ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2019.09.22食トレンド

読書の秋にぴったり! 居心地のいい「ブックカフェ」都内厳選3軒

店内の本や、購入した本を自由に読みながら、コーヒーやフードが楽しめる「ブックカフェ」。読書の秋にぴったりの、ゆったりくつろげて、居心地のいい、代官山の【Anjin】、渋谷の【BOOK LAB TOKYO(ブックラボ東京)】、池袋の【本と珈琲 梟書茶房】をご紹介します。

代官山【Anjin】

代官山 蔦屋書店の2階にある、ラウンジのような大人空間

    1人でくつろげるカウンター席、テーブル席、ソファ席を用意

 代官山の旧山手通り沿いに佇む「代官山 蔦屋書店」の2Fにある【Anjin】。階段を上ると、そこは大人の雰囲気が漂う異空間。日本の雑誌、海外雑誌まで約3万冊もの蔵書が揃っています。ヴィンテージマガジンを読めるほか、1階の書籍を持ち込んで、食事を楽しみながら吟味することも可能です。

  • 丸山珈琲焙煎のAnjinオリジナルブレンド『アンジンブレンド』800円(税込)

  • 国産サーロインとグラハムパンが相性抜群な『ローストビーフサンドウィッチ』 2,300円(税込)

 味わい深いコーヒーを始め、こだわりのビールやオリジナルカクテルなどのアルコール、読書をしながら楽しめるワンバイトフードやサンドイッチ、デザートなども揃っています。大人のムード溢れる雰囲気の中、食事と一緒に読書が楽しめます。

 

渋谷【BOOK LAB TOKYO(ブックラボ東京)】

書店、カフェ、イベントスペースが一体となった新空間

    ソファ席やデスク席など、豊富な席から選べる。電源付きの席あり、FREE Wi-Fi完備

 2016年にオープンした、渋谷道玄坂のブックカフェ【BOOK LAB TOKYO】。技術書やデザイン本、サイエンス、ビジネス書を中心に取り揃えています。電源付きの席もあり、FREE Wi-Fiも完備なので、作業をしたい人にもおすすめです。夜はイベントスペースとして、イベントを開催することもできます。

    数種類の豆から好きなものを選べる『ハンドドリップコーヒー』通常価格 640円、モーニング価格 410円(すべて税込)

 コーヒースタンドは一杯ずつ丁寧に入れる『ハンドドリップコーヒー』のほか、『クラフトビール』などのオーダーもできます。朝7:00~11:00の間は、コーヒーやカフェラテなど一部のドリンクがモーニング価格で楽しめます。

 

池袋【本と珈琲 梟書茶房】

本とコーヒーへの愛が溢れたドトールの新業態

    シャンデリアが吊るされ、まるで洋館のようなラウンジ。テラス席など他にも様々な席があります

【ドトールコーヒー】と神楽坂の書店【かもめブックス】代表の柳下恭平氏とのコラボレーションによって2017年6月にオープン。約100坪の広い店内はシャンデリアが吊るされ、まるで洋館のような雰囲気です。

    販売する約2000冊の書籍は、タイトルが隠された「シークレットブック」

 販売される本は柳下氏がセレクトした「シークレットブック」。あおりに書かれた紹介文で本を選び、購入するまでタイトルは分からないという面白い試み。また、柳下氏が厳選した書籍を自由に閲覧できる図書エリアもあります。

    『梟ブレンド』500円(税別)と『BOOKシフォン』500円(税別)

 コーヒーは、サイフォンで抽出したローストナッツのような香ばしい風味とほのかな酸味が特徴のオリジナルブレンドです。シグネチャーメニューは、本に見立てたシフォンケーキ『BOOKシフォン』。優しい味わいのシフォンケーキの本にホイップクリームがイン。

 

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/16~9/22)

エリアから探す