ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2022.06.28デート・会食

枠にとらわれず、九州の食と全国の旬をアレンジ。アートのようなひと皿へ|福岡【なかがわ】

アラカルトを気軽に味わえる中州のイタリアンワインバー「Classico」、博多区店屋町にて営む、鴨しゃぶと水炊きのお店【博多とり鍋なかがわ】。その旗艦店がこちらのレストラン【なかがわ】です。彩り豊かなメニューは、アートのような美しさ。訪れたゲストの五感を魅了します。

なかがわのディナーコースのひと皿

洗練の空間に家族水いらずで

    なかがわのロゴ

    期待感が高まる店の入口

地下鉄渡辺通駅から徒歩1分。【なかがわ】は、イタリア料理をベースにしたイノベーティブなメニューを、コース仕立てで味わえるレストランです。使用する食材は、地元九州産をメインに、日本各地から吟味して仕入れる旬の上質なものばかり。訪れるたびに、「今日は何が食べられるのだろう」という期待感が胸に押し寄せます。

    なかがわの内観

    白と木目を基調にした洗練の空間

広々として洗練された店内は、テーブルからオープンキッチンで料理をしている様子を見ることができ、自然と会話も弾みそうです。さらに、個室も備えており、ベビーカーで入店ができるため、親戚同士での集まりのほか、家族水いらずの食事も叶います。

心から「今一番おいしい」と思えるひと皿を

    なかがわのアミューズ

    好奇心が掻き立てられる、ある日のアミューズ

料理長の中川英樹さんが、生産者の想いや季節に応じ、「今一番おいしい」と思えるひと皿を、イタリアンの枠にとらわれず独自に考案、コース仕立てで提供してくれるこちら。好みの食材や年齢を伝えておけば、それに合わせたアレンジを用意してくれるのもうれしいポイントです。

ここからはその中でも、お店オススメのメニューをご紹介します。

『ディナーコース』11,000円

    なかがわのコースの一品

    花咲くように、季節野菜が色とりどりに

【なかがわ本店】の人気定番メニュー『季節野菜のサラダ』を含めた11,000円のディナーコース。肉と魚、どちらも用意されていて、ボリュームもたっぷり。

『ディナーコース』14,300円

    なかがわの魚料理

    カラフルなソースで肉の旨みが際立つある日のお魚料理

『ディナーコース』14,300円には、【なかがわ】らしく表現された料理が勢ぞろい。メインを食した後には、楽しみな締めの料理が登場します。内容は当日席につくまで秘密だそうで、そのワクワクも魅力のひとつです。

ワインや日本酒、紅茶とのペアリングも

    なかがわのワイン

    飲み比べて楽しめるコースもスタンバイ

コースとのペアリングを考慮して吟味されたワインは、フランスやイタリアをはじめ、世界各国から厳選されたもの。そのほか、日本酒や地ビールまで、多種多様に取り揃えられています。さらに、お酒が苦手な方には「ティーペアリング」を提案してくれるのもうれしいポイントです。

料理人プロフィール:中川 英樹(ナカガワ ヒデキ)さん

    なかがわ 料理人 中川英樹さん

1983年長崎県南島原市生まれ。2015年4月に【なかがわ】、2016年3月に【NAKALABO】を開店。続く2018年6月、旗艦店としてレストラン【なかがわ】をオープンし、いずれも県内外の食通から注目を集めている。「なかがわ流の料理・サービスの世界を創り出していきたい」との思いから、イタリアンの伝統の枠にとらわれず、独自の料理を日々追求している。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(8/3~8/9)

エリアから探す