/ 兵庫県)、賀茂金秀(金光酒造/ 広島県)、富久長(今田酒造本店/ 広島県)、出雲富士(富士酒造/ 島根県)、田中六五(白糸酒造/ 福岡県)、若波(若波酒造/ 福岡県)、産土(花の香酒造/ 熊本県)


    ●4月22日(月)
    テーマ:「九州vs 関西の日」
    気候や風土を活かし造られる九州の銘醸と、代々受け継がれる伝統と革新が生み出す関西のパワフルかつダイナミックな銘醸の飲み比べが出来ます。両地域の日本酒を飲み比べ、その独自の個性や魅力をお楽しみいただけます。

    [出店酒蔵]
    東鶴(東鶴酒造/佐賀県)、ちえびじん(中野酒造/ 大分県)、天賦(西酒造/鹿児島県)、飛鸞(森酒造場/長崎県)、仙介(泉酒造/ 兵庫県)、福海(福田酒造/長崎県)、白木久(白杉酒造/ 京都府)、神蔵(松井酒造/ 京都府)、松の司(松瀬酒造/ 滋賀県)、紀土(平和酒造/ 和歌山県)

    4月18日~4月22日の出店レストラン

    ●【誇味山】
    黒毛和牛を一頭飼いし、肉の部位や切り方、旨みによって自家製のタレの味を変えるなど「タレ焼肉」の新境地を切り拓いた焼肉界のレジェンド・込山秀規氏のお店です。イベントでは、焼肉ではなく、普段お店では食べられない裏メニュー、焼売、牛肉まん、もつ煮込みが登場。味わいだけでなく、香り、食感にもこだわり抜いた【誇味山】ならではのオンリーワンの味が楽しめます。

    ●【TexturA】
    独自の世界観で食通を虜にしてきた四川料理の有名シェフ・齋藤宏文氏がプロデュースした話題店です。中国料理とスペイン料理のプロフェッショナルが一つの厨房でコラボし、親しみやすい味ながらも今までなかった独創的な料理を生み出しています。中でも特に人気定番になっている齋藤シェフのスペシャリテ『よだれ鶏』と酢豚のような味のカツサンドなど4品が登場します。

    ●【エリオ ロカンダ イタリアーナ】
    北海道の自社工場で作られるフレッシュなチーズとサラミ、オーガニック農園の野菜、そして漁師さんから最高の状態で届く海の幸など国産の高品質の食材を使用して、大地と食べる人の健康を守ることに邁進するオーナーのエリオ・オルサーラ氏。自身のルーツ・南イタリアの伝統的な料理をベースに、さらなる美味を求めて工夫を凝らしたイノベーションも交えて陽気に楽しませてくれます。

    ●【白】
    予約が取れない隠れ家和食「米ル」の最上級ブランド店として、恵比寿にオープン。コースのメインディッシュは「炊き立ての土鍋ご飯」。ミシュラン二つ星出身の店主が、全国を回ってやっと巡り会えた究極のお米「龍の瞳」を使用。炊き上がる直前のお米のアルデンテや、研究を重ねた色々なご飯のお供をご用意しています。本イベントでは、その中でも大好評な鰹節TKGと、マグロ丼をご提供。

    ●【Naomi OGAKI】
    フランスで11年の修業を重ね、当時ミシュラン三つ星レストランで副料理長まで務めたオーナーシェフの大垣直巳氏。2014年に地元宇都宮で伝統的なビストロ料理を気軽に楽しめるビストロをオープンさせました。さらに’22年には念願のパリ出店も果たし、ミシュランやゴ・エ・ミヨにも掲載されるなど、「フランス人よりもフランスらしい料理」と高い評価を得ています。

    4月23日~4月28日の出店酒造

    ●4月23日(火)
    テーマ:「中国・四国の日」
    瀬戸内海の豊かな自然と、地域性を反映した個性豊かな銘柄が大集合。また酒どころ高知県がその実力を遺憾なく発揮。瀬戸内海を挟んだ地域性がよく出た、さまざまな味わいが楽しめる特別な日! 新旧さまざまな酒蔵の味をご賞味いただけます。
    [出店酒蔵]
    Ohmine(大嶺酒造/ 山口県)、長陽福娘(岩崎酒造/ 山口県)、五橋(酒井酒造/ 山口県)、ROOM(八千代酒造/ 山口県)、月山(吉田酒造/ 島根県)、亀泉(亀泉酒造/ 高知県)、美丈夫(濵川商店/ 高知県)、文佳人(アリサワ/ 高知県)、桂月(土佐酒造/ 高知県)、酔鯨(酔鯨酒造/ 高知県)


    ●4月24日(水)
    テーマ:「東海の日」
    隠れた酒どころとして、新たな銘柄が集まってきている東海地方。温暖な気候と豊かな水源に恵まれている東海の日本酒は、口あたりが優しく飲みやすい味わいが多く集まっています。そしてこの日はCSW初参加の酒蔵も多数登場します。
    [出店酒蔵]
    白川郷(三輪酒造/ 岐阜県)、W(渡辺酒造店/ 岐阜県)、百春(小坂酒造場/ 岐阜県)、磯自慢(磯自慢酒造//静岡県)、小左衛門(中島醸造/ 岐阜県)、天遊琳(タカハシ酒造/ 三重県)、式(河武醸造/ 三重県)、奥(山崎/ 愛知県)、二兎(丸石醸造/ 愛知県)、福和蔵(井村屋/三重県))


    ●4月25日(木)
    テーマ:「関東の日」
    近年、新しいスターが生まれつつある東京近郊の酒蔵。東京という大市場を背景にバラエティ豊かな味わいを生み出し続けています。日本酒市場の”今”を捉えた、年々スキルアップされる高品質な関東の酒をお楽しみいただけます。
    [出店酒蔵]
    大那(菊の里酒造/ 栃木県)、朝日榮(相良酒造/ 栃木県)、望(外池酒造店/ 栃木県)、七水(虎屋本店/ 栃木県)、彩來(北西酒造/ 埼玉県)、雨降(吉川醸造/神奈川県)、流輝(松屋酒造/ 群馬県)、聖(聖酒造/ 群馬県)、総乃寒菊(寒菊銘醸/千葉県)、屋守(豊島屋酒造/ 東京都)


    ●4月26日(金)
    テーマ:「東北の日」
    日本有数の酒どころから厳選された酒蔵が一堂に集結。寒冷な気候と清流に育まれた、柔らかな口当たりと上品な香りが際立つ、まさに日本を代表する東北地方の美酒を堪能いただけます。
    [出店酒蔵]
    口万(花泉酒造/ 福島県)、名倉山(名倉山酒造/ 福島県)、廣戸川(松崎酒造/ 福島県)、天明(曙酒造/福島県)、奈良萬(夢心酒造/ 福島県)、会津中将(鶴乃江酒造/ 福島県)、吾有事(奥羽自慢/ 山形県)、萩の鶴(萩野酒造/宮城県)、乾坤一(大沼酒造店/宮城県)、ゆきの美人(秋田醸造/ 秋田県)


    ●4月27日(土)
    テーマ:「ジューシー&フレッシュの日」
    和食だけにとどまらず、現代のスタイルにマッチした多様な料理との相性も抜群の日本酒が大集合。日本酒好きはもちろん、日本酒初心者にも楽しんでいただけるラインナップとなっています。
    [出店酒蔵]
    花邑(両関酒造/ 秋田県)、川中島幻舞(酒千蔵野/ 長野県)、御湖鶴(諏訪御湖鶴酒造場/ 長野県)、今錦(米澤酒造/ 長野県)、常山(常山酒造/ 福井県)、一歩己(豊国酒造/ 福島県)、haccoba(haccoba / 福島県)、にいだしぜんしゅ(仁井田本家/ 福島県)、上川大雪(上川大雪酒造/北海道)、三千櫻(三千櫻酒造/ 北海道)


    ●4月28日(日)
    テーマ:「Sakenomy All Starsの日」
    日本酒アプリ「Sakenomy(サケノミー)」のユーザーから高い支持を集める、実力派ぞろいの酒蔵に出合える一日。新進気鋭の酒蔵から超実力派の酒蔵まで一気に味わえるのはこの日ならでは。
    [出店酒蔵]
    尾瀬の雪どけ(龍神酒造/群馬県)、雪の茅舎(齋彌酒造店/ 秋田県)、くどき上手(亀の井酒造/ 山形県)、勝山(仙台伊澤家勝山酒造/ 宮城県)、甲子(飯沼本家/千葉県)、梵(加藤吉平商店/ 福井県)、信州亀齢(岡崎酒造/ 長野県)、作(清水清三郎商店/ 三重県)、鍋島(富久千代酒造/佐賀県)、伯楽星(新澤醸造店/ 宮城県)

    4月23日~4月28日の出店レストラン

    ●【お茶と海苔 山本山】
    1690年、江戸時代から続くお茶と海苔の老舗です。2018年に日本橋本店を上質なお茶と海苔を最高の状態で体験できる場所として『山本山 ふじヱ茶房』にリニューアル。また、今月新宿駅構内に有明海産のバラ干海苔と板海苔、三重県産のあおさ海苔、3種類の食感と香りの違いを楽しめる、今までにないお茶漬け新業態『お茶漬けおにぎり 山本山』を出店しました。

    ●【みそめぼれ】
    お酒の合間や〆で飲むと体がほっとするお味噌汁。47都道府県のお味噌を網羅している実店舗では、飲み比べなども楽しむことができますが、イベントでは特に人気の味を毎日1種類、日替わりで提供。そのほか、群馬のこんにゃくに群馬の味噌だれを合わせた田楽、味噌だれをトッピングした鶏つくね、具沢山の豚汁など日本酒と相性抜群の味噌メニューと人気の出汁おにぎりが登場します。

    ●【メゾン・ド・シャルキュトリーM】
    フランスの伝統的食文化であるシャルキュトリを日本に深く浸透させたいと、2022年7月に京都・東山で開業した専門店です。川村明浩シェフはパテクルート世界選手権アジア大会で入賞した実力の持ち主。健康な京都産の豚を使い、素材の味を最大限に活かせるようできる限り無添加で丁寧に手作りしています。繊細で優しい味のシャルキュトリと日本酒の相性をお楽しみください。

    ●【チーズ王国】
    本格的なチーズ専門店として1985年にオープン。フランスで認められた熟成士が実際につくり手を訪ねて厳選したチーズを、ベストな状態で直輸入・販売することにこだわっています。イベントでは100種類以上の中から日本酒と相性の良いもの厳選。カラスミを思わせる熟成ミモレット、素材と熟成にこだわったパルミジャーノなどチーズの奥深い魅力を日本酒と共にお楽しみください!

    ●【にほんものキッチン】
    中田英寿が15年間で出会った日本全国の3000以上の生産者の中から、ミシュラン星付きシェフに愛される生産者や市場にほとんど出ない希少な食材を厳選。「CRAFT SAKE WEEK」だけの特別コラボメニューを提供します。地域の恵みと生産者の情熱が詰まった料理は、日本酒との相性も素晴らしく、この場でしか味わえない特別な体験となるでしょう。これを機に、日本の食材や生産者に焦点を当て、“にほん”の“ほんもの”を、知るきっかけになることを願っています。

    4月29日の出店酒造

    ●4月29日(月・祝)
    テーマ:「チーム十四代の日」
    イベントのフィナーレを飾るにふさわしい、日本酒界のレジェンド「十四代」率いるまさに現代のドリームチームが六本木に集結。希少なラインナップを一度に飲み比べできるのはCSWならではの醍醐味です。
    [出店酒蔵]
    十四代(高木酒造/ 山形県)、而今(木屋正酒造/ 三重県)、東洋美人(澄川酒造場/ 山口県)、楽器正宗(大木大吉本店/ 福島県)、一白水成(福禄寿酒造/ 秋田県)、加茂錦(加茂錦酒造/ 新潟県)、鳳凰美田(小林酒造/ 栃木県)、みむろ杉(今西酒造/ 奈良県)、寶劔(宝剣酒造/広島県)、よこやま(重家酒造横山蔵/ 長崎県)

    4月29日の出店レストラン

    ●【SUGALABO】
    フレンチの巨匠ロブションの愛弟子として世界各国で活躍をしてきた須賀洋介氏。2014年、自身のラボを立ち上げ、毎月日本各地へ食材探しの旅に出かけて素晴らしい食材や文化、人にインスピレーションを得た新たな料理を生み出しています。近年日本酒とのペアリングにも力を入れている須賀氏。イベントでは旅で出合った日本の食材を使い、日本酒に合うフレンチで楽しませてくれます。

    ●【鳥しき】
    “近火の強火”でジューシーに焼き上げる【鳥しき】の焼鳥。2007年のオープン直後から「最も予約の取れない焼鳥店」と言われています。ミシュランの星も2011年から現在まで維持し、鳥しきICHIMONと題し、国内外で10店舗以上展開しています。イベントでは、池川義輝氏と鳥しきICHIMONの弟子による焼鳥はもちろん、焼鳥の原点回帰で下町の味を再現した煮込みや「壺たれチキン」も登場します。

    ●【Ushimaru】
    千葉県山武市ののどかな田園風景に囲まれたイタリアンレストラン。近隣の海、山、畑から届く採れたての食材はもちろん、より安全で美味しいものをと農家や酪農家の協力を得て育てた特別な小麦で焼きたてのパンや打ちたてのパスタ、特別に育てられたジャージー牛も評判です。イベントではこのジャージー牛を使ったピアディーナや自家製ハム、新鮮な牛乳アイスをお楽しみいただけます。

    ●【齋華】
    京都東山、泉涌寺の敷地内に店を構え、2層吹き抜けの窓からの眺めも圧巻。そんな空間造りからもこだわりを感じる齋藤博人氏の料理は、中国料理の伝統をベースにしながら、現代の人が食べて美味しく感じる食材に置き換えたり、香りや食感に工夫を加えたり、オリジナルの味の追求した唯一無二の味です。イベントでは、食べた人を虜にする齋藤シェフの究極のスペシャリテ2 品が登場!

