ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2018.09.23食トレンド グルメラボ

今だけしか味わえない旬を堪能する、秋の味覚が楽しめる料理5選

旬を迎える美味しい食材がたくさん出回る、実りの秋が訪れました。ここでは、秋の味覚である松茸、鮭、栗を満喫できるお店を5店セレクト。五感が研ぎ澄まされるこの季節、深まりゆく秋を美味しい料理とともに過ごしてみてはいかがでしょうか。

アプリで見る

松茸:【銀座 和久多】/銀座

名残の鱧と出始めの松茸を使った京料理『鱧と松茸の小鍋仕立て』

    『鱧と松茸の小鍋仕立て』(コースの一品)

銀座の会席料理店【銀座 和久多】では、厳選した旬の食材を使用し、素材の旨みを引き出した京風会席が味わえます。名残の鱧(ハモ)と出始めの松茸を使った高級鍋料理とされる『鱧と松茸の小鍋仕立て』は、鱧と松茸の両方が味わえる、今の季節だけの味わい。鱧の骨でとった出汁で上品に仕上げた逸品で、澄んだ出汁と松茸の風味、鱧の旨みが堪能できます。

松茸:【RISTORANTE YAGI】/代官山

貝の出汁をベースに旬の松茸を味わう『松茸とツブ貝のスパゲッティーニ』

    『松茸とツブ貝のスパゲッティーニ』(コースの一品)

イタリア、日本などの旬の食材を使ったイタリアンが味わえる、完全予約制のリストランテ。お客様のお好みと食材の入荷状況に応じてメニューを提案しています。『松茸とツブ貝のスパゲッティーニ』は、【RISTORANTE YAGI】では定番の、オリーブオイルと貝の出汁をベースに、旬の食材の滋味深い味わいを楽しめるパスタです。

鮭:【つみき 神楽坂】/神楽坂

村上の塩引き鮭と魚沼産コシヒカリでつくられた名物『はらこ飯』

    『村上塩引き鮭のはらこ釜飯』味噌汁付(2人前から)1人前890円、追加味噌汁200円

【神楽坂 つみき】は、新潟の郷土料理店。名物『はらこ飯』は、魚沼市塩沢町の指定農家から仕入れる魚沼産コシヒカリや村上の塩引き鮭など、新潟産のこだわりの食材を使用しています。鰹と昆布の出汁に調味料を加え、身をほぐした秋鮭を少量のせて炊き上げた土鍋ご飯に香ばしく焼き上げたシャケのほぐし身と醤油漬けにしたいくらをたっぷりとのせています。

鮭:【鮭殻荘】/恵比寿

格別のハーモニーを生み出す『チーズを乗せて炙ったサーモン』

    『チーズを乗せて炙ったサーモン バジルのドレッシング』890円

サーモンの魅力を余すことなく楽しめるビストロ【鮭殻荘】では、北海道石狩市の協力のもと、自然産卵のみのサイクルが維持された河川の良質なサーモンを使用した鮭料理が堪能できます。『チーズを乗せて炙ったサーモン バジルのドレッシング』は、チーズとともに表面を香ばしく炙ったサーモンが格別。イクラとバジルを加えた特製フレンチドレッシングが、美味しさをより一層引き立てます。

栗:【日本橋 柚こう】/日本橋

旬のズワイガニと丹波の焼き栗を炊き上げた『ズワイガニと焼き栗のご飯』

    『ズワイガニと焼き栗のご飯』(神無月おまかせ懐石コース1万2,800円の一品)

裏路地に佇む、和の洗練された雰囲気が漂う二階建ての一軒家【日本橋 柚こう】。1日2組までの完全予約制で、食事は月替わりのコースとなります。10月から提供される『ズワイガニと焼き栗のご飯』は、旬のズワイガニ、丹波の焼き栗に、南魚沼産のつややかなお米を、昆布と鰹のおだしでふっくら炊き上げています。旬の食材を使った懐石とともに堪能できます。

野菜、果物、魚介類など、美味しい旬の食材が出回る、秋。今だけしか味わえない旬の食材だからこそ、職人の技が光る名店で味わってみてはいかがでしょうか?

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/10~10/16)

エリアから探す