ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.01.14グルメラボ

一度は行ってみたい、東京都内のシチューの名店~たまにはレストランでシチューを食べませんか?~

寒い日が続きますね。そんな日は温かいシチューが一層おいしく感じられるはず。そこで、東京都内でこだわりのシチューがいただける名店を厳選してご紹介します。たまにはお家じゃなくて、レストランでおいしいシチューを食べてみませんか?

アプリで見る

【せきぐち亭】代々木公園

看板料理のビーフシチューは家庭的でやさしい味わい

 代々木公園駅から地上に出てすぐの小路にある洋食店。街の洋食屋さんとして20年以上愛され続けているこちらのお店は、どこか懐かしく温かい雰囲気が感じられます。

「日本人の口にあう洋食」をコンセプトに、ごはん、味噌、醤油の3つを隠し味に使用した料理を提供。洋食でありながら、日本人に親しみやすい味わいが人気です。ビーフシチューは、ほろりと崩れるほどに柔らかいお肉が格別。一週間かけてつくったデミグラスソースに3日間国産肉をじっくりと煮込んだこだわりの一品です。

【洋食 黒船亭】上野

コクのあるソースと柔らかく煮込まれた和牛が絶品のビーフシチュー

 上野公園から程近くにある老舗洋食店。明治時代から続く老舗でありながら、敷居の高さを感じさせない雰囲気が魅力です。店内には、ゆったりとくつろげるテーブル席が用意されていて、1人でもリラックスして過ごせます。 ワインは赤と白それぞれ8種類以上を取り揃えています。手頃なグラスワインも用意されているので、料理に合わせて味わってみるといいでしょう。

 ビーフシチューは自家製デミグラスソースと柔らかな和牛の味わいが絶妙。創業明治より継承された自慢のデミグラスソースは、一週間かけてつくる逸品。奥深い味わいがじっくり煮込んだ和牛のおいしさを引き立てます。

【洋食屋 ヨシカミ】南砂町

野菜をじっくり煮込んだオリジナルのデミグラスソースが逸品

 ショッピングセンターSUNAMOにある、昔懐かしい料理の数々が食べられる洋食店。明るく清潔感のある店内は、赤いチェックのテーブルクロスがかわいく出迎えてくれる明るい雰囲気。POPな空間で、楽しいひとときを過ごすせます。

 お店は老若男女問わず幅広い層から受け入れられており、休日はファミリーで賑わっています。オリジナルのデミグラスソースによるビーフシチューは逸品で、牛すじと野菜をじっくりと煮込んでつくったオリジナルのデミグラスソースは味わい深く、柔らかく煮込まれた牛バラ肉との相性は抜群です。

【レストラン 香味屋】入谷

黒毛和牛を自慢のデミグラスソースで煮込んだビーフシチューが絶品

 入谷駅より徒歩5分、下町の商店や住宅が並ぶ一角に居を構える老舗のレストラン。店内は広々としていて明るく、無駄な装飾のない簡素で気持ちのよい空間。

 料理は基本に忠実な味。余計な味付けをせず、素材本来のおいしさをしっかりと味わえるのが魅力です。
 人気のビーフシチューは、特製のデミグラスソースで黒毛和牛をじっくりと煮込んだ一品。お肉はナイフがいらないぐらいにホロホロでとても柔らかいのが特徴。デミグラスソースの濃厚さと赤ワインの調和が絶妙で、一口いただく度に奥深い味わいが楽しめます。

【銀座 古川】銀座

本格フォンドボーによる奥深い味わいの和牛シチュー

 帝国ホテルにて36年間務め、「ユリーカ」の料理長も務めた古川喜春シェフのカレーとシチューの専門店。白と黒を基調とし店内は、壁に掛けられた絵画が落ち着いた空間を演出。セイロンティーのサービスなど、心を尽くしたおもてなしも魅力です。 ワインにこだわっており、ライトからフルボディまで伝統的な洋食にあうボトルワインをセレクト。リーズナブルな価格なので気軽に楽しめます。

 名物の『特選 和牛シチュー』は牛肉と香味野菜が丹念に煮込まれた、フォンドボーによる奥深い味わい。具材の和牛は、一口いただけばほろりと崩れるほど柔らかく仕上がっています。

 以上、都内で食べられる絶品シチューのお店をご紹介しました。どのお店も一度食べたら忘れられない逸品ばかり。ぜひご自分で好みの味を見つけてみてください。

この記事を作った人

ブロック

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/19~9/25)

エリアから探す