ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.09.18食トレンド デート・会食

高級居酒屋【博多 田中田】が、“好きなものを、好きなだけ”をコンセプトに12,800円で食べ放題の【博多 奈良屋】を開店!

厳選食材に加え、アワビやウニ、黒毛和牛など高級食材を惜しげも無く使いながら、親しみやすい居酒屋料理で楽しませてくれる【博多 田中田】。本店はメニューに値段がなく、敷居が高かったが、こちらはどれだけ食べても定額なので安心。果たしてどんなシステムなのか、早速行ってみました。

博多奈良屋

“好きなものを好きなだけ”という太っ腹すぎるコンセプト

西麻布の外苑通り沿い、大きな暖簾が目印の【博多 奈良屋】。店名だけでなく“好きなものを好きなだけ”というコンセプトが、漢文とローマ字で染め抜かれている。日本の文化を大切にしながらも、それを外国人にもわかりやすくキャッチーにアピールするセンスが【博多 田中田】グループの魅力でもある。

    西麻布交差点からほど近い通り沿い、レトロモダンなデザインの大きな暖簾が目印

    西麻布交差点からほど近い通り沿い、レトロモダンなデザインの大きな暖簾が目印

博多で1993年に創業した【博多 田中田】は、「本物を知る大人の居酒屋」として、食材を追求するスタイルで一世を風靡。当時から予算15,000円を超える憧れの店として「居酒屋の最高峰」と言われてきた。東京・西麻布へ進出したのは2014年。こちらは東京ならではの需要に合わせて高級ワインも揃え、お酒の選び方によっては客単価が博多の倍以上になることもあるが、居酒屋のハイエンドとして東京でも成功を収めた。

    廊下の両サイドに、部屋の名前の札がかかる個室が並び、まるで料亭のよう

    廊下の両サイドに、部屋の名前の札がかかる個室が並び、まるで料亭のよう

客のニーズを的確に捉え、常識を超える店作りで喜んでもらう、という田中田グループ。飲食店受難のコロナ禍にオープンさせたのが、田中田テイストの料理を12,800円(税・サ込)で食べ放題というこの【博多 奈良屋】だ。

    実はテーブルに敷いてあるお敷きがメニューになっている

    実はテーブルに敷いてあるお敷きがメニューになっている

画期的なのは、食べ放題という太っ腹なサービスだけでなく、個室中心のレイアウト、注文はタッチパネルでスムーズにというシステム。そして料理はすべて1人前ポーションで提供されるので取り分けのストレスもなく、コロナ禍でも安心だ。

  • 人数に合わせて2名〜12名用の個室が10室用意されている

  • 個室料は2名席3,000円、4名席5,000円、6名席6,000円、12名席10,000円

メニューは約80種。食べたいものが何でも揃っている!

お造りは鮪卸日本一の【やま幸】の鮪をはじめ、生うに、シマアジなど、盛り合わせなら一切れずつ、単品なら3切れずつの提供。魚の煮付けは、高級魚ののどぐろを使い、こっくりまろやかな甘みが味蕾に優しい九州ならではの味付け。また、鮑とイカのバター焼き、【博多 田中田】名物の黒毛和牛のヒレカツや牛カルビじゃがは誰もが頼む大人気メニューになっている。

    (手前から時計まわりに)『お刺身5種盛り合わせ』『鮑とイカのバター焼き』『のどぐろ煮付け』『毛ガニ』『ヒレカツ』

    (手前から時計まわりに)『お刺身5種盛り合わせ』『鮑とイカのバター焼き』『のどぐろ煮付け』『毛ガニ』『ヒレカツ』

このほかにも、熊本地鶏・天草大王のもも焼きやとり天、チキン南蛮、雲仙ハムカツ、博多がめ煮(筑前煮)など郷土的な料理もあれば、ポテトサラダ、エビフライ、揚げ出し豆腐、辛子明太子、キムチ、塩辛など居酒屋の人気定番のお惣菜、珍味、そしてビーフカレーやイクラご飯、そして鮪・うに・イクラがのったぜいたく丼など【博多 田中田】の名物〆ごはん、デザートまで「食べてみたい!」と思う料理が、メニューにずらりと並んでいる。

質が高い食材だけでなく、一切手抜きなしの丁寧な仕込みに感激

一人分の少量で提供される料理の器や盛りつけの美しさも目を見張る。「食材の仕入れも仕込みも絶対に妥協してはいけない、と本店から強く言われています」と話すのは料理長の黒木勇佑さん。ひとり15皿前後が当たり前というから、2名で30皿……。一切手抜きなしで一皿一皿丁寧に盛りつけていく姿に頭が下がる。

    毛がには食べやすくむき身にして甲羅に盛り付けている

    毛がには食べやすくむき身にして甲羅に盛り付けている

    食材の品質に妥協はなく、良いものを一切の手抜きなく丁寧な調理から盛り付けまで【田中田】テイストを忠実に再現

    食材の品質に妥協はなく、良いものを一切の手抜きなく丁寧な調理から盛り付けまで【田中田】テイストを忠実に再現

制限時間は2時間30分(35分前にラストオーダー)。一度に欲張って注文するのではなく、1人5皿を目安に頼み、完食してから次を頼むなど良識的に楽しんでいただきたいとのこと。また、居酒屋だが、「思いのほか、食べることに夢中のお客様が多く、お酒があまり伴わない」とのことだが、それはもったいない。【住吉酒販】と連携しているため、日本酒、焼酎など入手困難な人気銘柄が揃っているからだ。

    福岡県にある白糸酒蔵の【田中六五】【白糸】や、秋田県・新政酒造の【No.6】などファン垂涎の人気銘柄も揃う

    福岡県にある白糸酒蔵の【田中六五】【白糸】や、秋田県・新政酒造の【No.6】などファン垂涎の人気銘柄も揃う

食べ放題というと、たくさん食べなくては損!という心理状況になってしまうかもしれないが、質の高い食材、高級食材を使い、手抜きなしで丁寧に作られた料理はあまり欲張らずとも、満足できる。美酒も多数揃っているので、フードファイター的に食べまくるというよりも、いくら食べても定額という安心感のなか、しっとり落ち着いた個室空間で、家族、友人、恋人など大切な人と美味しい料理と美酒をゆっくり味わうという大人な使い方をオススメしたい。

この記事を作った人

撮影/今井裕治 取材・文/藤田実子

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/18~10/24)

エリアから探す