ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.02.27食トレンド

コシノミチコ氏が手掛ける新感覚寿司バー【Michiko Sushino (ミチコ スシノ)】がロンドンにオープン

ロンドンを拠点に活躍するファッションデザイナー、コシノミチコ氏が、今年7月、ロンドンのクイーンズバークに寿司バーをオープンさせました。世界的デザイナーが手がける寿司店とは? ロンドンはもちろん、世界が注目しています。

カフェ感覚で本格寿司が食べられる【Michiko Sushino (ミチコ スシノ)】

寿司店とは思えない、お洒落な雰囲気が漂います

 母と二人の姉もファッションデザイナーであるコシノ三姉妹。その末っ子であるコシノミチコ氏は40年以上前に渡英し、ロンドンのストリートファッションをコンセプトとするブランド「MICHIKO LONDON」を立ち上げました。ロンドンの“今”を感じさせるファッションは、ロンドンのみならず日本でも広く愛されています。

 そんなコシノ氏が、自身がオフィスを構えるビルの1階にオープンさせたのが、寿司バー【Michiko Sushino (ミチコ スシノ)】。まず驚かされるのが、その内装。高い天井、デザイン照明、ブラウンで統一されたシンプルなテーブルセットと、カジュアルな中にも計算された上品さを感じさせます。それもそのはず、店のコンセプトやインテリア、スタッフのユニフォームまでも、コシノ氏が担当。まさに「MICHKO LONDON」をカタチにした空間なのです。

    ロンドンの生活の中に溶け込むデザイン。寿司バーとしては新鮮なイメージ

    通りを行き交う人を眺めながら寿司をいただきます

 オーダーはカフェ感覚。カウンターで注文し、自分の席へ運ぶセルフサービススタイル。提供するすべての料理は職人による作りたてで提供し、マグロやサーモンなどお馴染みのネタを使った握りから、外国人にもなじみやすい創作寿司、彩りもあざやかなちらし寿司、刺身盛り合わせなど豊富なメニューが揃っています。
 

職人が握る本格寿司はネーミングもユニーク

 おもしろいのは、メニューのネーミング。『Kojiro』や『Musashi』、『Matsuri』や『Hanabi』など、日本をイメージさせる名前を見つけると、思わず笑みがこぼれます。そういえば、店名の【Michiko Sushino】は「Sushi」と「Koshino」を掛け合わせたものだとか。メニューの中にも、姉や自分の名前をそっと盛り込むなど、コシノ氏の遊び心があちこちに感じられます。

    握りとサーモン巻きの豪華セット『Kiyomasa set』

  • サーモンとアボガド、チーズの相性が抜群の創作寿司『Yomise roll』

  • 刺身のネタも豊富で多彩な味が楽しめます

日本から世界へ、「Sushi」が新たなカタチに進化

 今や、世界共通語とも呼べる「Sushi」。世界の主要都市には数多くの寿司店が存在しますが、そのスタイルは実にさまざま。カフェ感覚で本格寿司が食べられるのは、この店が提案する新たなスタイルと言えるでしょう。世界的ファッションデザイナー・Michiko Koshinoが手がける寿司バーが、これからロンドンでどう進化していくのか、期待は膨らむばかり。出張や旅行で訪れた際は、ぜひ足を運んでみたい1軒です。

 

【Michiko Sushino (ミチコ スシノ) 】

所在地:74 Salusbury Road, London NW6 6NU
電話:+44 (0)20 7604 3455
営業時間:(月~金)12:00~16:00、18:00~21:00、(土・日)11:00~21:00
定休日:1月1日、12月25日、12月26日、イースター


この記事を作った人

蛭田麗子(ウォッチ)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/11~10/17)

エリアから探す