ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2024.04.07デート・会食

料理にワインに空間に、大人が酔いしれる革新的ダイニングバー【Chanfe Tokyo/シャンフェ東京】

上野・不忍池近くという恵まれたロケーション。上野駅から徒歩10分に位置する【Chanfe Tokyo/シャンフェ東京】は、独創性あふれるコース料理とカリフォルニア産を中心とした豊富なワインが堪能できるダイニングバーです。店内に一歩踏み込んだ瞬間始まる特別な時間は、未体験の心地よさ。上野のナイトシーンの話題を独占しています。

シャンフェ東京の楽しむ料理・フォアグラのクレープ

上野のナイトシーンに登場した、時間を忘れる極上空間

    シャンフェ東京のカウンター席

    料理とワインの相性など、質問は気軽にどうぞ

シックな店内に浮かび上がる白いカウンターとチェアが印象的。このセレクトは、料理が綺麗に撮影できるようにとの配慮から。計算された照明も心地よく、席に着いた瞬間から日常を忘れさせてくれます。バックバーを埋め尽くすワインボトルも素晴らしい眺め。「何を飲もうか」という悩みも幸せに感じるはず。

    シャンフェ東京のソファ席

    つい長居したくなるソファ席。会話も弾みます

カウンター席だけでなく、ゆったりと過ごせるソファ席も用意。落ち着いた雰囲気の中に一輪挿しを添えるといった空間づくりの妙は、デートはもちろん女子会などのグループの集いにもピッタリです。席数に限りがあるので、予約の際に問い合わせるのがベター。上野での特別な夜を約束してくれます。

厳選素材を革新的メニューで。アイデア光る魅惑のコース

魚介類は毎朝豊洲へ出向いてシェフ自らが目利きし、肉類は信頼する老舗の精肉店から仕入れるなど、素材のクオリティを徹底重視。手間を惜しまず丁寧に仕込んだコース料理は、厳選食材の新鮮さも活かした独創性あふれるものばかりです。洗練され、華やかさも備えた盛付けは目にもおいしく、かけがえのない時間を提供します。

それでは、代表的な料理を3つご紹介します。

『楽しむ料理・フォアグラのクレープ』

    シャンフェ東京の楽しむ料理・フォアグラのクレープ

    まるで現代アートのような美しい盛付けが印象的

【Chanfe Tokyo/シャンフェ東京】が誇る、フレンチとイタリアンのスペシャリスト・シェフの武谷さん自信作。クレープに包んだフランス産フォアグラを、味わい深いソースに付けながらいただきます。

『A5松阪牛のラザニア』

    シャンフェ東京のA5松阪牛のラザニア

    松阪牛の旨みをイタリアンスタイルで楽しめる

使用するのは、明治から続く精肉店から仕入れるA5ランクの松阪牛。パスタ生地と濃厚な肉の旨みが詰まったソースを何層にも重ね、ゆっくり手間をかけて焼き上げます。

『新鮮な車海老の魅力たっぷりのリゾット』

    シャンフェ東京の新鮮な車海老の魅力たっぷりのリゾット

    お皿の白に車海老&リゾットの赤が映える

長期にわたって熟成したフランス産高級コンテチーズと、鮮度抜群の車海老をたっぷり使用。シンプルながらも、食欲をそそる色合いも見事なトマト味のリゾットです。

ワインの品ぞろえは70種以上。9割がグラスで楽しめる

    シャンフェ東京のワイン

    グラスでいろいろ楽しめる、ワイン好きにはたまらない一軒

カリフォルニア産を中心とした70種以上のワインをラインアップ。充実の品ぞろえはもちろん、その9割が気軽にグラスで楽しめるシステムも魅力です。好みを伝えれば試飲もOK。自分好みの運命の一本がきっと見つかるはず。

料理人プロフィール:武谷 将吾 さん

    シャンフェ東京の武谷将吾 氏

    高校生の頃から調理専門学校に通い、料理人の道へと進む。調理専門学校卒業後、フォーシーズンホテルに入社し、フレンチとイタリアンの店で5年間腕を磨く。現在は、世界で通用する料理をつくるため、身に付けた技術と繊細な味の組み合わせで、『自分らしさ』を表現した料理の提供に力を注ぐ日々。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/22~5/28)

エリアから探す