ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.10.18食トレンド

スパイスにこだわったカレーが味わえる、東京のカレー屋を厳選!!

季節を問わず人気のカレー。今回はスパイスにその店ごとのこだわりがぎっしりと詰まった東京のカレー店5軒をご紹介します。

アプリで見る

調合がその店ごとに違うから、奥が深く、食べ比べたくなる

 多彩な香りを漂わせ、複雑に重なり合った深い味わいのスパイスカレー。家庭のカレーとは違った、スパイスの調合や種類にこだわりぬいた本格的なカレーは、お店によって味や香り、使う食材もさまざまで、お店ごとの味を楽しめることも魅力のひとつです。

 今回は都内で魅力的なスパイスカレーが食べられるお店を厳選してご紹介。あなたもきっとスパイスカレーの虜になること間違いありません!

スパイスカレー好きなら一度は訪れたい名店【curry 草枕】

 新宿御苑の新宿門にほど近い雑居ビルの2階に位置するカレー店。アジアのカフェを思わせる店内には、スパイスの香りが漂います。

【curry 草枕】のカレーはインド風オリジナル。一皿につき玉ねぎ1個を使用し、小麦粉不使用、油は控えめです。お店独自に調合した多種多様なスパイスは、優しい味わいながら、深いスパイスの風味と辛さがあとからじんわりときます。

 また、カレーの辛さは10段階まであり、お店では3番を推奨しています。辛いものが好きな方は5番以上の辛さをオススメします。

NYセレブたちを魅了した味とスピリットを東京でも【ニルヴァーナ ニューヨーク】

 東京ミッドタウン1階にある、ニューヨークスタイルのインド料理店。店内は高級ブランドの生地をメインに据えたソファやカラフルなクッションがある、明るい空間です。

 ランチブッフェに定評があり、日替り5種のカレーをはじめ、サラダバー、ビリヤニ、デザートなど、種類が豊富で多彩な味が楽しめます。自慢のナンは注文ごとに焼き立てをテーブルまで運んできてくれます。

 メニューは甘い食材にチリを少し加えて甘みをより際立たせるなど、独自の感性に基づくスパイス使いが特徴。スパイスによって素材本来の美味しさが引き立てられています。

バターや生クリームを一切使用しないオリジナルカレーが至極【ガラムマサラ】

 経堂にある、言わずと知れたインド料理の名店。こぢんまりとした店内は、入ってすぐにカウンター席、お店の奥には最大18名収容可能な半個室があり、お一人様でふらっと訪れたり、気の置けない仲間たちとインド料理を楽しんだりとシチュエーションを問わずにお食事ができます。

 王道である本場インドの家庭料理はもちろん、ゴーヤとオクラをミックスした名物『サバカン』や、ほんのり広がる梅の酸味とスパイスの風味が魅力の『梅ベジカレー』など、インドと日本の食材や調理法を融合した独自の創作料理にも定評があります。

ビーガンの方も安心。自然派菜食インド料理レストラン【ミラン・ナタラジ】

 渋谷駅ハチ公口から徒歩5分ほどのところにある、インドカレー専門店。お店はお洒落で清潔感があり、精密につくられた調度品が飾られていて全体的に洗練された空気が漂います。

 ベジタリアン、マクロビオティック、ビーガンの方にも対応した自然派カレーを提供。使用されている野菜は全て自家栽培で、南房総、山梨、蓼科にて、完全無農薬、有機肥料で育てています。
 カレーはヘルシーで優しい味わいながら、大豆を使用することによりしっかりしたコクを出しており、奥深い味に仕上がっています。

素材のもつ味が際立つ、ひと味違ったスパイスカレーが魅力【ハブモアカレー】

 表参道駅の近くにある、創作インド料理のお店。階段を降りた地下にあるお店は、西洋の空気漂う異空間のようでありながら、隠れ家的な雰囲気を持っています。
 
 食材は旬のものにこだわっており、農家から直接仕入れた季節の野菜や普段なかなか食卓に並ぶことがないような珍しい西洋野菜を中心に構成。

 メニューは昼夜ともにワンプレートのみ。2種類のカレーに加え、付け合わせを自分で選ぶスタイルです。カレーはスパイスをふんだんに使っていながら辛さは控えめで食べやすく、素材そのものを活かした味わいです。

 いかがでしたでしょうか。スパイスはおいしいだけではなく食欲増進効果もあり、バテ気味の残暑はスパイスカレーで乗り切りましょう!

この記事を作った人

ブロック

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(11/16~11/22)

エリアから探す