ヒトサラマガジンとは RSS

瀬戸内生キャビア&銘醸ワインの宴が叶う銀座の隠れ家【La maison du caviar 17℃(ラ メゾン ドゥ キャビア ディセットゥ ドゥグレ)】

美食家が集う銀座エリアに、香川産のフレッシュなキャビアを最高のシチュエーションで味わえるお店があります。その名も【La maison du caviar 17℃】。美味しいシャンパンやワインと共に味わう、ラグジュアリーをコンセプトにしたキャビアバーです。

【La maison du caviar 17℃】の内観

古い映画のワンシーンに入り込むような非日常空間

    クラシカルな趣を感じる外観

    クラシカルな趣を感じる外観

新橋駅からもほど近い銀座8丁目にひっそりと佇む【La maison du caviar 17℃】は、香川県で最高級の生キャビアをつくる会社直営の、キャビアバー&フレンチレストラン。銀座の裏手という土地柄、老舗の料亭などが数軒あるひっそりとした一角にお店はあります。

    内装や調度品にもこだわっている

    内装や調度品にもこだわっている

100年前のヨーロッパの邸宅をイメージした店内は、シックでゴージャスな空間。日々の忙しさから離れ、本物の美味と贅を尽くした空間でくつろぐことができます。19世紀の調度品やアンティークのオルゴールや食器、絵画が飾られていて、まるで古い映画の中に入り込んだような非日常感を味わえます。

初めて出会う美味しさに驚く、瀬戸内生キャビア

香川県で最高級の国産生キャビアを生産する会社が直営する同店。フレッシュなキャビアからは、まろやかな味わい、ふわっ~と広がる甘み、とろける食感が味わえます。ほかに使う食材も、日本海のカニ、フランス産ジビエなど、高級揃い。フランスでも経験豊富なシェフが最高の料理に仕上げます。※料理はコースを中心にアラカルトもあります

ここからは料理の一例をご紹介します。

    『瀬戸内キャビア ベステルチョウザメ 15g』9,020円(サ別)

    『瀬戸内キャビア ベステルチョウザメ 15g』9,020円(サ別)

自社製の瀬戸内キャビアの一つベステルチョウザメ。アンデスのまろやかな岩塩ローズソルトを使用した、上品でやさしい味わいのキャビアです。

    『日光サーモンのクーリビヤック〝瀬戸内キャビア”のソース』4,950円(サ別)

    『日光サーモンのクーリビヤック〝瀬戸内キャビア”のソース』4,950円(サ別)

アラカルトメニューから。お店自慢のスペシャリテのひとつです。

    『本日のジビエ料理』8,800円~(サ別)

    『本日のジビエ料理』8,800円~(サ別)

お肉のメニューから。エゾ鹿やイノシシなど国産のジビエを中心に、時季や仕入れにより、その都度コース料理に用意できる内容で提供されます。

高級食材で彩る皿に合う、豪華ラインナップのワイン

    最高の料理に合う最上のワインが集い、幻の銘酒もラインナップ

    最高の料理に合う最上のワインが集い、幻の銘酒もラインナップ

高級食材で彩る皿に合うワインを、フランス産を中心に約200銘柄も用意しています。シャンパーニュ、ブルゴーニュ、ボルドーが充実し、中には今や幻の存在となったアンリ・ジャイエなど、200万円を超えるような銘柄も。バーのご利用のみもOKなので、ゆっくり憩えるのが魅力です。

料理人プロフィール:釜谷孝義さん

20代の時にベルギーやフランス・ロワールの星付レストランにて修行。帰国後1997年に中目黒のレストラン【コムダビチュード】のオーナーシェフとしてオープン。その後世田谷などに移転。90年代に若手料理人の会「クラブ・ミストラル」の中心的な存在としても活躍した功績を残す。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/21~10/27)

エリアから探す