ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2023.03.27グルメラボ

春が到来!魚介に春野菜、旬の味覚を味わう大阪のレストラン5選

食材には季節ごとの旬があり、その時期が最もおいしく、栄養価もぐっと高まります。そこで今回は、旬をむかえた春の食材が堪能できる大阪のグルメ店をピックアップしました。お花見帰りに立ち寄るのもオススメです。春を味わいに出かけてみませんか?

Rodeの料理

堺筋本町【天ぷら 心屋】

春を告げる魚・鰆の天ぷらを、風味豊かな青さの餡とともに

    【天ぷら 心屋】の料理

    『鰆の青さ海苔あんかけ』

魚へんに春と書く鰆。関東では冬の12月から2月が旬とされていますが、関西では3月から5月が旬とされています。瀬戸内では「春告げ魚」と言わるなど、まさに春らしい食材です。堺筋本町にある【天ぷら 心屋】では、素材の鮮度を活かすためレアでサッと揚げた鰆の天ぷらが登場。風味豊かな青さの餡といただく優しい味わいの逸品です。

    【天ぷら 心屋】の内観

    職人技を間近で楽しめるカウンター席

店内は、カウンター席中心の落ち着いた雰囲気。敷居の高いイメージではなく、気軽に普段使いできる天ぷら店がコンセプトです。厳選した旬の食材を、確かな職人技でそれぞれの食材の魅力を最大限味わえる天ぷらに。しかも価格設定はリーズナブルだからうれしい!「いつもの一軒」にできるお店です。

高石【旨肴楽酔 るっこら】

獲れたての大阪湾産の生しらすをたっぷりご飯にのせて召し上がれ

    【旨肴楽酔 るっこら】の料理

    『生しらす丼セット』

4月~6月頃は、イワシの稚魚「春しらす」のシーズンです。大阪・高石にある【旨肴楽酔 るっこら】では、岸和田の漁港で水揚げされた新鮮な大阪湾産の生しらすを、たっぷりとご飯の上にのせた『生しらす丼セット』で、しらすを堪能できます。温玉をくずして、濃厚な卵に絡めて、お好みでごま油をかけても美味!

    【旨肴楽酔 るっこら】の内観

    気軽に立ち寄れる一軒

同店は、高石商工会議所の1Fに店を構える居酒屋。店内は広々としたカジュアルな雰囲気の空間で、新鮮な魚介を贅沢に使った海鮮料理や、梅酒などのお酒に合う豊富な一品料理が揃っています。ランチをはじめ、夜は友人との気軽な飲み会、貸切の大型宴会まで、さまざまなシーンに合わせて利用できます。

岸和田【kappou hiroshi】

若竹煮をイメージした、春らしいタケノコおでんはいかが

    【kappou hiroshi】の料理

    『おでん 竹の子』

岸和田駅から徒歩10分に位置する【kappou hiroshi】。店主が自身の目で確かめて仕入れた旬の素材を使った料理を「本日のおすすめ」として提供。中でも人気は季節感あふれるおでん。多い時は25種類のねたが楽しめます。そして春には、『おでん 竹の子』が登場。たけのこ、菜の花、生わかめをおでんのだしで煮て、木の芽を添え、春の若竹煮をイメージした旬を感じる一品です。

    【kappou hiroshi】の内観

    隠れ家的な雰囲気も魅力

木造の落ち着いた隠れ家的な雰囲気のこちらでは、石畳を敷いた風情ある中庭もあり、ここで食事をすることも可能です。また店内は間仕切りを取り外して、テーブルをくっつければ、8名のテーブル席にもアレンジできます。お子様や赤ちゃん連れのファミリーにもオススメの座敷席も完備しているので、さまざまなシーンに活用できる一軒です。

予約カレンダー
カレンダーで他の日を見る

四ツ橋【LA FINESTRA】

旬が短い豆の王様・空豆を自家製パスタで味わう

    【LA FINESTRA】の料理

    自家製のパスタ(オレキエッテ)をペコリーノチーズで仕上げる一皿、春は空豆が添えられる。

春から初夏にかけて食べ頃を迎える空豆。旬が短いとも言われるため、時期を逃さず食べたいものです。ここ【LA FINESTRA】では、店内で作る自家製のパスタ(オレキエッテ)をペコリーノチーズで仕上げる一皿で、自家製ソーセージと共にこの時期旬の空豆を味わえます。

    【LA FINESTRA】の内観

    大きな窓から光が差し込む心地いいい空間

同店では、自家製パスタや契約農家から取り寄せる無農薬野菜、博多や和歌山などから仕入れる魚介類など、妥協のない食材を使ったイタリアンを作り上げています。時期によって猟師から直接買い取るイノシシやシカなどジビエ食材も揃います。大きな窓から見える緑がさわやかな開放的な空間で、季節を感じる時間を過ごしてみてはいかが。

和泉中央【Rode】

みずみずしく、甘みが増した春の玉ねぎを、繊細な一皿で堪能

    【Rode】の料理

    『淡路島産ショウサイフグ 和泉市産赤玉葱とビーツ 梨とスダチの香り』

春の玉ねぎは、みずみずしく、甘さがぐっとアップ。そんなこの季節だけの味わいを堪能するなら、フレンチビストロ【Rode】へ。和泉中央駅より徒歩6分にあるこちらでいただけるのは、地元、和泉市産の赤玉ねぎを使った一品、『淡路島産ショウサイフグ 和泉市産赤玉葱とビーツ 梨とスダチの香り』。スダチを最後に吹き付けて全体を爽やかにまとめた、酸味と甘みが複雑に絡み合う、奥深い味わいです。

    【Rode】の内観

    木の温もりが漂う明るい空間

木の温もりを感じられる、色彩のトーンを控えめにした落ち着いた店内では、一皿の中に四季を取り入れ、デザートに至るまで素材を活かした身体に優しい逸品に出合うことができます。昼はコース、夜はアラカルトを中心に料理を満喫できるので、デートや女子会、記念日、家族の食事にもオススメです。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/18~5/24)

エリアから探す