ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2024.05.06グルメラボ

オシャレな雰囲気でランチが楽しめる駅近のお店5選|東京

駅近くに飲食店がひしめき合う大都市・東京。駅近くでランチをしたい時にも、どこに入ろうか迷ってしまいますよね。そんな時は、味はもちろん、お店の雰囲気で選んでみてはいかがでしょうか。シックなお店や和の風情漂うお店、眺望自慢のお店など、オシャレな空間でランチが楽しめる、駅近のお店をご紹介します。

RRR Kobebeef&Wine otemachiの内観

東京【アマルフィイ モデルナ】

都心にいながら楽しむ鎌倉・七里ヶ浜の名店の味

    アマルフィイ モデルナの店内

    ランチタイムには店内に明るい光が差し込み心地よい

東京駅から徒歩5分、丸の内オアゾ5Fの【アマルフィイ モデルナ】は、鎌倉・七里ヶ浜の【リストランテ アマルフィイ】の味を東京でも味わえるお店。店内はディスプレイのワインボトルがオシャレな、白を基調とした清潔感のある空間。プライベート感あふれる個室もあり、シックで落ち着いた雰囲気に包まれながらランチが楽しめます。

    アマルフィイ モデルナの料理

    女子会にもオススメの『鎌倉ランチコース』

旬の食材をふんだんに使った季節感あふれるコースが人気の同店。食材は、三崎漁港直送の朝どれ鮮魚をはじめ、神奈川県産を中心に全国各地から取り寄せています。ランチタイムのオススメは『鎌倉ランチコース』。相模湾産の鮮魚を使った前菜や、季節のパスタ、デザートは姉妹店【アマルフィイ ドルチェ】のスイーツが楽しめる満足感あふれるランチです。

京橋【京橋 婆娑羅】

伝統的和食を礎に自由な発想でつくる逸品を優雅な空間で満喫

    京橋 婆娑羅の店内

    ゆったりと座ってくつろげるカウンター席

京橋駅すぐの東京スクエアガーデン1Fに店を構える【京橋 婆娑羅】は、和の風情が漂う大人の空間。木の温もりを感じる、シンプルで落ち着いた内装がオシャレです。天井が高く、席の配置にゆとりがあるので、ゆったりとくつろげる雰囲気。プライベート感のあるテーブル席や非日常感のある個室は、ランチデートにもぴったりです。

    京橋 婆娑羅の料理

    盛付けや彩りが美しい前菜から始まる昼膳 『風雅』

伝統的な日本料理をベースに、「ばさら=自由気ままに」というコンセプトのもと、バラエティ豊かな新しい和食が楽しめます。ランチタイムなら昼膳の『風雅』がオススメ。八寸に小鉢、お造りからなる前菜と、5種から選べる主菜がいただけます。主菜の一つ『牛しぐれ煮 トマトすき焼き仕立て』は、トマトの酸味と割り下の甘みに和牛の旨みが加わった人気の一品です。

大手町【RRR Kobebeef&Wine otemachi】

非日常感あふれるラグジュアリーな空間で神戸牛を堪能

    RRR Kobebeef&Wine otemachiの店内

    ニューヨーク・マンハッタンのステーキ店がモチーフのシックな店内

大手町駅からすぐ、皇居にほど近い大手町プレイスウエストタワーB1Fに位置する【RRR Kobebeef&Wine otemachi】は、非日常感が漂う隠れ家のようなお店です。マンハッタンのステーキハウスをモチーフにした店内は、高級感あふれるオシャレな雰囲気。黒を基調としたシックな店内で食べるランチは、日常を忘れさせてくれます。

    RRR Kobebeef&Wine otemachiの料理

    ボリューム満点のメインが自慢の『【RRR】ライトランチコース』

このお店では世界最高峰の神戸牛をはじめ、芳醇な国産牛、塊で豪快に焼き上げる海外牛など、シェフが厳選するステーキを味わえます。ランチタイムには気軽なビジネスランチと、ランチコースを提供。『【RRR】ライトランチコース』はボリューム満点のメインが楽しめます。絶妙な火入れで引き出された肉の旨みを満喫しましょう。

銀座【ChinaDining 羽龍】

落ち着きある空間で味わう芸術作品のようにオシャレな一皿

    ChinaDining 羽龍の店内

    肩ひじ張らずにくつろげる雰囲気の店内

東銀座駅から徒歩4分、銀座駅から徒歩7分の【ChinaDining 羽龍】は、ヌーベルシノワスタイルの中華料理店。ビルのB1Fにある店内は、温もりを感じる落ち着いた雰囲気の空間になっています。オレンジ色の灯りが照らす広々としたフロアは開放感があり、ゆっくりくつろいで食事と会話を楽しむのにぴったりです。

    ChinaDining 羽龍の料理

    まろやかな松阪ポークと黒酢がマッチする『松阪ポークの黒酢酢豚』

フランス料理のように盛付けられた料理や、中華風に調理された西洋の食材など、このお店ではオシャレなヌーベルシノワの世界が楽しめます。『松阪ポークの黒酢酢豚』は、食器の白と黒酢の色合いが対照的な芸術的な盛付け。うっとり見とれてしまうような一皿が、至福のランチタイムを演出してくれます。

内幸町【十十六 (そとろく)】

ビル18Fからの眺望とともに日本料理の神髄を味わう贅沢

    十十六の店内

    店内からは、昼夜ともに素晴らしい眺望が楽しめる

内幸町駅から徒歩4分、THE BLOSSOM HIBIYAの18Fに店を構える【十十六 (そとろく)】。和をモチーフにした店内は、落ち着いた温かみのある空間になっています。壁やテーブルは木目調で設えられ、モダンでオシャレな雰囲気。大きな窓から眺める汐留から麻布、日比谷の街並みは、昼夜を問わず素敵の一言に尽きます。

    十十六の 彩華コース

    十十六 ランチコース『彩華コース』は、ランチデートにもぴったり

眺望自慢のオシャレな店内でいただけるのは、アラカルトからコースまで、厳選された全国各地の食材で紡ぐお料理の数々。ランチタイムには、普段使いにうれしいリーズナブルなランチ御膳や自家製 蕎麦御膳のほか、お昼からちょっと贅沢気分が味わえる『彩華コース』などのメニューが多彩に揃っています。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/16~5/22)

エリアから探す