    ●【みえ田】
    札幌で多数の飲食店をプロデュース、JALのファーストクラスの食事も監修する三枝展正氏。北海道の雲丹、蟹をはじめとする海の幸、全国の名産品、さらにフカヒレ、キャビア、トリュフなども交えた豪華絢爛な食材を持ち前の発想力と料理人歴30年を超える豊かな知識、技術で感動の一皿に昇華させています。イベントでは、北海道の厳選食材をテーマに日本酒がすすむ味を追求しています。

    ウェブサイト:http://craftsakeweek.com/

    公式アプリ:「Sakenomy」https://www.sakenomy.jp/

    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    春の行楽にオススメ! 世界遺産「古都奈良の文化財」を訪れたあとに行ってみたいお店5選|奈良 https://magazine.hitosara.com/article/3883/ https://magazine.hitosara.com/article/3883/ Wed, 17 Apr 2024 16:00:00 +0900
  • 奈良【料亭 菊水楼】
  • 奈良【仏蘭西料理 ラ・テラス(La Terrasse)】
  • 奈良【鉄板焼 山河】
  • 新大宮【沙山華】
  • 大和西大寺【StEAK JiN】
  • 奈良【料亭 菊水楼】

    130年以上の歴史を持つ老舗でいただく会席料理

    厳選された食材の持ち味を余すことなく引き出した料理

    近鉄奈良駅から徒歩10分。1891年創業の【料亭 菊水楼】は、春日大社の一の鳥居の前に店を構える老舗料亭です。提供しているのは、四季折々の厳選した食材でつくる会席料理。名士や文豪などに愛されてきたその味は、五感で堪能できるよう仕上げられています。

    緑を眺めながらの食事が楽しめる和の空間

    奈良屈指の名店として知られるこちら。表門は奈良市の圓成寺から移築した江戸時代のもので、建物自体も国の登録有形文化財に指定されています。店内は、ゆったりとくつろげる洗練された和の空間で、旅の疲れもやさしく癒してくれそう。敷地内には、料亭のほかに鰻専門店も併設されています。

    料亭 菊水楼

    【エリア】奈良市
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】17000円
    【ディナー平均予算】21000円
    【アクセス】近鉄奈良駅 徒歩10分

    奈良【仏蘭西料理 ラ・テラス(La Terrasse)】

    季節感を活かしたメニューを楽しめる奈良公園内のフレンチレストラン

    フォアグラのテリーヌをカカオの生地で包んだ『森のフォアグラ』

    近鉄奈良駅よりバスで5分。周辺に世界遺産が点在する奈良公園内にあるのが【仏蘭西料理 ラ・テラス(La Terrasse)】です。食材は、地元奈良産のものやその時期ならではのものを厳選して使用。旬の味わいを活かしたメニューの数々は、見た目も美しく、オリジナリティにあふれたものばかりです。

    緑に包まれた開放的な空間で食事を楽しめる

    エントランスで迎えてくれるのは、樹齢250年というモチノキ。大きく伸びた木の下には、テラス席も用意されています。店内は優雅な雰囲気が漂う空間。明るい日差しが差し込むランチタイム、柔らかな照明が灯されるディナータイムと、一日を通じてリラックスした時間を過ごせます。

    仏蘭西料理 ラ・テラス(La Terrasse)

    【エリア】奈良市
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】9000円
    【ディナー平均予算】15000円

    奈良【鉄板焼 山河】

    上質な山形牛をたっぷりと堪能できる鉄板焼店

    山形牛のおいしさを堪能できるコースがそろっている

    奈良駅から徒歩1分というアクセス良好な場所にある【鉄板焼 山河】。こちらでいただけるのは、独自のルートで仕入れるA4ランク以上の山形牛。口の中でとろけていくその味わいをしっかりと堪能できます。コースは3種類を用意。季節ごとに内容が変わり、旬の食材を楽しめるようになっています。

    ラグジュアリーな空間でいただく山形牛の旨みは格別

    店内は高級感あふれるラグジュアリーな雰囲気で統一されていて、特別な日の食事やデートにもぴったり。熟練のシェフが目の前で調理していくパフォーマンスを見ながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。ホテルマンとしても活躍するスタッフの洗練されたもてなしも、優雅な気持ちにさせてくれるはずです。

    鉄板焼 山河

    【エリア】奈良市
    【ジャンル】鉄板焼き
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】10000円
    【アクセス】奈良駅 徒歩1分

    新大宮【沙山華】

    「中華で旬を愉しむ。」をコンセプトにした中国料理店

    地元産の食材などを使ったメニューがそろうコースを用意

    新大宮駅から徒歩10分。奈良ロイヤルホテルの敷地内にある【沙山華】は、地元奈良の食材をはじめ、その季節ならではの味覚を活かした中国料理を楽しめるお店。ふかひれや伊勢海老などを使ったリッチなコースのほか、ランチタイムには旬野菜をテーマにしたコースなどもそろっています。

    落ち着きある和中折衷な空間でいただく本格中国料理

    和風の設えに中国の調度品をあしらった店内。掘りごたつ式の個室は、古都奈良の雰囲気を存分に感じられる空間です。またシャンデリアが煌めく格調高い雰囲気のテーブル席もあり、幅広いニーズに応えてくれます。奈良の旅の思い出を語り合う場にもぴったりの、上質な落ち着きに満ちたオススメのお店です。

    沙山華

    【エリア】奈良市
    【ジャンル】中華料理
    【ランチ平均予算】3000円
    【ディナー平均予算】6500円
    【アクセス】新大宮駅 徒歩10分

    大和西大寺【StEAK JiN】

    地元産食材をメインにした鉄板焼に舌鼓

    奈良の食材を存分に楽しめる『大和牛と大和ポークの自家製ハンバーグランチ』

    大和西大寺駅から徒歩5分の場所に店を構える【StEAK JiN】。A4ランクの大和牛や奈良県産の野菜といった地元の食材を使った鉄板焼を楽しめます。ほかにも、鮮度抜群の車海老や伊勢海老などの厳選素材をラインナップ。料理長こだわりの料理の数々を、たっぷりと味わうことができます。

    目の前で調理風景を見られるのは鉄板焼の醍醐味

    店内はカウンター8席のみのゆったりとした空間。上質の食材を使ったコース料理など、スタッフが目の前で調理する様子をしっかりと見ることができます。6名からは貸切もOK。家族やグループで奈良を訪れる際には、ぜひ事前にチェックしておきたい一軒です。

    StEAK JiN

    【エリア】奈良市
    【ジャンル】ステーキ
    【ランチ平均予算】1500円
    【ディナー平均予算】8000円
    【アクセス】大和西大寺駅 徒歩5分

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 奈良市のお店はこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    第二章開幕! 炭火焼きはもちろん、旬の食材を最もおいしく昇華させる腕前に感服|【ひまわり食堂2(ツー)】富山 https://magazine.hitosara.com/article/3918/ https://magazine.hitosara.com/article/3918/ Wed, 17 Apr 2024 00:00:00 +0900 ≫【ひまわり食堂2】店舗詳細

    左手にあるキッチンを見渡せる造りに変貌。カウンター席はもちろん、テーブル席からもシェフの手仕事を見ることができる

    新たな移転先は富山駅から約7分と、充分に徒歩圏内です。もともと金庫として使われていた2階建ての1軒家で、以前より広々と感じられる店内。田中シェフが腕を振るう様子も見やすくなり、食事を待つ時間がより楽しくなりました。

    入り口から見た店内奥には、金庫を思わせる分厚い金属の扉。なんと2階へと繋がるドアになっています

    階段で2階に上がると、1階の扉と同じ位置にあったであろう部分を抜いた設計に。移転前の店舗をデザインされた方に依頼されたとのこと

    2階の一室は丸ごと個室に。窓からは外の景色も見られ、ワインセラーもあり、いろんな使い方ができそうです

    より洗練された印象ですが、「大人のための食堂」のイメージはそのまま、肩肘張らずに落ち着く雰囲気が魅力的。初めての来店でも、まるで友達の家に招かれたかのようにリラックスして過ごすことができます。

    『ゼッポリーネ』

    それでは、コース料理のスタートです。春の富山といえば白エビが食べたいですが、その欲望を最初に満たしてくれるお料理から……! 一番上に生ハム、間に白エビ、一番下にはホワイトアスパラガスのゼッポリーネです。濃厚な白エビの旨みと、シャキシャキのアスパラ。そこに生ハムの柔らかい塩味とやさしい脂がとろけます。ベルベンヌ(レモンバーベナ)も爽やか。

    『うどと水タコの前菜』。うどのコリコリ食感と、水タコのつるっむちっとした食感が楽しい。炭で炙られているのか、口に入れた瞬間炭の香ばしい香りが鼻を抜けます

    『いわしのマリネ』

    つい歓声を上げてしまうような美しい佇まいのお料理。こんなに鮮やかなイワシは、なかなかお目にかかれるものではありません。一口食べてたまねぎの甘みにびっくり! さらにカリフラワーの強い旨みをまろやかなヨーグルトがまとめています。そしてとっても肉厚なイワシ、イワシをここまで大躍進させる田中シェフの腕前に、頭が下がる思いです。

    『ウイキョウのスープ』。ウイキョウとはフェンネルのことで、根っこの部分を使用したスープです

    Ricchi(リッキ)の「Meridiano Chardonnay(シャルドネ “メリディアーノ”)2022」

    ワインペアリング(12,000円)も可能ですが、バイザグラスでももちろんOK。料理や好みに合わせてオーダーできます。この辺りでもう一杯と、シャルドネをいただきました。陰干しされた干しブドウからつくられた辛口で、口当たりは軽やかで華やかな香り。時折現れるフルーティで柔らかい甘みが至福です。

    『ホタルイカのクレープ』

    春の富山にもう一つ欠かせない存在のホタルイカ。見るからにピチピチのホタルイカが鎮座したお料理に胸が高まります。少量をそのままで、残りは大和芋のクレープに巻いていただきます。ホタルイカのミソも入ることでより旨みが感じられ、山菜の青々とした味わいとも相性ばっちり。交互に訪れるプリプリとシャキシャキ、クレープの食べ応え、総じて満足度の高い一皿です。

    『アンコウのポワレ』

    魚料理はアンコウです。まず、ナイフを入れた瞬間の弾力に驚きます。ソースはアンコウのだしをベースに、フレッシュトマト、オリーブオイルとケッパー。下のシャキシャキの白菜は塩だけでグリルしたもので、旨みや甘みがよく染み出しています。

    田中シェフの炭火使いを眺めながら、いい香りとともにメインを待つ時間の幸福たるや……

    『富山県産のジャージー牛 サーロイン炭火焼き』

    お待ちかね、炭火焼きのメインディッシュ。シンプルだからこそ、火入れの素晴らしさに田中シェフの神技を実感します。ギュッと閉じ込められた旨みが口の中で広がり、しっとりジューシーな味わいは噛むほどに増して、香り高さもすごい! 付け合わせのカブそのものの甘さまでが幸せです。

    これまた春を感じる『新たまねぎのスパゲティ』。トロトロのたまねぎはとても甘く、これだけ食べたのにペロリと平らげてしまえるのが不思議

    デザートには『自家製アイスクリームとクレープ』を

    料理はおまかせコース(18,000円)のみ。富山の春をふんだんに噛み締めることのできるコース構成に心から満足し、最高の食後感です。遠方からでも、季節ごとに訪れたいと強く感動しました。

    1月の能登半島地震ではここ富山市も大きく揺れ、震度5強を観測しています。シェフにお話を伺うと、「とにかくすごい揺れでした。自宅で過ごしていましたが、すぐに心配になってお店に駆けつけたところ、お店もワインも無事でした。スタッフも皆無事で、被害はお皿数枚と壁の損傷程度でした」とのこと。

    普段よりも北陸に目を向け、自分自身が楽しんで訪れるのが一番なのかもしれないと感じた夜でした。

    ひまわり食堂 2

    【エリア】富山駅周辺
    【ジャンル】イタリアン
    【ランチ平均予算】25000円
    【ディナー平均予算】25000円
    【アクセス】富山駅 徒歩7分

    ]]>
    撮影・取材・文/宿坊アカリ(ヒトサラ編集部) active
    予算1万5,000円以下でしっかりお鮨を堪能できるお店5選|東京 https://magazine.hitosara.com/article/3826/ https://magazine.hitosara.com/article/3826/ Tue, 16 Apr 2024 16:00:00 +0900
  • 経堂【鮨 成】
  • 人形町【日本橋 鮨しば】
  • 錦糸町【寿司割烹喜成】
  • 六本木【鮨四(yon)】
  • 上野【粋な鮨 百万石】
  • 経堂【鮨 成】

    カウンター席だけの店内でじっくり鮨と向き合う

    1万円コースに提供される『北海道厚岸産 雲丹』

    経堂駅から徒歩4分の場所にある【鮨 成】は、店主おまかせで鮨とつまみを楽しめるお店。こちらの魅力を堪能したいなら、旬のおいしさをしっかりと感じられる一品料理のあと握りへと続く「コース」がオススメ。日本酒も定番のほか、季節ごとの銘柄を用意するなど、じっくりとうまい鮨を味わうことができます。

    シックな雰囲気の店内でゆったりと食事を楽しめる

    お店は経堂駅からほど近い場所にあるにも関わらず、地下1階という立地のため隠れ家的な雰囲気も。店内へ足を踏み入れれば、そこは和とモダンが融合した空間。職人の鮮やかな手さばきを目の前で見ることのできるカウンター席に座って、特別な時間を過ごすことができます。

    鮨 成

    【エリア】豪徳寺/経堂
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】2000円
    【ディナー平均予算】10000円
    【アクセス】経堂駅 徒歩4分

    人形町【日本橋 鮨しば】

    日本橋の隠れ家で、サプライズ感に富む江戸前寿司×創作料理を

    ネタによって赤シャリと白シャリを使い分ける『握り』

    人形町駅から徒歩6分にある【日本橋 鮨しば】。正統派鮨店でありつつ、フレンチの経験も積んだ店主による独創的な料理が堪能できます。品書きは、本格的鮨や和食の合間に洋食の技で魅せる創作料理が登場する月替わりの『おまかせコース』一本。コストパフォーマンスの高さも大きな魅力の一つです。

    清潔感あふれる心地いい空間

    都心の活気と江戸風情が共存する街にある、隠れ家のようなこちらの店内は、檜が美しいカウンター8席にしぼった清潔感あふれる空間。料理に合うドリンクも豊富にそろい、デートはもちろん、少人数での接待にもオススメです。一貫一皿ごとに新たな驚きと感動、ワクワクがとまらない、特別な日に訪れたい一軒です。

    日本橋 鮨しば

    【エリア】人形町/小伝馬町
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】15000円
    【ディナー平均予算】15000円
    【アクセス】人形町駅 徒歩6分

    錦糸町【寿司割烹喜成】

    豊洲市場で毎朝仕入れる新鮮な魚介類に舌鼓

    定番から季節ものまで楽しめる『おまかせ握り5種』

    錦糸町駅から徒歩5分の場所に店を構える【寿司割烹喜成】。魚の鮮度、産地にこだわりを持ち、毎朝豊洲市場で仕入れる魚介類を使った『刺身』や『揚げ物』『焼き物』などで、その味を楽しませてくれます。特に『おまかせ握り5種』は、その日のオススメの鮮魚を使ったこだわりの鮨。熟練の職人が握る本物の味を堪能できます。

    清潔感のある店内は和のテイストで統一されている

    お店入口には仕入れた魚が泳ぐ生簀を設置。入る前から味への期待が高まります。店内は清潔感ある、落ち着いた雰囲気が漂う和の空間。カウンター席、テーブル席とも居心地バツグンです。店奥には小上がりの掘りごたつ席を完備していて、ゆったりと足を伸ばして食事を楽しめます。

    寿司割烹喜成

    【エリア】錦糸町/住吉
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】10000円
    【アクセス】錦糸町駅 徒歩5分

    六本木【鮨四(yon)】

    職人の技が効いた江戸前鮨の数々を六本木で楽しむ

    リピーターも数多い『漬け鮪』は人気の一皿

    六本木駅から徒歩2分。【鮨四(yon)】は、ミシュラン獲得店での修業歴を持つ職人が腕をふるう江戸前鮨を堪能できるお店。徹底的に品質にこだわった『中トロ』、柚子胡椒の香りが鮪の風味を一層引き立てる『漬け鮪』など、美しく盛付けられた鮨は、目と舌の両方を魅了してくれます。

    スタイリッシュな空間で上質な鮨を楽しめる

    店内はデートにぴったりなオシャレな雰囲気。モダンかつスタイリッシュにデザインされていて、六本木で江戸前鮨を楽しむにふさわしい空間になっています。無垢の木が使われた個室(別途個室料金あり)は、2~6名で利用可能。ソファ席になっていてゆったりと落ち着けます。

    鮨四(yon)

    【エリア】六本木
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】15000円
    【アクセス】六本木駅 徒歩2分

    上野【粋な鮨 百万石】

    手間をかけて仕込んだネタで握られる江戸前鮨は絶品

    『大将のおまかせにぎり』は全14貫に巻物1本、お吸い物、デザートが付く

    上野駅から徒歩7分の場所にある【粋な鮨 百万石】は、正統な鮨の良さをもっと多くの人に楽しんでもらいたいという主人が握る江戸前鮨を堪能できるお店。お店には特注の氷の冷蔵庫を用意し、仕入れた魚に相応しい環境で保存するこだわりぶり。その日だけの旬の鮨をたっぷり味わえます。

    お一人様もウェルカムな和やかな雰囲気も魅力

    エントランスは落ち着いた和の趣が感じられるつくり。お店に入れば、木目調で温かみのある雰囲気に和みます。板前さんと会話も楽しめるカウンター席と、グループで利用したいテーブル席、さらに少人数で利用可能な個室も完備。すっきり心地よい店で、こだわりの江戸前鮨をしっかりと楽しむことができます。

    粋な鮨 百万石

    【エリア】上野
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】1700円
    【ディナー平均予算】15000円
    【アクセス】上野駅 徒歩7分

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 東京の鮨のお店はこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    著名人が愛した名店「銀座キャンドル」の味を受け継ぐ洋食店。“大人の洋食店”が楽しめる麻布十番【TARO Azabujuban】 https://magazine.hitosara.com/article/3881/ https://magazine.hitosara.com/article/3881/ Tue, 16 Apr 2024 00:00:00 +0900 ≫【TARO Azabujuban】店舗情報はこちら

