ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2024.03.18食トレンド

近年オープンした、東京で注目の中華料理店5軒

ガチ中華ブームなどもある今、中華料理の進化が止まりません。さらに近年、有名店の味を引き継ぎならオリジナリティを出す新たなお店も続々登場。そこで今回は、東京で注目の新しい中華料理店を5軒セレクトしました。

nope

五反田【彬龍華66】

伝説の担々麺が復活!
ヤザワミートと【龍天門】出身のシェフによる本格中国料理店

    彬龍華66の店内

    お洒落なモダンチャイニーズレストラン

2023年1月、黒毛和牛にこだわる精肉卸であり、国内外で肉料理のレストランを成功させてきたヤザワミートが、初の本格中国料理店【彬龍華66(ハンリュウカロクロク)】を閑静な目黒川沿いにオープン。店内は赤やゴールドをアクセントにしたスタイリッシュな雰囲気。半個室、個室、カウンターもあり、お相手との距離感に応じて使い分けられます。

    彬龍華66の料理

    代名詞とも言える名物『66合桃担々麺』

メニューには和牛のリブロース、タン、モモを使った料理を常にラインナップ。また、中国料理においては珍しい“無化調”を実践しています。総料理長として迎えたのはグランドハイアット東京の【チャイナルーム】などで料理長を務めた実力派・中里卓氏。27年前にカリフォルニア州のコンテストでグランプリに輝いたクルミ入りの担々麺も人気です。

牛込神楽坂【take】

あの【エンジン】の姉妹店
和のアレンジが楽しい中華酒場はおひとりさまにも優しい一軒

    takeの店内

    温かい雰囲気を醸し出すカウンター席

神楽坂「毘沙門天善国寺」の真向かいに、2023年2月にオープンした中華酒場【take】。あの人気店【エンジン】の姉妹店です。オープンキッチンの店内は、飾り気のないこじんまりとした空間。柔らかな照明の灯りと木の温もりが落ち着く内装で、デイリーに通いたい一軒です。

    takeの料理

    『牛肉山椒コロッケ』

いただける料理は本店同様、和の食材を中華テイストにアレンジしたオリジナルメニュー。名前だけ見れば、和食を思わせる料理も、味付けは中華に着地しています。たとえば『牛肉山椒コロッケ』は花湫の痺れをほのかに感しさせる人気メニュー。『鯵のなめろう』は味噌の代わりに甜麺醤と自家製辣油で味つけしています。

虎ノ門【港式料理 鴻禧(こうき)】

香港の名店の味を引き継ぐ実力店
臨場感溢れるパフォーマンスも魅力

    港式料理 鴻禧(こうき)の店内

    オープンキッチンのカウンター席

美食家垂涎の名店【福臨門魚翅海鮮酒家】。その味を引き継ぐ新店がここ、虎ノ門に店を構えた【港式料理 鴻禧】です。オープンキッチンのカウンター席には耐熱ガラスが置かれ、“トミーさん”の愛称で親しまれるシェフが鍋を振る様子や、クリスピーチキンを揚げていく過程を正面から見られるのも同店の魅力の一つ。この臨場感も、胃袋を刺激するスパイスになりそうです。

    港式料理 鴻禧(こうき)の料理

    『清蒸紅斑魚』

“トミーさん”こと覃志光さんは、【福臨門酒家】で14年半研鑽を積んだ手練れ。その実力を感じさせるのは【福臨門】の味を彷佛とさせるのが香港の高級スープ“上湯”。老鶏、金華ハム、豚赤身肉でとるスープで、その味が店を決めると言われているほどです。鮮魚を丸ごと一尾蒸しあげる『清蒸魚』も、香港の代表的な料理の一つで、必食です。

千歳烏山【nope】

街角のビストロのようなカジュアルさで楽しむ
「スパイス×中華×ワイン」

    nopeの店内

    スパイスに食欲をそそられるオープンキッチンのカウンター席

2023年に惜しまれつつ閉店した祐天寺【レカマヤジフ】は、独創的なスパイスカレーやコース料理でスパイスマニアを熱狂させた名店。そんな同店で腕をふるっていた高木祐輔氏が新たに開いたのは「スパイス×中華×ワイン」をテーマにしたアラカルトスタイルのお店です。店内は落ち着いた雰囲気と現代的なカジュアルさも感じられて居心地がよく、オープンキッチンのカウンター席ではスパイスの香りに包まれます。

    nopeの料理

    『豚の角煮 宝塔肉』

「中国各地方からインドまで自在な調理法でつくられた料理」と聞くと、スパイス感の強い料理を想像しますが、意外にもスパイスの香りはやさしく穏やか。良質な食材が手に入る日本だからこそ、あくまで食材の良さを生かすことを第一に考えているのだそう。特に『スパイス×前菜盛り合わせ』や宝塔に見立てた角煮『豚の角煮 宝塔肉』は必ず食べたい一皿です。

中目黒【中華美食 トミーズキッチン】

【香妃園】の味を長年支えたベテラン「トミーさん」が織りなす
体に優しいネオ町中華

    中華美食 トミーズキッチンの店内

    光が差し込む開放的な店内

中華料理一筋33年のベテランシェフで、東京・六本木の老舗中華料理店【香妃園】に足掛け17年も務めた「トミーさん」こと富谷宗久氏が独立し、高感度な人々が集う中目黒にイートイン&デリバリーを兼ねた初店舗をオープンしたのが【中華美食 トミーズキッチン】。キッチンに面したカウンター席とテーブル席があり、気軽に利用できます。

    中華美食 トミーズキッチンの料理

    『鶏煮込みそば』

メニューに並ぶのはチンジャオロース、ホイコーロー、エビチリ、エビマヨ、酢豚、麻婆豆腐、坦々麺、五目チャーハンなど、町中華でもお馴染みの親しみやすい一品料理。トウチを手作りするなど、手間ひまを惜しまない真摯な姿勢が細部に宿ります。なかでも特製白湯鶏の『鶏煮込みそば』は一度食べたらやみつきになる人気No.1メニューです。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(6/8~6/14)

エリアから探す