ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.01.20食トレンド

寒い冬でもテラスでランチを! 女子会におすすめの【キハチ 青山本店】で楽しむ「熱々チーズメニュー」

外苑前の並木通りに位置する【キハチ 青山本店】。都会の真ん中で春は新緑、秋は銀杏並木を眺めながら季節の移ろいが楽しめます。そんなキハチでは、冬でもテラス席を楽しんでもらいたいとの想いから、テラス席でのランチ限定・熱々メニューがスタートしました。

アプリで見る

体が温まる、テラス席・ランチ限定の熱々メニュー

『熱々!スパイシーブイヤベースリゾット ラクレットチーズ掛け』

    『熱々!スパイシーブイヤベースリゾット ラクレットチーズ掛け』1,800円(税込)ひとくちジェラート、コーヒーまたは紅茶付き ■開催期間:2018 年1 月10 日(水)~ 3 月9 日(金)※ランチタイム・テラス席限定

『熱々!スパイシーブイヤベースリゾット ラクレットチーズ掛け』は、ランチタイムのテラス席限定メニュー。世界各国のスパイスや調味料を独自にブレンドしたキハチ特製スープに、海老やムール貝、タコなどの魚介と、トマトベースのラタトゥイユを合わせた、ボリューム満点の魚介の旨味がたっぷりなリゾットです。

食べる直前に、目の前でスープを掛けてくれます。このぐつぐつ感がたまりません!


まずは、熱々のスープから。オイスターやナンプラー、ブイヨンに豆板醤などが入った特製スープは、ほんのりピリ辛でエキゾチックな味わいです。上に乗っている海老やムール貝の身はプリプリしており、海老の大きさにも大満足。魚介をかき分けリゾットを食べてみると、トマトベースのラタトゥイユが出てきて、今度は洋風リゾットに変身します。

    トロトロのチーズが目の前で掛けられ、気持ちが高ぶります!!

半分ほど食べ終えたタイミングでお店の方がラクレットチーズを加えてくれます。トロトロのチーズが加わったリゾットは、濃厚でまろやかな味わいに。さらに、石鍋だから最後まで熱々で食べられるのもうれしいところ。食べ進めるたびに様々な表情を見せる、2度も3度も美味しい新感覚リゾットに驚きを隠せません。

店内にサクッと響く、でき立ての『KIHACHIのナポレオンパイ』

    『KIHACHI のナポレオンパイ』単品860円(税込)※ランチコースのデザートをプラス料金でナポレオンパイに変更可能

ここ青山本店と伊勢丹相模原店でしか食べられない『KIHACHI のナポレオンパイ』は、キハチ創業者の熊谷喜八氏がパリ【マキシム】で修行した際にその味に感銘を受けたというメニュー。毎年苺が美味しくなる時期に修業時代の想いを込めてつくり続けている、知る人ぞ知るキハチの人気デザートです。

    フォークを入れると、店内に音が響くほどパイがサックサクなのです!

サクサクのパイ生地に、適度に酸味のあるイチゴと、甘さ控えめのクレーム・シャンティー、そしてクレーム・パティシエールが重なり合った『KIHACHI のナポレオンパイ』。甘めのホイップとカスタードクリームがぎっしりと詰まっていながらも、サクサクのパイ生地の絶妙なバランスによって重たくなく、そこへたっぷり入ったイチゴの酸味も加わり、甘すぎない上品なパイに仕上がっています。

シェフに話を聞くと、つくり置きができないのでランチ直前につくり始め、“でき立て”で提供されるからこれだけサクサクな状態で食べられるとのこと。数量限定で、なおかつ青山本店と伊勢丹相模原店のみでしか食べられないという、なんともプレミアムなデザートです。

この冬は熱々リゾットでテラスランチを楽しんでみてはいかがでしょうか?

『熱々!スパイシーブイヤベースリゾット ラクレットチーズ掛け』

  • 1,800 円(税込)
    ひとくちジェラート、コーヒーまたは紅茶付き/ランチタイム・テラス席限定
    開催期間:2018 年1 月10 日(水)~ 3 月9 日(金)

『KIHACHI のナポレオンパイ』

  • 単品860円(税込)
    ※ランチコースのデザートをプラス料金でナポレオンパイに変更可能。デライトコース+540円/プレジャーコース&シーズナルコース+320円(税込)
    販売期間:2018年1月10日(水)~3月31日(土)※期間内、終日ご注文可能
    取扱店舗:青山本店、伊勢丹相模原店

【キハチ 青山本店】

  • 電話:03-5785-3641
    住所:東京都港区北青山2-1-19
    営業:ランチ11:30~16:00(L.O.14:30)、ティータイム14:30~17:00(L.O.16:30)、ディナー18:00~23:00(L.O.21:00)
    ※日・祝のみ18:00~22:00(L.O.20:30)※翌日が休日の場合は平日の営業時間にて営業。
    定休日:年末年始

この記事を作った人

シマアキコ(ヒトサラ編集部)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/16~10/22)

エリアから探す