ヒトサラマガジンとは RSS

2016.09.30食トレンド

本気で激辛な麻婆豆腐。体験したことのない刺激をあなたに

残暑厳しい時期こそ、ピリリと辛い刺激が恋しくなります。辛いものが大好きな人も一歩引くほどに激辛な麻婆豆腐、究極の2品を見つけました。名古屋市港区の【四川】と緑区の【つくし】はともに地元では話題の人気店で、刺激たっぷりスパイシー全開なパワーフードをどうぞ。

一度はチャレンジしたい究極の激辛フード、麻婆豆腐2皿

名古屋激辛グルメの代表【四川】の麻婆豆腐

 激辛大好きな人でも「今まで食べてきた激辛料理の中で最も辛かった!」と唸る【四川】の『陳麻婆豆腐』。食道が熱くなるほどの激辛で、もちろん、ただ辛いだけではなくてしっかりと旨みもあって、でも、やっぱり辛いという。名古屋激辛グルメの代表的な存在で、時代に合わせて進化と辛化を続けています。初めての人には普通の『麻婆豆腐』をオススメします(それでも十分に辛いのですが)。

  • 『陳麻婆豆腐』2,000円

  • 港区の住宅街で行列必至の人気店

辛さの中にもコクのある激辛派のソウルフード

 地元の人たちご用達の中華料理店はメニュー問わずおいしいと評判で、コストパフォーマンスの高さも◎です。その中でも、特に人気が高い料理が『四川麻婆豆腐』。3つの辛さから選べるので、その日の気分や体調に合わせてオーダーすることができます。辛さの中にもスパイスやコクがあって、ヤミツキになること間違いなし。残暑疲れなどで食欲がなくても、これを食べると一発で元気に!ひと皿のボリュームがたっぷりあるから、友達や家族とシェアして、ゆったりといただきましょう。

  • 『四川麻婆豆腐』1,030円

  • 『四川麻婆豆腐』はじめクセになるメニュー多数

この記事を作った人

角屋昌也(流行発信)