ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2024.06.21旅グルメ

伝統的な日本料理から庶民の味まで、祇園で訪れたいおいしいお店5選|京都・祇園

京都指折りの繁華街・祇園では、本格的な京料理が味わえる料亭から、リーズナブルにおいしい食事が楽しめる居酒屋まで、多種多様なお店がしのぎを削っています。高級店で祇園ならではの贅沢を楽しむもよし、カジュアル店で祇園の新たな魅力を発見するもよし。祇園のさまざまな顔に出会ってみませんか。

祇をん 福寿の料理

割烹【祇おん 江口】

正統派割烹で楽しむ職人の技と四季の味

    祇おん 江口の料理

    その日に仕入れた鮮度抜群の魚が味わえる『お造り 盛り合わせ』

祇園四条駅から徒歩3分の【祇おん 江口】は、「京都吉兆」で修業した大将が営むお店。四季折々の食材で織りなす、正統派の割烹料理が楽しめます。大将のこだわりが随所にあふれ、食材は天然もののみを厳選して仕入れ。器は自ら買い付けたアンティーク品や名匠の作品を使用しています。繊細で上品な旬の料理を五感で堪能しましょう。

    祇おん 江口の店内

    木を基調にした店内は和の趣に満ちた優雅な空間

細い路地奥の隠れ家のような店に入ると、間接照明に照らされぬくもりを感じる空間が広がっています。初めて訪れるならば、板場と接しているカウンター席がオススメ。大将との会話を楽しみ、職人技を眺めながら食事ができます。完全個室になる座敷席は、グループ旅行の夕食や中規模の食事会にぴったりです。

京料理【祇をん 福寿】

路地裏の隠れ家で移ろいゆく季節の味に舌鼓を打つ

    祇をん 福寿の料理

    『焼胡麻豆腐』はリピート率が高い人気の一品

祇園四条駅から徒歩7分の【祇をん 福寿】は、伝統的な京野菜や朝一番に締める魚など、旬の食材にこだわった料理が味わえる京料理店。献立は仕入れの状況によって変わるため、訪れるたびに新しい出会いがあるお店です。胡麻豆腐を独自の調理法でパリパリとろとろに焼いた『焼胡麻豆腐』は、食感のコントラストがたまらないオススメの一品です。

    祇をん 福寿の店内

    カウンター席のみのこぢんまりとした店内

花見小路通から富永町通を東へ。一筋目の細い路地を北へ上がったビルの奥にひっそりと店を構えています。店名を記した行灯がなければ、通り過ぎてしまいそうなほどの隠れ家感。これから始まる時間に期待が高まります。店内はクリーム色が基調の明るい内装で、リラックスできる雰囲気。ゆったりくつろぎながら、繊細な旬の味を堪能しましょう。

鉄板焼き【鉄板居酒屋 GION わ】

八坂神社のすぐそばで味わう京都発祥のえびす焼き

    鉄板居酒屋 GION わの料理

    トッピングが豊富でやみつきになる『えびす焼き』

祇園四条駅から徒歩10分の【鉄板居酒屋 GION わ】は、さまざまな鉄板焼きが味わえる居酒屋です。この店に来たらぜひ食べたいのが、京都発祥という『えびす焼き』。薄い生地の上にキャベツなどをのせて焼く“べた焼き”で、マスターの思い出の味だそう。ほかにも『国産和牛ステーキ』や『チーズだし巻』など、多彩なメニューがそろっています。

    鉄板居酒屋 GION わの店内

    八坂神社の楼門すぐそばで、観光がてら立ち寄るのに便利

お店はビルの3Fで、大きな窓からは祇園の街並みが一望のもと。行き交う車や人を眺めながら、ゆっくり鉄板焼きが楽しめます。八坂神社や祇園花月がすぐそばなので、参拝や観劇の帰りに立ち寄るのにぴったり。種類豊富なお好み焼きや鉄板焼きがお腹を満たしてくれます。アットホームな雰囲気で、何度も行きたくなるお店です。

ダイニングバー【GION 山根子】

築150年の元お茶屋で嗜む京都の地酒とクラフトビール

    GION 山根子の料理

    『牛すじ大根炊いたん』などお酒に合うおつまみも豊富

祇園四条駅から徒歩7分の【GION 山根子】は、3名の唎酒師がいるダイニングバー。クラフトビール7種や日本酒50種以上をはじめ、ジンやウイスキー、梅酒など、京都産にこだわった各種お酒が豊富にそろっています。お酒以外のドリンクメニューも豊富で、カフェ利用も可能。お酒に合うフード類も要チェックです。

    GION 山根子の店内

    築150年の建物をオシャレに改装した店内

お店は元お茶屋の京町家。築150年の堂々とした町家に提灯が下がり、京都らしい風情が漂っています。1Fは全23席のカウンターやテーブル席、2Fは10名まで座れるソファー席が用意されていて、和洋の融合したモダンな内装がとてもオシャレ。居心地がよく、一人でも訪れやすい雰囲気で、サク飲みや昼飲みはもちろん、ゆっくり飲みたいときにもオススメです。

しゃぶしゃぶ【十二段家 本店】

サシが美しい厳選京都牛を『しゃぶしゃぶ』で堪能

    十二段家 本店の料理

    秘伝のレシピを用いた胡麻ダレでいただく『しゃぶしゃぶ』

祇園四条駅から徒歩3分の【十二段家 本店】は、後にしゃぶしゃぶと呼ばれるようになった「牛肉の水炊き」発祥の店。二代目が考案した当時さながらに、銅鍋と炭火を用いた『しゃぶしゃぶ』が味わえます。使用するのは選りすぐったA5・A4ランクの京都牛。サシが美しく脂が少なめの部位を自家製の胡麻ダレでいただけば、口の中に芳醇な旨みが広がります。

    十二段家 本店の店内

    希少価値のある美術品が飾られている店内

民藝に造詣が深く、棟方志功や河井寛次郎と交流があった二代目の影響で、京町家の店内には民藝品や美術品が数多く飾られています。希少価値のある作品もあり、それを間近で見られるのもこのお店の魅力の一つ。まるで美術館にいるような、非日常感を楽しみましょう。食事はもちろんのこと空間まで目いっぱい味わえる、すべてがご馳走のお店です。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(7/14~7/20)

エリアから探す