ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2019.03.20旅グルメ

【春の京都はここ!】京都の桜名スポットと、おすすめグルメ店をご紹介

2019年の京都の開花予想は3月25日。この時期は混みあいますが、見頃の京都の桜は人生で一度は見ておきたいほど美しいです。せっかく行くなら美味しいランチやディナーも楽しみたいというあなたに! 桜の名所から穴場までと、近くのおすすめグルメ店をご紹介します。

1.平安神宮エリア/【cenci(チェンチ)】

平安神宮

    広大な神苑に咲く桜は、社殿とのコントラストが美しい

 朱と緑が鮮やかな社殿に、ピンクの桜とのコントラストが美しい平安神宮。社殿を取り囲む4つの広大な神苑では、それぞれ違った趣の桜が楽しめます。毎年4月上旬には、閉苑後に「紅しだれコンサート」が行われ、東神苑貴賓館をステージに雅楽や弦楽が演奏されます。ライトアップされた紅枝垂れ桜も幻想的です。

  • ◀「哲学の道」
    平安神宮からも歩いて行ける哲学の道は、琵琶湖疏水に沿って約2kmも続く桜の並木道。頭上を桜のトンネルが覆っていて、風が吹いて無数の花びらがひらひらと落ちてくる様は、なんとも趣深いです。

  • 「蹴上インクライン」▶
    こちらも平安神宮から歩いて行ける距離の桜スポット。ゆるやかな傾斜に沿って、ソメイヨシノのトンネルが続きます。線路上を散策しながら満開の桜を眺めるといった、一風変わった楽しみ方ができる、穴場です。

平安神宮近くのオススメ店
【cenci(チェンチ)】

    落ち着いた空間でありながら、セミオープンキッチンのライブ感も味わえる

 平安神宮のすぐ隣にあるイタリアン【cenci】。名店【イル・ギオットーネ】で9年間料理長を務めた実力派・坂本シェフのお店です。日本唯一のパルマハム生産者「ボンダボン」や、ホロホロ鳥の石黒農園など、生産者との深い繋がりから生まれる料理が楽しめる、特別感に溢れた名店です。

2.八坂神社エリア/【京とみ】

八坂神社(円山公園)

    美しくライトアップされる、樹高12mもの枝垂れ桜が堂々と咲き誇る

 八坂神社の境内から続く道沿いにある円山公園には、与謝野晶子も愛でた「祇園の夜桜」と呼ばれる、大きな枝垂れ桜が見事に咲き誇ります。3月下旬~4月中旬の開花期間中、美しくライトアップされる園内は、約680本もの多彩な桜で公園がピンク色に染まります。

八坂神社近くのオススメ店
【京とみ】

    風情ある数寄屋風の造りの店内で、ゆっくりと京料理が楽しめる

 八坂神社から徒歩4分ほどのところにある、日本料理店【京とみ】。京料理の伝統を大切にしつつも、カブとあん肝を組み合わせるなど、随所に新鮮なアイデアを織り交ぜる懐石が人気です。四季を感じられる坪庭を望むカウンター席をはじめ、掘りごたつ式の個室なども完備し、食事の目的に合わせて使い分けができます。

3.清水寺エリア/【佳肴 岡もと】

清水寺

    清水の三重塔をバックに、ライトアップされた桜が映える

 京都観光の定番である清水寺ですが、約1,500本ものソメイヨシノやヤマザクラがが咲き乱れる春の姿は、なんとも風流です。清水の舞台から見る桜はまさに絶景。例年、3月下旬~4月上旬の期間にライトアップされるので、夜桜の幻想的な姿も楽しむことができます。

清水寺エリア オススメ店
【佳肴 岡もと】

    食事のすすみ具合に合わせて、できたてを1品ずつ丁寧に提供

 清水寺を楽しんだ後に寄りたいのが【佳肴 岡もと】。清水寺から近く、夜のみの営業なので、ライトアップを見た帰りの時間に予約しておくのがオススメです。カウンター8席の割烹スタイルのお店で、メニューは『おまかせ』のみ。選りすぐりの酒と、酒の肴に通じる料理を盛り込みながら、全10品ほどが楽しめます。

 桜の時期の京都はどこも混雑していますが、ほかでは見られないほど美しく、人生で一度は見るべき価値があります。歩き疲れたひと休みに寄りたいお店が気になる方は、下記の“京都のおすすめグルメ”も参考にしてみてくださいね。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(8/16~8/22)

エリアから探す