ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2024.04.26旅グルメ

源氏物語の世界を体感できる、注目の宇治で訪れたいお店5選|京都・宇治

春を迎えて、いよいよ観光シーズンも本番に突入。日本国内に観光スポット数あれど、やはり外せないのは京都です。今回は京都、なかでも宇治にスポットを当てて、注目のお店を5つピックアップしてみました。源氏物語の舞台としても有名な歴史ある土地で、観光&グルメを思い切り楽しみましょう!

平等院表参道 竹林の料理

日本料理【平等院表参道 竹林】

本物の京料理を気取らず満喫できる料理店

    平等院表参道 竹林の京懐石

    お昼にいただける、季節の京弁当『あさぎり御膳』

宇治駅から徒歩7分。平等院表参道北門前に店を構える【平等院表参道 竹林】。メニューは、店主の「京料理を楽しく味わっていただきたい」という思いからつくられる、季節ごとの厳選食材を使った『京懐石』『京弁当』がメイン。京料理を気取らずにたっぷりと堪能することができます。

    平等院表参道 竹林の店内

    宇治の風情をたっぷりと感じられる店内

入り口から庭を抜けてお店へ。宇治川のほとりという絶好のロケーションは素晴らしいのひと言。宇治川を眺められる2階の座敷席、雪見障子から庭が愛でられる席など、店内でも宇治らしさを感じることができます。全席掘りごたつ式の個室も5室用意。旅の思い出を語りながらの食事を楽しめます。

予約カレンダー
カレンダーで他の日を見る

ビストロ【ビストロバル ホースシュー】

こだわりの料理とワイン、クラフトビールのペアリングを楽しむ

    ビストロバル ホースシューのラクレットチーズ

    香ばしくとろけた花畑牧場の『ラクレットチーズ』

六地蔵駅から徒歩5分の場所にある【ビストロバル ホースシュー】は、自家製スモークや低温調理で仕上げたメニューが楽しめるビストロ。黒毛和牛や魚介類、花畑牧場のチーズなど、厳選した食材でつくる料理と、豊富に揃うワインやクラフトビールを合わせて味わえます。

    ビストロバル ホースシューの店内

    店内はシンプルな内装で落ち着ける雰囲気

お店はエントランスから気軽に立ち寄れる雰囲気。店内にはカウンター3席とテーブル18席を用意。アンダーめの照明が落ち着いた雰囲気を演出してくれます。豊富にそろうアラカルトのほか、コース料理もあり、飲み放題をオプションでつけることも可能。好きなスタイルで楽しむことができます。

飲茶・点心【和夢茶カフェ】

創作飲茶も楽しめる、雑貨店併設のかわいいカフェ

    和夢茶カフェの宇治抹茶麻婆豆腐セット

    抹茶ごま豆腐と絹豆腐の2つの味を楽しめる『宇治抹茶麻婆豆腐セット』

宇治駅から徒歩5分の場所にある【和夢茶カフェ】は、創作飲茶やカフェメニューなど、こだわりのつまったオリジナルメニューが食べられるお店。宇治抹茶を使ったメニューがそろっているのもポイントで、だし茶漬けや麻婆豆腐、茶飯(チャーハン)などで、その味を楽しめます。

    和夢茶カフェの店内

    レトロとモダンが絶妙に調和した空間

お店は平等院の表参道という観光がてら立ち寄るのにぴったりな場所に立地。参道を散策しているとかわいいうさぎの看板が迎えてくれます。古民家を改装した店内は、レトロでありながらスタイリッシュな雰囲気も。雑貨店に併設されているので、食事と買い物の両方を楽しむことができます。

イタリアン【tomarico】

体に優しい食材を使ったイタリアンメニューに舌鼓

    tomaricoのカルボナーラ(こだわり卵と鹿児島豚の自家製無添加ベーコンのカルボナーラ)

    淡路島産生パスタを使ってつくられる『カルボナーラ(こだわり卵と鹿児島豚の自家製無添加ベーコンのカルボナーラ)』

三室戸駅から徒歩5分の場所に店を構える【tomarico】。「無添加自然派イタリアン」という料理コンセプトのもと、シェフ自らが生産者を訪れて仕入れる、体に優しい食材を使ったメニューをラインナップ。アラカルト、コースとも、しっかりと素材の味を堪能できる料理がそろっています。

    tomaricoの店内

    カジュアルな雰囲気の中、こだわりのイタリアンを楽しめる

シンプルにデザインされたエントランスから木のドアを開けて店内へ。まず目につくのはオープンキッチンの前に並ぶカウンター席。こちらではシェフの調理風景を間近に見られるほか、トークも楽しめます。窓際のテーブル席は、ゆったりと落ち着いて食事ができるスペース。あたたかみがありながら、洗練された雰囲気のオススメの一軒です。

日本料理【京・宇治 抹茶料理 辰巳屋】

180年以上の歴史を持つ老舗京料理店でいただく抹茶料理

    京・宇治 抹茶料理 辰巳屋の鯛の茶飯(たいのちゃめし)

    臼で引く前の原葉、「碾茶(てんちゃ)」の香りを堪能できる『鯛の茶飯(たいのちゃめし)』

宇治駅から徒歩12分。【京・宇治 抹茶料理 辰巳屋】は1840年に、茶問屋として創業した老舗。現在は抹茶を「食べる」発想の日本料理店として、その名を知られています。抹茶の味、色、香の3つを活かした料理の数々は、どれもここだけの味わいです。

    京・宇治 抹茶料理 辰巳屋の店内

    宇治川沿いにあり、抜群の眺望を楽しめる

宇治川沿いにあるお店は、建物から風情たっぷり。店内に入っても、その印象は変わらず、風格ある落ち着いた雰囲気でゆったりと食事をいただけます。席からは春の桜、夏は緑と四季折々の風景を楽しむことも可能。旅行中の非日常を堪能するのにふさわしい空間になっています。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/22~5/28)

エリアから探す