ヒトサラマガジンとは RSS

更新日:2021.10.16食トレンド デート・会食

炭火の香りを楽しむカウンター割烹|京都祇園【祇園 炭火割烹 いふき】

京阪電鉄・祇園四条駅から徒歩約7分。京の風情を感じさせる花見小路から曲がった静かな一角に佇む【祇園 炭火割烹 いふき】。京料理の老舗で料理長をしていた山本典央氏が、炭火の魅力を知ってもらいたいと2005年に開店し、2011年に祇園に移転しました。板場の中央には堂々と焼き場がおかれ、炭火を使った独創的な京懐石を楽しむことができる一軒です。

炭火の香りを楽しむカウンター割烹|京都祇園【祇園 炭火割烹 いふき】

伝統の京料理に炭火焼きの手法を取り入れた独創的な京懐石

元・お茶屋さんを改装した古都の風情が漂う一軒家。1階はカウンター割烹や奥庭を借景にした個室などがあり、2階には6名まで利用できる広い個室があります。京の趣を感じながらゆっくりとくつろげる雰囲気が漂います。

    京の風情を感じながら食事ができる一軒家

    京の風情を感じながら食事ができる一軒家

カウンターに座ると目に飛び込んでくるのは大きな焼き台。「炭火焼きはお鮨と同じように出来上がった瞬間が一番美味しい。だから、温かいうちに、香ばしい香りと共にすぐに出せるようにと、焼き台を中心としたカウンター割烹スタイルにしました」という山本さん。食材が焼かれる姿を見ながら、耳、目、鼻で出来上がりまでの過程も楽しむことができます。

    料理に魂を宿す仕上げの焼き

    料理に魂を宿す仕上げの焼き

炭火焼きと聞くと一見シンプルな調理法に思えますが、上質な食材選びはもちろんのこと、ひとつひとつ手間暇を惜しまずにされる丹念な下ごしらえには、鮨屋にも似た手仕事があります。そして火入れ加減で食材の表情が変わります。山本さんはスペインのバスク地方に、名店の炭火焼きを食べに訪れるなど、今も“焼き”を追求。同店では伝統の京料理に炭火焼きの手法を取り入れ、食材の持つ香りや旨みを最大限に引き出した独創的な一品一品に出会うことができます。

厳選食材の持つ香りや旨味を絶妙な火入れで美味なる一皿へ

食材は、採れたての新鮮な京野菜のほか、日本海の若狭からは甘鯛やあわび、瀬戸内の淡路からはマナガツオや赤ウニを。浜名湖のすっぽんもこの店の名物料理。イベリコ豚やフランス産の仔羊も炭火で楽しむことができます。それでは、ここでは同店で食べていただきたいメニューをご紹介しましょう。

スッと歯が通るほど柔らかな『あわびの柔らか煮の軽い炙り』

    柔らかな食感と磯の風味が抜群

    柔らかな食感と磯の風味が抜群

若狭産の大ぶりなあわびは、80度の昆布だしでじっくりと4時間煮て、ふっくらと柔らかに。仕上げにさっと炙ることで、少しの香ばしさがほんのり加わり、中はレア状態に。添えられた肝醤油が磯の香りを運んできます。

京の味覚の共演『甘鯛と松茸の合わせ焼き』

    上品な甘さが特徴の“ぐじ”に松茸の風味がふわり

    上品な甘さが特徴の“ぐじ”に松茸の風味がふわり

“若狭ぐじ”として京で珍重されてきた若狭の甘鯛。身は昆布締めをしてから、オイルでじっくりと低温調理した後にさっと炙ることで香ばしくふわふわに。皮は揚げてパリパリ。仕上げに骨からとった出汁のあんをかけて。

炭火の香りをさらに高める充実のワインリスト

    炭火の香りをさらに高めるワインが充実

    炭火の香りをさらに高めるワインが充実

ソムリエの資格も持つ店主。グラスでシャンパンや赤・白のワインを頂けるほか、ラ・ターシュやジュヴレ・シャンベルタンなどの銘ワインも。もちろん日本酒もこだわりの逸品が数多くそろいます。

店名の【いふき】は、「息を吹きかける」という言葉が由来。食材も店もなにか一つ加えてあげる事により、より一層の満足を得ることができるという、そんな思いが全てにおいて表現されています。惜しみない手間をかけて仕上げた極上の炭火焼きをご堪能ください。

料理人プロフィール:山本 典央 (のりお)さん

    1972年、京都府生まれ。物を作りだすことが好きでおいしいものを食べたいという思いから料理人を志し、祇園の【あじ花】 などで修業をはじめる。その後、2005年に独立。先斗町に【炭火割烹 いふき】をオープンさせる。斬新な炭火割烹が評判を呼び、京都一予約の取りにくい店との呼び声も。2011年、祇園に店を移転させる。

    1972年、京都府生まれ。物を作りだすことが好きでおいしいものを食べたいという思いから料理人を志し、祇園の【あじ花】 などで修業をはじめる。その後、2005年に独立。先斗町に【炭火割烹 いふき】をオープンさせる。斬新な炭火割烹が評判を呼び、京都一予約の取りにくい店との呼び声も。2011年、祇園に店を移転させる。

※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報や営業時間は店舗にご確認ください。

この記事を作った人

ヒトサラ編集部

この記事に関連するエリア・タグ

編集部ピックアップ

週間ランキング(12/1~12/7)

エリアから探す