ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2024.06.21グルメラボ

肉汁あふれる餃子に大感激! 台湾屋台メシが楽しめるとっておきの一軒| 【PAIRON 飯田橋本店】東京・神楽坂

絶品グルメを求めて訪れる人も多い、台湾。そんな台湾の雰囲気と味が楽しめるお店が、東京・神楽坂の一角にあります。【PAIRON 飯田橋本店】では、多くの食通達を魅了する14種類もの多様な「餃子」をはじめ、本場を感じさせる台湾屋台グルメが満載。旅行気分も味わえる空間で、楽しい時間を過ごしてみませんか。

PAIRON 飯田橋本店の餃子

台湾の路地裏で屋台グルメに出合ったような体験を

    PAIRON 飯田橋本店の外観

    台湾旅行の気分にひたれる、路地裏感満載の外観

JR飯田橋駅から徒歩10分、住宅街の一角に佇む【PAIRON 飯田橋本店】。一つ一つ手延べでつくられる特徴的な餃子で、多くの餃子好きから支持を集める一軒です。裏路地屋台を彷彿とさせる店構えや、ふわりと漂うおいしい匂いに、期待感もぐんとアップ。味はもちろん、温かみのある雰囲気に魅了され、一度訪れたら何度でも足を運びたくなるはずです。

    PAIRON 飯田橋本店の内観

    肩ひじ張らず台湾グルメが満喫できる空間

扉を開けると、目の前に広がるのはカジュアルな空間。壁一面に手書きのメニューが貼られ、異国情緒あふれる提灯などが飾られた店内は、気さくな台湾屋台のような雰囲気に満ちています。ついつい長居したくなる心地よさで、一人でも気の合う仲間同士でも楽しめる隠れ家的なお店。本場仕込みの台湾のおいしさを、ぜひ気軽に味わって。

本場・台湾の味を追究した料理の数々に感動

名物メニューの「餃子」は、王道から変わり種まで14種類。手延べで仕上げた厚めの皮で丁寧に包まれ、肉や野菜の旨みがジュワっと口の中に広がります。台湾の人気メニューも豊富で、本場グルメがたっぷり堪能できるのが大きな魅力です。

ここでは、オススメの3品をご紹介します。

『鶏爪(チーツァ)』

    PAIRON 飯田橋本店の鶏爪(チーツァ)

    個性的な見た目と、そのおいしさにビックリの『鶏爪(チーツァ)』

最初は、その見た目に驚くかもしれませんが、ぜひ挑戦してほしい台湾の王道おつまみ。紹興酒と醤油で甘辛く味付けた鶏の足は、独特の食感でコラーゲン質もたっぷり。お肌のハリが気になる女性にもオススメの逸品です。

『セロリ餃子』

    PAIRON 飯田橋本店のセロリ餃子

    他では食べられないオリジナルさが魅力の『セロリ餃子』

セロリの香りと美しい緑色が映える、変わり種餃子の代表格。一度食べると、その独特の味が忘れられなくなると評判のメニューです。焼・水・蒸しから、好みの食べ方をリクエストしていただきましょう。1皿4個入り。

『4500円コース』

    PAIRON 飯田橋本店の4500円コース

    自慢の味が満載! 食べて飲んでワイワイ楽しめる『4500円コース』

前菜、餃子8種、点心など、お店の味を網羅できるお得なコース。スパイスや漢方を巧みに使った、本場仕込みの料理がずらりと並びます。2時間飲み放題付きなので、宴会や女子会などにもピッタリ。コースの締めには、『魯肉飯(ルーローハン)』か『鶏肉飯(チーローハン)』が選べます。

いろいろなシーンに対応する個室やメニューを用意

    PAIRON 飯田橋本店の内観

    この雰囲気での女子会は盛り上がること間違いなし

カジュアルな店内には、最大10名で利用可能な個室も用意されています。賑わいと幽玄さを併せ持つ台湾屋台の空気感をまとう空間で、おいしい料理と楽しい話で時間を忘れて盛り上がれそう。コラーゲンや漢方なども取り入れたメニューは、ヘルシー志向のゲストや女子会などでも注目の的になるはずです。

    PAIRON 飯田橋本店の魯肉飯と鶏肉飯

    『魯肉飯(ルーローハン)』『鶏肉飯(チーローハン)』は、熱狂的なファンも多いそう

名物メニューの「餃子」以外にも、前菜からデザートまで、多彩なメニューがラインナップ。台湾の屋台を食べ歩いて理想の味を追い求めているという料理の数々は、まさに本場のおいしさを伝えてくれる逸品ばかりです。いろいろ試して、お気に入りの味を見つけてみてはいかがでしょうか。

住宅街の中で見つけた、台湾屋台の雰囲気が味わえるお店。「餃子」をはじめとした自慢の料理をいただきながら、五感が刺激されるひとときを過ごしてみてください。

料理人プロフィール:下井 陽一郎 氏

    PAIRON 飯田橋本店の下井 陽一郎 氏

    愛知県生まれ。料理人を目指して上京し、誠山舎の創業者である山本氏に師事。香港や上海での研修を経て、【PAIRON】の立ち上げに尽力。現在、飲食部部長兼マネージャーとして、本場仕込みの味を気軽に楽しんでもらえるよう、新しい創造を続けている。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(7/14~7/20)

エリアから探す