ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.04.30食トレンド デート・会食

【ペタンク】浅草 ~カウンターデートのススメ~|ヒトサラ編集部員がオススメするデートレストラン #1

ヒトサラ編集部員がデートにぴったりのレストランをご紹介! 20代女子、アラサー男子、オーバー30女性の3名の編集部員が、それぞれの目線から「デートするならここでしょ!」というお店を話し合ってみました。そこで出た共通点は「カウンターデート」でした。

アプリで見る

とある日のヒトサラ編集部。
議題は「デートにオススメのお店」

M香(20代女子):デートするならどんなお店がいいですか? 雰囲気とか、席とか。

A子(オーバー30女性):私はあんまり気張らないで行けるお店がいいかな。そして席はカウンターがいい。向かい合った席よりも、カウンターの方が距離が近いから親密度も上がるし、二人の世界で話せるよね。

J太郎(アラサー男子):男目線だと、カウンターは女性をエスコートしやすい。椅子を引いてあげたりとか、不自然じゃなくそういうカッコつけができるんだよね。おまけに、隣だとさりげないボディータッチもできるし……(笑)

M香:それ大事です! 女の子も「ええ、やだーっ」って言いながらパシッて叩けるみたいな。(笑)

A子:女性としても、隣にいてくれれば料理を取り分けたり、気を遣いやすい。

J太郎:沈黙があっても、隣ならメニューを二人で見て「次、どうする?」とか、カウンターの向こうを見ながら「あれ、何作ってるのかな?」って。ただこれだけで気まずくないしね。

M香:「あの泡みたいな料理、なんだろうね?」とか。(笑)カウンター席っていいですね!

と、いうことで……

ヒトサラ編集部員による
~カウンターデートのススメ~

#1 アラサー男子が推す【ペタンク/浅草】

#1の今回は、ヒトサラ編集部のアラサー男子がオススメする、カウンターデートレストランです!

アラサー男子が推すカウンターデート店
【ペタンク】浅草/フレンチ

    カウンター席のみのカジュアルなお店だが、料理やワインは本格的。都内のグルメ通も足を運ぶ人気店だ

今回、アラサー男子の私がオススメするのは浅草のフレンチビストロ【ペタンク】。カウンター席の“距離の利”の恩恵も受けながら、「浅草なのにフレンチ連れてってくれるの?! しかもカジュアルでセンスいい!」と女性に言われるような、雰囲気のいいお店です。

ポイント①
“浅草でフレンチ”というハズし

    観光スポット巡りや食べ歩きが楽しい浅草エリア。お店の活気や観光客の高揚感に会話も弾む

イメージとしては、初回のデートではなく、2,3回目のデート。初デートは、六本木や表参道エリアでディナーをカッコよく決め込み、次は明るいうちから会う約束をして、少しハズした“浅草エリア”に出かけるといったイメージです。
人形焼や雷おこし、あげまんや抹茶スイーツなど、食べ歩いているだけで自然と会話が弾むのも、浅草デートのいいところです。

夜が近づいてきたら、いよいよ浅草寺の先にある【ペタンク】へ。ホッピー通りや和のイメージが強い浅草で「夜はワインが美味しいフレンチビストロに行こう」と誘えば、女性はきっと「どんなお店に連れて行ってくれるのかしら?」とワクワクしてくれるはず!

ポイント②
カジュアルかつ、センスのいい空間

    おしゃれな雑貨が所せましと並ぶ店内。和と洋がバランス良く配され、フレンチでありながら“浅草”を感じられる

浅草デートは歩くので、連れていく先は動きやすい服装で来ている女性を困らせることのない、カジュアルなお店であることも大切です。気さくなシェフが営む【ペタンク】は、二人の親密度を上げるのにぴったりな、気軽にお酒を楽しめる雰囲気。
席はカウンターのみなので、距離も近く二人の世界で話せるうえに、さりげないスキンシップの後押しもしてくれることでしょう。

    シェフの山田さんにそっくりな人形や、「I♡ぺたんく」の入れ墨を掘る遊女が描かれた手ぬぐいなど、小物ひとつにも遊び心が感じられる

デートの際は、カジュアルな中にも洗練された雰囲気が大事。【ペタンク】はファッション関係の常連も多いそうで、インテリアにはお客さんが持ってきたおしゃれな小物や、シェフが趣味で集めた遊び心のある雑貨が並んでいます。カジュアルな中にもセンスの良さを感じる居心地のいい雰囲気に、きっと二人の会話も弾むはず!

ポイント③
本物の味をリーズナブルに楽しめる

    アンチョビとマスタードのマヨネーズに包まれた『ウフマヨ』300円(税込)は、玉子を割ると、黄味がトローっと溶け出す

カジュアルな雰囲気なのに、料理とワインが本格的なのもまた【ペタンク】の魅力です。シェフの山田さんはワインバーやグランメゾン、パリのレストランでの修行経験もある凄腕で、その味を求めに都内のグルメ通も足を運ぶほど。
一皿ごとの量は多すぎず、かつ二人で分けられる量なので、女性でも色々な種類を少しずつ、無理なく食べることができます。

  • 昔懐かしい手羽先の『チューリップカラアゲ』800円(税込)は、ビールやスパークリング、白ワインにも合う

  • 『ズワイガニの辛いマカロニグラタン』1,300円(税込)。甲殻類と相性がいいレッドカレーをアクセントにした、ひと味違うスパイシーなグラタン

つい量を頼み過ぎると、デートの場合、特に男性は金額が気になりますがご安心を。人気メニューの『ウフマヨ』はなんと300円、ほかにも500円前後のおつまみ系から、メイン料理は1,500円前後、グラスワインは900円均一と、とてもリーズナブルなのです。これなら、食べるのが大好きなグルメ女子がお相手でも安心ですね。
また、ワインを目当てに訪れる人もいるので、お相手が小食女子でも、少量のおつまみとお酒だけで、十分に【ペタンク】を楽しめます。

ポイント④
帰り道はロマンチックに

    ライトアップされた浅草寺は、華やかで気品のある佇まい。昼よりも人通りが減り、ロマンチックな雰囲気すら漂う

食事とお酒を存分に楽しんだら、浅草デートもいよいよ終盤。楽しいデートの締めくくりには、帰り道のエスコートも大切です。【ペタンク】が位置するのは、雷門から浅草寺を抜けた先なので、相手の女性を駅まで送る際はライトアップされた浅草寺を通るルートがオススメ! 二人で「あの料理、おいしかったねー」なんて一日を振り返りながら帰れば、きっと、いい思い出になるはずです。

次回は……
カウンターデートのススメ #2
【BOLT/牛込神楽坂】をご紹介

ヒトサラ編集部による「カウンターデートのススメ ~浅草 ペタンク編~」、いかがだったでしょうか。今回はアラサーの男子編集部員がご紹介しました。
次回は、オーバー30女性編集部員が、大人の女性目線で、牛込神楽坂の【BOLT】をご紹介します!

【ペタンク】

  • 電話:03-6886-9488
    住所:東京都台東区浅草3-23-3 上野ビル101
    アクセス:各線「浅草」駅から徒歩10分前後
    営業時間:
    [月~金]17:00~24:00
    [土・日・祝]15:00~22:00
    定休日:週2日程度、不定休(事前の電話確認をおすすめします)

この記事を作った人

関口 潤(ヒトサラ編集部)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/17~9/23)

エリアから探す