ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.03.16グルメラボ

美食の都・バスクの料理を大阪・本町の【ETXOLA】で味わう至福の時間

スペインとフランスの間にまたがるバスク地方。海と肥沃な大地に恵まれ、海と山の幸の食材を活かして、昔から独自の食文化を遂げてきました。大阪・本町の【ETXOLA(エチョラ)】では、世界から美食の都と称されるなど、食通たちをうならせてきたスペイン・バスク地方の料理を、味わうことができます。

ホワイトアスパラガスの炭火焼とカキのエスカベッチェ

本場スペイン・バスク地方のリストランテへトリップ

    都心にある隠れ家空間。開放的なテラス席も利用可能

    都心にある隠れ家空間。開放的なテラス席も利用可能

大阪メトロ四つ橋線本町駅から徒歩1分、御堂筋線本町駅からも徒歩5分とアクセス抜群。緑豊かな靭公園のほど近くにあるリストランテ【ETXOLA(エチョラ)】は、世界から美食の都と称されるスペイン・バスク地方の料理が堪能できる一軒。都心にありながら、大通りからひと筋入った場所にあるため、隠れ家的な雰囲気が漂います。

    ゆったりと空気が流れるくつろぎの雰囲気。

    ゆったりと空気が流れるくつろぎの雰囲気。

“山小屋”という意味を持つ店名通り、店内はゆったりとした空気が流れる心地いい空間。本場スペインのレストランを訪れたような非日常を味わうことができます。

木目調のカウンター席は、シェフが料理する姿を眺めながら、食事を楽しむことができる特等席。清潔感のある白いテーブルクロスにカトラリーがセッティングされたテーブル席は、ワイワイとにぎやかに過ごす普段使いにはもちろん、記念日など特別な食事にもぴったり。気分やシーンに合わせて訪れることができます。

魚、肉、野菜の旨味を存分に堪能できる炭火焼料理

メニューは日々変わり、ディナータイムは『シェフおすすめコース』8,000円(税抜)~のコース料理や、多数のアラカルトメニューで堪能することができます。今回は、ディナーのメニューの中から、おすすめの3皿をご紹介。

    カラフルなソースで見た目にも楽しいしいモダンな一皿『ホワイトアスパラガスの炭火焼とカキのエスカベッチェ』1,700円(税抜き)~

    カラフルなソースで見た目にも楽しいしいモダンな一皿『ホワイトアスパラガスの炭火焼とカキのエスカベッチェ』1,700円(税抜き)~

まずはアラカルトの『ホワイトアスパラガスの炭火焼とカキのエスカベッチェ』。鮮やかな彩りのパプリカがテーブルを華やかにする一皿です。

バスク地方でよく使われるパプリカを焼いてから、ガーリックオイルやビネガー、カキの出汁でエスカベッシュ(マリネ)に。特有のほどよい酸味が、パプリカの甘さやカキのコクと融合して、奥行きのある美味しさを堪能できます。続いてホワイトアスパラガスを食べるとシャキシャキとした食感が加わり、さわやかな余韻が口いっぱい残ります。

    香ばしさをまとった旨味に悶絶!『飛騨牛リブロースの炭火焼』

    香ばしさをまとった旨味に悶絶!『飛騨牛リブロースの炭火焼』

2皿目は、コース料理のメインの一皿『飛騨牛リブロースの炭火焼』。炭火焼はバスク地方で多用される調理法のひとつで、食材を炭火でじっくり焼き上げることで旨味を凝縮し、素材が持つ美味しさを引き立てます。「当店では、魚、肉、野菜など季節の食材を使った炭焼き料理を提供しているんですよ」とシェフの清水和博さん。

    火力を見極めながら丁寧に焼き上げる

    火力を見極めながら丁寧に焼き上げる

断面が美しい飛騨牛は、ジューシーな旨味に、炭火の香ばしさがプラスされて、噛むほどに美味しさを堪能できます。「肉の味を味わっていただきたいため、付け合わせはあくまで最小限に」と清水シェフ。同じく炭火で焼いたゴボウのみずみずしい味わいが、口の中をさっぱりとしてくれるのはさすがです。

食材の味が凝縮した米料理とスペイン産ワインも多数

    アサリの旨味がギュッとしみ込んで美味!『バスク風あさりご飯』

    アサリの旨味がギュッとしみ込んで美味!『バスク風あさりご飯』

さらに、食事の〆などにぜひ食べていただきたいのが米料理。スペイン料理といえばパエリアが有名ですが、バスク地方では炊き込みご飯に近い日本人好みの米料理も多数。例えば『バスク風あさりご飯』は、粘り気のある独特の食感ながら、バターやチーズを一切使わず、ニンニク、白ワイン、あさりの出汁の組み合わせで旨味を極限まで引き出されています。

    スペイン・バスク料理を日々探求する清水シェフ

    スペイン・バスク料理を日々探求する清水シェフ

清水シェフは、毎年スペイン・バスクの星付きレストランやワイナリーに滞在し、バスクの味を追求する人物。「バスク料理を名乗っている以上、バスク料理の技や味をふまえたうえで、伝統的な料理やモダンに昇華した料理を作っていきたい」と話します。

    チャコリも軽快な白から、ロゼ、赤までさまざま。グラス800円(税抜)~、ボトルは5,000円(税抜)~

    チャコリも軽快な白から、ロゼ、赤までさまざま。グラス800円(税抜)~、ボトルは5,000円(税抜)~

清水シェフのお料理をより一層美味しくいただくなら、ワインとのペアリングをぜひ。ワインは、素材の旨味を堪能できる料理との相性を考えて、スペインワインをセレクトしています。バスク地方で古くから親しまれてきたワイン「チャコリ」も多数。メニューごとにベストなペアリングを提案してくれるので、ぜひ好みを伝えて相談してみてください。

お昼は、2,500円(税別)~で、前菜・ごはん・メイン・デザート・食後の飲物がついたコスパ抜群のランチもスタンバイ。昼に、夜に、食事の後の一杯に……とさまざまなシーンで使える一軒。バスク料理とお酒で非日常を気軽に味わってみてはいかがでしょうか。

この記事を作った人

茶野真智子(フリーライター)

この記事に関連するエリア・タグ

人気のタグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(4/8~4/14)

エリアから探す