ヒトサラマガジンとは RSS

すっぽんの滋味を余さず味わい尽くす 黄金色の丸鍋【ツバクロすっぽん食堂】

すっぽんは「食べるエステ」とも言われる美容にいい食材。コラーゲンやアミノ酸にミネラルが豊富に含まれています。関西では「すっぽん鍋」のことを「丸鍋」と言います。その名の通り、美容や健康に○がつくすっぽんをカジュアルに頂けるのが【ツバクロすっぽん食堂】です。

アプリで見る

【ツバクロすっぽん食堂】

料亭レベルの高級食材すっぽんが、1人前2000円とカジュアルに

    コラーゲンたっぷり黄金色の滋味豊かな出汁が美肌効果抜群の『丸鍋』2000円(税別)。トロトロのぶつ切り肉やゼラチン質のエンペラも美味

 トップの写真はすっぽんの生血を使ったカクテルです。左から『生血サンライズ』と『生血テキーラ』。鮮やかな赤は新鮮さの証です。長崎県諫早の自然豊かな環境で育てられたすっぽんは活きたまま【ツバクロすっぽん食堂】に届けられます。

    甲羅のふちの柔らかい部分エンペラを軽く炙ってミョウガなど爽やかな風味の薬味とともに頂く『丸エンペラ炙り』800円(税別)

 鮮度が命のすっぽんは泥を吐かせ、すぐに調理します。切り分けられた身は甲羅も含めて丸ごと寸胴で炊かれ、丸鍋の肝となるスープがとられます。昆布と日本酒ですっぽんを強火で炊く時につきっきりでアクを掬い取るのがおいしいスープに仕上げるポイント。しっかりと手をかけたスープは黄金色に透き通って、冷めると風味付けのショウガが効いたゼリー状の煮こごりになります。

 ツバクロすっぽん食堂】の丸鍋の味付けはごく少量の塩水と醤油のみととてもシンプル。このレシピは懐石料理店で修行を積んだ【ツバクロすっぽん食堂】の料理長によるもの。本格的な料亭でしか味わえなかった丸鍋が2000円と気軽な価格で味わえるんです。

すっぽんを求めて産地を巡るほど、その旨さに魅了された店主の堀野氏

    グレーを基調にしたスタイリッシュなダイニング。店頭は立ち呑み仕様になっていてすっぽん出汁を使った『丸だしまき』などお手軽な肴が楽しめます

 京都の料亭で味わった丸鍋に触発されて【ツバクロすっぽん食堂】をオープンした店主の堀野さん。理想のすっぽんを求めて国内は言うに及ばず、インドネシアまで旅をすることに。そのなかで出会ったのが長崎県諫早産の上質なすっぽんでした。

    右がオーナーの堀野さん。カウンターですっぽん談義を楽しみながら丸鍋を堪能。奥にはテーブル席もあります

 ストレスのかからない温暖な気候と豊かな自然のなかで育てられたすっぽんだから、肉質もよく、深みのある味わい豊かな出汁がとれるのだそう。「すっぽんはコラーゲンたっぷりで、カロリーも低めと女性には美味しいことずくめなんです」と語るオーナーの堀野さん。上質なすっぽんを求めて各地を訪れたというのも納得できるほど、惚れ込んでいるようです。

唐揚げやバター焼きなど、多彩な料理ですっぽんを味わい尽くせるのも魅力

    滋味豊かなすっぽん出汁を使った『丸茶碗蒸し』600円(税別)。プルプルのやさしい食感に癒されます

 美味しいのは丸鍋だけではありません。唐揚げやバター焼きといった料亭にはない料理でも、その独特の食感と旨味が楽しめるのが【ツバクロすっぽん食堂】の魅力です。『丸エンペラ炙り』や『丸だしまき』など、すっぽんの魅力を丸ごと楽しむなら『丸鍋セット』を注文しましょう。〆の雑炊またはラーメンもついて大満足間違いなしです。

    すっぽんの身の旨味をぎゅっと閉じ込めた『丸唐揚げ』1個500円(税別)。カリッと香ばしい衣とゼラチン質の多い身のトロトロ食感が絶妙にあいます

 すっぽん料理以外にも『鴨ロース炙焼き』や『炊きゴボウ天ぷら黒七味』といった多彩な黒板メニューもラインナップ。居酒屋使いした後に〆としてすっぽんの鍋を頂くのもおすすめです。

この記事を作った人

撮影/春堂マミ 取材・文/ナカシママサヨシ(フリーライター)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(12/8~12/14)

エリアから探す