ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.09.02グルメラボ

都会の真ん中にある昔ながらの「町の洋食屋さん」へ【レストラン桂】|シェフがオススメするお店に行ってみよう

普段から通っている本当においしいと思うお店を、プロの料理人に聞く「シェフがオススメするお店」。その中から、ヒトサラ編集部が気になるお店をピックアップして食べに行きました! 今回は、日本橋にある洋食屋【レストラン桂】。どこか懐かしい雰囲気のなか、おなかいっぱい洋食をいただいてきました。

レストラン桂の店頭ショーケース

毎週木曜にお届けしている〈シェフがオススメするお店に行ってみよう〉シリーズ。今回お伺いしたのは、昭和38年創業の洋食店【レストラン桂】さん。同じく日本橋エリアにある老舗のうなぎ料理店【いづもや】の3代目店主・岩本 公宏さんがオススメしているお店です。

【レストラン桂】をオススメする料理人
岩本さん

岩本さん

アットホームな雰囲気は毎日通いたくなります。温かい雰囲気で最高の味が楽しめます。チキンやサーモンのソテー、ホタテのフライのほか、メンチカツもオススメです。

降り立ったのは銀座線・三越前駅。三越本店やコレド室町など、華やかでおおきな商業施設や高いビルがそびえ立つエリアですが、ここに懐かしい雰囲気の洋食屋さんがあるのです。

このレトロな緑の看板が目印です。

    レストラン桂の外観

    洋食屋さんの店前に飾られている食品サンプルって、ちょっと胸ときめきますよね

早めの夕食にしようと思い17:30に到着しましたが、すでにお席は半分ほど埋まってます。

日本橋にお勤めであろうサラリーマン、おじさまおばさまのお食事会、オムライスを撮影する若い女の子たち......。それぞれ思い思いに過ごしている姿を見ていると、このお店はずっと日本橋という場所で、老若男女に愛され続けてきたのだなあとしみじみ感じます。

    レストラン桂の店内

    もちろんひとりでふらっと来る方も。肩肘はらずに過ごせるのが町の洋食屋さんのいいところ

さて、メニューを決めていきます。

単品もありますが、サラダやごはん・パンが付いたセットメニューがお得なようです。今日は岩本さんオススメの『帆立貝フライ』が目当てなので、帆立貝フライとビーフシチュー、さらには人気のコーンポタージュまでセットになった『特別料理(1,950円)』を注文します。

    レストラン桂のメニュー

    AからDまでのセットがあり、そして最後に『特別料理』。いい言葉の響きです

まずはカトラリーと一緒にやってきた『コーンポタージュ』から。

味は強めの塩気でとろっと濃厚、上にのったクルトンはパンの食感が残る柔らかさ。それがまたいい感じです。

    コーンポタージュ

    想像するセットのスープよりはるかに大きな器でたっぷりと

そしてコーンポタージュをゆっくり楽しんでいると、次々料理がやってきます。そうなのです、お客さんがたくさんいるのは関係なし、料理が出てくるスピードがすごく早いのです!(笑)

こちらが『帆立貝フライ』。ころんとしたフォルムの帆立。そしてたっぷりのタルタルソース......!

    サンドウィッチ『W(ドッピオ)』

    付け合わせのホワイトアスパラガスのさっぱり味も嬉しい

ナイフとフォークでフライを半分にカットし、柔らか仕立ての衣が落ちないよう、ゆっくり、そしてたっぷりとタルタルソースをディップ。口のなかに迎え入れます。

さくり。

ふるん、じゅわ、じゅわ。

んふ、んふふ......。

思わずにやけ顔です。ありがとうございます。
口のなかに広がる帆立のうまみ、そして酸味の効いたタルタルソース、衣の甘さ。三位一体となった幸せが押し寄せてきます。

なぜか子供の頃、家族と一緒に洋食屋さんに行った景色を思い出します。懐かしい......いい空気......。洋食屋さんの揚げ物って、幸福な食卓の姿を想起させる力があるようです。

    パーラー江古田の内観

    あまりの美味しさに「3個じゃ足りない!」と駄々をこねそうになりました

余韻に浸っている間にも、次々とお料理はやってきます。机の上がだんだん中華料理屋さんのようになってきましたよ。

続いては『ビーフシチュー』。付け合わせはお野菜、そしてこれもまた嬉しいのが下に敷いたスパゲティー! 添え物ひとつひとつに「これだよ、これ!」と愛おしい気持ちになりますね。

    ビーフシチュー

    つやつやとした濃い色のデミグラスソース。見ているだけでお腹が空いてきます

身は噛むとほろりとほぐれ、脂はとろっとろにとろけていく......。シチューは酸味が強いけれど、お肉のコクが合わさり良いバランスで全体の味がまとまります。ここに赤ワインとパンがあればいいのに......と願って止みません。

テーブルの上に並んだ特別料理たち。どれもとっても美味しかったです......。やっぱり洋食っていいよなあ、そんなことをぼんやり考えながらコーヒーを飲んでほっこりと余韻を楽しみます。

ちなみに。
【レストラン桂】を紹介してくれた岩本さんオススメの『特製メンチカツ』。

お店に来たらぜひ食べて欲しいと思うほどおいしいのですが、こちらは2名以上で訪れたときに注文するのがオススメです。直径がスマートフォンぐらいの“特大”メンチカツがやってきますので......!

  • 特製メンチカツ

    『特製メンチカツ』1,100円。想像するメンチカツより二回りぐらい大きいです

  • 特製メンチカツ

    お肉の旨みがぎゅ!っと詰まって濃い味。これはごはんが進んでしまいますよ

都会のまんなかにある、町の洋食屋さん。リラックスしながら好きなものを心ゆくまで味わい、お腹いっぱいになって帰る。ほんのすこし、子供のころを思い出すような優しい気持ちになるお店です。

「次はオムライスかなあ」

そんなことを考えながら、帰り際にまた店前のショーケースを眺めてしまうのでした。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部・東

北海道出身。昼からひとりで飲みに出かけたい編集者。小麦を使ったクラフトビールとうどんが好き。

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/18~10/24)

エリアから探す