ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.01.24旅グルメ

石垣島のリゾートホテルに2泊3日おこもりステイ旅!|ANAインターコンチネンタル石垣リゾート クラブインターコンチネンタル

気軽に旅行や観光ができなくなってしまった今、ホテルでの滞在を楽しむ「おこもりステイ」をする方が増えています。今回は、冬でもコート要らずの沖縄・石垣島にあるリゾートホテル「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」へ! 2020年7月にできたラグジュアリーな新棟「クラブインターコンチネンタル」では、ホテル内で美食体験やスパ、朝ヨガなどのアクティビティも楽しめるそう。さっそく2泊3日のおこもりステイに行ってきました!(2020年12月3日取材)

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

石垣島で楽しむ最高の「おこもりステイ旅」

羽田空港から直行便で約3時間半、青い空と透き通った海が魅力の沖縄屈指のリゾート地「石垣島」。沖縄諸島の中で本島、西表島に次ぎ3番目の大きさで、八重山諸島の玄関口として竹富島や西表島、小浜島など離島へのアクセスも良好です。

年間通して平均気温25度と温暖で、冬でもコートいらず! 12月でも海に入ることができ、シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツも楽しめます。

    石垣島の川平ビーチ

    透き通った海と緑豊かな島々が点在する場所として、日本百景にも選ばれている「川平ビーチ」

向かった先は、2020年7月に新棟がオープンした石垣島のラグジュアリーホテル「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート クラブインターコンチネンタル」。

ではさっそく、オススメの「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート・2泊3日のおこもりステイ旅」での過ごし方をご紹介します!

「ANAインターコンチネンタル
石垣リゾート」がオススメの理由

Day1

11:30 羽田空港発⇒14:40 石垣空港着

東京からわずか3時間30分で、非日常空間へとトリップ!

石垣島へは羽田空港から直行便が出ていて、約3時間30分で石垣空港へ到着! 空港に着いたら専用の送迎車に乗って20分ほどでホテルに到着します。館内に足を踏み入れると、目の前にはインフィニティープールと青い海が広がり、まるで「海外のリゾート地」に来たような気分になります!

    ANAクラブインターコンチネンタル

    マエサトビーチを前に手前が旧棟、奥の白い建物が新棟

もともとあった「オーシャンウイング」や「コーラルウイング」に加えて、2020年7月にラグジュアリーをテーマにした新棟「ベイウイング」2棟と「クラブインターコンチネンタル」1棟がオープン。専属のコンシェルジュによるサービスや島食材を使った料理、オリジナルのアクティビティなどを体験することができます。

    「ANAクラブインターコンチネンタル」のクラブラウンジ

    クラブインターコンチネンタル宿泊客だけが利用できる専用のクラブラウンジ

チェックイン時には、「石鹸ソムリエ」がセレクトしたソープバーをプレゼント。日替わりで内容が変わるそうで、この日はハイビスカスとヨモギ。目の前でカットをしてくれるので、ふわりといい香りが漂います。

    「ANAクラブインターコンチネンタル」の石鹸

    旅のはじまりを彩るソープバー

受付を済ませ、さっそくお部屋に! 今回はクラブインターコンチネンタルの「プレミアムルーム」に宿泊しました。ここはバルコニーから青い海が視界いっぱいに広がる部屋で、心地よい潮風を感じながらラグジュアリーなひとときが過ごせます。

    「ANAクラブインターコンチネンタル」の客室

    今回泊ったプレミアムルーム。43.2㎡のゆったりとしたリゾート感溢れるプライベート空間です

景色を見ながらほっと一息をつくと、気づけばもう15時30分。ちょっと小腹が空くものの夕飯には早いし、ランチには遅め。そこで丁度よくお腹を満たしてくれるのが、アフタヌーンティー!

15:30 アフタヌーンティー

ティースタンドで姫気分@「クラブラウンジ」

スイーツ好きにはたまらない3段のアフタヌーンティースタンド皿! そこには、プティフールやマドレーヌ、スコーンなど、どれから食べるか迷ってしまうほどの豪華さ。窓から見える沖縄の景色を楽しみつつ、ちょっとひと休み。

    ANAクラブインターコンチネンタルのアフタヌーンティー

    沖縄の素材をつかったアフタヌーンティー。14:30〜16:30まで利用できます

アフタヌーンティーの後は、明日のアクティビティの予約をしてからお部屋で過ごしたり、外のお庭を散策し、夕食までのんびり過ごします。

19:00 ディナー

ビストロ【SALTIDA】でステーキやカルパッチョを

1日目の夜は、新棟「ベイウィング」1階にあるビストロ【SALTIDA】へ。ここは「塩」をコンセプトに、八重山の海や大地の恵みを使った魚料理や肉料理が楽しめます。

    「ANAクラブインターコンチネンタル」SALTIDAの店内

    客席からも見える大きなグリルでじっくり焼かれたお肉は、見た目や香りもインパクト大

石垣牛や琉球長寿豚、地元でとれる魚や島野菜をつかい、旬の島食材を自分好みにカスタマイズできるのも魅力のひとつ。この日は『Tボーンステーキのウッドファイヤーグリル』や『アカマチのカルパチョ スーナー 醬油麹マヨネーズ にがり8年珠塩』などをオーダー。

