ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.08.17グルメラボ

個性豊かなイタリア郷土料理が目白押し。気鋭のイタリアンの新展開【バール チッチャ】に注目!

神戸・北野にある気鋭のイタリアンレストラン【チッチャ】の新展開となる2号店【バール チッチャ】。オリジナリティが強い本店に対して、イタリアの家庭料理が主役。各地の個性的な郷土料理が揃うメニューで、イタリアの豊かな食の醍醐味を気軽に満喫できます。

バラエティ豊かな前菜で、イタリア各地の味を巡る【バール チッチャ】

    店内は、随所にイタリアのアンティークを配し、本場の雰囲気を演出

 観光客でにぎわう異人館や北野坂から少し外れた小さなビルの2階。細い階段を上がると現れる、隠れ家的な空間は、イタリアのバールをイメージした気取らない雰囲気。「現地を訪れた気分で自由に楽しんでほしい」というスタッフの活気も手伝って、陽気な賑わいに満ちています。

    バラエティに富んだ一品の数々にワインが進む、看板メニューのおまかせ盛り合わせ

 メニューに並ぶのは、郷土色を前面に出した現地の家庭料理の数々。各地の味をあれこれ楽しむなら、まずは、看板メニューの『前菜おまかせ盛り合わせ』を。ナポリの揚げピザ・ゼッポリーネに、ハーブを効かせたウンブリア州のハム・ポルケッタ、“イタリア版ポテサラ”のインサラータ・ルッサなど、盛りだくさんの料理に思わず目を見張るほど。
 
 マリネ一つとっても、ビネガーでさっぱり仕上げたものや、トマトソースを絡めたものなど、多彩な味の変化に飽くことなく手が伸びます。日替わりで冷菜、温菜、サルメリアなど8~10種が登場する、彩り豊かな前菜は、この店を象徴する一品です。

“しっかり食事”にも応えるメインの肉料理も自慢

  • 本店で人気の『丹波の減農薬野菜を使ったバーニャカウダ』も楽しめる

  • 藁焼きで燻した薫香が印象的なお肉料理。2~30分かかるので早めにオーダーを

 また、バールとはいいながら、藁焼きの薫香をまとったメインディッシュの肉料理や、各地のご当地パスタまで揃うので、しっかり食事にも対応。次々現れる個性が競演するメニューは、まさに郷土料理劇場の趣です。本店の名物メニュー・バーニャカウダが楽しめるのも嬉しいですね。

 若手シェフが活躍できる場所を作りたいという、オーナーシェフ・青木さんの思いもあり、フレッシュなメンバーが切り盛りする、明るい雰囲気も魅力の一つ。「世代に関係なく来ていただきたい」と、子ども用の椅子まで用意してあり、家族で訪れるお客も多いとか。イタリアン激戦区の北野に新たな風を吹き込む、使い勝手も抜群の一軒です。

【Bar Ciccia(バール チッチャ)】

電話番号:078-855-5088
住所:兵庫県神戸市中央区加納町2-1-2 日光ビル2F
アクセス:阪神電車神戸三宮駅より徒歩5分
営業時間:17:30~24:00(LO) 
定休日:日曜(月曜日が祝日の場合は営業、翌月曜日が休み・加えて月1回不定休あり)

この記事を作った人

取材・文/田中慶一(フリーライター)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/15~10/21)

エリアから探す