    かつて、俳優であり歌手である美輪明宏さんをして「宇宙一おいしい」と言わしめ、作家の川端康成や三島由紀夫を足しげく通わせたチキンバスケットがある。今や伝説にもなっている洋食店【銀座キャンドル】のものだ。2014年、惜しまれつつも64年の歴史に幕を下ろしてしまったが、創業者の孫であり3代目の岩本 忠さんがその味を引き継ぎ、現在【TARO Azabujuban】で堪能することができる。

    カウンター席をメインにした、コンクリートが基調のスタイリッシュな空間。奥には遊び心あふれる個室も用意されている

    「時代に合わせて少し変わったところはあります。でも、基本的なところは変えていません」というチキンバスケット……銘柄を問わず肉質、旨みにこだわり、現在は鹿児島県産の若鳥を使用。その厳選された胸肉に軽く塩を振り微細なパン粉をふんわりとまとわせ、低温の油でじっくりと揚げている。シンプルな調理だが、歯触りがサクサクで軽快な衣の下には、ジューシーでふんわりとした弾力のある胸肉。塩で引き立てられた鶏の旨みや香りが、噛むほどに口の中に広がっていくのだ。
    少しレモンを搾っても美味。シンプル イズ ベスト。“宇宙一”の言葉どおりの味わいだ。よく冷えたビールを合わせれば、食べて飲んで食べて飲ん……しばし無言になること間違いなし。

    『元祖! 世の中で一番美味しいと言われるチキンバスケット』(2ピース) 3.520円。頬張るとわかる、美輪明宏さんのコピー能力。サクサクの衣とジューシーでふっくらした胸肉の異なる食感の絶妙さ、うまさに唸る。アラカルトでは1個100gだが、コース時は50gにカットして提供

    岩本さんが手がける『エビマカロニグラタン』や『アップルパイ』もかつての味だ。前者のグラタンにはエビがゴロゴロと入り、柔らかめに茹でられたマカロニとともにベシャメルにしっかりと絡めて頬張れば……ハフハフ、焼きたてで熱いぞ。火傷しないようにフゥフゥと少し冷ましあらためて頬張る。

    「しっかりと水分を抜くように丁寧に行なっています」と下処理されたエビは噛めばパツンと弾けるかのようにプリプリで甘く、対してマカロニはもっちりという異なる食感が楽しい。それらにしっかり絡んだベシャメルはとろりと濃厚で、その心地よい塩加減がエビの甘みをさらに引き出している。シンプルな構成ながら、やさしくリッチな味わいなのだ。パンにつけてもおいしそう。冷えた白ワインを合わせればもっとおいしそうだ。

    『1950年の海老マカロニグラタン エシレバターver』3,520円。エビの旨み、エシレバターの芳醇な香りが溶け込んだベシャメルは濃厚で、このソースのみでも十分にお酒が進むおいしさ。プリプリ(エビ)、もっちり(マカロニ)、とろん(ベシャメル)の見事な融合にうっとり。食べてにっこり

    1950年、【銀座キャンドル】創業時のメニューに載っていた『パイ・ア・ラ・モード』。それをシンプルにパイ&バニラアイストッピングのみにして提供しているのが『アップルパイ』だ。香ばしくカリッと焼かれた生地の中にはほんのり甘いリンゴがたっぷり。リンゴは時期により色々使っているそうだが、香ばしさと酸味、リンゴとバニラの異なる甘み。さらにカリッとした生地、柔らかなリンゴ、パイの熱で溶けていくバニラの様々な食感。いくつもの主張が口の中でひとつになり、「あぁおいしい」という言葉を導き出す。

    戦後すぐの創業ながら、なんて完成度の高い味。「3代目という意識はそんなにないんですよ」と言いつつも、それらを受け継ぎ、進化させた岩本さんの熱意と技術、アイデアに脱帽である。

    『伝統のアップルパイアラモード』2,420円。香ばしく焼かれたパイ生地の中に、ほのかにシャクッとした歯応えを残すリンゴが鎮座。パイ生地の熱で溶けたバニラアイスを絡めながらいただけば、甘み、苦味、酸味が口の中で一つになる。素朴ながら優雅な味わい

    ところで、ここ【TARO Azabujyuban】はかつての味だけの店ではない。料理人・岩本さんの哲学が凝縮された店でもあるのだ。ヒントは店名にある。TAROはタロウであり、漢字では太郎だ。

    「僕が手がける料理は日本の洋食をベースにしたもの。じゃあ、その日本の洋食とは何かというと、ご飯に馴染む味わいのものだと思うんです。なのでフレンチやイタリアンなら赤ワインを使うところを日本酒にしたり、ご飯に合わせにくいハーブやスパイスを使わないで仕上げているんです」。

    日本=ご飯を意識した洋食的な料理が多いが、お酒は日本酒、ワイン、ビールと幅広く揃えている。少量ずつ提供される料理に合わせてお酒を変えながら楽しんでみたい。日本酒(グラス・1000円〜)、ワイン(グラス1300円〜、ボトル7500円〜)、ビール(瓶・900円)など

    小さなバインミーから始まるこの日のコースには『北海道産帆立と蟹味噌のグラタン』『豆乳と野菜だしのエスプレッソ』『黒毛和牛の柔らか煮 日本酒とココアのソース』などが並ぶ。どれも日本酒を合わせてみたくなる。骨太な味わいの燗酒もいけそうだ。そればかりか、これらの料理にご飯を合わせたくなったら臆することなく「ご飯ください!」と頼むべし。笑顔でご飯の提供もしてくれるのだ。とはいえ、ご飯の食べ過ぎには注意。コースには『ドウシンニカエル』なる一品も。これは子供の頃の心をときめかせた、卵でデミグラスソース味のライスを包んだオムライスなのだ。

    店の奥には5名くらいまで入れる個室。とあるメーカーのライトのカバーや、とあるものを加工した入り口のドアなどに岩本さんのアイデアが活かされている。ぜひ一度足を運んで確かめてみて

    その日のおすすめが書かれた黒板メニューにも、『紋甲イカのレアフリット』や『北海道産白子カリトロエシレバターと煮切醤油』なんて、ご飯に馴染むこと請け合い、お酒を呼ぶこと必至な料理。更に〆にはランチタイムに供している『麻布昊』のラーメンもズラリと揃っている。

    創業以来の味と日本の洋食をブラッシュアップさせた逸品たちを堪能させてくれる店。麻布十番の路地裏に佇む【TARO Azabujyuban】にぜひ出かけてみてほしい。

    1975年、東京都出身。【銀座キャンドル】三代目当主、【TARO Azabujuban】店主。幼い頃から料理に親しみ、焼肉店での修業からプロの道へ。一時期、建築デザインや飲食店運営に携ったのち、実家の店で研鑽を積む。その後、豊富な経験をもとに海外で飲食店を立ち上げ、活躍。帰国後、閉店した実家の洋食店を麻布十番のバーで間借り営業し、評判を呼ぶ。それをさらに進化させた今の店を2023年秋に創業。新趣向の洋食を探求する日々。

    TARO Azabujuban

    【エリア】麻布十番
    【ジャンル】ビストロ
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】10000円
    【アクセス】麻布十番駅 徒歩5分

    ]]>
    取材・文/武内 しんじ(フリーライター) active
    新橋エリアで仕事帰りにサクッと気軽に立ち寄れる! オススメの旨い店5選|東京・新橋 https://magazine.hitosara.com/article/3817/ https://magazine.hitosara.com/article/3817/ Mon, 15 Apr 2024 16:00:00 +0900
  • 居酒屋【銀座 光よし】
  • 居酒屋【松竹梅】
  • 海鮮料理【みこ市場】
  • イタリアン【新橋 ZION】
  • ダイニングバー【NARUTO】
  • 居酒屋【銀座 光よし】

    仕事帰り、隠れ家的居酒屋で旬の味覚と酒を堪能

    長期熟成した鳥のモモ肉を使った『自家製西京味噌漬け 焼き鳥!』

    【銀座 光よし】は、新橋駅徒歩5分の場所にある隠れ家的居酒屋。京都の懐石料理店で修業経験がある料理人・井川氏による“気まぐれの一皿”料理が楽しめます。『自家製西京味噌漬け 焼き鳥!』は、長期熟成した鳥のモモ肉と味噌の旨みが味わる逸品。日本酒、焼酎やウイスキーなどアルコールメニューも充実しているので、スタッフに相談すれば料理に合う一杯を勧めてくれます。

    居心地のいいカウンター席で種類豊富なお酒を堪能できる

    店内は、木の温もりを感じるカウンター席があり、一人でお酒や食事を楽しむのもよし、スタッフと会話をするのもよし。サクッと飲めるカウンター席のほか、ゆっくりしたい時はソファー席で仲間と語らいながら食事とお酒を堪能できます。店内の所々に植物が置かれており、マイナスイオンを浴びながら日々の疲れが癒されます。

    銀座 光よし

    【エリア】新橋/汐留
    【ジャンル】居酒屋
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】5000円
    【アクセス】新橋駅 徒歩5分

    居酒屋【松竹梅】

    豊洲直送の鮮魚を味わう、アクセス抜群の"コの字酒場"

    豊洲から毎日仕入れる『刺身五点盛り』

    新橋駅より徒歩1分とアクセス抜群の【松竹梅】。店内は、“コ”の字のカウンターを中心にした空間でのんびり酒と一品が楽しめる居酒屋です。芝浦直送の新鮮なホルモンを活かした名物のもつ煮込みやホルモン焼きがオススメ。また、豊洲から毎日仕入れる旬の鮮魚の『刺身五点盛り』も人気メニューです。

    新橋駅前、お一人様にも最適な“コの字酒場"

    "コ"の字カウンターが主体となった店内は、カウンター席14席、テーブル席26席の広々とした空間。テラス席も10席用意され、一人飲みや同僚との飲み会にも最適です。平日・土・祝前日は、14時から営業しているので、リーズナブルなメニューをゆっくり味わってみては。

    松竹梅

    【エリア】新橋/汐留
    【ジャンル】居酒屋
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】3500円
    【アクセス】新橋駅 徒歩1分

    海鮮料理【みこ市場】

    海鮮好き集まれ! 仕事帰りに海鮮宝庫で一杯

    豪華なフィンガーフード『雲丹ドッグ』

    【みこ市場】は、新橋駅から徒歩3分の海鮮食堂。毎朝市場で買い付けた新鮮な魚介類を使った、丼、定食、一品料理を楽しめます。オススメの『雲丹ドッグ』は「雲丹を口いっぱい頬張りたい」と願う雲丹好きにはたまらない逸品。さらに、ぜひ注文したい『贅沢炙りみこ丼』は、新鮮ネタを山盛りにした人気メニューです。

    市場のような店内は、仲間との飲み会にも最適

    1階のカウンター席は、一人でも気軽に入れて、豊富な丼や定食が注文できます。仲間同士で食事を楽しみたい場合は、2階テーブル席がオススメ。また、人数によっては貸切利用も可能なので、会社の飲み会にも最適です。1階の外にはテーブル席と椅子が設置してあるので、夜風に当たりながら楽しい時間が過ごせます。

    みこ市場

    【エリア】新橋/汐留
    【ジャンル】海鮮料理
    【ランチ平均予算】2000円
    【ディナー平均予算】5000円
    【アクセス】新橋駅 徒歩3分

    イタリアン【新橋 ZION】

    地中海料理と厳選したワインを堪能できるレストラン

    くせのない良質な鹿肉を使った『エゾ鹿のカツレツ』

    新橋駅から徒歩2分の【新橋 ZION】。シェフが一つ一つ丁寧に仕上げるイタリア料理が魅力のレストランです。人気メニューの『エゾ鹿のカツレツ』は、くせのない良質な鹿肉の深い味わいを堪能できる一品。世界各国のワインは20種以上揃い、肉料理と相性抜群の赤ワインが人気です。

    カジュアルに食事を楽しめる、居心地のいい空間

    店内は、レンガや木を基調としたイタリアのカフェをモチーフにデザインされています。オシャレで落ち着いた雰囲気のカウンター席は、仕事終わりの一杯にぴったり。ソファー席は居心地が良く、ゆっくりと食事を楽しめます。また、1,2階でそれぞれ4~6名の個室があり、仕事仲間とまったりとお酒を楽しみたい時にも最適です。

    新橋 ZION

    【エリア】新橋/汐留
    【ジャンル】スペイン料理・地中海料理
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】新橋駅 徒歩2分

    ダイニングバー【NARUTO】

    厳選ワインで、和食とイタリアンも堪能できる幸せを

    大人気の『エビのアヒージョ』はパン2個付き

    新橋駅徒歩3分の飲食店街通り沿いにある【NARUTO】。店主がこだわった素材から仕上げた、焼き鳥や天ぷらなどの和食とイタリアンも堪能できます。ワイン通の店主が厳選した、気軽に楽しめるオーストラリアワインもオススメ。ぜひ注文したいのは、ワインと相性抜群な『エビのアヒージョ』。新鮮な大ブリのプリプリのエビを使ったアヒージョは食欲をそそります。

    ワインバーのようなオシャレな雰囲気の店内

    店内はオープンなレンガ造りのワインバーの趣き。シックでオシャレ、落ち着いた雰囲気の中、気の合う仲間と食事とお酒を楽しめます。貸切は20名から相談可能で最大36名利用できるので、会社の飲み会にもぴったり。店内奥には、サクッと1人の時間を過ごすことも出来る立ち飲みカウンターもあり、ぜひ覚えておきたい一軒です。

    NARUTO

    【エリア】新橋/汐留
    【ジャンル】和食
    【ランチ平均予算】1000円
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】新橋駅 徒歩3分

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 新橋のお店はこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    小林 圭シェフが次に挑むのは、成熟した大人のためのグリル ガストロノミーレストラン【KEI Collection PARIS】|虎ノ門ヒルズ ステーションタワーTOKYO NODE https://magazine.hitosara.com/article/3916/ https://magazine.hitosara.com/article/3916/ Mon, 15 Apr 2024 00:00:00 +0900 ~Message from Chef Kei Kobayashi~

    「私が今、日常的に通いたいのはどのような場所かを考え“大人の遊び場”をコンセプトに【KEI Collection PARIS】を創りました。気の置けない友人と未来を語らったり、同じ感性を持つ仲間と出会ったり、新たなインスピレーションがわくような場所を目指しています。

    【KEI Collection PARIS】は日々変わる素晴らしい素材と向き合い、インスピレーションを受け、その素材をどこまで美味しくできるのかを追求する店です。【Restaurant KEI】とはまた違ったスタイルで、厳選した素材から日々メニューを創りあげるお品書きをご用意し、お客様は自分に合ったスタイルでお食事をお愉しみいただけます。“KEI”の新しいかたちを、ここから世界に発信していきます」

    【KEI Collection PARIS】(ケイ・コレクション・パリ)
    住所:東京都港区虎ノ門2丁目6番2号 虎ノ門ヒルズ ステーションタワーTOKYO NODE 49F
    最寄り駅:東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」直結、東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」B2出口
    営業時間:17:30~23:00 ※4月19日(金)からバー営業(~26:00)開始。
    定休日:火曜日・水曜日 ※貸切利用等で変更となる場合がございます。詳細はHPをご確認ください。

    KEI Collection PARIS

    【エリア】虎ノ門
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】-

    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    外国人から注目されている山口県のグルメなお店5選|山口 https://magazine.hitosara.com/article/3845/ https://magazine.hitosara.com/article/3845/ Sun, 14 Apr 2024 16:00:00 +0900
  • 湯田温泉【ニジノアト】
  • 新山口【福の花 新山口店】
  • 新山口【海鮮長州 小郡店】
  • 山口【肉道 わぎゅう屋】
  • 山口【うな道 とり道】
  • 湯田温泉【ニジノアト】