どちらの料理も味の決め手になっていたのが「にがり8年珠塩」。粒が大きいためゆっくりと舌の上で溶けていき、肉&魚のどちらの食材にもあう、ここでしか味わえない珠玉の味わいです。

    SALTIDAのステーキ

    写真は4人前の大皿。シェアをしていただきました

    SALTIDAのカルパッチョ

    沖縄で「アカマチ(ハマダイ)」と呼ばれる白身魚をつかったカルパッチョ

食事の後は、ビーチで星空観察を。石垣島の星空は天文学者が選ぶ「日本一美しい星空」でも1位を獲得しているほどの綺麗さで、12月下旬から6月頃までは南十字星を見ることもできます。満天に輝く星空に、ロマンチックな夜が過ごせるはず。

    星空観測ツアー

    心地よい夜風に吹かれながら、ホテル前のビーチで

Day2

8:00 モーニング

ふわとろのオムレツやエッグベネディクト@「クラブラウンジ」

冬の沖縄の日の出は7時半とちょっとのんびり。朝は心地良い日差しとともに起床し、クラブラウンジの朝食へ。

    「ANAクラブインターコンチネンタル」のクラブラウンジ朝食

    新鮮な食材で朝から体もスッキリ

朝食の後は、フロントでスパの予約。2日目は石垣島を拠点に離島に遊びに行くのも良し、シュノーケルやSUPなどのマリンアクティビティを楽しむことができます。

ちなみに、竹富島まではフェリーで10分程という近さ! フェリーは1時間おきにでているので、とても便利です。ただし、今回の旅のテーマは「おこもりステイ」。のんびりとした時間を満喫したいので、ホテルで予約をしたダイビングを堪能しました! カラフルな魚やサンゴ礁を目の前で楽しむことができ大満足。

    イソギンチャク

    間近で見ることができるイソギンチャク

12:00 ランチ

軽食が楽しめる【パレット テラスラウンジ】

ホテルに戻って、ベイウイング2階のデリ&カフェ【パレット テラスラウンジ】で『ピクニックセット』を購入。海には歩いて10分ほど、お散歩をしながら外でランチ!

    パレットのピクニックセット

    サンドイッチやサイドディッシュの詰め合わせ 2,900円(税・サ―ビス料別)

15:00 スパタイム

日々の疲れを癒しに「スパ アガローザ」

午後は楽しみにしていた「スパ アガローザ」へ。石垣島沖の海塩や海藻のパックや月桃を使ったアロマトリートメントなど、選ぶのが楽しくなってしまうほどのメニューのラインナップ。

    「スパ アガローザ」

    4つのジャンルから選べ、コースの値段は7,500円~44,500円ほど

さっぱりしたところで、お昼にピクニックセットを買った【パレット テラスラウンジ】のジェラートを食べに! 世界大会で数々の受賞歴を持つ柴野氏が監修したオリジナルのジェラートは、ここでしか味わえないおいしさ。オススメは「ピスタチオ」と島産スイカとラベンダーの「チャイニーズピンク」で、さっぱりとした風味が午後のおやつにぴったりです。

    パレットのジェラート

    3色パレット900円(税・サービス料別)

19:00
ディナー【八重山】

沖縄の食材をつかった和食割烹

夜は隣棟の「オーシャンウィング」1階にある【八重山】へ。アグー豚や島カツオなど沖縄の食材を使った会席料理がいただけ、石垣島の地ビールや年代物の泡盛などと合わせて楽しめます。

    八重山のディナー

    じーまみ豆腐やあぐー豚ラフティ、海ぶどうなど沖縄ならではの料理

21:00
クラブラウンジバー

石垣島らしい楽園の味を表現したカクテルバー

2日目の夜は、バーで大人の時間を。それぞれのカクテルにストーリーが込められており、味覚で感じる旅のひと時が味わえます。

  • 『八重山ブルー』

    青い地平線をそのまま閉じ込めたような一杯『八重山ブルー』

  • 『石垣スターリーナイト』

    ホテルのオープン日の七夕にかけて作られたシグネチャーカクテル『石垣スターリーナイト』

9:00
モーニング【SALTIDA】

朝から気分が高まる豪華な朝食

最終日の朝は1日目のディナーで訪れた【SALTIDA】で朝食。パンやフレッシュジュース、フルーツなど思わず全部食べたくなってしまうほどの種類の豊富さです。

    サルティーダの朝食

    消毒やビニール手袋なども置いてあり、安心して食事を楽しむことができます

「クラブインターコンチネンタル」の特徴は、チェックアウトが16時なこと。朝食や荷造りに急ぐ必要はなく、最後までゆったりとした時間が過ごせます。


2泊3日の「おこもりステイ旅」はいかがでしたでしょうか? ご飯がおいしくて、ついつい食べすぎてしまいましたが、非日常を感じさせる優雅な空間と細やかなサービスに心も体もスッキリ! 日本国内でリゾート気分を味わえる「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート クラブインターコンチネンタル」に、ぜひ皆さんも足を運んでみてください。

【ANAインターコンチネンタル石垣リゾート】

電話番号:0980-88-7111
住所:沖縄県石垣市真栄里354-1

今回ご紹介したレストラン

※営業時間やメニューに関する最新情報は、直接ホテルやレストランへお問い合わせください
※クラブラウンジの朝食やアフタヌーンティー、バーのお食事代は宿泊料に含まれています

この記事を作った人

福島 美歩(ヒトサラ編集部)

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/10~10/16)

エリアから探す