ヒトサラマガジンとは RSS

毎年好評の「低糖質かき氷」。今年はアボカドを使った“ベジ氷”が新登場!|外苑前【らかん・果】

外苑前にある【らかん・果】は、カロリーゼロの自然派甘味料「ラカント」を使用し糖質を抑えた食事を提供するカフェ&ダイニングです。夏季限定の「低糖質かき氷」は、ギルトフリーで甘いかき氷が食べられると毎年大好評。心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか? 2024年はよりパワーアップした「低糖質かき氷」2種を、7月1日(月)から9月30日(月)まで提供します。

らかん果,低糖質かき氷

植物由来の素材でカロリーゼロを実現する甘味料とは、店名の由来ともなっている「羅漢果(らかんか)」からつくられます。中国・桂林地方で生育するウリ科の果実で強い甘みを持ち、漢方の原料にも使用されてきた果実です。

    ラカントアルロースブレンド

    今年6月より発売開始された新しい甘味料「ラカントアルロースブレンド」

今年の低糖質かき氷には、高純度羅漢果エキスとトウモロコシ由来の果糖からつくられる植物性の希少糖「アルロース」を配合した新しい甘味料「ラカント アルロースブレンド」を使用。アルロースには、日常生活のエネルギー代謝において脂肪の燃焼を高め、食後血糖値の上昇をおだやかにする機能があります。

それでは、パワーアップした「低糖質かき氷」2種をご紹介します。

『氷菓 ~アボカドとキャラメル~』1,200円

    らかん果,かき氷

    糖質はたったの7g。砂糖を使用した場合の糖質は39.1gで、82.1%の糖質カットを実現

新登場の“ベジ氷”(野菜のかき氷)です。コクのある優しい甘みのアボカドソースに、カリカリ食感のピスタチオとアーモンドをトッピング。氷の中には生クリームをたっぷり忍ばせたミルキーなかき氷に仕上げています。もちろん生クリームも砂糖不使用。別添えのほろ苦いキャラメルソースや岩塩で塩キャラメルのような味変も楽しむことができます。

『氷菓 ~ベリーと練乳~』1,200円

    らかん果,かき氷

    こちらも糖質は10gのみ。砂糖を使用した場合の糖質は45.9gで、78.1%の糖質カット

氷の上には濃厚な練乳ソースと4種のベリー、白玉、玄米パフをトッピング。それぞれの食感を楽しみながら、甘味と酸味のバランスがとれた甘酸っぱい清涼感を堪能できます。中には生クリームとベリーソースが隠れていて、氷とよく絡めて食べるのがオススメ。

    らかん果,かき氷

    テイクアウトもできるので、近隣の方は自宅やオフィスに持ち帰るのもいいですね

優しく丸みのある甘味が軽やかで、かといって低糖質であるとは気が付かないほどしっかり甘味が感じられます。どちらも中に生クリームが入っているので、パフェのように食べ応えもありながら糖質は10g以下。長く暑い夏の楽しみに、よりパワーアップした「低糖質かき氷」を食べに訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(7/14~7/20)

エリアから探す