ヒトサラマガジンとは RSS

五感を通じて旬の食材の驚きと感動を提供する和食の名店|【割烹 青柳】兵庫・芦屋

閑静な兵庫県芦屋市に佇む【割烹 青柳】。食材、出汁にこだわり、割烹職人ならではの丁寧な仕事で、本当においしいものをとことん追求。訪れるたびにアイデアあふれる新鮮な味わいを堪能できる一軒です。

割烹 青柳の料理

ミシュラン1つ星を獲得した芦屋にある和食の名店

阪神電車・打出駅から徒歩5分の場所にある【割烹 青柳】。こちらは、ミシュラン1つ星を獲得するなど、海外からも認められる和食の名店。日本料理専門調理技能士の資格を持つ職人が腕を振るい、訪れた方に旬の味わいを心ゆくまで愉しんでいただけるような料理を提供しています。

    青柳の外観

    阪神電鉄・打出駅から徒歩5分とアクセスは抜群

そのために同店がこだわっているのは、五感を通じて旬の食材の「驚きと感動」を提供すること。器には名匠の作品かアンティークものを使用し、目にも楽しい盛り付けを行っています。また、型に囚われないコース構成も当店の魅力。日本料理の様々な技法を駆使しながら、造り盛りに剣先イカの甲羅を使ったり、今まで見たことない食材や意外な食材の組み合わせを採用したりすることで、お客様に「驚きと感動」を与えられるおもてなしを目指しています。

    心を込めて腕をふるう料理人の青柳さん

    心を込めて腕をふるう料理人の青柳さん

また店内は、「和風で落ち着ける空間づくり」が随所に。料理長との会話も楽しめるカウンター席、プライベート感を重視した半個室があります。どちらもお客様が窮屈に感じないよう、十分な幅が確保されているので、ゆったりとした気分で料理を愉しむことができます。

様々な技法を駆使して、旬の食材の「驚きと感動」を伝える

「日本料理に留まらず、独創的な料理づくりに取り組んでいます」という料理長の言葉通り、フレンチの技法を使用した『クロッカン』や『ミニとまとの白ワイン煮』など、驚きあふれる料理が並びます。メニューは全てコース料理で、完全予約制。では同店でしか味わえない、旬の食材のおいしさを最大限引き出した料理をいくつかご紹介しましょう。

日本の四季が移り変わる様を存分に楽しむ『前菜』

    四季の移り変わりを五感で堪能できる

    四季の移り変わりを五感で堪能できる

旬の食材を使い、季節感をこまやかに表現して目でも楽しめるのが日本料理の醍醐味。様々な技法を駆使してつくり上げる【青柳】の前菜は、『ミニとまとの白ワイン煮』など伝統的な日本料理の範疇に留まらない独創的な逸品も味わえます。

旬の魚介・野菜の旨みを堪能する『土鍋ごはん』

    蓋を取った瞬間、感嘆の声が上がる!

    蓋を取った瞬間、感嘆の声が上がる!

1組毎に旬の魚介類や野菜をたっぷり入れて炊き上げる、ふっくらアツアツの『土鍋ごはん』。食材の繊細な味を活かすのは、だしの旨みと風味です。献立によってだしの素材も使い分け、素材のおいしさを存分に堪能することができます。

旬魚の旨み・甘味を味わう『造り盛り合わせ』

    皿に美しく盛り付けられた刺身

    皿に美しく盛り付けられた刺身

懇意の魚屋から仕入れている魚介類をシンプルにいただく一皿。仕入れる直前まで生きていた魚介類は、鮮度がよく、市場に出回っているものよりも、旨み・甘味を実感できます。

落ち着いた和の空間で心和むひと時を

ごはんに添える香の物はもちろん、最後に登場するデザートも手づくり。和洋の発想を取り入れた、アイデア豊かで新鮮な味わいを細部にわたり楽しめる【割烹 青柳】。食材にこだわり、巧妙な技法によりつくり上げられた料理の数々を、季節によって入れ替わる日本酒と一緒に楽しめば、より旨みを堪能できます。

    年配の方もくつろぎやすい掘りごたつ式の個室

    年配の方もくつろぎやすい掘りごたつ式の個室

大切なパートナーとの食事や家族のお祝い事など、ゆったりと時間をかけて食事を楽しみたい日にぴったりの一軒です。

料理人プロフィール:青柳 竜良さん

    1971年、千葉県生まれ。父親は飛行機で機内食を提供する料理人。日本料理の料理長として政府専用機に同乗し、天皇陛下やVIPの料理も提供する父親の背中を見て育ったため、自然と料理人へ。学校卒業後、つきぢ田村に入社。神戸の東京たむら(現【神戸 たむら】)に15年勤務し、2番手として活躍した。神戸・三宮の日本料理の店にて経験を積んだ後、2011年12月7日独立。【割烹 青柳】のオーナー兼料理長として腕を振るう。

    1971年、千葉県生まれ。父親は飛行機で機内食を提供する料理人。日本料理の料理長として政府専用機に同乗し、天皇陛下やVIPの料理も提供する父親の背中を見て育ったため、自然と料理人へ。学校卒業後、つきぢ田村に入社。神戸の東京たむら(現【神戸 たむら】)に15年勤務し、2番手として活躍した。神戸・三宮の日本料理の店にて経験を積んだ後、2011年12月7日独立。【割烹 青柳】のオーナー兼料理長として腕を振るう。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(10/13~10/19)

エリアから探す