ヒトサラマガジンとは RSS

2016.08.24食トレンド

  • ビール

東京タワーを見上げて乾杯! 「芝オクトーバーフェスト2016」

オクトーバーフェストとは、毎年ドイツ・ミュンヘンで開催されている世界最大のビールイベントです。日本では2003年に横浜で初開催されてから年々来場者も会場数も増え続けています。今回は7年目を迎えた芝公園でのオクトーバーフェストの様子をご紹介します。

ドイツビールの美味しさ、ドイツ文化の楽しさに触れる伝統のビールイベント

創業600年弱、本場ドイツ・オクトーバーフェスト公式醸造所【ハッカー・プショール】

 1417年創業、ミュンヘンで行われているオクトーバーフェストで、ドイツ政府公認のビールを販売している6大醸造所のひとつでもある【Hacker-Pschorr(ハッカー・プショール)】が今年も登場。600年前と言えば、日本は室町幕府が金閣寺などを一生懸命建てていた時代。そんな時代に黄金色のビールを作っていたと思うとドイツ人のビール愛と伝統がひしひしと伝わってきます。

  • 自然発酵・非加熱・無濾過の希少なラガービール『ナチュラルケラーアノ1417』や、門外不出のプレミアムピルスナー『ブラウマイスターピルス』など

  • 人気No.1の『ヘフェヴァイスビア』。クリーミーな泡に閉じ込められたグラスから透き通るような爽やかさを感じさせる柑橘系の香りと酸味が喉を潤す

本場ドイツ・オクトーバーフェスト売上No1【パウラーナー】

 【PAULANER(パウラーナー)】は1634年聖フランシスコ会の僧侶によって設立。こちらもミュンヘンで行われるオクトーバーフェストでドイツ政府公認の元ビールを販売している6大醸造所のひとつです。本場ミュンヘンのオクトーバーフェストでもNo.1の売り上げを誇るヴァイスビア(白ビール)は特におすすめ。最高峰のブラウマイスター(醸造責任者)による技術と専門性、そして最高の材料から生み出されるビールを取り揃え、ドイツ国内でも確固たるシェアを築きあげた名醸造所の一杯を是非。

  • 本場ミュンヘンのオクトーバーフェストでは売り上げNo.1。その確固たる実績と地位をひっさげ芝公園に今年も登場

  • 日本初上陸の『ミュンヘナードゥンケル』。黒ビールのローストされた香りはチョコレートや甘草の香りを思わせます

日本が誇るドイツビールを世界に【富士桜高原麦酒】

 【富士桜高原麦酒】は、ビールのオリンピックといわれる「ワールド・ビアカップ」や「ワールド・ビアアワード」で数々のタイトルを受賞しています。富士山の銘水から醸造される本格的なドイツスタイルのビールは、まさに海外育ちの帰化日本代表といったところです。

  • スモークの味と香りが楽しめる日本では珍しい燻煙ビール『ラオホ』など日本が生んだ世界最高峰のドイツビールが味わえます

  • 女性でも飲みやすいあっさり柑橘系のフルーティーなアロマとフレーバー『サマーヴァイツェン』。今しか飲めない芝初登場の夏季限定ビールです

ドイツ文化に触れ異文化交流を深める

 オクトーバーフェストで欠かせないのがドイツを感じること! ステージではドイツ本国より来日した楽団が民族衣装を身にまとい演奏を始めると、隣の人と自然とコミュニケーションが生まれ、ダンスや乾杯の歌で盛り上がります。演奏中に何回も流れる乾杯の歌「Ein Prosit」(アイン・プロージット)は、歌詞が分からなくても鼻歌でOK、そして乾杯の音頭は隣の人と一緒に「オアンス、ツヴォア、ドライ、ズッファ、ブロースト!(1、2、3、飲み干せ、乾杯!)」ドイツのビール文化を思いきり肌で感じて、思いきりはしゃいでください。
※グラスの上部は割れやすいので底同士を当てて乾杯してくださいね。心地良い音が響いて更に気持ちが盛り上がりますよ。

 そんな美味しいソーセージに冷えたビールを飲みながら、みんなで楽しめるオクトーバーフェスト。本場ミュンヘンでは毎年600万人を超えるビール好きが集まる世界最大のビールの祭典が日本各地で開催中です。是非チェックしてお近くの会場でドイツの文化を体験してください。美味しいドイツビールを思いきり堪能すれば、楽しい思い出になること間違いなしです。

 今回ご紹介した東京・芝公園で行われている「芝オクトーバーフェスト2016」は2016年8月17日(水)~28日(日)の期間限定で開催中です。東京タワーを見ながら飲む格別のドイツビールを味わいに是非行ってみてくださいね!

今後の開催予定会場

この記事を作った人

ヒトサラ編集部