    洋食と和食が融合したメニューをカジュアルな空間で堪能

    プリップリの身に、旨みが凝縮された『活ロブスターのスパイス焼き』

    湯田温泉駅から徒歩5分にある、一軒家居酒屋【ニジノアト】。オーナーの阿部氏は地元の有名料亭の5代目、料理人の佐藤氏はフランス料理歴40年以上のベテランです。畑の違う二人がタッグを組んで生み出す和食や和洋食、フランス料理をゆったりと堪能しませんか。地元で獲れる魚や旬の野菜、鹿児島県産黒毛和牛などこだわりの食材にも出合えます。

    オシャレでカジュアルな内装が居心地いい

    壁一面に描かれた虹色のアートが目を引く店内に、カウンターとテーブル席を用意。入口付近には特注のワインセラーがあり、ワインはもちろんこだわりの日本酒や冷製の前菜が並んでいるのでチェックを。グループでも一人でも気軽に訪れやすい一軒です。

    ニジノアト

    【エリア】湯田温泉
    【ジャンル】和食
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】湯田温泉駅 徒歩5分

    新山口【福の花 新山口店】

    山口県の郷土料理と地酒を落ち着ける個室でゆったりと

    大自然の中でびのびと育てられた、黒かしわ&長州どりを使用

    山口の地酒と郷土料理を一緒に味わえる【福の花 新山口店】。落ち着いた空間で楽しめるのは、幻の山口地鶏と言われる「長州黒かしわ」や銘柄鶏「長州どり」。自社の養鶏場から直送されるので、鮮度抜群です。周りを海で囲まれた山口県ならでは、旬の魚もぜひ。そして締めには、川棚温泉由来の『瓦そば』をお楽しみあれ。

    個室は少人数用や大人数用があるので使い勝手が便利

    水に恵まれた山口県は日本酒の宝庫です。県内のいたるところに昔ながらの酒蔵が点在しているなかでも、世界に誇る銘酒”獺祭”が有名。地元の料理と共に、選りすぐりの地酒をゆるりと楽しんで。飲み放題付きのコースもあるので、予算に合わせて予約を。

    福の花 新山口店

    【エリア】山口市その他
    【ジャンル】居酒屋
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】-
    【アクセス】新山口駅 徒歩10分

    新山口【海鮮長州 小郡店】

    山口県の地魚や地野菜をくつろぎの空間で味わえる昔ながらの居酒屋

    オープン時からの名物『海鮮太巻寿司』

    新山口駅から徒歩3分で辿り着く【海鮮長州 小郡店】。山口県産の食材を駆使した料理と地酒が満喫できます。自慢のメニューは、大人気の『海鮮太巻寿司』や、地魚をリーズナブルに楽しめる海鮮料理など。地野菜を使った一品も、地酒やこだわってセレクトした焼酎にぴったり。

    鉄道の街、小郡らしく昔のSLの写真が飾られたカウンター

    昔ながらの居酒屋の雰囲気漂うカウンター席にはネタケースがあり、目の前で板前の包丁さばきが楽しめます。一人で訪れてカウンターで会話を楽しみながら過ごすのもよし、広々とした座敷席で飲み放題付きのコースを吟味するのもよし。ブルーのネオンを目指してカジュアルな一軒へ。

    海鮮長州 小郡店

    【エリア】山口市その他
    【ジャンル】居酒屋
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】3500円
    【アクセス】新山口駅 徒歩3分

    山口【肉道 わぎゅう屋】

    山口県が誇る長荻(ちょうしゅう)和牛の柔らかさや甘みをとことん味わう

    ブランド牛のその日ごとの部位が登場する『長萩和牛 赤のステーキ』

    【肉道 わぎゅう屋】は、山口県のブランド和牛肉「長萩(ちょうしゅう)和牛」が楽しめるステーキレストランです。肉質の特徴は、子牛から出荷まで一貫飼育され、牧草などを食べてのびのびと育ったからこその柔らかな食感、そして甘み。A4等級以上を揃える肉を炭火で焼き上げます。ガーリックを効かせた自家製オニオンソースと共に口に運んで。

    天井が高く、席の間隔もゆったりとしたカジュアルな店内

    ウッディで明るい雰囲気の店内には、カウンターとテーブル席が配されています。多彩な肉をじっくりと味わうなら、『肉盛り宴会コース』を選んでみては。最大20人まで利用できます。単品飲み放題を当日追加注文OKなのもうれしいポイント。ランチの気軽な一人利用もできるので、旅の途中にぜひ立ち寄って。テイクアウトもあり。

    肉道 わぎゅう屋

    【エリア】山口市その他
    【ジャンル】ステーキ
    【ランチ平均予算】1500円
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】山口駅 徒歩7分

    山口【うな道 とり道】

    趣のある町家で昼は浜名湖の鰻、夜は地鶏の焼鳥を味わえる

    長州どりのさまざまな部位が味わえる『おまかせ10串盛り合わせ』

    山口市の中心街、中心商店街にある【うな道 とり道】。昼に味わえるのは、浜名湖から直送される鰻。うな重やひつまぶしはもちろん、白焼きもオススメです。夜は、外がパリッ、中がふっくらで極上の味が楽しめる焼鳥を。地元のブランド、長州どりならではの旨みを、あっさり風味のタレが引き立てます。

    緑あふれる庭園を眺めながらの食事は格別

    築170年の風情たっぷりの町家は、重厚な雰囲気が漂います。美しい中庭があり、ゆったりとした気分で過ごせるのが魅力。個室もあり、少人数はもちろん、最大で60人までの宴会にも利用できます。テイクアウトもできるので、宿に持ち帰って味わいたいときにも重宝する一軒です。

    うな道 とり道

    【エリア】山口市その他
    【ジャンル】うなぎ
    【ランチ平均予算】2000円
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】山口駅 徒歩10分


    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 山口県山口市のお店はこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    深い香りで味わいアップ! 燻製料理が楽しめる、オススメのお店5選|大阪 https://magazine.hitosara.com/article/3841/ https://magazine.hitosara.com/article/3841/ Sat, 13 Apr 2024 16:00:00 +0900
  • 北新地【THE PARTY】
  • 梅田【燻製Switch】
  • なんば【オー・ド・ヴィー Eau-De-Vie】
  • 四天王寺前夕陽ヶ丘【ソムリエキッチン ヤブヤム】
  • 高槻市【Kunsei Lover fumo】
  • 北新地【THE PARTY】

    一年を通じて楽しめるフレッシュな生牡蠣と燻製料理

    牡蠣をはじめ、さまざまな食材をじっくり時間をかけて燻製している

    北新地駅から徒歩5分の【THE PARTY】。日本のさまざまな産地や世界各国の生牡蠣を楽しめる専門店ですが、実は燻製料理もオススメ。店内でじっくりスモークされた牡蠣をはじめ、豚バラや鶏肉、サーモン、サバ、ソーセージ、チーズなどが楽しめます。料理に合うワインやスパーリングも豊富にラインナップされているのも嬉しいポイントです。

    リラックスした時間を過ごせる店内には個室も完備

    奥行きのある店内は、木目基調で落ち着いた雰囲気。お一人様でもゆっくり楽しめるカウンター席や、グループでくつろげるテーブル席が用意されています。デートに利用したいコンパクトな完全個室は一部屋だけなので、早めの予約がベター。大人の上質な空間で燻製料理を堪能しましょう。

    THE PARTY

    【エリア】北新地
    【ジャンル】オイスターバー
    【ランチ平均予算】1000円
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】北新地駅 徒歩5分

    梅田【燻製Switch】

    店オリジナルのレア燻製を楽しめる燻製料理専門店

    骨周りのお肉が特においしい『手羽ブラザーズ』

    梅田駅から徒歩3分。ビルが立ち並ぶ一角に店を構えているのが【燻製Switch】。ここだけのオリジナル、レア燻製はスモーキーフレーバーと肉本来のジューシーさを同時に味わえるという調理法。肉だけで7種ほどを盛り合わせたお得な『お肉の燻製盛り合わせ』のほか、燻製との相性抜群な手羽先、手羽元のセット『手羽ブラザーズ』も見逃せません。

    店内は最大44名まで利用可能な広々としたスペース

    雰囲気抜群のお店は、戦前から立っているという長屋をリフォームしたもの。レトロな雰囲気のカウンター席や、2人掛け専用のデートにぴったりな座席も用意されています。2階は30名ほどで利用可能なフロアになっていて、デートから大人数での宴会まで、幅広いニーズに応えてくれます。

    燻製Switch

    【エリア】茶屋町/中崎町
    【ジャンル】イタリアン
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】3800円
    【アクセス】梅田駅 徒歩3分

    なんば【オー・ド・ヴィー Eau-De-Vie】

    大人の隠れ家的ダイニングバーでお酒と一緒に楽しみたい燻製料理

    人気の燻製5種を食べ比べできるイチオシメニュー『燻製5種盛り』

    なんば駅から徒歩5分の場所にある【オー・ド・ヴィー Eau-De-Vie】は、こだわりのオシャレな洋食メニューが楽しめるダイニングバーです。ぜひ注文したいのが創業当時から人気の『燻製5種盛り』。ドーム状の蓋に煙が充満した状態で登場。蓋を開けると香りと煙が広がる演出が楽しめます。

    豪華客船のバーラウンジがイメージのシックな店内

    お店は駅近にありながら、ビル3階というロケーションで隠れ家的雰囲気も魅力。ラグジュアリーなエントランスから店内に入ると、お一人様もウェルカムなカウンター席、ゆったりとした時間を楽しめるソファ席などが用意されています。カラオケ機器やダーツブースなどもあり、条件が合えば貸し切り対応も可能になっています。

    オー・ド・ヴィー Eau-De-Vie

    【エリア】東心斎橋/心斎橋筋
    【ジャンル】ダイニングバー
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】なんば駅 徒歩5分

    四天王寺前夕陽ヶ丘【ソムリエキッチン ヤブヤム】

    燻製料理に合う、厳選ワインと世界のクラフトビールが豊富にラインナップ

    ワインやビールと相性抜群の『自家製燻製 盛合せ』

    四天王寺前夕陽ヶ丘駅から徒歩1分という使い勝手のいいロケーションにあるのが【ソムリエキッチン ヤブヤム】。ソムリエが厳選した世界のワインと種類豊富なクラフトビールがスタンバイ。料理も、香ばしい香りがたまらない『自家製燻製 盛合せ』や豪快な『ビアカンチキン』など、アルコールにぴったりのものがそろっています。

    カジュアルな雰囲気の店内は一人でも立ち寄りやすい空間

    駅出口の目の前にあるお店は、エントランスにメニューの書かれた黒板が置かれ、立ち寄りやすい雰囲気。清潔感あるカジュアルな店内は、一人使いやカップルにオススメのカウンター席のほか、テーブル席も完備。さまざまなシーンでの利用はもちろん、自家製スモークなどがテイクアウトできるのも魅力です。

    ソムリエキッチン ヤブヤム

    【エリア】天王寺/阿倍野
    【ジャンル】ダイニングバー
    【ランチ平均予算】1000円
    【ディナー平均予算】3000円
    【アクセス】四天王寺前夕陽ヶ丘駅 徒歩1分

    高槻市【Kunsei Lover fumo】

    食材だけでなく調味料も燻製している、こだわりの燻製バル

    上質な黒毛和牛を使った『黒毛和牛ステーキ 煙を閉じ込めて』

    高槻市駅から徒歩2分の場所にある【Kunsei Lover fumo】は、さまざまな燻製料理が楽しめる人気のバル。食材に合わせて熱燻、温燻、冷燻、瞬間燻製など、燻製の方法や使うチップをチェンジ。調味料も燻製するなど、こだわりのメニューをたっぷりと楽しめます。

    開放的でカジュアルな店内でこだわりの燻製料理を味わえる

    開放感のあるエントランスから店内へ。木のぬくもりを感じられるナチュラルテイストな空間には、カウンター席とテーブル席が用意されています。明るくカジュアルな雰囲気は、デートや仲間同士での食事会にもぴったり。こだわりの燻製メニューをリラックスして楽しむことができます。

    Kunsei Lover fumo

    【エリア】高槻
    【ジャンル】バル
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】3500円
    【アクセス】高槻市駅 徒歩2分

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 大阪の燻製料理が楽しめるお店はこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    ヒトサラ編集部がオススメする、銀座の本当においしいグルメのお店10選 https://magazine.hitosara.com/article/3895/ https://magazine.hitosara.com/article/3895/ Sat, 13 Apr 2024 00:00:00 +0900
  • 鮨【鮨 銀座おのでら】
  • ブラッスリー【ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座】
  • とんかつ【銀座かつかみ】
  • フレンチ【エスカーレ】
  • しゃぶしゃぶ【神戸牛 しゃぶしゃぶ おもき 離れ 銀座店】
  • 和食【銀座 いしづか】
  • 焼肉【焼肉うしごろ 銀座店】
  • お好み焼き【電光石火 銀座店】
  • イタリアン【サン・ミケーレ】
  • 中華【GINZA沁馥園】
  • 鮨【鮨 銀座おのでら】

    おいしい鮨とお酒で楽しむ極上の大人時間

    東銀座駅から徒歩1分の【鮨 銀座おのでら】は、職人自らが市場へ出向き、厳選して仕入れたネタを味わえる鮨店。旬の食材を一貫ごとに丁寧に握る鮨は繊細な味わいで、職人の熟練の技が光ります。オススメは、口に含んだとたんに旨みと風味が広がる『旬のおまかせ握り』。日本近海物にこだわる生鮪のとろけるような味わいがたまりません。

    檜の一枚板を使ったカウンター席では、目の前で職人が鮨を握るライブ感が楽しめます。会話を楽しみながらゆったり過ごせる雰囲気なので、大人のデートにもピッタリ。鮨に合わせて厳選した日本酒や焼酎などが揃っているので、大切な人とお酒を酌み交わしながら、ワンランク上の大人時間を楽しみましょう。

    鮨 銀座おのでら

    【エリア】銀座
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】5000円
    【ディナー平均予算】30000円
    【アクセス】東銀座駅 徒歩1分

    ブラッスリー【ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座】

    クラシックなフランス料理を気軽に味わえる本格ブラッスリー

    現代フランス料理の礎を築いた料理人、ポール・ボキューズ氏。こちらのお店はポール・ボキューズ氏より受け継がれたクラシックな料理を、普段使いで楽しむことができます。銀座の街並みを望む開放的なメインフロアは全100席。ライブ感のあるオープンキッチンなどブラッスリーらしさはありつつも、どこか気品を感じさせる造りとなっています。

    お料理は、ポール・ボキューズ氏の料理哲学を受け継いだ正統派フランス料理を手頃な価格で楽しめます。『“ロッシーニ風” 国産牛フィレ肉とフォアグラのソテー トリュフの香るペリゴールソース』や『リヨンのスペシャリテ ピスタチオ入りソーセージのブリオッシュ 鴨のテリーヌ カンパーニュ風』、季節ごとに旬の食材を用いたポール・ボキューズ氏の代表的なスープの数々もいただけます。

    ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座

    【エリア】銀座
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】3500円
    【ディナー平均予算】6500円
    【アクセス】有楽町駅 徒歩3分

    とんかつ【銀座かつかみ】

    さまざまな部位をコースでいただく希少なとんかつ店

    さまざまな部位のとんかつを、一切れずつコース仕立てで提供するという新しいスタイルで人気の【銀座かつかみ】。高級鮨店のような落ち着いた雰囲気で、まさに大人のためのとんかつ店といった趣です。それぞれベストなタイミングで出せるようにと、席数を13席に限定しているため、夜は完全予約制。昼も予約がオススメです。

    コースによって昼は4~5種類のとんかつ、夜は希少部位を含めた6種類のとんかつとエビフライなどを、揚げたてでいただけます。店で主に使用しているのは、山形県の銘柄豚「米澤豚一番育ち」。大麦を多く配合した飼料で飼育され、強い甘みと旨みが特徴です。“とんかつとワインのマリアージュ”もコンセプトに掲げているので、おいしいワインとともにぜひ。

