ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.05.02食トレンド

食文化で伝える、多民族国家ペルーの魅力「南米ペルー料理ブッフェ」開催中

ANAインターコンチネンタルホテル東京内の「カスケイドカフェ」にて、南米ペルー料理ブッフェを4月6日(木)から6月30日(金)まで開催中です。南米の多民族国家ペルーならではの魅力溢れる料理の数々を、ブッフェスタイルで心ゆくまで堪能できます。

アプリで見る

「奇跡の美食の国」と謳われるその背景には、風土と歴史あり

 天空都市「マチュピチュ」や「ナスカの地上絵」で知られ、歴史的なミステリーが魅力的なペルー。実は食材の宝庫でもあり、太平洋側の海岸・砂漠地帯、アンデス山岳地帯、そしてジャングル(熱帯雨林)地帯という3地形が織りなす風土と多民族国家を背景に生まれた「奇跡の美食の国」と謳われているほどです。

 ジャガイモ、トウモロコシ、唐辛子、トマト、ピーナッツなどといった、現在世界中で日常的に食べられている作物のルーツはペルーのアンデス山岳地帯にあると、歴史的にも証明されています。なかでもジャガイモやトウモロコシは多品種を栽培し、様々な料理に活用されてるのです。そして先住民のインディオとヨーロッパ、アフリカ、アジアなどからの移民の文化が混ざり合った、独自の食文化も背景にあります。そうして進化したペルー料理は、バラエティ豊かで洗練された新ラテンアメリカ料理として、今注目されています。

 また、肉食・豆料理などのイメージが強い南米料理ですが、ペルーでは魚介や野菜も多用し、ハーブを巧みに使うことも特徴です。

ペルーならではの魅力溢れる料理の数々を、心ゆくまで堪能

 今回の「南米ペルー料理ブッフェ」では、月ごとに20種類揃えたローテーションメニューを組んでお届け。

 ペルー料理の象徴的な存在である『セビーチェ(魚介のマリネ)』や、『ロモ・サルタード(牛肉と野菜のソテー)』、魚介類を層状に詰めるポテトサラダの『カウサ』など、見た目にも美しい料理の数々が並びます。ライムやレモンを使った南米特有の酸味のある料理から、魚介の旨味を引き出したスープ、アンデス地方の肉やジャガイモ、トマト、紫タマネギなど野菜を多く取り入れた料理まで、本場の味わいを存分に楽しむことができます。
 
 また、ペルー料理をより楽しむことができるドリンクメニューも豊富に取り揃え。首都リマ設立400年を記念して誕生した国民的ドリンク『インカコーラ』や、ピスコブドウの蒸留酒「ピスコ」をベースとしたカクテル『チルカノ』、ペルーでシェア第1位のビール『クリスタルビール』など、料理との最適な組み合わせで味わうことができるのも嬉しいところです。

    『アンティクーチョ(牛ハツの串焼き)』。ローストされた牛ハツはしっかりとした肉質で、旨みがたっぷり

    今話題のスーパーフード「キヌア」をつかった、色鮮やかな『キヌアのサラダ』。ぷちぷちとした食感がクセになります

    アンデス山岳地帯のジャガイモやタマネギを使ったメニューも豊富。素材の味を活かした、日本人好みの味わいです

    口当たりまろやかな『ライスプディング』や、『リマ風メレンゲ』といった食後に嬉しいデザートも

ゆったり185席、美しい料理を五感で楽しめる「食のステージ」

 開催場所は「ANAインターコンチネンタルホテル東京」内、オールデーダイニングとしてロビー階に位置する【カスケイドカフェ】。開放的な185席の空間で、ゆったりと寛ぎながら食事を楽しむことができます。
 
 ショーキッチンをワンサイドに並べたブッフェカウンターは、臨場感に溢れています。また今回のブッフェの一押しメニューである『セビーチェ(魚介のマリネ)』専用のブースも設置。魚介をはじめとした種類豊富な具材を盛り付け、目の前で仕上げてくれます。
 
 高級感あふれる上質な空間は、さながら美しい料理を五感で楽しめる「食のステージ」。ぜひこの機会に、いま世界中が注目するペルー料理を堪能してみてはいかがでしょうか。

「南米ペルー料理ブッフェ」開催概要

■期間:2017年4月6日(木)~6月30日(金)

■場所:ANAインターコンチネンタルホテル東京 2F「カスケイドカフェ」
(東京都港区赤坂1-12-33)

■時間:
平日18:00~21:30(L.O.21:00)
土日17:00~21:30(L.O.21:00)
※土日祝日は17:00、19:00から2時間のご利用とさせていただきます。(2部制)

■料金:
平日お1人様6,090円
シニア(65歳以上)4,990円
お子様(4~8歳)3,400円

土日祝日お1人様6,680円
シニア(65歳以上)5,500円
お子様(4~8歳)3,600円
※消費税・サービス料別

■メニュー例:
セビーチェ(魚介のマリネ)/ティラディート(鯛のマリネ)/カウサ(蟹とマッシュポテトのサラダ)/ パパ・ア・ラ・ワンカイナ(ポテトサラダ イエローペッパーのクリームチーズソース)/ペルー風海老のスープ/アンティクーチョ(牛ハツの串焼き)/ロモ・サルタード(牛肉と野菜 イエローペッパーのソテー)/ペルー風シーフードパエリア/アヒ・デ・ガジーナ(鶏胸肉とイエローペッパーソース)/キヌアのサラダ 等
デザート:ピカローネス(ペルードーナツ)/リマ風メレンゲ 等
※定番の人気メニュー(ローストビーフ、ずわい蟹、石釜焼ピッツァ等)もあり。
※メニューは変更になる場合があります。

■ご予約・お問い合わせ:
ANAインターコンチネンタルホテル東京
レストラン予約センター(03-3505-1185)

この記事を作った人

東 紘衣(ヒトサラ編集部)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/15~5/21)

エリアから探す