ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.01.02グルメラボ

ハレの日に行きたい、都内にある和食の名店

おめでたい日は特別な場所で特別な料理をいただきたいところ。そこで今回はハレの日のシチュエーションにぴったりな、都内にある和食の名店を5店舗ご紹介します。料理の美味しさはもちろんのこと、雰囲気の良さにもこだわった名店が揃いました。

アプリで見る

ハレの日の素敵なひと時を演出してくれるのは次の5店舗。高級感がありつつ、落ち着いた空間でゆったりとした時間を過ごせます。

優雅な空間でいただく、料理長こだわりの京料理【花郷 六本木店】

 六本木駅より徒歩5分のところにある、閑静で優雅な佇まいが魅力のお店。落ち着いた雰囲気の店内は、2名から利用できる個室を多く完備、ほかにも掘りごたつタイプのお部屋もあり、ゆったりと足を伸ばしてくつろぐことができます。

 四季折々、その時に一番おいしい素材を吟味して贅沢に使用した、日本料理を提供しています。おすすめのメニューは『ふかひれ姿焼き』。鉄板で焼き上げたふかひれに、鶏ベースの和風だしを使ったあんかけがたっぷりとかかっているのが特徴。煮込んでいないので、カリっとした食感を味わえます。

京(みやこ)の四季・名残りを懐石料理で表現【銀座 下鴨茶寮 東のはなれ】

 1856年創業の老舗、京都の【下鴨茶寮】が銀座にオープンした日本料理店です。格子戸をするすると緩やかに開けば、そこは別世界。内装は設計から仕上げまですべて京都在住の建築家や職人の手によるもので、まるで京のような雰囲気です。

 お酒は料理に合わせた日本酒やワインを提供。日本酒は、氷温・冷・燗のように温度の変化に気を配ります。また、下鴨茶寮の主人が自ら窯元を訪れ選んだ酒器を酒に合わせて用意。

 料理には京都の伝統食材「京野菜」など、季節ごとに旬の厳選食材を使用。確かな腕を持った料理人の熟練の技による京料理は、なごやかなひと時を演出してくれます。

四季を感じる料理に陶酔できる日本料理の名店【銀座 小十】

「ミシュランガイド東京横浜湘南」で三ツ星を獲得している銀座の名店。店内の装飾や器など、店を彩るすべての装飾は和の美学が貫かれる和空間。3つある落ち着いた個室は、記念日などのハレの日に対応できます。

 昼も夜も店主奥田氏によるおまかせコース1本のみ。季節を大切にし、食材本来の滋味を引き出すことにこだわっています。そのために最低限の仕事を施し、最高の料理を提供。

 おすすめは「あわびの唐揚げ」。かすかに粉をまぶして揚げたあわびは、噛みしめる度にほんのりと滋味が広がります。

粋をこらした伝統の加賀懐石は逸品【神楽坂前田 芳春庵】

 伝統の加賀懐石がいただける【神楽坂前田】の支店。風情ある和の個室空間はハレの日に最適です。おもてなしの心を尽くした懐石料理や綺麗な景観が、特別な日に相応しい雰囲気を演出してくれます。

 加賀懐石は季節の味わいを大切に、旬の魚介類や野菜を使用。実山椒を入れた実山椒ごはん、アワビを入れた炊き込みご飯など、季節毎に違った炊き込みご飯が味わえるのも魅力。

「焼物」は身がふっくら柔らかく、あっさりとした味わい。焼き上がる手前ぐらいに日本酒と塩を加えており、味が染みていてちょうどよい塩加減です。

おいしいものをおいしい瞬間に味わえる隠れ家的な名店【二子玉川 せき亭】

 二子玉川駅から徒歩5分、高島屋南館の裏路地にある隠れ家なお店。洗礼された落ち着きのある店内は、しっとりとした雰囲気が感じられます。周りを気にせずに楽しめる個室は、ハレの日のお食事に最適。

 料理は本格的な握り寿司とお好みで頂ける揚げ立ての天ぷらなど、その一瞬、ひと時においしくいただける品々が魅力。寿司シャリとお出汁に拘ったお料理を日本各地の地酒とともにいただけます。

 ランチ・ディナータイムともに季節毎の旬の食材が楽しめます。五感で是非、季節を感じてみてください。

 以上、ハレの日に行きたい和食の名店をご紹介。どのお店も料理はもちろん、雰囲気も格別。きっと特別な日の思い出になるでしょう。

この記事を作った人

ブロック

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/18~5/24)

エリアから探す