    銀座かつかみ

    【エリア】銀座
    【ジャンル】和食
    【ランチ平均予算】3000円
    【ディナー平均予算】10000円
    【アクセス】銀座駅 徒歩5分

    フレンチ【エスカーレ】

    銀座の街角に佇む大人の隠れ家で、フレンチを密かに満喫する

    銀座一丁目駅から徒歩1分、ホテルモントレ銀座内にあるフレンチレストラン【エスカーレ】。シーンに合わせて「カーテンで仕切れる個室風テーブル席」、「大理石のバーカウンター」、「人気の個室」がある店内は、まるでパリのアパルトマンを思わせる雰囲気。まさに大人の隠れ家です。

    シェフが手掛ける料理は一つ一つが繊細かつ丁寧、多彩で鮮やか。上質な食材の味わいをしっかりと感じられる本格フレンチがいただけます。記念日用に乾杯のグラスシャンパーニュ・ホールケーキ付きの「アニバーサリーランチ」や「アニバーサリーディナー」もあるのでぜひ利用してみてください。

    エスカーレ

    【エリア】銀座
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】5000円
    【ディナー平均予算】10000円
    【アクセス】銀座一丁目駅 徒歩1分

    しゃぶしゃぶ【神戸牛 しゃぶしゃぶ おもき 離れ 銀座店】

    A5ランク神戸牛を全コースで心ゆくまで楽しめる店

    世界でも知名度が高い神戸牛の中でも、等級の高いA5ランクをすべてのコースで使用。赤身をメインに霜降り肉といったさまざまな部位を使い、スープや焼き物、揚げ物などを提供しています。和風で落ち着いた店内は全席個室。テーブル席や掘りごたつ席などが用意され、大切な人をもてなすときにもふさわしいお店です。

    どのコースでも始めにいただける『神戸牛 出汁スープ』は、神戸牛本来の上質な風味がじっくりと堪能できます。ほかにも炙ることで肉の甘みを引き出す『神戸牛 肉寿司』など多彩です。メインの『神戸牛出汁しゃぶしゃぶ』は神戸牛のだしに赤身を通し、千寿葱とともにいただくと肉の旨みや上品な味わいが口の中に広がります。

    神戸牛 しゃぶしゃぶ おもき 離れ 銀座店

    【エリア】銀座
    【ジャンル】しゃぶしゃぶ・すき焼き
    【ランチ平均予算】5000円
    【ディナー平均予算】15000円
    【アクセス】銀座駅 徒歩2分

    和食【銀座 いしづか】

    腕利きの店主がつくり出す四季折々の料理に舌鼓を打つ

    銀座一丁目駅から徒歩1分の立地にある【銀座 いしづか】。和のテイストで統一された店内には、カウンター席とテーブル席が用意されています。繁華街にありながらも落ち着いた大人の空間なので、歓送迎会や接待、女子会など、さまざまなシーンでの利用が可能です。

    日本料理の名店で腕を磨いた店主が織りなす四季折々の料理はどれも絶品。朝採れ野菜や、水揚げしてその日のうちに届く魚など、産地直送のつくり手の見える新鮮な食材を使用し、気候や状態、好みに応じて提供する『おまかせ料理』で味わえます。

    銀座 いしづか

    【エリア】銀座
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】3000円
    【ディナー平均予算】18000円
    【アクセス】銀座一丁目駅 徒歩1分

    焼肉【焼肉うしごろ 銀座店】

    極上の国産A5黒毛和牛にこだわる店

    銀座一丁目にある高級焼肉料理店【焼肉うしごろ 銀座店】。落ち着いた雰囲気の店内は、無煙ロースターを使用しているため、清潔感が漂います。こちらではスタッフがほぼ付きっきりでお肉を焼いてくれます。また、シェフはソムリエ資格を保有しておりお肉とワインのマリアージュも楽しめます。

    お肉は国産黒毛和牛を使用。最上級の国産A5黒毛和牛はもちろん、貪欲に研究を重ねたという完成度の高いサイドメニューも充実しています。シャトーブリアンはミルフィーユ仕立てがおすすめで、柔らかくて食べやすく、思わず笑顔になるおいしさです。

    焼肉うしごろ 銀座店

    【エリア】銀座
    【ジャンル】焼肉
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】10000円
    【アクセス】銀座駅 徒歩3分

    お好み焼き【電光石火 銀座店】

    ワインとのペアリングやドーム型のお好み焼きに感動

    広島で根強い人気を誇るお好み焼き店【電光石火】の2号店。広島からこだわりの食材を取り寄せ、本場の味を再現しています。店内は銀座らしく、シックで洗練された大人の雰囲気。広島牡蠣の殻を使った壁や雲の演出など、内装にもこだわります。

    17時~22時はお好み焼きをメインに前菜からデザートまでを楽しめるコース料理のみを提供。ドーム型でふっくらとした形が印象的なお好み焼き『電光石火』の脇を固めるのは、広島産の魚介やお肉を使った鉄板料理となっています。

    電光石火 銀座店

    【エリア】銀座
    【ジャンル】鉄板焼き
    【ランチ平均予算】1500円
    【ディナー平均予算】10000円
    【アクセス】銀座駅 徒歩6分

    イタリアン【サン・ミケーレ】

    ヨーロッパのアパルトマンを彷彿とさせるイタリアン

    パリのアパルトマンをイメージした「ホテル モントレ ラ・スール ギンザ」。その1階に位置する【サン・ミケーレ】は、クリーム色と淡いミントグリーンを基調とした可愛らしい雰囲気のお店で、ガラス張りのテラスから陽の光がいっぱいに入る開放感あふれる空間が魅力です。

    四季折々の旬彩を繊細に盛付けた美しいイタリアンが楽しめると好評で、ディナーはもちろん、ランチでは彩り豊かな前菜盛合わせなど4品含む『パレットランチ』や、魚料理or肉料理が選べるプリフィクス4品などをラインナップ。夕方スタートで優雅な時間を楽しめる「ハイティー」も人気です。

    サン・ミケーレ

    【エリア】銀座
    【ジャンル】イタリアン
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】7000円
    【アクセス】銀座一丁目駅 徒歩1分

    中華【GINZA沁馥園】

    伝統をベースに銀座スタイルを合わせた“創新中華”料理が味わえる店

    銀座駅から徒歩2分、銀座みゆき館ビルの6階にある【GINZA沁馥園】。店内は、銀座という立地にぴったりの黒と金を基調にしたラグジュアリーな空間です。重厚感のある落ち着いた雰囲気の中で、絶品料理とともに贅沢な時間が過ごせること間違いなしです。

    このお店で味わえるのは、中国伝統の技法を用いつつ、日本各地の新鮮な海の幸や山の幸を使って“銀座スタイル”としてイノベーションした“創新中華”。『青森県大間産干し鮑の25頭』や『気仙沼産 特大吉切鮫尾びれの姿煮込み』など、本場のテイストを色濃く残しつつも、新感覚な中華料理が存分に堪能できます。

    GINZA沁馥園

    【エリア】銀座
    【ジャンル】中華料理
    【ランチ平均予算】2000円
    【ディナー平均予算】10000円
    【アクセス】銀座駅 徒歩2分

    銀座で人気のお店 by ヒトサラ
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    もつ料理のイメージが変わる! スタイリッシュ& 気軽に、もつのおいしさを堪能|【もつやきみのる】中目黒 https://magazine.hitosara.com/article/3759/ https://magazine.hitosara.com/article/3759/ Sat, 13 Apr 2024 00:00:00 +0900 ≫ 【もつやきみのる】のネット予約はこちら
    • 従来の“もつ”へのイメージを払拭させるオシャレな空間
    • 鮮度抜群の“もつ”を使った多彩なメニューが自慢
    • 女性にもオススメ、もつ料理の新しい楽しみ方を提案

    従来の“もつ”へのイメージを払拭させるオシャレな空間

    オシャレなビルの4Fにある、まさに大人の隠れ家

    中目黒駅から徒歩5分、目黒銀座商店街を真っ直ぐ進んだビルの4Fに佇む、オシャレなもつ焼き店。ブルックリン調のスタイリッシュな雰囲気の中、趣向を凝らした絶品もつ焼きを優雅に楽しむことができます。女子会やデートで利用する人も多く、女性一人でも気兼ねなく過ごせる空間。控えめな看板があるだけの、知る人ぞ知る隠れ家です。

    女子会やデートにもピッタリの洗練された雰囲気

    従来のもつ焼き店のイメージとは異なる、洗練されたダイニングバルのような店内。キッチンを囲むようにカウンターが配され、お一人様もやさしく迎えてくれます。グループにオススメのテーブル席もあり、おいしい料理とお酒で会話も弾みそうなゆったり感が漂う空間。仕事やお出かけの帰り道、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

    鮮度抜群の“もつ”を使った多彩なメニューが自慢

    名物料理の『もつ煮込み』を筆頭に、バラエティー豊かなもつ焼きメニューがずらり。「この店のこの味が恋しい!」と思わせてくれる料理の数々を、こだわりのお酒とともに満喫できます。

    その中から、オススメの3品をご紹介しましょう。

    『もつ煮込み 大』

    一度食べたら忘れられない、お店の看板メニュー『もつ煮込み 大』

    リピーターはもちろん、初めて訪れたゲストの心もつかむこと間違いなしの看板メニュー『もつ煮込み』。白味噌ベースの上品な味付けで、じっくり煮込んだもつと、じゃが芋のトロッと感が絶妙のハーモニーを醸し出しています。

    『もつ焼き』

    少し焦がしたタレで格別な風味が楽しめる『もつ焼き』

    炭火でカリッと香ばしく焼き上げた『もつ焼き』は、いろいろな部位が楽しめる、おまかせの盛り合わせで。食材そのものの味がわかるシンプルな料理だからこそ、鮮度には特にこだわっています。味付けはタレor塩から選べるので、お好みで。

    『ハラミのせグリーンサラダ ~にんじんドレッシング~』

    ボリューム満点ながら、おいしく食べきれる大人気サラダ

    肉のせサラダが好きな店主のアイデアから生まれたという、『ハラミのせグリーンサラダ ~にんじんドレッシング~』。鮮度抜群の野菜とハラミ肉を、手づくりの爽やかドレッシング
    で豪快にモリモリいただけます。

    女性にもオススメ、もつ料理の新しい楽しみ方を提案

    鮮度抜群のもつをはじめ、全国の厳選食材を使用

    【もつやきみのる】のおいしさのベースにあるのは、食材へのこだわり。もつは、芝浦食肉市場から1頭買いで仕入れ、店内で細かく捌くので鮮度もバツグン。お米や季節の野菜は、全国各地から取り寄せています。珍しい野菜に出合えることもあり、いろいろなお米でつくる日替わりのおにぎりも人気です。

    珍しい銘柄にも出合える、こだわりの焼酎

    もつ料理とお酒を一緒に楽しむなら、焼酎がオススメ。【もつやきみのる】のカウンターには、巷ではあまり見られない珍しい銘柄の焼酎が並んでいます。ジャンルも、芋・麦・米・黒糖とさまざま。1本でも、グラスでもオーダー可能です。また、アルゼンチン産にこだわり、珍しい品種で醸造されたワインも、ぜひ。

    オーナー&焼き手の根木さんをはじめ、女性スタッフも多いので、女性グループや女性一人でも気軽に訪れることができます。ダイニングバルのようなオシャレな隠れ家空間で、『もつ焼き』と焼酎・ワインを楽しみながら、くつろぎの時間を過ごしてみては。

    料理人プロフィール:根木 知子 さん

    1980年、東京都生まれ。中目黒に引越してきたことが契機となり、【もつやきみのる】でアルバイトをスタート。飲食店を経営してみないかとのオファーを受け、料理のつくり手となる決意をする。先代女将に手ほどきを受け、独自のおいしさやレシピを習得。インドカレー店でさらに経験を積み、幅広い料理に携わる。現在は【もつやきみのる】のオーナー&焼き手として、日々ゲストを温かく出迎える。

    もつやきみのる

    【エリア】中目黒
    【ジャンル】居酒屋
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】3500円
    【アクセス】中目黒駅 徒歩5分

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 中目黒の居酒屋はこちら

    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    1万円以下でおいしいお寿司食べに行こう! すすきのでオススメのお店5選|札幌・すすきの https://magazine.hitosara.com/article/3838/ https://magazine.hitosara.com/article/3838/ Fri, 12 Apr 2024 16:00:00 +0900
  • 【鮨処 竜敏】
  • 【すし たけ田】
  • 【鮨 味の壱松】
  • 【鮨九】
  • 【すし屋のやま田】
  • 【鮨処 竜敏】

    北海道産を中心に、旬のネタを選りすぐったコースや盛合わせに舌鼓

    旬ネタの握りに刺身や一品まで、店のイチ推しを網羅できる『厳選コース』

    すすきの駅から徒歩5分。【鮨処 竜敏】は名店が林立するこの地で、四半世紀を超えて愛され続けるお店です。北海道産を中心とする食材は漁港や漁師から直接届くものもあり、鮮度・質ともに折り紙付き。自慢の握りに刺身や茶碗蒸しなどが付くコースや、握り8貫と10貫(2種)から選べる盛合わせなど、多彩な旬の味をリーズナブルに満喫できます。

    目の前に並ぶ新鮮なネタと職人技を眺めて楽しめるカウンター席

    店内のメインとなるカウンター席は、職人の技を間近で見ることができる特等席。一人でもスタッフとの会話を楽しみながらリラックスして過ごすことができ、コースも一人前からオーダー可能です。掘りごたつ式の個室も3部屋あり、間仕切りを外すことで最大18名までの会食に対応。個室は喫煙OKで、愛煙家には希少な場所です。

    鮨処 竜敏

    【エリア】すすきの
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】10000円
    【アクセス】すすきの駅 徒歩5分

    【すし たけ田】

    6席だけの隠れ家で、熟練店主こだわりの寿司と美酒に酔う

    赤酢の香りと米酢のまろやかさで魚介の旨みを引き出した『寿司(おまかせコース)』

    すすきの駅から徒歩5分。 【すし たけ田】は、隠れ家風のこぢんまりと落ち着いた空間で、寿司一筋に腕を磨いてきた店主が腕をふるうお店です。メニューは飲み放題付きの『おまかせコース』のみ。ネタはもちろん、米にもこだわった握り(5〜6貫)をはじめ、突き出しや焼き物、煮物など、その日仕入れた新鮮な北海道産の魚介類をたっぷり味わえます。

    ゆったり座ってくつろげる、広々としたカウンター席

    店内はカウンター席とテーブル席の全6席。メインのカウンター席はオープンキッチンスタイルで、店主との会話や熟練の技を眺めるのも楽しみ。間隔を広くとった席が居心地よく、つい長居したくなります。一人でも立ち寄りやすい雰囲気で、落ち着いた大人のデートにもオススメ。店主の出身地・山形県の地酒やワインなど、寿司や魚介に合うお酒も揃っています。

    すし たけ田

    【エリア】すすきの
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】10000円
    【アクセス】すすきの駅 徒歩5分

    【鮨 味の壱松】

    北海道生まれのベテラン職人が目利きし、腕をふるう、寿司と逸品料理

    バフンウニや炙りキンキなど、その日入荷する旬のものを味わえる『握り寿司 松』

    すすきの駅から徒歩3分。【鮨 味の壱松】は、北海道で生まれ、札幌で修業を積んだベテラン職人の店主が2022年の春にオープンしたお店です。自慢の『握り寿司』はもちろん、『鮑とウニの水貝』や『毛蟹の剥き身』など、季節の新鮮な魚介や地元野菜を使ったメニューが並びます。札幌や旭川などの地酒も豊富で、北海道ならではの味わいに感動します。

    女性だけでも入りやすい、和モダンでゆったりとした空間。

    お店はビルの2Fにあり、街中とは思えない落ち着いた雰囲気。洗練された和モダンな内装で、朱色の天井や穏やかな色調の壁紙には美しい和紙が使われています。オープンキッチンに面したL字型のカウンター席では、料理人の包丁さばきをライブ感たっぷりに楽しめます。接待やお祝いの会食はもちろん、記念日デートにもオススメです。

    鮨 味の壱松

    【エリア】すすきの
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】10000円
    【アクセス】すすきの駅 徒歩3分

