ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.06.09デート・会食

素晴らしい嵐山の景観と、一枚のお皿に紡がれたシェフの世界観|京都・嵐山【嵐山MITATE(みたて)】

古き日本家屋を改装し、モダンな雰囲気に設えた店内。凛とした心地よい空気が迎えてくれるのが京都・嵐山にある【嵐山MITATE】です。さまざまな趣の完全個室は、横並びでのセッティング。営業中は各一室一組までと細やかな配慮のもと、京料理とフレンチを巧みに融合させた逸品が堪能できます。

嵐山MITATEの黒毛和牛ロース

大小さまざまなサイズの個室は洗練された雰囲気

    嵐山MITATEの外観

    趣のある庭が目を楽しませてくれる個性的なアプローチに胸が高まるよう

京福電鉄・嵐山駅から徒歩1分、またはJR山陰本線・嵯峨嵐山駅から徒歩6分。駅からのアクセスも便利な【嵐山MITATE】は、和の情緒に包まれた高級料亭を思わせる佇まいです。オーナーシェフの見舘 孝司さんは京料理、会席・割烹料理を中心に研さんを積んだ後、フレンチを独学で勉強。季節を感じる独創的な一皿で魅了しています。

    嵐山MITATEの個室(4名)

    畳の感触が足にやさしい、こちらの個室は4名でゆっくりと過ごせます

四季折々、季節を表すテーマに沿った月替わりのコース

    嵐山MITATEのコースの一品

    『フォアグラのテリーヌとラタトゥイユ 新生姜のムースに4色のドットゼリー』

美山の平飼い卵、A5ランクの「黒毛和牛ロース」、丹波篠山産米「夢ごこち」など、選び抜かれた食材はどれも一級品。フレンチと和の技法を駆使し、吟味を重ねた食材で綴られるのが見舘シェフの物語です。上質な肉、旬の食材、京野菜を吟味し、四季折々のテーマに沿った月替わりのコース料理が供されます。

ここからは、その中でもお店オススメのメニューを3つをご紹介します!

    嵐山MITATEのご挨拶の一品

    『シェフ見舘孝司からのご挨拶の一品』は、美山卵とフォアグラのプリン。「升々のご繁栄を」の願いを込めて

見舘孝司シェフからの‟ご挨拶の一品”としてまず供されるのは、美山卵とフォアグラのシンプルかつ贅沢なプリン。美山の平飼い卵を使用し、殻の中にはフォアグラのプリン、ごぼうのムース、海老のみそを練り込んだクリームチーズをそっと詰め込んで。京都の陶芸作家による粋なプレートで、シェフの思いが届けられます。

    嵐山MITATEの黒毛和牛ロースと赤ワイン

    脂肪が少なく、肉質に優れた最高級A5ランクの「黒毛和牛ロース」

やわらかい肉質と旨みをもつ「黒毛和牛ロース」は、創業以来のこだわり食材のひとつ。A5ランクの黒毛和牛の中から、その時々で最もおいしい銘柄を吟味しています。シニアソムリエがセレクトする上質なワインは、フランス産を中心にビンテージワインまで幅広く。グラスワインで料理とのカップリングも楽しめます。

    嵐山MITATEのカエルの王様と7人の家来

    一皿を舞台に独創的な世界観をいきいきと表現した『カエルの王様と7人の家来』

色とりどりの7人の家来(ガルニチュール)による八寸仕立てのスタイリッシュな一皿は、とある年の6月に出された5,000円コースの中から。グルヌイユは、主にウシガエルやヨーロッパトノサマガエルの皮をむいた骨つきの後肢を用いて瞬間スモーク。涼を感じる趣あるプレートに、可愛い千代紙のカエルを添えました。

嵐山の景観を眺めながら、大切な人と過ごす静寂のとき

    嵐山MITATEの個室(2名)

    特別感たっぷりの2名用の個室は2階に完備。窓越しの素晴らしい景観も訪れる楽しみのひとつ

2階には2名用の個室が完備されており、静寂の中で二人だけの時間を満喫できます。窓から望める嵐山の風景が、なんとも雅なムードを演出。モノトーンの落ち着いた空間に美しい景色がよく映えます。唯一無二の景観を楽しみながら、静けさに包まれたプライベートなひとときをぜひ。

料理人プロフィール:見舘 孝司さん

    嵐山MITATEの料理人

    1973年、京都府生まれ。料理人だった父の影響から、京料理、会席・割烹料理を中心に研さんを積み、独学でフレンチを学ぶ。京料理とフレンチを融合させたスタイルを確立し、2004年【京料理とフレンチ割烹 龍のひげ】を開業。2015年に姉妹店【嵐山MITATE】をオープンさせた。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/21~10/27)

エリアから探す