ヒトサラマガジンとは RSS

2016.10.04食トレンド

パクチストに聞く、絶対に外せないパクチーの名店IN名古屋

高感度な女性を中心にパクチーブームが盛り上がる中、食べず嫌いの人もそろそろパクチーに興味を持ち始めたのでは。そこで、パクチーを極めたパクチストがオススメする、名古屋を代表するパクチーの名店を紹介。パクチスト行きつけのお店だから、おいしさはお墨付きです。

名古屋の中心で本場タイの雰囲気を味わう【東桜パクチー】

    『ソフトシェルのカレー炒め(プーニムパッポン)』

 リーズナブルでいて一品のボリュームが適量だから、様々な種類の料理を楽しめると、多くの女性から支持を集めています。日本人が食べやすい味付けを目指して、絶妙なアレンジを加えているところも人気の秘密。名古屋の中心で本場タイの屋台の雰囲気を味わうことができます。

 写真のメニュー『ソフトシェルのカレー炒め(プーニムパッポン)』は、爽やかな味わいの『モヒートパクチー』と相性バツグン。またタイのカレーラーメン『カオソーイ』はカレーでしっかりと味付けがしてあるから、パクチーが苦手な人にもオススメです。※期間限定メニュー。コースのみオーダー可能。

    チェアや壁のPOPなカラーがキュート。2階席も

 

パクチスト必見、名古屋パクチーの聖地【亜鹿猪~珍】

    『パクチー狂 宴会コース』5,600円

 名古屋で“パクチー狂”の聖地とも言われている有名店で、全てのメニューにパクチーを使用しています。時間無制限で飲み放題付きの『パクチー狂 宴会コース』は、まぐろの中落ちや塩釜焼き、生春巻きなど、パクチーをたっぷり使った斬新なメニューを心ゆくまで堪能することができます。
 
 オーナーの森澤夫妻のファンも多く、いつもパクチー愛で溢れています。人気の『生春巻き』は春巻きが隠れてしまうぐらい、これでもか、と盛りつけられたパクチーがインパクト大。【パクチーハウス東京】でも使用しているパクチー麺も巻き込み、ボリュームたっぷり。同様に『ヤムウンセン』も春雨が見えないぐらい、パクチーが盛られています。またパクチーやレモングラス等の入った『トムヤムヒート』は、さらにパクチーを追パク(追加)して飲む人も多いとか。

  • カウンター席には、ひとりで訪れる人も

  • レトロな居酒屋風の扉を開けると、お茶目なオーナー夫妻がお待ちかね

 

アジアンリゾートを堪能できる【EAST DINING LAOPASA】

    『ハイナンジーファン』950円と『コリアンダー』150円

 アジアンリゾート風の落ち着いた店内では、肉や魚、麺など多彩な料理をラインアップ。チキンライスの『海南鶏飯』や『ソフトシェルチリクラブ』をはじめ、シンガポールのローカルフードを中心とする東洋料理がいただけます。

 写真の『ハイナンジーファン』は3種類のソースをかけていただく、シンガポールのチキンライス。パクチーの量は少なめだから、その日の気分やお好みに合わせて追加オーダーを。

  • 上品なアジアンリゾートを思わせる空間

  • 住宅街の路地裏に佇む、隠れ家的なお店

【EAST DINING LAOPASA】
住所: 愛知県名古屋市東区泉2-13-4 カスティロ泉1F
☎:052-932-1710
営業時間:火~金 ランチ11:45~14:30(L.O.14:00)、ディナー18:00~23:00(L.O.22:00)、土・日ディナー17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日:月曜、祝日の場合はその翌日 ※月1回 不定日あり

本格タイ料理を日本風にアレンジ【Sukhontha名駅店】

    パクチーと相性の良い『トムヤムクン』1,490円

 現地の有名レストランで経験を積んだ、本場タイ人のシェフが腕を振るう、名古屋を代表する人気店【Sukhontha名駅店】。家庭料理をはじめとする本格的なタイ料理をいただけます。各メニューは本場の魅力とともに、日本人の味覚に合わせた味付けも加えているから、リピーターではなくても、しっかりと楽しむことができます。また辛いものが苦手な人も、辛さの調節を相談できるから、ご安心を。程よくパクチーが乗った『トムヤムクン』は、スパイシーさとまろやかさを融合した味わい。+367円でパクチーの追加オーダーも可能です。

    これからの季節に最適なテラス席。2階席は貸し切りOK

 

この記事を作った人

角屋昌也(流行発信)