ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.02.27食トレンド

銀座で味わう、売り切れ御免の限定ランチ

ランチは手軽にパパッと済ませたい、そんな人も多いのではないでしょうか。けれど、たまにはゆっくり贅沢ランチを味わってみるのはいかがでしょう。普段使いのリーズナブルな価格で贅沢に楽しめる、銀座の限定ランチをご紹介します。

アプリで見る

コスパ良しの贅沢ランチが食べられる銀座の限定グルメ3選

1日25食も納得、あの銘柄牛を使った採算度外視のハンバーグ【神戸すてーき処 銀座牛庵】

    『ハンバーグステーキ』990円(税込)。12時前に売り切れることも

 夜はステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶが味わえる銀座の人気店【神戸すてーき処 銀座牛庵】の人気ランチといえば、『ハンバーグステーキ』です。およそ200gの和牛ハンバーグが、ライスや味噌汁付きで990円で味わえるのですから、1日25食限定なのも納得でしょう。
 しかし、真に驚くべきはその質にあります。1,000円でお釣りがくる価格にして、使用しているのは世界がその味を認める神戸牛。しかも、一頭から4kgほどしか取れない頬肉を極上のハンバーグにします。頬肉は歯ごたえのある部位ながら肉質は極めてジューシーで旨みもたっぷり。シンプルに塩・コショウの味付けだけで焼き上げます。もちろん、特製和風ダレとの相性は言わずもがな。神戸牛の旨さと驚くべき価格は脱帽ものです。

この道ひと筋約40年。【すし小川】の店主の心意気が詰まった名物の丼

    『うに丼』1,200円(税込)。はじめはそのまま食べて素材の味を

 ランチといえども、銀座の寿司屋の丼と聞けば、その価格が気になる人も多いのではないではないでしょうか。しかし、心配は無用です。
 この道40年になる店主が自ら河岸へと足を運び仕入れたウニを使いながらも、価格はたったの1,200円。しかも、驚くべきはその味わいです。仕入れるのは、甘みのあるバフンウニが中心で、時折ムラサキウニも使いますが、はじめは何もつけずに食べさせるあたり、店主の素材に対する自信がたっぷり。一心不乱に頬張れば、まったりとした旨みが広がり、その後に口中を駆けめぐるウニの濃密な風味がたまりません。
 実はこちら、「自慢のシャリを活かしたメニューを」と10年ほど前に始めた丼。ランチは、そのシャリがなくなり次第終了。売り切れ御免の逸品なのです。

身の引き締まった鞆の浦産の鯛。【汀邸 遠音近音】では美味しいのは刺身だけではありません

    小鉢や薬味、出汁などが付く『鯛茶漬け』1,300円(税込)

 広島県は鞆の浦にある温泉旅館【汀邸 遠音近音】の銀座店として、オープンしたこちら。広島県のアンテナショップ【TAU】の下階にあり、瀬戸内海の魚介類、県内各地の野菜や山菜など、広島産の食材をふんだんに使った創作和食を楽しめるダイニングです。
 そのランチの目玉のひとつとなっているのが、1日15食限定の『鯛茶漬けランチ』。瀬戸内海の急流にもまれた鞆の浦産の鯛を使ったメニューで、淡泊な旨みが広がる引き締まった身は、さすが瀬戸内海の鯛と唸る旨さ。
 ただし、このランチの楽しみはそれだけではありません。刺身として味わった後はすりゴマを加えたタレで、最後はお茶漬けにして食べるという3種の味わい方を楽しめます。ご飯に切り身と薬味をのせ出汁をかければ、刺身とはまたひと味違った美味しさです。

この記事を作った人

吉田慎治

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(11/14~11/20)

エリアから探す