ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.07.14グルメラボ

夏の風物詩「鱧」・「鮑」の特別メニューに舌鼓を打つ|ザ・キャピトルホテル 東急の日本料理【水簾】

東京の中心・永田町にあり、洗練された和のたしなみの中で日常から解き放たれるときを過ごせる「ザ・キャピトルホテル 東急」。その中にある日本料理【水簾】では、夏の風物詩「鱧」と「鮑」の特別メニューを2018年8月31日(金)まで期間限定でいただけます。

アプリで見る

日本料理【水簾】の夏の風物詩 「鱧」・「鮑」特別メニュー

「ザ・キャピトルホテル 東急」の“和のもてなし”を象徴するメインダイニング【水簾】。2018年8月31日(金)までの期間限定で、「鱧」と「鮑」の特別メニューが懐石、寿司、天麩羅、鉄板焼でいだだけます。

    庭園の豊かな緑に囲まれた“離れ”のような空間

 ロビーより渡殿を抜けると、そこは庭園の豊かな緑に囲まれたホテルの“離れ”ともいえる特別な空間。伝統的でありながら創意工夫を凝らした懐石料理を中心に、カウンターでは寿司、天麩羅、鉄板焼が楽しめます。

    『鱧懐石』19,000円(税・サ込)前菜、造り、進肴、鍋仕立て、焼物、留肴、食事、水菓子

『鱧懐石』は、しゃぶしゃぶや落とし(湯引きしたもの)、焼物などさまざまに姿を変えた料理や、独特の食感が魅力の高級食材「鮑」の酒蒸しなど、旬の素材の旨みを引き出した全8品のラインナップ。

    『鱧の湯引き』2貫 2,400円、『鱧の焼霜』2貫 2,400円、『煮鮑』2貫 2,850円(各 税・サ込)

    『鳳舞』18,000円(税・サ込)前菜、天麩羅11品、かき揚げにて天丼または天バラ(赤出汁付き)、または天茶、香物、水菓子

 寿司は、『鱧の湯引き』、『鱧の焼霜』、『煮鮑』の3品を期間限定で提供、ディナーコース『鳳舞』では、一品として鱧と鮑の天麩羅が提供されます。

    『鱧とフォアグラのマリアージュ』 6,000円(税・サ込)

 贅沢に鱧を衣がわりにしてフォアグラを包み込んだ鉄板焼の新作『鱧とフォアグラのマリアージュ』は、外はカリカリ、中はとろけるような食感。赤ワインの果実味とオレンジのさわやかな酸味が絶妙な味わいのソースをたっぷりと絡めて楽しみます。また、毎年人気の『黒鮑のステーキ』は千葉県房州産の黒鮑を肝ソースで仕上げています。


 さらに期間中、浴衣を着て来店したお客様には、特別なプレゼントも用意。浴衣で夏の風物詩を愉しむのも、この季節ならではの醍醐味ですよね。贅を尽くした夏だけの味わいを心ゆくまで堪能できます。

日本料理【水簾】

  • 期間:2018年7月1日(日)〜8月31日(金)
    電話:03-3503-0873
    住所:東京都千代田区永田町二丁目10-3 ザ・キャピトルホテル 東急 3階
    アクセス:東京メトロ「溜池山王駅」、「国会議事堂前駅」6番出口地下直結
    提供時間:17:30〜22:00(L.O.21:30)
    定休日:無休

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(12/12~12/18)

エリアから探す