ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.07.30グルメラボ

スーパーの食材でつくる! プロの料理人が教える簡単レシピ『ミント餃子』|【フロリレージュ】川手寛康シェフ②

プロの料理人に教わる、自宅でつくれる簡単レシピ。おうち時間をおいしく過ごすため、スーパーで買える食材でつくれる手軽なメニューをシェフに聞いてみました! レシピを教えてくれるのは、神宮前にあるレストラン【フロリレージュ】の川手 寛康シェフ。2回目となる今回は、野菜の食感しゃっきり、さわやかな『ミント餃子』を教えていただきました。

スーパーの食材でつくる! プロの料理人が教える簡単レシピ『ミント餃子』|【フロリレージュ】川手寛康シェフ②

教えてくれたのは 川手 寛康シェフ

  • 川手寛康シェフ

  • 東京・外苑前にあるフレンチレストラン【フロリレージュ】のオーナーシェフ。ミシュラン二ッ星を獲得し、「アジアのベストレストラン50」にも選出。

【フロリレージュ】川手シェフが教える 
『ミント餃子』のつくり方

川手シェフ

川手シェフ

実は、餃子屋さんでバイトをしていたこともあるんです。今回は夏らしく爽やかに、ミントとキャベツを使った餃子にしてみました。

材料(4人分)/調理時間25分

    ミント餃子の材料

つくり方

準備 . たまねぎ、キャベツ、にら、にんにく、しょうがはみじん切りにしておきます。

①ミントの葉を枝から外し、葉だけになったものをみじん切りにします。

②豚肉にごま油・お酒・醤油・塩を加え、粘りが出るまで捏ねます。

③ボウルに刻んだキャベツ・ニラ・にんにく・しょうが・塩ひとつまみを加え混ぜます。

④しっかりと揉んだ③をキッチンペーパーで包み水分を取り除き、①②と混ぜ合わせます。

⑤餃子の皮に⑤を一口大のせて包んでいきます。

⑥フライパンで油(分量外)を温め、5を並べて中火で焼きます。

⑦焼き色がついたらお湯を50ccくらい入れて蓋をし、中火3~4分ほど蒸し焼きにします。

⑧中に火が通ったら蓋を取って水気を飛ばします。水気がなくなったところでごま油を加え、香りづけをします。

⑨お皿に盛り付け、完成です。

『ミント餃子』3つのポイント

Point① 豚肉だけで粘りが出るまで練る

  • 餃子のタネは、野菜と豚肉を同時に練ると水っぽくなってしまいます。野菜を加える前に、豚肉だけでしっかりと練っておきましょう。

川手シェフ

川手シェフ

お肉だけで練ることで、旨みが出て味わい深く仕上がりますよ。塩を強めにしてもおいしいです。

Point② 野菜は水気をしっかりと切る

  • 塩を加えることで野菜から出る水分。キッチンペーパーで包んだあとは「ぎゅっ」と力を入れて水を絞り出すようにすると、野菜のみずみずしい餃子に仕上がります。

川手シェフ

川手シェフ

寒い季節はキャベツの代わりに白菜を使用するのもオススメ! キャベツより水気が出やすいので要注意です。

Point③ 餃子を包むとき、タネから出る水分を活用!

  • 皮を水で濡らすことで、びちゃびちゃとした仕上がりになってしまうことも。野菜とお肉から出る水分でもしっかり包むことができるので、ぜひトライしてみて。

川手シェフ

川手シェフ

ヘラを使って、皮のへりに水分を伸ばせばOK。包み方はどんな形でも大丈夫です。

予約カレンダー
カレンダーで他の日を見る

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/16~9/22)

エリアから探す