ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2024.02.06グルメラボ

寒い冬のごちそう! 熱々のおでんがおいしいお店5選|大阪

一年でも一番寒いこの時期、あったかいおでんは何よりのごちそうです。大根やこんにゃく、卵などの定番からちょっと変わった食材まで、どんなものでも受け入れてくれる懐の深さもおでんのいいところ。今回は大阪でおいしいおでんが楽しめるお店を5つピックアップ。冬ならではのあったかグルメを堪能しましょう!

常夜燈 豊崎本家のロールキャベツとがんもどき

天神橋筋六丁目【小鍋のおでん佳】

小鍋でいただく種類豊富な創作おでんに舌鼓

    小鍋のおでん佳の小鍋のおでん 鶏白湯出汁

    『小鍋のおでん 鶏白湯出汁』は好きな具材を選んで楽しめる

天神橋筋六丁目駅から徒歩1分というアクセス抜群の場所にあるのが『小鍋のおでん佳』。「鶏白湯出汁」と「スパイス出汁」の2種から選べるおでんだしでいただく創作おでんが自慢。お一人様やカップルにぴったりの『小鍋のおでん』は、卓上コンロの土鍋で提供されるので、ずっと熱々を楽しめます。

    小鍋のおでん佳の店内

    リラックスできる雰囲気の店内で熱々おでんを楽しめる

店内は天然木を多用した温かみのある、アットホームな雰囲気の空間が広がっています。座席はカウンター9席のみ。こぢんまりとしたスペースが親密度を高めてくれます。自慢の創作おでんと相性抜群のこだわり銘柄の日本酒は、常時8〜10種ラインナップ。おでんだしで日本酒を割った『出汁割り』もオススメで、試してみたい一品です。

心斎橋【地鶏と鶏だしおでん 鷹仁 南船場店】

鶏料理専門店が手掛ける「鶏だしおでん」に舌鼓

    地鶏と鶏だしおでん 鷹仁 南船場店のおでん盛合せ

    鶏ガラと和風だしでつくっただしがたまらない『おでん盛合せ』

心斎橋駅から徒歩4分の場所にある【地鶏と鶏だしおでん 鷹仁 南船場店】は、朝引きの大山地鶏を使ったメニューが楽しめるお店です。自慢の焼鳥に加え、こちらのもう一つの名物が「鶏だしおでん」。鶏の旨みたっぷりのだしで炊かれているので、具材にもしっかりとその味が染み込んでいます。

    地鶏と鶏だしおでん 鷹仁 南船場店の店内

    店内は1、2階の2フロア。個室も用意されている

アットホームで明るいムードの店内は、お一人様もウェルカムなカウンター席のほか、グループでの利用にもぴったりなテーブル席用意がされています。屋根裏風の趣ある完全個室(要予約)も完備されているので、周りを気にせずゆったりと食事を楽しむことができます。

谷町四丁目【だしまる】

手頃な価格で楽しめるおでん、串かつを日本酒と一緒に

    だしまるのおでん盛り合わせ

    体の芯から温まる、だしのしっかり染み込んだ『おでん盛り合わせ』

谷町四丁目駅から徒歩4分の場所に店を構える【だしまる】は、リーズナブルにおでんや串かつが楽しめるアットホームな居酒屋。寒い日にぴったりの『おでん盛り合わせ』は、大根や厚揚げ、卵などの定番や『チーズとまと』や『レタス』といった具材まで豊富にラインナップ。数をまとめればおでん鍋にできるのもポイントです。

    だしまるの店内

    店内はゆったりとくつろげるアットホームな雰囲気

店内にはゆったりとスペースの取られたテーブル席を設置。席間も余裕があるので、ベビーカーでの利用もOKで、小さな子どもといっしょにおいしい料理を楽しめるのはうれしいかぎり。市場から直接買い付ける新鮮な食材を使ったおでんや串かつをリラックスした空間で味わえます。

江坂【やまと蔵人】

上品なだしがたまらないあったかおでんでほっこり

    やまと蔵人の出し巻きのおでん

    だしのおいしさを堪能できる『出し巻き』のおでん。あおさ海苔のトッピングが絶妙

江坂駅から徒歩6分の【やまと蔵人】は、こだわりのおでんや鯨料理をゆっくりと楽しめるアットホームなお店です。メニューの主役はおでん。だしは北海道の根昆布や鹿児島産の鰹を使ってとられた上品な味わい。40種近くそろう種類豊富なタネは、一品ずつ味を加えて提供されます。

    やまと蔵人の店内

    くつろげる店内はセンスよくデザインされた落ち着ける空間

店内は、和風テイストのゆったりとした空間。居心地のいいカウンター席のほか、テーブル席や掘りごたつ式の座敷も用意されています。関西風の料理によくあう関西圏の純米酒が用意されているのもうれしいポイント。店主夫婦が醸し出すアットホームな雰囲気とおいしい料理で、くつろぎの時間を過ごせます。

中津【常夜燈 豊崎本家】

浪速の人々に愛されてきた「かんさいだき」に舌鼓

    常夜燈 豊崎本家の大根、海老芋

    丹後の農家から仕入れる『大根』、静岡の磐田から仕入れる『海老芋』

中津駅から徒歩5分の場所にある【常夜燈 豊崎本家】は創業昭和20年という歴史あるお店。名優、森繁久彌氏が命名したという「かんさいだき」は、鯛の頭や羅臼の昆布に白味噌を加えただしと、手間を惜しまず丁寧に仕込んだ具材を使った、ここだけの味わい。大阪人が大好きな庶民の味を貫いています。

    常夜燈 豊崎本家の店内

    ゆったりと落ち着いた雰囲気が漂う店内で「かんさいだき」をいただく

店内にはテーブル席とカウンター席が用意されています。店奥に5席あるカウンター席は、煮込まれた具材が目の前。店主と奥様の掛け合いも楽しめる特等席です。もちろんテーブル席でゆっくりと「かんさいだき」を味わうのもオススメ。店の持つ歴史と味をじっくり堪能できます。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(7/14~7/20)

エリアから探す