ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2022.10.11デート・会食

ゲストに至福の時間を。フレンチの技法が織り成す唯一無二の鉄板焼フルコース|群馬・高崎【鉄板焼 龍見泰正】

【鉄板焼 龍見泰正】は、選び抜いた旬の素材や地元ならではの食材の魅力を最大限に引き出す、フルコース仕立ての鉄板焼店です。フレンチを織り交ぜた「龍見スタイル」とも言うべき独自の鉄板焼は、ゲストに至福のひと時をもたらすことを最優先に構築されています。

龍見泰正の前菜

「幸せの余韻がずっと続く」4種のコースを提供

    龍見泰正のエントランス

    これからは始まるフルコースへの期待がかき立てられるエントランス

JR高崎駅から徒歩10分。ビルの1階にごくさりげなく佇む鉄板焼店が【鉄板焼 龍見泰正】です。「鉄板焼ではあるが、鉄板焼ではない」。そんな言葉で称えられるメニューは、4種類のコースのみ。フレンチの洗練と鉄板焼のダイナミックな臨場感を併せ持ち、幸せの余韻がずっと続くような料理を追求されています。

    龍見泰正のカウンター

    磨き抜かれた鉄板を前に、ゆったりとくつろげるカウンター

店内は、コンクリートの壁や間接照明が非日常なムードを演出。ゆったりとしたカウンター席に座って、鉄板で踊る活きのいい食材や、シェフの華麗な手さばきを間近に眺めることができます。パートナーとの記念日や接待など、特別な会食に最適です。

自ら生産地に赴き吟味した食材が珠玉の皿に

    龍見泰正の食材

    冷めると甘みが一層増す、熊本産の赤なす、香り高い出雲のしいたけなど、全国から極上の食材が集う

店名に名前を冠する料理人の龍見 泰正さんは、生産者の元へ自ら足を運んで食材を吟味。ひとたびカウンターに座れば、水分量が高くとろける食感が特徴の熊本産赤なす、京都の大黒しめじをはじめ、最上級のコースでは、ひときわ高級なキャビア「ベルーガ」、希少な黒毛和牛のタンなど、選び抜かれた食材が次々に。フレンチのエッセンスを加えた、珠玉の味わいとなって魅了します。

ここからはその中でも、お店オススメのメニュー3つをご紹介します。

『前菜』

    龍見泰正の前菜

    オープニングにふさわしく、料理にも器にも魅せられる前菜 ※メニューは季節により変わります

カクテルグラスのような有田焼の美しい器に、ホタテやウニ、キャビア、フルーツのように甘いオスミックトマトを添えたひと皿。素材の味が響き合うその味わいに、一気に「龍見ワールド」へと惹きこまれることうけあい。これから始まるコースへの期待と高揚感が高まります。
※メニュー、器は季節により変わります。

『至高の厳選食材のコース』

    龍見泰正のコースイメージ

    秀逸な素材をふんだんに使用した『至高の厳選食材のコース』31,460円(税込)

「初めて来店した方に、ぜひ食べてもらいたい」という、お店イチオシのコースです。ゲストに合わせて、メニューの内容は自在にアレンジ。気さくな龍見さんによる、食材や料理への丁寧な説明も楽しみのひとつです。

『お造り』

    龍見泰正のお造り

    産地も種類もさまざまな魚介を味わう、お造り

今回は長崎のクエ・仙台のヒラメ・三重のマダイがラインナップ。季節に合わせて、日本各地の旬魚を買い付けされています。鉄板焼のコースにおいては珍しい、お造りスタイルの魚料理です。

味噌がウニのように甘く濃厚な伊勢エビも

    龍見泰正の伊勢海老

    調理前に生け簀から取り出し、レアに焼きあげられる伊勢エビ

伊勢エビやアワビは店内の生け簀で管理されています。味噌がウニのように甘く濃厚に感じられるのは、新鮮だからこそ。刺身でも味わえるため、レアに仕上がるよう細心の注意を払い火入れされています。

料理人プロフィール:龍見 泰正(タツミ ヤスマサ)さん

    龍見泰正の料理人

    料理人としてキャリアを積む中で、【KIHACHI】の創始者 熊谷喜八氏の下で修業した経験を持つ。高崎の【レストランカフェモーリス】、【グランビュー高崎 鉄板焼ダイニング竹彩】などで料理長を歴任。群馬の【ラ・リューシュ】で11年間手腕を振るった後、2021年に自らの名を冠した【鉄板焼 龍見泰正】をオープン、これまで培った技術の粋を集めたひと皿を呈している。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/20~5/26)

エリアから探す