ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.02.27グルメラボ

現地のシェフが手がける本場北インドの味を、バラエティ豊かなメニューで楽しめる人気店 【アールティ 北野本店】

異国情緒漂う港町・神戸と縁が深い国がインド。北野界隈ではあちこちに点在するインド料理店の中でも、人気の一軒がこちら。カレーはもちろん、インド人シェフによる多彩な本場の味が楽しめます。

アプリで見る

約30種のカレーをはじめ本場の北インド料理が充実

    ハンター坂沿いにある店の入口横にタンドーリを備え、窓越しに調理の様子が見られる

 宝石を扱う貿易商が多いインドは、開港時から神戸と縁が深い国。特に北野周辺では、あちこちにインド料理店の看板を見かけます。当時から、圧倒的な支持を得てきたのが北インドの料理。インド料理といえば辛いイメージですが、バターやギィなど乳製品を多用した料理は、日本人の口にも合うマイルドな味が特長です。

 【アールティ 北野本店】のメニューも、カシューナッツや生クリーム、バターを多く使うリッチな味わいの正統派北インド料理が中心。中でも、数十種のスパイスを使った本場の味が気軽に楽しめる、カレーのバリエーションに定評があります。

    一皿で2種のカレーが楽しめる『ダブルカレー』(1000円・税抜)

 定番のチキンバターカレーやほうれん草を加えたパラクカレー、スパイシーなキーマカレーをはじめ、カシューナッツとヨーグルトベースのマイルドな白いカレー「チキン・コルマ」など実に様々。具材もチキン、マトン、シーフード、ベジタブルと、幅広いメニューはカレーだけで約30種。

 さらに、店頭に据えられたタンドール(インドの土窯)で焼き上げるタンドリーチキンやカバブなどの肉料理や、季節の野菜に豆の粉の衣をつけて揚げたインド版天プラ「パコラ」などアラカルトも多彩。焼き立ての自家製ナンも15種類あり、カレーとの組み合わせを楽しむのもおすすめです。

金曜限定ハラルバイキングで異国の旅気分を満喫

    店内の大型モニターにはインドのテレビ番組や映画が流れる

 また、様々な国の人々が住む国際都市・神戸らしく、ここではハラル、ジェーン、ベジタリアンなど、各国の習慣や宗教に合わせたメニューも用意されています。中でも、イスラム教徒が集うムスリムモスクにほど近いこの店ならではのメニューが、毎週金曜限定のハラールバイキングです。

 イスラム教の休日である金曜は、正装してモスクで礼拝するのがムスリムの習わし。この日は英語の看板やメニューが出され、昼頃から礼拝を終えた各国のムスリムの姿でいっぱいに。マトン料理や3種のカレー、サモサ、ビリヤニ(インド板ピラフ)など、ハラル食材を使ったメニューが並びます。

 もちろんムスリムでなくとも利用可能で、バラエティに富んだメニューが食べ放題とあって地元客にも好評。何より、中東や東南アジアなど、様々な国籍の人が混ざり合う、異国情緒が味わえるのも魅力の一つ。週に一度、気軽に旅気分を楽しめる、神戸らしい一軒です。

    シェフはすべてインド出身。お客の国籍も幅広い

 

この記事を作った人

田中慶一(フリーライター)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/19~5/25)

エリアから探す