ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.10.29グルメラボ

胃袋がワインとやさしさに包まれたなら。 飯田橋【メリメロ】|シェフがオススメするお店に行ってみよう

普段から通っている本当においしいと思うお店を、プロの料理人に聞く「シェフがオススメするお店」。その中から、ヒトサラ編集部が気になるお店をピックアップして食べに行きました。今回は、飯田橋にあるビストロ【メリメロ】。素材を生かした優しい味わいのお料理とワインで、気持ちの良い夜を過ごしてきました。

メリメロの外観

〈シェフがオススメするお店に行ってみよう〉シリーズ。今回お伺いしたのは、飯田橋にある【メリメロ】さん。同じく東京で人気のビストロを営む【bistro simba】の菊地シェフがオススメしているお店です。

【メリメロ】をオススメする料理人
菊地シェフ

菊地シェフ

フランスの田舎のおばちゃんがつくるような料理ですが、味はおばちゃんとは段違い。料理もワインもシェフにおまかせしますが、その組み合わせも抜群です。

ほかのシェフからも「素材へはとことんこだわり、調理においても化学調味料をいっさい使わないほどの徹底ぶり」「素朴で体にやさしいひと皿を堪能できます」とのレコメンドがあり、これはなんだか素敵なお料理とお酒に出会えそう......と、ドキドキしながらお店へ向かいました。

    レストラン桂の外観

    白い壁を覆うツタ、赤い看板とテント、並べられたワインボトル。映画に出てきそうな可愛らしい外観です

店内奥のテーブル席に案内され、ふうと一息。

さてさて、今日はなにをいただこうかしら。お料理は定番のほかに、季節のものがちいさな黒板に書かれています。旬の野菜や魚介のメニューを見るとついつい心惹かれてしまいますよね。どれも美味しそうで迷ってしまう......!

    黒板のメニュー

    秋茄子もいいな、きのこもいいな、〆はリゾットかなパスタかな......などと、目線はメニュー表と黒板をいったりきたり

迷いに迷って、オーダーを決定。ここは己の欲望のままに注文をしていきます。

さて、一番最初に運ばれてきたのは『海の幸カルパッチョ』。黒いお皿の上に並べられたお魚たちをひとつずつ説明してくれます。

「本日は、アジ、まぐろ、たこ、あわび......」

想像より種類が多い。なんと贅沢。と感激していると、シェフが「あっ......!」と声をあげます。

「......いくらを、乗せ忘れました......」

    海の幸カルパッチョ

    いくらを乗せ、全5種の魚介が集う『海の幸カルパッチョ』1,320円の完成です

これはもう紛れもない「幸(さち)」です。ありがとうございます......。

カルパッチョというと少し酸味を感じるイメージがありますが、メリメロさんのはとにかく優しい。ほどよい塩気で魚介自体の旨みがぐんと引き立てられるよう。身もぷるんと引き締まっていて、自分の舌が喜んでいるのがわかります。最後に乗せたいくらも良いアクセントです。

    中華そば

    『スクランブルエッグ カニクリームソース』1,100円。この日のおかわりしたいメニューNo,1でした

次のお料理がゆっくりとやってきます。このテンポも心地良くてありがたい。『スクランブルエッグ カニクリームソース』は机に運ばれてきた瞬間から、カニの香りが鼻をくすぐります。ほどよく固めに仕上げたスクランブルエッグをスプーンですくい、クリームを纏わせてひとくち。

の、濃厚〜〜〜〜〜〜〜〜〜......!!

蟹味噌の旨みと香りを上品にまとめあげたクリームソースは濃く、でも味がなめらかで柔らかい。『ユニ・ブラン』という南仏の白ワインを合わせていただきます。濃厚なカニソースと、キリッとした辛口のワインの組み合わせ、もう最高です。

  • 鳩のロースト

    『鳩のロースト(1/2)』2,420円。ぷりぷりとした食感、ふんわりと炭の香り。こちらは南仏のメルローと合わせていただきました

  • カラスミスパゲティ

    『カラスミスパゲティ』2,000円。和食屋さんの〆に土鍋ご飯を食べるような、シンプルだけど奥行きのある美味しさを感じます

心ゆくままに様々なメニューを注文しましたが、どれも素材のおいしさをそのまま届けてくれる仕上がり。思わず目を瞑って、自分の体に入ってくる食材をじんわりゆっくりと味わいたくなってしまいます。

そしてシェフにおまかせしたワインは、どれもお料理にぴたっと寄り添う。胃袋にすっと収まる。シェフの静かで優しげな声も、木のぬくもりを感じる店内も、すべてがとても心地よいのです。

とってもおいしかったです。ごちそうさまです、ありがとうございます......。


飲んで食べた翌朝も、優しい気持ちで目覚めそうです。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部・東

北海道出身。昼からひとりで飲みに出かけたい編集者。小麦を使ったクラフトビールとうどんが好き。

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(5/13~5/19)

エリアから探す