ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2017.02.27食トレンド

やわやわのうどんに、豚の焼きとり!? “真の”福岡グルメの新店が東京に

博多名物といえばラーメンやもつ鍋。が、実は博多っ子が真に愛する2大庶民派グルメは、九州以東の人には信じがたいほど柔らかい『うどん』、そして、鶏ならぬ豚バラを使った『焼きとり』。その両方が楽しめる博多スピリット満載の新店が、8月2日、東京・恵比寿に誕生!

アプリで見る

本当の福岡グルメが楽しめる新店【博多うどん酒場 イチカバチカ】

柔らかいのにパンチあり! 麺が出汁を吸い上げる『博多うどん』

    博多うどんのエース的存在といえばこれ、『ゴボウ天うどん』700円。ゴボウの天ぷらは2種の食感が楽しめる

 何を食べても安くてうまい、大衆料理の聖地といえば博多。その博多で生まれた2大ブランド、ご存じ博多ラーメンの【一風堂】と焼きとりの【八兵衛】が手を組んだ新店にご注目を!
 ここ【博多うどん酒場 イチカバチカ】のいちおしは、“うどんはコシ”派の主張を一蹴するがごとき、やわやわ&ふわふわの博多うどん。福岡県産地粉「ニシホナミ」を100%使った麺は表面にたっぷりと出汁を吸い上げ、クセになる独特の食感です。昆布、いりこ、節のほかに焼きスルメやホタテ貝柱などを加えた出汁は、思い出すだけでよだれモノの濃厚さ。

お酒が進む進む! ジューシーな豚バラ串とおつまみの数々

    『国産豚バラ串』塩、タレ、味噌各200円。ノンワックスの国産レモンを丸々1個凍らせて使う『一八レモンサワー』600円と相性抜群!

 そして博多ではなぜか“焼きとり”と呼ばれて愛される豚バラ串も必食の1品。3代続く精肉店がルーツの【八兵衛】らしく、長年の目利きが光る厳選された肉を使用し、旨みたっぷりの脂がじゅわっとあふれるジューシーこの上ない味わいに。
『酢モツ』や『おきゅうとポン酢』など、現地でおなじみのつまみも揃うほか、隣客との間に自然と会話が生まれる屋台感覚のフランクさも博多っぽい。【一風堂】と【八兵衛】両者の博多愛が炸裂する、美味しく気取らない、そして楽しい酒場の誕生です。

  • BGMは福岡「CROSS FM」。奥にはテーブル席も

  • 細い路地裏に面した入り口。赤提灯が目印

【博多うどん酒場 イチカバチカ】

アクセス:JR恵比寿駅西口/東京メトロ日比谷線恵比寿駅から徒歩3分
営業時間:ランチ11:00~15:30 ディナー17:00~翌2:00/祝日11:00~22:00
電話番号:03-5724-3130
定休日:日曜

この記事を作った人

唐澤 理恵

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(12/9~12/15)

エリアから探す