    【鮨九】

    北海道から九州まで、全国の契約漁師から届く鮮魚が絶品の寿司に

    自慢の寿司に加え、旬の食材が織りなす全8品を楽しめるコース『はまなす』

    すすきの駅から徒歩3分。【鮨九】は、北海道をはじめ、全国の契約漁師から直送される鮮魚を使った寿司と一品料理が自慢のお店です。オーナー自ら全国を駆け回って上質な魚介を低価格で仕入れるルートを確保し、ほかではあまり見られない希少な魚も取り扱っています。水と米にもこだわった寿司はもちろん、旬の食材を満喫できるコース料理もオススメです。

    和モダンな店内は、洗練と居心地よさが両立

    有名建築家プロデュースの店内は落ち着きのある和モダンテイストで、赤い漆塗りのカウンターが印象的。掘りごたつ式の小上がり個室もあり、年配の方や子どもと一緒でもゆっくりくつろげます。誕生日や記念日には、店オリジナルの『寿司ケーキ』(当日予約も可)でユニークなサプライズを楽しんでみませんか。

    鮨九

    【エリア】すすきの
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】8000円
    【アクセス】すすきの駅 徒歩3分

    【すし屋のやま田】

    厳選ネタに、道産最高級米「ゆめぴりか」のシャリも秀逸

    近海もの、道産のネタを手軽にいろいろ味わえる『北の寿し』(1人前10貫)

    すすきの駅から徒歩3分。【すし屋のやま田】は、近海の鮮魚はもちろん、春の山菜、秋のキノコ、大滝村の椎茸など、北の山海の恵みを満喫できる寿司店です。お米は最高級の道産米「ゆめぴりか」。おいしく、ぷっくりとした粒は、ネタとの相性も抜群です。まずは握り10貫の盛合わせ『北の寿し』で、ウニやイクラ、帆立など、店自慢の味を気軽にご賞味あれ。

    目の前の新鮮なネタを手際よく握る、寿司の醍醐味が味わえるカウンター席

    鶯色の壁に木の質感が心地いい店内。カウンターに座ると新鮮な魚介が並ぶネタケースや調理の様子がよく見え、目の前で魚を選んで握ってもらえます。店長がフランクに接してくれるので一人で立ち寄っても楽しめ、接待や食事会にもオススメ。掘りごたつ式の小上がり半個室(2名~16名用)もあり、宴会向けのコースも各種用意されています。

    すし屋のやま田

    【エリア】西11丁目/18丁目
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】15000円
    【アクセス】西18丁目駅 徒歩2分

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! すすきの周辺の寿司のお店はこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    麻布台ヒルズで楽しみたいカジュアルランチ5選 https://magazine.hitosara.com/article/3891/ https://magazine.hitosara.com/article/3891/ Fri, 12 Apr 2024 00:00:00 +0900
  • ハンバーグ【らいむらいと 麻布台ヒルズ】
  • 担々麺【希須林 麻布台】
  • カレー【The Yellow Company TOKYO】
  • ハンバーガー【SHOGUN BURGER 麻布台ヒルズ店】
  • とんかつ【とんかつ 河むら 麻布台ヒルズ店】
  • ハンバーグ【らいむらいと 麻布台ヒルズ】

    数々のメディアで取り上げられる人気のチーズハンバーグは必食

    気軽に通える雰囲気のレストラン

    創業38年、メディアで度々取り上げられるレストラン【らいむらいと】。市ヶ谷に本店を構える行列の人気店が、麻布台ヒルズに出店しました。オーナーシェフは都内のホテルで西洋料理を経験し、都内のフレンチレストランなどで修業した川上健司氏。ステーキやハンバーグは口溶けがよく、あっさりとした脂質が特徴で、食べ飽きないと評判です。

    『らいむらいと風チーズハンバーグ』。ランチはライス・サラダ付で1,680円(200g)と、お得に楽しむことができる

    人気No.1メニューは、綺麗な小判型のハンバーグにニュージーランド産チーズを上からとろりとかけた熱々の『らいむらいと風チーズハンバーグ』。ここでしか味わうことのできないオリジナルソースを絡めているのもポイントです。ほかにもフレンチ出身のシェフが和風にアレンジした牛ロース肉の『特製レア焼き丼』や『牛ロース肉のチーズはさみ揚げ』などのメニューも。

    らいむらいと 麻布台ヒルズ

    【エリア】芝公園/東京タワー周辺
    【ジャンル】ハンバーグ
    【ランチ平均予算】1,000円 ~ 1,999円
    【ディナー平均予算】4,000円 ~ 4,999円

    担々麺【希須林 麻布台】

    青山の名店中華【希須林】のクリーミーな担々麺

    モダンな雰囲気のカウンター席

    青山の中華の名店【希須林】が、赤坂、軽井沢に続き麻布台にもオープン。本店のモダンな雰囲気はそのままに、店内は落ち着いたムードが漂います。ライブ感あるキッチンを見渡せるカウンター席は特等席。一人でも入りやすいのでデイリーユースに最適です。また、落ち着いた雰囲気の個室も完備。

    ランチには『担々麺』1,480円のほか、セットメニューなども充実

    ランチ時に行列をなす人々のお目当ては名物の『担々麺』。クリーミーなゴマの風味とラー油などの刺激がしっかり効いているのが特徴です。また、追加トッピングの排骨も人気。注文ごとに揚げているため、熱々なのはもちろん、サクサクの食感がクセになります。

    希須林 麻布台

    【エリア】芝公園/東京タワー周辺
    【ジャンル】中華料理
    【ランチ平均予算】1,000円 ~ 1,999円
    【ディナー平均予算】5,000円 ~ 5,999円

    カレー【The Yellow Company TOKYO】

    東京にある札幌スープカレーを代表する名店

    店内はグリーンがアクセントに

    東京恵比寿と新宿にある【The Yellow Company TOKYO】は、北海道スープカレー専門店。オーナーシェフの大竹雅人氏は、本場の北海道出身。札幌にいた頃お店で提供していた、人気メニューのスープカレーを引っ提げて東京に来たのが始まりで、麻布台ヒルズが3店舗目です。

    麻布台店限定の特別メニュー『ザ イエカン スペシャル スープカレー“TOKYO”』(2,500円)は特に人気のメニュー

    北海道産を中心とした15品目の野菜と、漢方を含む30種類以上のスパイスを使用し、深みがある絶品のスープカレーを提供しています。大きめにカットした新鮮な野菜は、それぞれの旨みを出すために調理法を変えるというこだわりも。辛さはレベル1(微辛)から5(激辛)までは無料で選べます。

    The Yellow Company TOKYO

    【エリア】神谷町
    【ジャンル】スパイスカレー
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】-
    【アクセス】神谷町駅

    ハンバーガー【SHOGUN BURGER 麻布台ヒルズ店】

    焼肉屋が本気でつくった“和牛ハンバーガー”を堪能

    ロゴは将軍が着用する兜がモチーフ

    創業37年の【焼肉ハウス 大将軍】が本気でつくった和牛ハンバーガー専門店。2017年4月、富山に1店舗目をオープンさせて以来、店舗数は拡大。いまはベトナムを含め15店舗に。麻布台ヒルズ店は、大きなキッチンを真ん中に構えた造りが特徴になっています。

    『ベーコンチーズエッグオニオンバーガー』

    独自製法で焼くオール国産小麦のバンズは、力強い食感が特徴。そして主役となる和牛100%のパテは、主に牛スネ肉を使用し和牛のおいしさにこだわった独自の配合に。ツナギ不使用で、パテにあらかじめ自家製和牛ソースを塗ることで“焼肉屋のハンバーガー”の味わいを完成させています。オリジナルの焼印も目を引きます。

    SHOGUN BURGER 麻布台ヒルズ店

    【エリア】芝公園/東京タワー周辺
    【ジャンル】ハンバーガー
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】1,000円 ~ 1,999円

    とんかつ【とんかつ 河むら 麻布台ヒルズ店】

    素材と技にこだわった、ジューシーなとんかつ

    和の雰囲気で落ち着きのある店構え

    【とんかつ河むら】は、千葉県産の銘柄豚「林SPF」を使用したこだわりのとんかつが楽しめるお店。厳選したパン粉や揚げ油、高い技術によって、上質な肉を一番おいしい状態に仕上げて提供しています。

    『リブロースかつ定食(260g)』3,800円

    定食はご飯、豚汁、キャベツ、ぬか漬け付きで、ご飯、キャベツは1回のおかわりが可能というのもうれしいところ。メニューは一度は食べたい『極厚ロース』をはじめ、限定メニューのメンチカツ定食、ロースとヒレを同時に楽しめるセットなども。一口目は塩で食べてみると、肉本来の甘さが際立ちます。

    とんかつ 河むら 麻布台ヒルズ店

    【エリア】芝公園/東京タワー周辺
    【ジャンル】とんかつ
    【ランチ平均予算】1,000円 ~ 1,999円
    【ディナー平均予算】3,000円 ~ 3,999円

    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    京都で一人でも女子どうしでも! オシャレなカウンターのある、和のお店5選|京都 https://magazine.hitosara.com/article/3794/ https://magazine.hitosara.com/article/3794/ Thu, 11 Apr 2024 16:00:00 +0900
  • 烏丸御池【手鞠鮨と日本茶 宗田 -SOUDEN-】
  • 京都市役所前【KOTOWARI】
  • 烏丸【いっかくじゅう 烏丸店】
  • 小野【炉ばたゆたか】
  • 出町柳【あふひ】
  • 烏丸御池【手鞠鮨と日本茶 宗田 -SOUDEN-】

    美しく設えられた大人の上質空間で、鮨と茶を堪能する贅沢なひととき

    モダンな黒いカウンター席の奥には小さな滝が流れる

    御池通から新町通に少し入った左手にある【手鞠鮨と日本茶 宗田 -SOUDEN-】は、色とりどりの美しい手鞠鮨と風味豊かな日本茶が楽しめるお店です。木戸をくぐると一枚板の大きな木のテーブルが目を引き、その奥にあるのは煌びやかな絵の施された漆黒のカウンター。落ち着いた中にも豪華な雰囲気の空間が広がります。

    木製のトレイに美しく盛付けられた『月替わりセット』

    ぜひ味わいたいのは、旬の食材を一口サイズで味わえる見た目も愛らしい手毬鮨と、天ぷら、おばんざい、茶碗蒸しなどがついた『月替わりセット』。また、お茶本来のおいしさを味わえるように一杯ずつ丁寧に淹れられた日本茶がいただけるのも魅力の一つ。心癒される至福のひとときを提供するお店です。

    手鞠鮨と日本茶 宗田 -SOUDEN-

    【エリア】四条烏丸/烏丸御池
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】4000円
    【ディナー平均予算】-
    【アクセス】烏丸御池駅 徒歩6分

    京都市役所前【KOTOWARI】

    革製品と和食を融合した、非日常空間が広がるカフェレストラン

    美しいタイル張りの床に料理人と会話を楽しめるオープンキッチンのカウンター席

    京都市役所前駅から徒歩5分にある【KOTOWARI】は、和食と革製品のユニークな融合を実現した一軒家スタイルのレストランです。一階には革小物がディスプレイされたタワー、オープンキッチンのカウンター席とテーブル席、二階にはプライベート感が高まる座敷席があり、オシャレで個性的な非日常空間が広がっています。

    人気ランチメニュー『本日の気まぐれ3種丼プレート』

    肉、海鮮、あっさり系の3種の丼が味わえる『本日の気まぐれ3種丼プレート』は、おばんざい5種とサラダ、味噌汁が付くオシャレなランチ。夜は、滑らかでカリッとした表面の『KOTOWARIシアードチーズケーキ』や、贅沢な『黒毛和牛のすき焼き』がオススメです。料理に合うドリンクも豊富で、お酒とごはんがゆったりと堪能できる一軒です。

    KOTOWARI

    【エリア】四条河原町周辺/寺町
    【ジャンル】創作和食
    【ランチ平均予算】2000円
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】京都市役所前駅 徒歩5分

    烏丸【いっかくじゅう 烏丸店】

    米粉の魔法でふわとろ! 烏丸のグルテンフリー鉄板焼き

    洗練された大人の雰囲気漂うカウンター席

    烏丸駅から徒歩3分の【いっかくじゅう 烏丸店】は、ヘルシーなグルテンフリーのお好み焼きと豊富な鉄板焼きメニューを楽しめるお店です。落ち着ける人気のカウンター席のほか、金色の背景に紅白の梅が描かれた趣きある個室など、洗練された和モダンな空間で、専任「焼き士」の手による絶品料理を堪能できます。

    グルテンフリーの名物料理『お好み焼き各種』

    注目すべきは、グルテンフリーの名物料理『お好み焼き各種』です。小麦粉ではなく米粉を使い、鉄板の温度や生地の混ぜ方、焼き時間にまでこだわり抜いた逸品。ふわとろとカリッとした食感が独特で、幅広い客層に人気です。ドリンクメニューも豊富で、お酒だけでなくノンアルコール飲料にも注力しており、食事とのペアリングを楽しめます。

    いっかくじゅう 烏丸店

    【エリア】四条烏丸/烏丸御池
    【ジャンル】お好み焼き・もんじゃ
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】烏丸駅 徒歩3分

    小野【炉ばたゆたか】

    炉ばた焼きの新境地! ハーブとスパイスを効かせた炭火焼き

    キッチンのライブ感が楽しめるカウンター席

    小野駅から徒歩5分、モダンな雰囲気の中で独創的な炉ばた焼きが味わえる【炉ばたゆたか】。店内には、活気あふれる厨房の音と香りが楽しめるカウンター席があり、大人のカップルや女子同士にもオススメ。また、奥には小上がりの掘りごたつ席もあり、小さな子ども連れのファミリーもリラックスして食事ができます。

    肉本来の芳醇な濃い旨みが楽しめる『炭火焼トウガラシ』

    お店のオススメは、炉ばた焼きの概念をくつがえす、ハーブやスパイスをきかせた炭火焼き。旨みをギュッと閉じ込める焼き加減が絶妙です。また、厳選した魚介や肉、自家栽培の無農薬野菜を使用した料理は、一品一品に料理人の丁寧な手仕事が光ります。中でも、山城農産から仕入れるこだわりの京鴨肉の『炙り焼き』や『たたき』は、ぜひ注文したい逸品です。

    炉ばたゆたか

    【エリア】山科
    【ジャンル】居酒屋
    【ランチ平均予算】1000円
    【ディナー平均予算】4000円
    【アクセス】小野駅 徒歩5分

    出町柳【あふひ】

    京都下鴨の新風、若き女性オーナーが生み出す創作そば

    モダンなカウンターの前には、波佐見焼や九谷焼の色鮮やかなそば猪口が並ぶ

    下鴨神社のすぐ近くに位置する【あふひ】。カフェのような明るくオシャレな空間で、ユニークな和そばが楽しめるお店です。随所に木が使われ、緑が散りばめられた店内は温かで開放感たっぷり。店主と気軽に会話できるカウンター席は居心地よく、一人でもふらりと立ち寄りたくなります。

    メレンゲを加えたふわふわ食感が楽しい『ふわふわとろろそば』

    若き女性オーナーが生み出すのは、だしも自家製の本格国産十割そばの創作メニュー。オススメの『ふわふわとろろそば』は、メレンゲを加えたふわふわのとろろと、京都名産の錦ごまの異なる食感が楽しめます。京都のボトルワインをはじめ、そばによく合うお酒も豊富。いたるところにこだわりを感じられ、“革新的な和”を堪能できるお店です。

    あふひ

    【エリア】銀閣寺/北白川/出町柳
    【ジャンル】そば
    【ランチ平均予算】1000円
    【ディナー平均予算】1500円
    【アクセス】出町柳駅 徒歩16分

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 京都の和食はこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    新潟の風土によって育まれた食材をイノベーティブなイタリアンで堪能【灯りの食邸 KOKAJIYA】|新潟 https://magazine.hitosara.com/article/3835/ https://magazine.hitosara.com/article/3835/ Thu, 11 Apr 2024 00:00:00 +0900 ≫【灯りの食邸 KOKAJIYA】店舗詳細
    • 築100余年の古民家の、温かみあふれる雰囲気
    • 新潟の地元食材や料理人自らが狩猟するジビエが魅力
    • 料理と相性のいい地元産のワインやビールをラインナップ

