ヒトサラマガジンとは RSS

2016.07.01旅グルメ

  • スイーツ
  • デート

江戸の涼を五感で楽しむ「アートアクアリウム10周年記念祭」と金魚スイーツin日本橋

この夏、日本橋では数々のイベントが開催されます。その中でも今回注目なのが、室町エリアで開催される2つのイベント。水中アート展覧会アートアクアリウムと、日本橋の街歩きを楽しむ金魚スイーツさんぽです。どちらも夏の風物詩を満喫できそう。

アートアクアリウム、日本橋会場のテーマは「江戸・金魚の涼」

 今回のアートアクアリウムは今までに比べ、金魚の数がさらにパワーアップします。これまでは1会場あたりの最大数5,000匹の展示でしたが、今回はなんと1.6倍の約8,000匹を予定しています。優雅にひらひらと水の中を舞う金魚たちは、江戸時代に根付いてた“金魚を鑑賞して涼をとる”という文化を現代に蘇らせます。
 今回の見どころはアートアクアリウム誕生10年の集大成の新たなる超大作「超・花魁」。七色に光り輝くライティングと、神々しさを際立だせる映像とともに数多くの金魚が舞泳ぎます。現代の光や水のアートと金魚の織りなす空間は唯一無二、この夏おさえておきたいイベントのひとつです。

  •  期間中は毎夜19時から、同会場では、エンタテインメント性の高い大人の空間『ナイトアクアリウム』を開催します。会場内でアルコールを飲みながら、ゆったりと作品を鑑賞できます。
     ドリンクは、アートアクアリウムオリジナルの『金魚カクテル』をはじめ、日本酒『獺祭』、モヒート、ビールなどをご用意。週末は、国内・海外トップDJによるパフォーマンスが披露されるほか、日本の伝統芸能などをご鑑賞いただけます。

非日常空間を満喫した後は、街歩き「金魚スイーツさんぽ」を楽しもう

 アートアクアリウムを満喫した後は、同エリアで開催されている「ECO EDO 日本橋 2016」の金魚スイーツさんぽを楽しみませんか?
 涼むことをテーマに、金魚をモチーフにした金魚スイーツの食べ歩きや、金魚トロリーバスが楽しめます。日本橋・人形町エリアの人気店や老舗など58店舗が参加し、金魚にちなんだオリジナルスイーツを振る舞います。金魚の絵柄があしらわれたパッションフルーツ味のエクレアや、金魚型の食べる金箔が乗った珈琲ゼリーなど、見て嬉しい、食べて美味しい、2度も幸せな夏を感じさせるスイーツが勢揃いしています。

  • パッションフルーツ味のエクレア

  • 羊羹でつくった金魚が泳ぐ梅ゼリー

  • 大きな目をした金魚が顔をのぞかせます

  • まるで本物の金魚鉢、気泡まで細かく表現

  • 金魚型の金粉が輝く珈琲ゼリー

  • ポップでかわいい夏の味『小暑』

 そのほかにも「ECO EDO 日本橋 2016 ~五感で楽しむ、江戸の涼~」では、納涼船で夜景クルーズ「納涼金魚ちょうちん船」や、「日本橋金魚すくいグランプリ」など楽しいイベントが目白押し。この夏はぜひ一度、日本橋へ足を運んでみてください。

詳細はこちら

【ECO EDO 日本橋 2016 ~五感で楽しむ、江戸の涼~】

■住所:日本橋各所
■開催期間:7月8日(金)~9月25日(日)
■営業時間:参加店舗により異なる
■金額:参加店舗により異なる
■お問い合わせ先:日本橋案内所 TEL 03-3242-0100 (開催期間中 10:00~21:00)
■主催: ECO EDO 日本橋実行委員会、名橋「日本橋」保存会

【ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2016〜江戸・金魚の涼〜&ナイトアクアリウム】

■住所:日本橋三井ホール
    東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 5F[エントランス4F〕
■開催期間:2016年7月8日(金)~9月25日(日)/会期中無休
■営業時間:11:00~23:30(最終入場:23:00)
      アートアクアリウム:11:00-19:00/ナイトアクアリウム:19:00-23:30
■金額:当日:大人 1,000円/子供(小学生以下) 600円/3歳以下 無料
    前売:大人 900円/子供(小学生以下) 600円/3歳以下 無料
■お問い合わせ先:7月7日(木)より、電話でのお問い合わせを開始いたします
■主催:アクアリウムクリエイターズオフィス

この記事を作った人

ヒトサラ編集部