ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.07.30グルメラボ

高級ホテル内のレストランで“日本らしい”中国料理をいただく|【中国料理 花梨】六本木

六本木の高級ホテル内のレストラン【中国料理 花梨(かりん)】。高級感のある店内で本格的な中国料理を堪能できます。料理人の技術に日本の食材を掛け合わせて、日本人の味覚に合った中国料理を提供しています。特別な席での利用はもちろん、女子会でも利用したくなる飲茶メニューも魅力です。

中国料理花梨の焼き物

高級感のある優雅な店内は特別な席にも利用しやすい

    花梨のエントランス

    格式高いエントランスを抜けると優雅な空間が広がる

溜池山王駅から徒歩5分、ANAインターコンチネンタルホテル東京の3階にある【中国料理 花梨】。高級感あふれる上品な設えの店内で、本格中国料理を堪能できます。各国の要人が利用するホテルならではのホスピタリティ精神が宿った接客で、特別な時間を過ごせます。

    花梨の個室

    高級感のある個室で落ち着いた会食を

店内には個室も充実。美しい内装の個室は、ビジネスでの利用や家族でのお祝いの席など、用途に応じて使い分けられるのも魅力です。贅を尽くした「翡翠」やモノトーンで統一した「琥珀」などの豪華な内装の個室をはじめ、可動間仕切りで2名から最大60名まで対応可能な個室まで完備されています。

日本人の味覚に合わせた本格中国料理が堪能できる

【花梨】では、中国から取り寄せる食材に加え、日本の旬の食材を使用しています。広東料理を主軸に、上海、四川、北京、潮州、香港の新しい味覚を取り入れた多彩な料理を味わえます。中国料理の食思想をベースに日本人の味覚に合わせているのも魅力でしょう。

その中でも、お店オススメのメニューを3つご紹介します!

『吉濱産干し鮑の姿煮込み』

    花梨の吉濱産干し鮑の姿煮込み

    『吉濱産干し鮑の姿煮込み』日本の高級食材を使った贅沢な一皿

岩手県吉濱産の干しアワビを使用した姿煮込み。アワビは3年以上熟成させた物を1週間かけて戻し、自家製オイスターソースを使いじっくりと煮込みます。じっくりと戻されたアワビは柔らかく、舌触りのよい食感やアワビのまろやかな旨みを堪能できる逸品です。

『牛肉の黒胡椒炒め』

    花梨の牛肉の黒胡椒炒め

    『牛肉の黒胡椒炒め』創業から味の変化を加えながら提供され続けている

【花梨】の創業時から継承されている伝統メニューの『牛肉の黒胡椒炒め』。伝統の味を守りつつも、時代の流れやゲストの好みに合わせて変化をつけて提供されています。黒こしょうをきかせた牛肉と彩り豊かな野菜は、ワインとの相性も抜群。時代によって変化し続けた人気メニューをお試しあれ。

『焼き物各種』

    花梨の焼き物各種

    『焼き物各種』見た目にも美しく盛り付けられた焼き物

肉の旨みを凝縮した焼き物は、広東料理の定番です。専用の釜を使い、強火で一気に焼き上げるのが特徴で、皮のパリパリ感と肉のジューシーさを楽しめます。素材そのものを活かす調理法で、それぞれの種類に合わせた味付けがされているのも魅力でしょう。四季を感じられる盛り付けにも注目です。

女性の心をくすぐる香港の本格飲茶メニュー

    花梨の飲茶メニュー

    本場である香港にも負けないほど充実した飲茶メニュー

【花梨】では飲茶メニューも充実。本場の香港に負けないほどの品揃えで、ランチタイム限定の『厳選飲茶ランチ』を楽しめます。蒸し物、揚げ物、饅頭といったさまざまな種類の点心を囲んだ女子会なら、盛り上がること間違いなし。いつもとは趣向を変えて少し贅沢に楽しんでみませんか。

上質な空間で日本人の味覚に合った中国料理を楽しめる【花梨】。高級ホテル内にあるレストランらしいホスピタリティ精神にあふれた店内で、優雅な時間を過ごせます。特別感のある個室は、おもてなしにも最適です。大切な人と一緒に訪れてみてはいかがでしょうか。

料理人プロフィール:大久保 武志さん

    大久保 武志さん

    1960年生まれ、長野県出身。調理師専門学校卒業後、有名ホテルでの勤務を経て、【キハチチャイナ】の料理長に就任。ホテル開業時に携わっていたANAインターコンチネンタルホテル東京【花梨】の2代目料理長として2006年より勤務、現在に至る。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(9/16~9/22)

エリアから探す