    築100余年の古民家の、温かみあふれる雰囲気

    築100年以上の古民家の雰囲気をそのまま活かした内装

    【灯りの食邸 KOKAJIYA】があるのは、新潟市の最西部の岩室温泉を含む一帯の“にしかん”と呼ばれるエリア。国内最長の信濃川や霊峰・弥彦山と角田山に囲まれ、日本海からもほど近い自然豊かなロケーションです。

    特注ランプシェードも古民家の雰囲気にピッタリ。やわらかな光がやさしく空間を満たしています

    こちらでは、にしかんの文化と風土によって紡がれた食体験ができるのが醍醐味。本家の温泉旅館が元・鍛冶屋だったため、こちらの古民家は「小鍛冶屋」と呼ばれていたのが屋号の由来。刻まれた100年以上の歴史も大きな魅力で、特注のランプシェードの温かみのある光が、やさしく空間を満たしています。

    新潟の地元食材やシェフ自らが狩猟するジビエが魅力

    地場の有機野菜をはじめ、自ら育てた香草もちりばめたイタリアンのコースで、夏には長ナスやトマトのシシリアンルージュなどが厨房に並びます。ほかにもフェンネルやディルは自ら畑で育てます。これら新鮮野菜が、おまかせコースを彩ります。そんな農作物や海産物をはじめ、料理人が自ら狩猟するジビエを味わえるのもこちらのお店の魅力です。

    では、さっそくオススメメニューの一部をご紹介します。

    『寺泊サザエ 焼きピーマン』

    焼きピーマンのソースはなめらかなテクスチャー。苦味が食欲をそそります

    前菜の一例で、ピーマンとサザエを組み合わせた一品。名産地として知られる出雲崎のサザエに、スロージューサーにかけたなめらかな舌触りの焼きピーマンソースとサザエソースを絡めながらその組み合わせを堪能できます。

    『夏鹿 赤ワインビネガー』

    夏の鹿肉は、滋味深さを存分に味わえます

    フライパンとオーブンで火を入れて、稲藁で焼いて仕上げる鹿肉料理。夏鹿はさっぱりして、赤身の味が濃厚なのが特徴です。また、付け合わせのチャンフォッタ(夏野菜のごった煮)は無水調理のため、野菜本来の味が楽しめます。

    『白桃 カンパリ 赤紫蘇』

    白桃をカンパリと白ワインに漬けたデザート

    カンパリと白ワインに漬けた白桃が主役という、バーテンダー経験のある熊倉さんらしいデザート。白桃の下にあるプリンは卵白のみを使った後味がさっぱりとしたタイプ。シソとピスタチオのムースと相性のいい、フレーバーに富んだ一皿です。

    料理と相性のいい地元産のワインやビールをラインナップ

    旬の素材を使うイタリアンに、地元産のワインを合わせて

    山からの水脈に恵まれたこの土地には、酒蔵やワイナリーが立ち並びます。ストックするワインは、「カーブドッチ」「カンティーナ・ジーオセット」「ドメーヌ・ショオ」など、地元・新潟市西蒲区の銘柄。ビールは新潟県阿賀野市の「スワンレイクビール」を用意しています。

    新潟の野菜や海産物などの豊富な食材を盛り込んだコース料理が味わえるのがこちらならでは。地元産のワインやビールとペアリングを楽しめるのも格別です。穏やかな時間がゆっくりと流れるような古民家で、食文化にも思いを馳せながらランチやディナーを楽しむのはいかがでしょうか。

    料理人プロフィール:熊倉 誠之助さん

    琉球大学理学部を卒業後、独学で料理を学び地元の新潟へ。2013年に築150年の古民家で【灯りの食邸 KOKAJIYA】を開業する。近年は隣接する空き家を活用し、焼鳥店【岩室 とり蔦】や一棟貸し切りの宿「岩室久元」を開業し、温泉街の活性化に貢献する。土地の食文化を取り入れたり、狩猟シーズンには自ら獲ったカモやキジなどをジビエとして提供したり、さまざまな角度からこの土地を表現している。

    灯りの食邸 KOKAJIYA

    【エリア】新潟
    【ジャンル】イタリアン
    【ランチ平均予算】10000円
    【ディナー平均予算】14000円

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 新潟のイタリア料理のお店はこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    1万円以下で贅沢気分が味わえる、おいしいお寿司が堪能できるお店5選|大阪 https://magazine.hitosara.com/article/3834/ https://magazine.hitosara.com/article/3834/ Wed, 10 Apr 2024 16:00:00 +0900
  • 大阪天満宮【天満宮 鮨 ゆのか】
  • 心斎橋【心斎橋寿司居酒屋おやじ最後の握り】
  • 塚本【本格寿司 でん】
  • 北新地【鮨仙酢 北新地 総本店】
  • 北新地【北新地 鮨葵】
  • 大阪天満宮【天満宮 鮨 ゆのか】

    職人が丁寧に仕上げる江戸前寿司を堪能

    大ぶりで厚みのある穴子を自家製のツメで仕上げる『煮穴子』

    大阪天満宮駅から徒歩3分の場所にある【天満宮 鮨 ゆのか】は、大阪にありながら本格的な江戸前寿司を堪能できるお店。身の大きな国産穴子を丁寧に処理し、ふっくらと仕上げた『煮穴子』や、伝統的な製法でつくられる『玉』など、豊富なネタがそろえられています。

    明るく清潔感のある店内で江戸前寿司を楽しめる

    お店は大阪天満宮の表門前にあるビルの2階。明るい店内には、カウンターとテーブル席、掘りごたつ式の座敷席を完備。自慢の江戸前寿司のほかにも、松花堂弁当や内容充実の会席料理も用意されていて、記念日の食事会や会席などの利用にぴったりです。ときには、頑張った自分へのご褒美として、一人で訪れてみてもいいのでは。

    天満宮 鮨 ゆのか

    【エリア】南森町
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】3000円
    【ディナー平均予算】9000円
    【アクセス】大阪天満宮駅 徒歩3分

    心斎橋【心斎橋寿司居酒屋おやじ最後の握り】

    全国から仕入れた旬の魚介を使った寿司を楽しめる寿司居酒屋

    北海道産生ウニなど高級食材を使った『おやじ巻』

    心斎橋駅から徒歩5分の場所にある【心斎橋寿司居酒屋おやじ最後の握り】。ウニやキャビアなどの高級食材をふんだんに使った『おやじ巻』や、シャリが小さめで食べやすい『握り盛り合せ』、熊本直送の『桜馬刺し』など、クオリティの高い料理を手頃な価格で味わうことができます。

    掘りごたつ式の座席はゆったりと落ち着いて食事を楽しめる

    店内は純和風の落ち着いた雰囲気。木のぬくもりが感じられるテーブル席やカウンター席はリラックスできる掘りごたつ式。靴を脱いでゆっくりとした時間を過ごすことができます。個室も用意されているので、ビジネスシーンや大切な記念日のお祝いなど、さまざまなニーズに対応してくれる一軒です。

    心斎橋寿司居酒屋おやじ最後の握り

    【エリア】東心斎橋/心斎橋筋
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】8000円
    【アクセス】心斎橋駅 徒歩5分

    塚本【本格寿司 でん】

    銀座の有名店などで腕を磨いた店主が旬の味覚でおもてなし

    旬の食材が堪能できる『おまかせコース』

    塚本駅から徒歩2分というアクセス抜群の場所に店を構えているのが【本格寿司 でん】。有名寿司店などで腕を磨いた店主が、夫婦二人三脚で切り盛りするお店です。旬のおいしいものだけを食べてほしい、という思いでつくられる料理の数々は、食材そのものの味を堪能できるものばかりです。

    店主の手さばきを目の前で見ることのできるカウンター席

    落ち着いた和の雰囲気が漂う外観。扉を開けると、座敷に掘りごたつ式のカウンター8席のみの空間が広がります。ゆったりと落ち着いて食事が楽しめるので、デートや接待などにもぴったり。豊洲市場直送の鮪など、厳選素材を使った料理ができあがる様子を目の前で見ることができるのも、醍醐味の一つです。

    本格寿司 でん

    【エリア】十三/塚本
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】8000円
    【アクセス】塚本駅 徒歩2分

    北新地【鮨仙酢 北新地 総本店】

    秘伝の赤酢を使った寿司を手頃な価格で楽しめる

    その日仕入れた魚を一貫ずつ堪能できる最上級コース『おまかせ仙酢十貫握り』

    北新地駅から徒歩4分の場所に店を構える【鮨仙酢 北新地 総本店】。寿司には秘伝の赤酢を使用。固めの炊き方にこだわった赤シャリに合わせるのは、その時期のおいしさを堪能できる旬のネタ。こだわりの寿司を一貫380円からという手頃な価格で味わえます。

    食べる前から気分を盛り上げてくれるカウンター席

    店内には木のぬくもりが感じられる美しいカウンター席のほか、4名用のテーブル席や個室も完備しています。デートから仲間との食事会、ビジネスシーンでの会食まで、幅広いニーズに対応。ランチ営業も行っているので、より手軽に楽しみたい人はそちらもぜひ!

    鮨仙酢 北新地 総本店

    【エリア】北新地
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】4500円
    【ディナー平均予算】7000円
    【アクセス】 徒歩4分

    北新地【北新地 鮨葵】

    東京・赤坂の名店が大阪を代表する繁華街・北新地に初出店

    職人自らが市場に赴き、選び抜いた食材のみを使用したこだわりの握り

    【北新地 鮨葵】は、赤坂の名店【鮨葵】が、大阪に初出店したお店。北新地駅から徒歩2分というアクセスのよさも魅力です。提供しているのは、本物の江戸前寿司。「少しずつの沢山」をコンセプトに、高級食材を贅沢に使用し、特別な一日をたっぷりと楽しませてくれます。

    洗練された和の空間で本格的な江戸前握りが楽しめる

    落ち着いた隠れ家的な雰囲気も魅力の店内には、職人の技を間近に見られるカウンター席のほか、半個室、完全個室なども完備。靴を脱がずに使えるテーブル席は年配の方や海外からのゲストにも喜ばれます。繊細な料理の味を引き立ててくれる全国各地の地酒も豊富にそろい、贅沢な気分を満喫できるオススメの一軒です。

    北新地 鮨葵

    【エリア】北新地
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】1000円
    【ディナー平均予算】10000円
    【アクセス】北新地駅 徒歩2分

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 大阪の寿司の店はこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    一皿ずつ、素材の魅力とストーリーを込めてつくられるコース料理を堪能【レストランFAVORI】|東京・目白 https://magazine.hitosara.com/article/3764/ https://magazine.hitosara.com/article/3764/ Wed, 10 Apr 2024 00:00:00 +0900 ≫【レストランFAVORI】の店舗予約はこちら
    • フレンチの技法をベースにした多国籍料理
    • 一人でもフランス料理を堪能できる2つのコースを提供
    • デザートにささやかなメッセージを添えて

    フレンチの技法をベースにした多国籍料理

    目白駅より徒歩6分、雑司が谷駅より徒歩3分の場所にある【レストランFAVORI】。フランス料理をベースに、オーナーシェフが長く研鑽してきた多国籍料理を融合させた逸品を楽しめるレストランです。

    フランス国旗の看板が目印の一軒

    オーナーこだわりのオープンカウンターを中心に設えられた店内は、落ち着いた雰囲気に包まれたスタイリッシュな空間。スタッフが選びさりげなく飾られた絵画や小物にも、センスが光ります。カウンター席のほか、ソファータイプのテーブル席もあり、大人のデートや食事会、一人で過ごす至福のひと時など、ゲストが思い思いのスタイルで過ごすことができます。

    上質さをまとった空間が、優雅なひと時を提供する

    一人でもフランス料理を堪能できる2つのコースを提供

    同店ではつくり手を感じる素材を使った、オリジナリティーのある料理を提供しています。特にA5ランクの黒毛和牛や、秀逸な肉質を求め国内外から取り寄せる豚を使い、鉄板で焼き上げるステーキは絶品。また魚介は全国各地より産直で届き、素材の良さをとことん際立てた料理を提供します。ランチもディナーも2種類のコースがあり、オーダーは一名からオーダー可能なので、自分へのご褒美にもぴったりです。

    一皿ずつ、素材の魅力とストーリーを込めてつくられるコース

    昼も夜もコースでこだわりのおいしさを味わうのが【レストランFAVORI】のスタイルです。ランチタイムはメインを一つ選ぶカジュアルな『Aコース』がオススメ。ディナータイムのオススメは、肉料理・魚料理の両方をいただける『Bコース』があります。肉料理は牛肉または、鶏肉・豚肉(マンスリーで変更)から選べます。

    コース内容はその日によって変更 ※写真はイメージ

    デザートにささやかなメッセージを添えて

    コースの最後を締めくくるデザートも絶品。また、サプライズなどにも対応しているので、誕生日や記念日などはメッセージを添えるスペシャルプレートにアレンジすることもできます。

    さまざまなおいしさを求めるゲストに対して、フランス料理をベースに趣向を凝らした逸品の数々で満たしてくれる【レストランFAVORI】。心もお腹も満たされる素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

    料理人プロフィール: 久永 富也さん

    1973年、宮崎県生まれ。幼少期に訪れたレストランの味に感銘を受け、料理に魅力を感じる。料理関連に勤めている親戚が多かったことや、食べることが好きだったことも料理の世界へ入る後押しに。上京し、洋食を提供するパブレストランへ就職。その後は【AUX BACCHANALES】でフランス料理と本格的に向き合う。【KIHACHI】へと活躍の場を移し、以降22年間にわたり料理長を務める。2023年10月【レストランFAVORI】を開業する。

    レストランFAVORI

    【エリア】目白
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】4000円
    【ディナー平均予算】6000円
    【アクセス】雑司が谷駅 徒歩3分

    ※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

    ≫ハズさない! 東京・目白のイタリアン・フレンチはこちら
    ]]>
    ヒトサラ編集部 active
    「ミシュランガイド京都・大阪2024」セレクション発表! 15周年となる京都・大阪の掲載数は過去最多の440軒に! https://magazine.hitosara.com/article/2181/ https://magazine.hitosara.com/article/2181/ Tue, 09 Apr 2024 23:00:00 +0900 ≫「ミシュランガイド東京 2024」の記事はこちら!
    • 今年で15年目の「ミシュランガイド京都・大阪2024」
    • 京都・大阪の飲食店の総掲載軒数は過去最多の440軒
    • 京都の三つ星は5軒、二つ星は17軒
    • 大阪の三つ星は3軒、二つ星は10軒
    • 一つ星の掲載店は、京都78軒、大阪72軒
    • ミシュラングリーンスターは京都8軒、大阪3軒
    • 新設のセレクテッドレストランは京都・大阪合わせて138軒

    掲載店は計440軒、大阪は二つ星が1軒、京都はミシュラングリーンスターが2軒新たに誕生

    今年から、ゴールデンウィークや夏休みの旅で活用しやすくなるようにと、発表時期を秋から春に変更した「ミシュランガイド京都・大阪2024」。京都・大阪の飲食店の総掲載軒数は過去最多の440軒で、新規掲載としては、大阪に2年ぶりの新生二つ星が1軒、京都に2年ぶりの新生ミシュラングリーンスターが2軒誕生し、新規掲載店は115軒となりました。注目の三つ星は昨年と変わらず、京都・大阪合わせて8軒となり、うち2軒(【菊乃井 本店】【瓢亭】)は15年連続の三つ星に。さらに、インスペクターがおすすめするレストラン・飲食店の「セレクテッドレストラン」が京都・大阪版に初登場しました。

    また、飲食店・レストランの検索から予約までワンストップで行えるミシュランガイドアプリ日本語版を2023年4月に発表。デジタル化を促進しています。


    京都で三つ星を獲得したお店(5軒)

    三つ星評価は5軒。日本料理の【菊乃井 本店】【瓢亭】は2009年の初版以来、15年連続の三つ星の評価を維持しました。

    【菊乃井 本店】の村田 吉弘さん

    【瓢亭】の高橋 英一さん

    【菊乃井 本店】日本料理・和食/東山(15年連続三つ星)
    【瓢亭(ひょうてい)】日本料理・和食/蹴上(15年連続三つ星)
    【一子相伝 なかむら】日本料理・和食/四条河原町
    【祇園 さゝ木】日本料理・和食/祇園四条
    【未在(ミザイ)】日本料理・和食/東山

