ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.11.05食トレンド デート・会食

朝廷に食材を献上した「御食国(みけつくに)」の島グルメをとことんまで!|兵庫・淡路島【L’ISOLETTA】

淡路島、洲本市の【L’ISOLETTA】は、自然豊かな島の食材が満喫できるイタリアンレストラン。淡路島は、古代より食の宝庫「御食国(みけつくに)」として、朝廷に食材を献上していた歴史を持つほど海の幸、山の幸が豊富。それら食材を、オリジナリティあふれる「淡路流イタリアン」として提案します。

リゾレッタのメイン

シーンに合わせて選べる、3つのフロア

    リゾレッタの外観

    開放感あふれる、ナチュラルな外観。入口のすぐそばには、海を臨むテラス席が

神戸三宮から高速バスで洲本高速バスセンターへ渡り、そこから徒歩10分。淡路島洲本市にあるイタリアンレストラン【L’ISOLETTA】は、イタリアの伝統的技法を使いながらも、独自のアイデアにあふれる皿を堪能できるお店です。程よい脂身と筋肉のバランスが絶妙な「淡路牛」、地元で採れる新鮮野菜など、お店で使用する食材は全て淡路島産。料理を通じて島の豊かな自然を満喫することができます。

    リゾレッタの内観

    肩の力を抜いてリゾート気分を満喫できる南国風フロア

店内には、3種類の違ったテイストが楽しめるフロアがスタンバイ。赤い絨毯が敷き詰められたシックなフロア、コンクリート打ちっぱなしのモダンなフロア、リゾート気分を満喫できる南国風フロアから、シーンに合わせて選ぶことができます。さらに、オーシャンビューのテラス席も用意されており、南国の風に吹かれながら、リゾート気分を満喫できます。

島の大自然が育む“ご馳走”をお皿の上に

    リゾレッタの魚料理

    瀬戸内海の速い潮で育つ、よく身の締まった鯛を使ったひと皿

「食を通して、島全体を楽しんでいただければ」と井壷幸徳シェフが語る通り、こちらでは、地元淡路島で育まれる食材が次々とお皿の上に。但馬牛や松阪牛の元牛となったブランド牛「淡路牛」を主役にしたものなど、上質なメニューが揃っているので、家族が集う日や特別な記念日に、ぜひ利用したい一軒です。

ここからはその中でも、お店オススメのメニューを3品ご紹介します。

『手延べスパゲッティ』

    リゾレッタのパスタ

    細いながらもモチモチとした食感が癖になる『手延べスパゲッティ』

「日本三大素麺産地」の1つである淡路島で、素麺職人が作ったスパゲッティが『手延べスパゲティ』です。のど越しのいい細さながらも、モチモチとした食感が癖になることうけあい。新鮮な魚介を使い、アジア風にアレンジを加えたソースは、最後まで飽きの来ないおいしさです。

『淡路牛モモ肉の炭火焼、玉ねぎのパウダー添え』

    リゾレッタの肉料理

    程よくジューシーで、噛むほどに旨味があふれる『淡路牛モモ肉の炭火焼、玉ねぎのパウダー添え』

甘味が強く、肉そのものの旨みを堪能できる『淡路牛モモ肉の炭火焼』は、炭火でじっくり焼くことで、淡路牛の上質な旨味を逃さずその身に封印。噛むほどに、程よくジューシーな肉汁があふれて舌を魅了します。ほのかな塩味と甘味を含んだタマネギのパウダーが、美味をさらに引き立てる名アクセント。

『真鯛の”しゃぶしゃぶ”と大根のマリネ』

    リゾレッタの魚料理

    濃厚な「鯛」の味わいを堪能できる『真鯛の”しゃぶしゃぶ”と大根のマリネ』

『真鯛の”しゃぶしゃぶ”と大根のマリネ』は、身が締まって脂の乗った瀬戸内の鯛を、しゃぶしゃぶにしていただく贅沢なひと品。鯛の濃厚な風味を余すところなく実感できるひと皿です。ミディアムレアに仕上げた、まるでお肉のような食感にご期待ください。

厳選ワインや近隣の日本酒、地元産のソフトドリンクも

    リゾレッタのドリンク

    ソフトドリンクの材料まで地元産というこだわりよう。飲み物でも淡路島を味わって

ドリンクは、厳選したイタリア産、国産ワインをはじめ、近県から取り寄せた日本酒も提供しています。また『ジンジャーエール』や『レモンソーダ』などのソフトドリンクの材料は、地元産のものを使用。飲み物でも淡路島を満喫できます。

料理人プロフィール:井壷 幸徳(イツボ ユキノリ)さん

    リゾレッタのシェフ

    1967年兵庫県生まれ。中学生の時に食べたカルボナーラの味わいに衝撃を受け、イタリア料理に目覚める。高校卒業後【パスタ壁の穴】、【コロッセオ】などに勤務後、92年渡伊。ミシュランガイド2つ星店で修行を積む。帰国後は、美術館「ガレリア・プロバ」併設レストランに勤務。2000年3月独立し、故郷淡路島にて【L’ISOLETTA】をオープン。

予約カレンダー
カレンダーで他の日を見る

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(12/1~12/7)

エリアから探す