ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.10.31食トレンド デート・会食

極上の和牛を多彩な調理法で楽しめる、和牛懐石料理店|【にくの匠 三芳】京都・祇園

京阪本線 祇園四条駅から徒歩約6分。京都の花街・祇園にある【にくの匠 三芳】。風情ある周囲の雰囲気に溶け込み、高級感が漂うこちらは、極上の和牛を主役にした懐石料理が楽しめる一軒。上質な料理を楽しむ贅沢なひとときを過ごすことができます。

極上の和牛を多彩な調理法で楽しめる、和牛懐石料理店|【にくの匠 三芳】京都・祇園

古都の風情が色濃く残る祇園の街に佇む一軒

祇園の風情ある町家が並ぶ一画に立つ、高級感漂う肉割烹のお店【にくの匠 三芳】。和モダンなテイストで、しっとりと落ち着いた雰囲気です。

    祇園のしっとりとした雰囲気になじむ佇まい

    祇園のしっとりとした雰囲気になじむ佇まい

カウンター席は全7席。一人や少人数で静かにコース料理を味わいたい時には最適のスペースです。黒いレザーの椅子が並ぶテーブル席は12席。控えめの照明で、接待やデートなどにも向いています。

    じっくり料理と向き合えるカウンター席

    じっくり料理と向き合えるカウンター席

同店では牛肉の卸しをしている友人によって肉料理の美味の可能性に目覚めた店主が、各種料理にぴったりの素材を厳選。和牛づくしの懐石料理を提供しています。牛のお造り、京湯葉を使ったあんかけ、しゃぶしゃぶ、5つの部位から選べるステーキ、そしてご飯やデザートまで付いた充実のコースは、四季折々の旬菜も取り入れた創作料理が楽しめます。

肉の美味しさを思う存分楽しめる上質な和牛づくしの懐石料理

四季折々の旬菜も取り入れ、その時々によって異なる顔を見せる三芳の料理。それでは同店のオススメから3品をピックアップしてご紹介しましょう。

その日一番のお肉が登場する『ステーキ』

    肉の厚さ、切り方、調理温度に気を配り、ベストな状態で提供

    肉の厚さ、切り方、調理温度に気を配り、ベストな状態で提供

メイン料理のステーキは、その日一番のお肉を焼き上げます。写真は特撰ロース。

月替わりの『翡翠茄子と松茸の椀』

    見た目にも美しい盛り付けにも心を奪われます

    見た目にも美しい盛り付けにも心を奪われます

さっと湯引きしたテール肉と緑色の翡翠茄子、食感が残るようにおひたしにした松茸が入った汁物です。

コース前半に提供される『松茸のしぐれ煮と銀杏の飯蒸し』

    季節の味覚と和牛とのマリアージュ

    季節の味覚と和牛とのマリアージュ

旨みの強い松茸の笠の部分とサーロインを、銀杏と一緒に蒸した一口大のもち米と一緒に。

最高の肉質を最良の調理方法で

肉は決まった産地に限定せず、それぞれの料理に合った肉質の牛肉を仕入れています。逆に肉質に見合う料理方法を考えることも。肉の厚さ、切り方、調理温度に気を配りベストな状態で提供してくれます。

    牛肉の美味しさを最大限に生かした料理を提供する店主の伊藤さん

    牛肉の美味しさを最大限に生かした料理を提供する店主の伊藤さん

牛肉に合うワインや日本酒銘柄も多く取り揃えられている同店。大切な接待・会食の席にもぴったり。落ち着いた雰囲気の中、同店でしか味わえない唯一無二の肉割烹の真髄をご体験ください。

料理人プロフィール:伊藤 力さん

    1975年、京都府出身。もともと食べることが好きだったことから飲食業に興味を持つ。飲食店で約3年間接客を担当していたときに、牛肉の卸しをしている友人と出会う。当時はまだ生食が可能だった牛レバーなど、新鮮で上質な牛肉の美味しさに衝撃を受け、2005年に【にくの匠三芳】をオープン。現在はさまざまな創作を駆使し、肉の味わいの可能性を追求し続けている。

    1975年、京都府出身。もともと食べることが好きだったことから飲食業に興味を持つ。飲食店で約3年間接客を担当していたときに、牛肉の卸しをしている友人と出会う。当時はまだ生食が可能だった牛レバーなど、新鮮で上質な牛肉の美味しさに衝撃を受け、2005年に【にくの匠三芳】をオープン。現在はさまざまな創作を駆使し、肉の味わいの可能性を追求し続けている。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/22~5/28)

エリアから探す