    菊乃井本店

    【エリア】円山公園/高台寺/清水寺
    【ジャンル】和食
    【ランチ平均予算】14000円
    【ディナー平均予算】22000円
    【アクセス】祇園四条駅 徒歩15分


    ≫【菊乃井】村田吉弘氏 ラジオ出演(前編)
    ≫【菊乃井】村田吉弘氏 ラジオ出演(後編)

      

    瓢亭 本店

    【エリア】岡崎/平安神宮/南禅寺
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】23000円
    【アクセス】蹴上駅 徒歩10分

      

    一子相伝 なかむら

    【エリア】四条河原町周辺/寺町
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】19000円
    【ディナー平均予算】25000円
    【アクセス】京都市役所駅 徒歩3分

      

    ≫【一子相伝 なかむら】のお店紹介記事



    祇園さゝ木

    【エリア】祇園
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】-
    【アクセス】京都河原町駅 徒歩12分

      

    ≫【祇園さゝ木】お店紹介記事



    未在

    【エリア】円山公園/高台寺/清水寺
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】30,000円 ~
    【アクセス】東山駅


    大阪で三つ星を獲得したお店(3軒)

    大阪の三つ星は3軒で、【太庵(たいあん)】【柏屋 大阪千里山】は14年連続で三つ星を獲得。

    【太庵(たいあん)】日本料理・和食/長堀橋(14年連続三つ星獲得)
    【HAJIME(ハジメ)】イノベーティブ/肥後橋
    【柏屋 大阪千里山】日本料理・和食/千里山(14年連続三つ星獲得)

    太庵

    【エリア】東心斎橋/心斎橋筋
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】20000円
    【アクセス】長堀橋駅 徒歩5分


    ≫【太庵】のお店紹介記事


    HAJIME

    【エリア】肥後橋
    【ジャンル】創作料理
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】85000円
    【アクセス】肥後橋駅 徒歩2分


    ≫【HAJIME】米田 肇シェフインタビュー記事
    ≫【HAJIME】米田シェフ ラジオ出演(前編)
    ≫【HAJIME】米田シェフ ラジオ出演(後編)



    柏屋

    【エリア】吹田/摂津
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】10,000円 ~ 14,999円
    【ディナー平均予算】15,000円 ~ 19,999円
    【アクセス】関大前駅

    二つ星掲載店は京都が17軒、大阪は10軒の計27軒で、大阪に新生二つ星が1軒追加

    二つ星は、京都が17軒、大阪が10軒。大阪に2年ぶりの新生二つ星が1軒誕生しました。

    京都で二つ星を獲得したお店(17軒)

    【有職料理 萬亀楼(まんかめろう)】日本料理・和食/二条城
    【おたぎ】日本料理・和食/北大路
    【京懐石 吉泉】日本料理・和食/出町柳
    【草喰(そうじき) なかひがし】日本料理・和食/元田中
    【美山荘(みやまそう)】日本料理・和食/出町柳
    【緒方】日本料理・和食/四条
    【菊乃井 露庵(ロアン)】日本料理・和食/祇園四条
    【ベルロオジエ】中国料理/河原町
    【和ごころ 泉】日本料理・和食/四条
    【祇園 にしかわ】日本料理・和食/祇園四条
    【祇園 又吉】日本料理・和食/祇園四条
    【祇園 丸山】日本料理・和食/祇園四条
    【建仁寺 祇園 丸山】日本料理・和食/祇園
    【高台寺 和久傳(わくでん)】日本料理・和食/祇園四条
    【新門前 米村】イノベーティブ/三条京阪
    【炭火割烹 いふき】日本料理・和食/祇園四条
    【凌霄】日本料理・和食/祇園

    萬亀樓

    【エリア】京都御所/西陣
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】10,000円 ~ 14,999円
    【ディナー平均予算】-


    おたぎ

    【エリア】金閣寺/衣笠/京都市北区
    【ジャンル】京料理
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】30,000円 ~
    【アクセス】北野白梅町駅

      

    京料理吉泉

    【エリア】銀閣寺/北白川/出町柳
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】10,000円 ~ 14,999円
    【ディナー平均予算】20,000円 ~ 29,999円
    【アクセス】出町柳駅


    草喰 なかひがし(そうじき なかひがし)

    【エリア】銀閣寺/北白川/出町柳
    【ジャンル】京料理
    【ランチ平均予算】10,000円 ~ 14,999円
    【ディナー平均予算】20,000円 ~ 29,999円
    【アクセス】茶山駅

      

    美山荘

    【エリア】鞍馬/貴船/京都市左京区
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】25000円
    【ディナー平均予算】30000円

      

    緒方

    【エリア】四条河原町周辺/寺町
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】-
    【アクセス】烏丸駅

      

    露庵 菊乃井

    【エリア】木屋町/先斗町
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】10,000円 ~ 14,999円
    【ディナー平均予算】20,000円 ~ 29,999円
    【アクセス】河原町駅


    VELROSIER

    【エリア】四条河原町周辺/寺町
    【ジャンル】中華料理
    【ランチ平均予算】10000円
    【ディナー平均予算】20000円
    【アクセス】京都河原町駅 徒歩2分


    和ごころ 泉

    【エリア】四条烏丸/烏丸御池
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】6600円
    【ディナー平均予算】13000円
    【アクセス】烏丸駅 徒歩5分


    祇園 にしかわ

    【エリア】円山公園/高台寺/清水寺
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】12650円
    【ディナー平均予算】33000円
    【アクセス】祇園四条駅 徒歩15分



    祇園 又吉

    【エリア】祇園
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】10,000円 ~15,000円
    【ディナー平均予算】40,000円 ~ 50,000円
    【アクセス】祇園四条駅


    祇園丸山

    【エリア】祇園
    【ジャンル】京料理
    【ランチ平均予算】20,000円 ~ 29,999円
    【ディナー平均予算】30,000円 ~
    【アクセス】祇園四条駅


    建仁寺 祇園 丸山

    【エリア】祇園
    【ジャンル】京料理
    【ランチ平均予算】10,000円 ~ 14,999円
    【ディナー平均予算】20,000円 ~ 29,999円
    【アクセス】祇園四条駅

      

    高台寺 和久傳

    【エリア】円山公園/高台寺/清水寺
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】30,000円 ~
    【ディナー平均予算】30,000円 ~

      

    新門前 米村

    【エリア】祇園
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】12000円
    【ディナー平均予算】25000円
    【アクセス】三条京阪駅 徒歩7分


    ≫【新門前 米村】のお店紹介記事

      

    祇園 炭火割烹 いふき

    【エリア】祇園
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】22000円
    【アクセス】祇園四条駅 徒歩7分

      

    ≫【祇園 炭火割烹 いふき】お店紹介記事



    凌霄

    【エリア】祇園
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】30,000円 ~
    【ディナー平均予算】30,000円 ~



    大阪で二つ星を獲得したお店(10軒)

    【カハラ】イノベーティブ/北新地
    【天神橋 青木】日本料理・和食/天神橋筋
    【ぬま田】天ぷら/北新地
    【宮本】日本料理・和食/天満宮
    【弧柳(こりゅう)】日本料理・和食/北新地
    【Fujiya 1935(フジヤイチキュウサンゴ)】イノベーティブ/谷町四丁目
    【ラ・シーム(La Cime)】フレンチ/本町
    【鮨 原正(はらしょう)】寿司/上本町
    【幽玄】日本料理・和食/上本町
    【旬彩天 つちや】天ぷら/江坂


    カハラ

    【エリア】大正/住之江
    【ジャンル】創作料理
    【ランチ平均予算】30,000円 ~
    【ディナー平均予算】30,000円 ~
    【アクセス】北新地駅

      

    天神橋 青木

    【エリア】天満/天神橋筋
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】20,000円 ~ 29,999円

      

    ぬま田

    【エリア】北新地
    【ジャンル】天ぷら
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】30,000円 ~



    お料理 宮本

    【エリア】南森町
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】-
    【アクセス】大阪天満宮駅

      

    北新地 弧柳

    【エリア】梅田/大阪駅
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】-
    【アクセス】北新地駅

      

    Fujiya1935

    【エリア】谷町/谷町四丁目
    【ジャンル】創作和食
    【ランチ平均予算】14000円
    【ディナー平均予算】25000円
    【アクセス】堺筋本町駅 徒歩7分



    ≫【Fujiya1935】お店紹介記事

      

    Restaurant La cime

    【エリア】淀屋橋
    【ジャンル】洋食
    【ランチ平均予算】12000円
    【ディナー平均予算】25000円
    【アクセス】本町駅 徒歩5分

      

    鮨 原正

    【エリア】天王寺/阿倍野
    【ジャンル】鮨・寿司
    【ランチ平均予算】20,000円 ~ 29,999円
    【ディナー平均予算】20,000円 ~ 29,999円

      

    幽玄

    【エリア】上本町
    【ジャンル】和食
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】-
    【アクセス】大阪上本町駅 徒歩5分

      

    旬彩天つちや

    【エリア】江坂
    【ジャンル】和食
    【ランチ平均予算】7500円
    【ディナー平均予算】18000円
    【アクセス】江坂駅 徒歩15分


    ≫【旬彩天つちや】お店紹介記事

      

    一つ星掲載店は計150軒、うち新規は京都10軒、大阪7軒

    京都・大阪の一つ星掲載店は計150軒。京都の一つ星掲載店は78軒で、うち新規掲載は10軒。大阪の一つ星掲載店72軒で、新規掲載店は7軒ありました。


    京都で新たに一つ星を獲得したお店(10軒)

    【アンペイジ】フランス料理/伏見
    【天若】天ぷら/北野白梅町
    【徳ハ本也】日本料理/鞍馬口
    【獨歩】日本料理/北大路
    【二條 みなみ】日本料理/京都市役所前
    【真白】現代風料理/四条烏丸
    【水の】日本料理/三条京阪
    【室町 唯】日本料理/烏丸御池
    【MOKO】フランス料理/丸田町
    【ラ ブッシュ】フランス料理/大原

    アンペイジ

    【エリア】伏見/醍醐
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】10,000円 ~ 14,999円
    【ディナー平均予算】15,000円 ~ 19,999円


    二條 みなみ

    【エリア】木屋町/先斗町
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】20,000円 ~ 29,999円

      

    真白

    【エリア】四条烏丸/烏丸御池
    【ジャンル】イノベーティブ・フュージョン
    【ランチ平均予算】10,000円 ~ 14,999円
    【ディナー平均予算】20,000円 ~ 29,999円


    水の

    【エリア】祇園
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】20,000円 ~ 29,999円

      

    室町 唯

    【エリア】京都御所/西陣
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】20,000円 ~ 29,999円
    【アクセス】烏丸御池駅


    MOKO

    【エリア】京都御所/西陣
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】6,000円 ~ 7,999円
    【ディナー平均予算】15,000円 ~ 19,999円

      

    大阪で新たに一つ星を獲得したお店(7軒)

    【柏屋 大阪北新地】日本料理/北新地
    【澤田】日本料理/新福島
    【シナエ】フランス料理/北浜
    【松寿司】寿司/北畠
    【有 伽藍堂】中国料理/中之島
    【料理屋 稲家】日本料理/北新地
    【ルポンドシエル】フランス料理/淀屋橋

    柏屋 北新地店

    【エリア】西天満
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】30,000円 ~



    SINAE

    【エリア】北浜
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】15,000円 ~ 19,999円
    【ディナー平均予算】20,000円 ~ 29,999円



    料理屋 稲家

    【エリア】北新地
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】20,000円 ~ 29,999円


    LE PONT DE CIEL

    【エリア】淀屋橋
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】15000円
    【ディナー平均予算】22000円
    【アクセス】淀屋橋駅



    サステナブルな取り組みを評価する「グリーンスター」獲得店は計11軒

    サステナブルガストロノミー(持続可能な美食)への真摯な取り組みを評価する「グリーンスター」の掲載店は、昨年より2軒多い計11軒を掲載。地球環境の保全に邁進する多くのシェフ・料理人が増えている、時代が反映された結果ともいえます。

    ●京都8軒
    【美山荘】日本料理・和食/出町柳
    【室町 和久傳】日本料理・和食/烏丸御池
    【草喰 なかひがし】日本料理・和食/元田中
    【十五】そば/元田中
    【高台寺 和久傳】日本料理・和食/祇園四条
    【丹】日本料理・和/東山
    【ラ ブッシュ】フランス料理/大原(NEW)
    【篩月】精進料理/嵐山(NEW)


    ●大阪3軒
    【柏屋 大阪千里】日本料理・和食/千里山
    【日本料理 寺田】日本料理・和食/鶴橋
    【雲鶴】日本料理・和食/天満宮

    美山荘

    【エリア】鞍馬/貴船/京都市左京区
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】25000円
    【ディナー平均予算】30000円


    室町 和久傳

    【エリア】四条烏丸/烏丸御池
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】15,000円 ~ 19,999円
    【ディナー平均予算】20,000円 ~ 29,999円


    草喰 なかひがし(そうじき なかひがし)

    【エリア】銀閣寺/北白川/出町柳
    【ジャンル】京料理
    【ランチ平均予算】10,000円 ~ 14,999円
    【ディナー平均予算】20,000円 ~ 29,999円
    【アクセス】茶山駅


    高台寺 和久傳

    【エリア】円山公園/高台寺/清水寺
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】30,000円 ~
    【ディナー平均予算】30,000円 ~


    【エリア】祇園
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】3,000円 ~ 3,999円
    【ディナー平均予算】6,000円 ~ 7,999円


    la buche

    【エリア】鞍馬/貴船/京都市左京区
    【ジャンル】フレンチ
    【ランチ平均予算】8,000円 ~ 9,999円
    【ディナー平均予算】15,000円 ~ 19,999円


    篩月

    【エリア】嵐山
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】3,000円 ~ 3,999円
    【ディナー平均予算】-


    柏屋

    【エリア】吹田/摂津
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】10,000円 ~ 14,999円
    【ディナー平均予算】15,000円 ~ 19,999円
    【アクセス】関大前駅


    日本料理 寺田

    【エリア】鶴橋
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】-
    【ディナー平均予算】18000円
    【アクセス】玉造駅 徒歩1分

     

    雲鶴

    【エリア】南森町
    【ジャンル】日本料理・懐石・会席
    【ランチ平均予算】10,000円 ~ 14,999円
    【ディナー平均予算】10,000円 ~ 14,999円


    個人を評価する「メンターシェフアワード」「サービスアワード」

    メンターシェフアワード

    メンターシェフアワードとは、自身の仕事やキャリアが手本となるようなシェフに授与されます。後進の育成にも力を注ぎ、指導者として熱意をもって助言し、レストラン業界の発展に貢献する料理人・シェフを称える賞です。


    受賞者
    村田吉弘さん|【菊乃井 本店】日本料理・和食/東山

    ~受賞理由~
    村田吉弘氏は、長きにわたり日本料理と京料理の発展に貢献し、「和食」のユネスコ無形文化遺産登録にも尽力。多くの優秀な門弟を育て、教育者として後進の指導に努めている。海外からの研修生も積極的に迎え入れ、その姿は世界の料理界から注目され、料理人としての模範となっています。

    店舗詳細はこちら≫


    サービスアワード

    サービスアワードは、訪れる人を心地良くすることができる、おもてなしに優れたスタッフに授与されます。プロフェッショナルかつ魅力的であり、レストランでの体験が特別なものになるような接客を心がけています。


    受賞者
    西田和雄氏、西田恭子氏|【要庵 西富家】日本料理・和食/河原町

    ©MICHELIN

    ~授賞理由~
    料理旅館「要庵西富家」五代目の西田和雄氏と妻の恭子氏。京都の歴史や文化を料理や会話で伝え、国内外から訪れるゲストに真心を込めてもてなす。西田夫妻は世界基準のサービスを知るために、海外のホテルやレストランで学び、食事での体験が楽しく、ゲストの思い出になるように演出しています。

    店舗詳細はこちら≫

    ]]>
    ヒトサラ編集部 active