ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.06.25食トレンド グルメラボ

【cenci】坂本シェフが通う京都・二条の街の中華料理店|トップシェフがプライベートで通う店

【イル ギオットーネ】勤務時代は海外プロモーションや東京・丸の内店の立ち上げを手がけ、同店の店長をつとめること9年。2014年、平安神宮で親しまれる京都・岡崎の地に【cenci】を開業。イタリアンの枠にとらわれず、京都ならではの食材がもつ魅力をいきいきと一皿の上に表現する坂本健シェフが、休日に家族やスタッフと訪れる街の中華料理店がある。シェフが「楽しく食べて満たされる店」と語るその店の魅力について語っていただいた。

【cenci】坂本シェフが通う京都・二条の街の中華料理店|トップシェフがプライベートで通う店

【チェンチ】坂本健シェフが通う
京都・二条の四川料理店

    地下鉄東西線・二条駅の3番出口から徒歩1分ほど。目の前は公園、静かな住宅街のなかの一画にある。

    地下鉄東西線・二条駅の3番出口から徒歩1分ほど。目の前は公園、静かな住宅街のなかの一画にある。

 【cenci】からも自宅からも近くて、初代シェフ・渡辺敏博さんの頃からの行きつけ。関西圏はもちろん、全国からお客さんがやってくる京都・二条の【大鵬(たいほう)】といえば有名ですよね。タクシーの運転手さんもよく推薦しているそうです。

自店の定休日に家族でゆっくりというシチュエーションが多いですが、うちのスタッフたちともちょくちょくおじゃましています。お腹いっぱいおいしい中華を食べたいときに「じゃあ行くか!」と、あうんの呼吸でしょうか(笑)。休日にそれぞれオフモードで、気持ちよく満腹欲求が満たされていく、なんとも幸せなひとときです。

  • 「だいたい月2回くらいのペースで食べたくなります」と坂本シェフ<br />

    「だいたい月2回くらいのペースで食べたくなります」と坂本シェフ

  • 客席から見える厨房は、活気あふれる空気とおいしい香りに満たされている

    客席から見える厨房は、活気あふれる空気とおいしい香りに満たされている

昔ながらの大衆の味と
洗練されたメニューが共存する店

かならずオーダーするのは……

今回のトップシェフ

  • 坂本健シェフ

    1975年、京都生まれ。大学在学中に欧州旅行の際にイタリア料理の美味しさに出会い、料理人の道へ。伝説の名店【イル・パッパラルド】で3年半務め、基礎を叩き込まれる。笹島シェフの独立に伴い、2002年に【イル・ギオットーネ】に移籍。2005年の【イル・ギオットーネ 丸の内】開店の際には、笹島シェフと交互に店舗をマネージメントするポジションに。9年間料理長を務めた後、2014年に満を持して独立、【cenci】をオープンする。

この記事を作った人

撮影= 西尾温(人物)、外園佳代子(店舗) 取材・文=外園佳代子

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/18~10/24)

エリアから探す